岐阜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜駅
Gifu Station, ekisha.jpg
北口(2017年9月)
ぎふ
Gifu
右上は名鉄岐阜駅
所在地 岐阜県岐阜市橋本町一丁目10
北緯35度24分34.250秒 東経136度45分23.475秒 / 北緯35.40951389度 東経136.75652083度 / 35.40951389; 136.75652083座標: 北緯35度24分34.250秒 東経136度45分23.475秒 / 北緯35.40951389度 東経136.75652083度 / 35.40951389; 136.75652083
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
電報略号 キフ
駅構造 高架駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
32,121人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1887年明治20年)1月21日
乗入路線 2 路線
所属路線 CA 東海道本線名古屋地区
駅番号 CA  74 
キロ程 396.3 km(東京起点)
CA73 木曽川 (7.7 km)
(3.2 km) 西岐阜 CA75
所属路線 CG 高山本線
駅番号 CG  00 
キロ程 0.0 km(岐阜起点)
(4.2km) 長森 CG01►
乗換 名鉄岐阜駅
名鉄名古屋本線各務原線
備考 駅長配置駅管理駅
JR全線きっぷうりば
* 1888年に加納駅から改称。
テンプレートを表示
南口(2015年12月)

岐阜駅(ぎふえき)は、岐阜県岐阜市橋本町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)のである。当駅の所属線である東海道本線[1]と、当駅を起点とする高山本線が乗り入れ、分岐駅となっている。駅番号は東海道本線がCA74、高山本線がCG00事務管コードは▲520107[2]

岐阜県の県庁所在地である岐阜市の中心駅である。運輸省(当時)中部運輸局が認定する「中部の駅百選」第二回選定駅。東海道本線の運行形態の詳細は「東海道線 (名古屋地区)」を参照。

歴史[編集]


駅構造[編集]

島式ホーム3面6線を有する高架駅。駅舎外壁には透明の板が張られている。「杜の中の駅」をコンセプトに設計され[13]、構内の照明や天井は岐阜和傘をモチーフとしてデザインされている[14]。駅舎全体は1・6番線が東海道本線の本線、2・5番線が東海道本線の副本線、3番線が高山本線の副本線、4番線が高山本線の本線である。ホームの高さは高山本線の3・4番線はデッキのステップが低い気動車を運用することから920mm、そのほかは東海道本線の1・2・5・6番線が110cmである。

構内の大垣駅寄りには、折り返し用の留置線が設けられている。1999年12月のダイヤ改正で日中の対名古屋方面の普通列車が大垣駅始発終着から当駅始発・終着となったが、留置線の長さが短いことや配線構造などの関係ですべての折り返し列車を引き上げることが困難となった。このため、4・5番線での直接折り返しが多くなった(一部は大垣駅・岐阜貨物ターミナル駅への回送)。その結果、快速系統の列車と普通列車の同一ホームでの乗り換えが不可能になっているケースも多い。

1992年に東海道本線下り線が高架化され、高架ホームのうち4 - 6番線の使用を開始したが、地上ホームの4番線は上り線高架化まで継続使用されることになり、暫定的に10番線と改称された。この間高山本線は高架ホーム・地上ホームのどちらにも入線可能な構造になっていたが、高架ホームの使用は東海道本線下り線と直通する特急・急行列車に限られた。

高架化で名鉄名古屋本線のガードを越えるため3階建て高架に匹敵する位置に駅が造られている。1978年(昭和53年)の岐阜県都市計画審議会では「国鉄3階・名鉄現線2階」案が答申されていたが、名古屋鉄道側は高架事業に参入せず、旧国鉄側との事業化に向けた都市計画及び工事締結を行い答申案の計画のまま現在の高架化となった[3]

駅長駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、東海道本線の西岐阜駅穂積駅および高山本線の長森駅 - 鵜沼駅間の各駅を管理している。高架下の駅舎内部にはJR全線きっぷうりば自動改札機自動券売機などが置かれている。改札口は2か所ある。JR東海のTOICAおよび相互利用可能な各ICカードが利用可能となっている。東側コンコースの北口は長良口(ながらぐち)、南口は加納口(かのうぐち)と呼ばれている。

なお、ホームとコンコースを結ぶエレベーターは駅係員の操作を必要とする(エレベーターのコンコース出入り口が改札外にあるため、駅係員が切符の確認・精算を行う)[12]

駅構内には岐阜市の施設の岐阜市ステーションプラザがある。高架下にはレストランや岐阜の特産品を扱う施設である「アクティブG」[13]、商業施設である「アスティ岐阜」、岐阜市立図書館分館や運動施設などを含んだ生涯学習拠点「ハートフルスクエアーG」がある[13]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 CA 東海道本線 上り 名古屋方面 特急「しらさぎ」は1番線
一部列車は3・4・5番線から発車
3・4 CG 高山本線 - 美濃太田方面 特急「ひだ」は4番線
5・6 CA 東海道本線 下り 大垣方面 一部列車は4番線から発車

(出典:JR東海:駅構内図

  • 名古屋方面と高山本線を行き来する「ひだ」は方向転換をする。
  • 大阪発の特急「ひだ」25号は3番線に到着し乗客降車後に、一旦大垣方の留置線に入った後、4番線で名古屋発の「ひだ」5号と連結する。
  • 大阪行きの特急「ひだ」36号と名古屋行きの特急「ひだ」16号の解放は4番線で行う。これ以外の名古屋行きの「ひだ」は2番線から発車となる。
  • 前述のように、当駅のホームで折り返す東海道本線上り列車は5番線(一部は4番線)から発車する。
  • 高山本線の列車との接続時分の都合上、3番線に入る東海道本線上り列車、4番線に入る東海道本線上り・下り列車も一部存在する。
  • 高山本線の列車は特急「ひだ」はすべて4番線、普通列車は一部を除きすべて3番線から発車する。

配線図[編集]

東海旅客鉄道 岐阜駅 構内配線略図
名古屋方面

富山方面
東海旅客鉄道 岐阜駅 構内配線略図
大阪方面
凡例
出典:[15][16][17]
画像左側、名古屋・富山方で名鉄名古屋本線がアンダークロスしているが、本図では省略している。


駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[18]

  • 松浦の味噌ヒレカツ重
  • コーチンわっぱめし
  • 復刻弁当

利用状況[編集]

年間乗車人員推移

『岐阜県統計書』『岐阜市統計書』各号によると、年間乗車人員、一日平均乗車人員の推移は以下の通りである。国鉄分割民営化後は名鉄岐阜駅より利用者が多くなっている。岐阜県の鉄道駅では最も利用者数が多い。

乗車人員の推移
年間乗車人員一日平均
乗車人員
備考
総数内定期
1955(昭和30)年度4397083[19]
1956(昭和31)年度4728551[20]
1957(昭和32)年度4779961[21]
1958(昭和33)年度5053201[22]
1959(昭和34)年度5497540[23]
1960(昭和35)年度5881518[24]
1961(昭和36)年度5908273[25]
1962(昭和37)年度6163772[26]
1963(昭和38)年度6803894[27]
1964(昭和39)年度7103289[28]
1965(昭和40)年度6924844[29]
1966(昭和41)年度6801527[30]
1967(昭和42)年度7089944[31]
1968(昭和43)年度6742008[32]
1969(昭和44)年度6348127[33]
1970(昭和45)年度6379000[34]
1971(昭和46)年度6446000[35]
1972(昭和47)年度
1973(昭和48)年度6375672380468517468[36]
1974(昭和49)年度6787782391704218597[36]
1975(昭和50)年度6459538379296517697[36]
1976(昭和51)年度6748434398906918489[36]
1977(昭和52)年度6410856390544617563[36]
1978(昭和53)年度6117912366286816761[37]
1979(昭和54)年度5931970353381716208[37]
1980(昭和55)年度5717420338843015664[37]
1981(昭和56)年度5437084320262914896[37]
1982(昭和57)年度5698015336733215611[38]
1983(昭和58)年度5745671321435215698[38]
1984(昭和59)年度5765256319787015795[38]
1985(昭和60)年度6177329340459716924[38]
1986(昭和61)年度6232156349591017074[39]
1987(昭和62)年度6281114357296417162[39]
1988(昭和63)年度6738492376930418462[39]
1989(平成元)年度7363094411638720173[39]
1990(平成02)年度8363471470773622914[39]
1991(平成03)年度9266569544133725319[40]
1992(平成04)年度9726320577676226647[40]
1993(平成05)年度9885181592517627083[40]
1994(平成06)年度9774287590353226779[40]
1995(平成07)年度10004574594133627335[41]
1996(平成08)年度10249012606590828079[41]
1997(平成09)年度10228630597047228024[41]
1998(平成10)年度10123944588981827737[41]
1999(平成11)年度10050112582929927459[41]
2000(平成12)年度10154963585266327822[42]
2001(平成13)年度10065484586956527577[43]
2002(平成14)年度10079872589828227616[43]
2003(平成15)年度10199429598263027867[43]
2004(平成16)年度10080074596233527617[43]
2005(平成17)年度10396094611038328482[43]
2006(平成18)年度10467692623332928679[44]
2007(平成19)年度10748951630914029369[44]
2008(平成20)年度10821924639079629649[44]
2009(平成21)年度10760175643880729480[44]
2010(平成22)年度10986971654971330101[44]
2011(平成23)年度11101920658510630333[45]
2012(平成24)年度11262358661371830856[45]
2013(平成25)年度11511794676854231539[45]
2014(平成26)年度11378764667551531175[45]
2015(平成27)年度11585953672875731656[45]
2016(平成28)年度11631746675061131868[46]
2017(平成29)年度11671937671126831978[46]
2018(平成30)年度11768909672181532244[46]
2019(令和元)年度11756476684278832122[46]
2020(令和02)年度8202303573966922472[46]

斜体の値は千人単位(千人未満四捨五入)

駅周辺[編集]

駅周辺。左が北口、右が南口

当駅の北東約300mには名古屋鉄道(名鉄)の名鉄岐阜駅があり徒歩で乗り換えが可能になっている。またかつては、駅前に名鉄岐阜市内線岐阜駅前駅があったが、2003年12月1日に休止、2005年4月1日に廃止されている。

高架化により現駅舎の北側にあった旧駅舎が最近取り壊されたことや、周辺ビルの老朽化が著しいことから、現在[いつ?]「岐阜駅北口駅前広場整備計画」に基づいて、北口では大規模な駅前再開発が行われている。また、岐阜駅北約21ha及び柳ヶ瀬通周辺約9haの地域は、「都市再生緊急整備地域」に指定され現在再開発が進んでいる。

名鉄岐阜駅、岐阜バスターミナルは北口前の交差点(神田町10交差点)を挟んだ向かい側にあり、改札口のある2階部分からペデストリアンデッキで接続されている。

駅南側は高架化に伴って、マンションの建設や道路の拡張、付近公園の整備などが行われた。

高架下

北口

南口

バス路線[編集]

バス乗り場は北口の駅前広場内のバスターミナルと道路を挟んだ向かい側にある「岐阜バスターミナル」の大きく分けて2地区ある。後者は当駅とは別の名鉄岐阜駅に付帯する施設であるが、ペデストリアンデッキで接続している。

市内・近郊方面の一般路線バスと高山方面の高速バスは岐阜乗合自動車(岐阜バス)が運行。

場所 停留所名 乗降場 備考
北口広場内(JR岐阜駅バスターミナル JR岐阜/岐阜駅 1 - 15 市内・近郊方面、JR夜行高速バス(京都 大阪 東京方面)
北口広場北隣(岐阜バスターミナル 名鉄岐阜(岐阜バスターミナル) A - E 高速バス高山 東京(新宿)方面、一部の市内・近郊方面
北口先(名鉄岐阜駅中央口前の道路上) 名鉄岐阜(神田町通り) 1 - 6 市内・近郊方面
  • JR岐阜、名鉄岐阜の各停留所の乗降場番号は別のものである。
  • 市内・近郊方面の一般路線バスはJR岐阜、名鉄岐阜の両方に停車する系統が多い。

選択乗車の特例[編集]

東海道本線のうち、当駅を含む名古屋駅 - 米原駅間は東海道新幹線と別線区間となっており、この区間の選択乗車において当駅は東海道新幹線の岐阜羽島駅と対応している。したがって、名古屋以東または米原以西発着の普通乗車券普通回数乗車券であれば、岐阜羽島駅発着のものであっても当駅を利用でき、逆に当駅発着のものであっても岐阜羽島駅を利用できる。ただし、区間の片端が岐阜駅または岐阜羽島駅、もう片端が名古屋駅・尾頭橋駅金山駅のいずれか、という乗車券については適用されない(旅客営業規則第157条第1項第26号・第27号[50])。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CA 東海道本線
特別快速・新快速・快速・区間快速(以上は当駅から西岐阜寄りの各駅に停車)
尾張一宮駅 (CA72) - 岐阜駅 (CA74) - 西岐阜駅 (CA75)
普通
木曽川駅 (CA73) - 岐阜駅 (CA74) - 西岐阜駅 (CA75)
CG 高山本線
  • 特急「ひだ」停車駅
普通
岐阜駅 (CG00) - 長森駅 (CG01)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 黄金の織田信長公像は市民の寄付により岐阜市制120周年を記念して建立され、高さは台座が約8m、像が約3mで金箔3層張りである[47]。像は彫刻家の田畑功の制作で、マント姿、右手に火縄銃(種子島銃)、左手に西洋兜を持っている(2022年に像の1/7縮小版が市に寄贈されており市役所1階に展示されている)[48]

出典[編集]

  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編1』JTB、1998年、723頁。 
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『JR全駅・全車両基地』 11頁
  4. ^ 大蔵省印刷局, ed (1888‐11-20). “彙報 停車場改称(鉄道局)”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (1619). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2944857/4. 
  5. ^ 交通年鑑昭和46年度内「交通日誌」
  6. ^ 「岐阜駅に旅行センター 名鉄と日本旅行がタイアップ」『交通新聞』交通協力会、1970年4月5日、1面。
  7. ^ a b c d e f g 渡利正彦「JR岐阜駅周辺 全面高架化完成〈新生岐阜駅を見る〉」『鉄道ピクトリアル』第46巻第6号(通巻第622号)、電気車研究会、1996年6月1日、 88 - 89頁、 ISSN 0040-4047
  8. ^ “高架線の使用開始 JR東海道線岐阜駅付近”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1992年12月1日) 
  9. ^ “26日から高架切り替え JR岐阜駅周辺”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 4. (1996年2月23日) 
  10. ^ 鉄道ピクトリアル』第49巻第3号、電気車研究会、1999年3月、 84頁。
  11. ^ “JR岐阜駅 南口駅前広場が完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1998年10月22日) 
  12. ^ a b 岐阜駅 改札内エレベーター整備について”. 東海旅客鉄道株式会社 (2020年5月15日). 2020年5月17日閲覧。
  13. ^ a b c d e 『JR全駅・全車両基地』 8頁
  14. ^ 『JR全駅・全車両基地』 6頁
  15. ^ 「JR東海 東海道本線 名古屋-大垣・美濃赤坂間主要駅 線路配線略図」、「特集 東海道本線2」、『鉄道ファン』 第48巻1号(通巻第561号) 2008年1月号、折込、交友社、2008年
  16. ^ 祖田圭介、「特集 スイッチバック」、『鉄道ファン』 第43巻8号(通巻第508号) 2003年8月号、18頁、交友社、2003年
  17. ^ 主な駅のご案内 - 岐阜駅”. 東海旅客鉄道株式会社. 2020年9月20日閲覧。
  18. ^ 『JTB時刻表』2022年3月号、JTBパブリッシング、2022年、 163頁。
  19. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和30年』、岐阜県、1957年、10 運輸・通信
  20. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和31年』、岐阜県、1958年、11 運輸・通信
  21. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和32年』、岐阜県、1959年、12 運輸・通信
  22. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和33年』、岐阜県、1960年、12 運輸・通信
  23. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和34年』、岐阜県、1961年、12 運輸・通信
  24. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和35年』、岐阜県、1962年、12 運輸・通信
  25. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和36年』、岐阜県、1963年、12 運輸・通信
  26. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和37年』、岐阜県、1964年、12 運輸・通信
  27. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和38年』、岐阜県、1965年、12 運輸・通信
  28. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和39年』、岐阜県、1966年、267頁
  29. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和40年』、岐阜県、1967年、273頁
  30. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和41年』、岐阜県、1968年、253頁
  31. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和42年』、岐阜県、1969年、283頁
  32. ^ 岐阜県企画開発部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和43年』、岐阜県、1970年、275頁
  33. ^ 岐阜県企画開発部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和44年』、岐阜県、1971年、256頁
  34. ^ 岐阜県企画開発部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和45年』、岐阜県、1972年、276頁
  35. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和46年』、岐阜県、1973年、276頁
  36. ^ a b c d e 岐阜市企画部統計課(編)『岐阜市統計書 昭和53年版』、岐阜市、1979年、130頁
  37. ^ a b c d 岐阜市企画部統計課(編)『岐阜市統計書 昭和57年版』、岐阜市、1983年、142頁
  38. ^ a b c d 岐阜市企画部統計課(編)『岐阜市統計書 昭和62年版』、岐阜市、1988年、154頁
  39. ^ a b c d e 岐阜市企画開発部事務管理課(編)『岐阜市統計書 平成3年版』、岐阜市、1992年、160頁
  40. ^ a b c d 岐阜市企画部事務管理課(編)『岐阜市統計書 平成8年版』、岐阜市、1997年、135頁
  41. ^ a b c d e 岐阜市総合企画部情報統計課(編)『岐阜市統計書 平成12年版』、岐阜市、2001年、141頁
  42. ^ 岐阜市経営管理部統計分析室(編)『岐阜市統計書 平成17年版』、岐阜市、2006年、141頁
  43. ^ a b c d e 岐阜市経営管理部統計分析室(編)『岐阜市統計書 平成18年版』、岐阜市、2007年、145頁
  44. ^ a b c d e 岐阜市企画部統計分析課(編)『岐阜市統計書 平成23年版』、岐阜市、2012年、10.運輸及び通信
  45. ^ a b c d e 岐阜市企画部統計分析課(編)『岐阜市統計書 平成28年版』、岐阜市、2017年、10.運輸及び通信
  46. ^ a b c d e 岐阜市企画部統計分析課(編)『岐阜市統計書 令和3年版』、岐阜市、2022年、10.運輸及び通信
  47. ^ 黄金の織田信長公像 - 公益財団法人岐阜観光コンベンション協会(2022年1月15日閲覧)
  48. ^ 120万円「ミニ黄金の信長像」岐阜市役所に寄贈 - 岐阜新聞(2022年1月15日閲覧)
  49. ^ 岐阜駅前に帰ってきたモ513”. 岐阜新聞WEB. 岐阜新聞社 (2019年12月27日). 2020年9月20日閲覧。
  50. ^ 旅客営業規則>第2編 旅客営業 -第4章 乗車券類の効力 -第2節 乗車券の効力”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2020年8月3日). 2020年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『週刊 JR全駅・全車両基地』 48号 岐阜駅・高山駅・奈良井駅ほか68駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月21日。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]