熊谷守一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1951年頃

熊谷 守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。

経歴[編集]

1880年(明治13年)4月2日、機械紡績を営む事業家で地主の熊谷孫六郎(初代岐阜市市長・衆議院議員)の三男として岐阜県恵那郡付知(現・中津川市付知町)に生まれた。子供時代から絵を好んだ。

青年時代[編集]

上京し、1897年(明治30年)、慶應義塾普通科(慶應義塾普通部)に入学するも1年程で中退し、1898年(明治31年)、共立美術学館入学。1899年(明治32年) 召集徴兵検査で乙種合格(前歯が7本抜けていたため甲種では不合格。日露戦争では徴兵されなかった)。1900年(明治33年)、東京美術学校に入学。同級生に青木繁山下新太郎らがいる。山梨県東北地方を巡るスケッチ旅行をする。1905年(明治38年)から1906年(明治39年)にかけて樺太調査隊に参加しスケッチを行う。

1909年(明治42年)自画像『蝋燭』は、闇の中から世界を見つめる若き画家の不安を描き、第三回文展で入賞した。

1913年(大正2年)頃、実家へ戻り林業などの日雇い労働の職につく。この時期作品は「馬」他3点のみ。1915年(大正4年)再び上京。第2回二科展に「女」出展。後に軍の圧力で二科展が解散されるまで毎年作品を出品する。

1922年(大正11年)、42歳で大江秀子と結婚。5人の子供に恵まれたが絵が描けず貧乏が続いた。熊谷は「妻からは何べんも『絵を描いてください』と言われた。(中略)周りの人からもいろいろ責め立てられた」と後に述べている。当時は日々の食事にも事欠くありさまで、次男の陽が肺炎に罹ったときも医者にみせることができず死なせてしまった。陽の亡骸を熊谷は絵に描いている(『陽の死んだ日』1928年(昭和3年))。熊谷は描いた後で、これでは人間ではない、鬼だと気づき愕然としたという。

1929年(昭和4年)二科技塾開設に際し参加。後進の指導に当たった。

池袋時代[編集]

1932年(昭和7年)後々池袋モンパルナスと称される地域(現在の豊島区椎名町千早)の近くに家を建て、残りの生涯をこの家と15坪の小さな庭からほとんど出ずに家族、猫、鳥たちと過ごす。60歳近くになってから始めたのが、書や墨絵であった。線と余白だけで喜びも悲しみも表現できる、その可能性に惹かれたという。

1947年(昭和22年) 二紀会創立に参加。67歳の時、長女の萬を21歳の若さで亡くした。お骨を抱いて焼き場から戻る自分と家族を描いた『ヤキバノカエリ』(1948年(昭和23年) - 1956年(昭和31年))は『陽の死んだ日』とは全く違ったスタイルで描かれ、人物の顔には眼も鼻も口もない。

1951年(昭和26年) 二紀会退会。無所属作家となる。

晩年[編集]

1956年(昭和31年)脳卒中で倒れる。以降写生旅行を断念。晩年の30年間は全く外出せず、わずか15坪の庭の自宅で小さな虫や花を描き続けた。

1968年(昭和43年)「これ以上人が来てくれては困る」と言い、文化勲章の内示を辞退した。また1972年(昭和47年)の勲三等叙勲も辞退した。

1976年(昭和51年) 「アゲ羽蝶」(絶筆)。 1977年(昭和52年)8月1日老衰肺炎のため97歳で没した。

作風[編集]

写実画から出発し、表現主義的な画風を挟み、やがて洋画の世界で「熊谷様式」ともいわれる独特な様式-極端なまでに単純化された形、それらを囲む輪郭線、平面的な画面の構成をもった抽象度の高い具象画スタイル-を確立した。轢死体を目にしたことをきっかけに、人の死や重い題材も扱った。生活苦の中で5人の子をもうけたが、赤貧から3人の子を失った。4歳で死んだ息子・陽(よう)の死に顔を描いたもの(「陽の死んだ日」)、戦後すぐに20歳を過ぎて結核を患って死んだ長女・萬(まん)が自宅の布団の上で息絶えた姿を荒々しい筆遣いで描いたもの、野辺の送りの帰りを描いた作品(「ヤキバノカエリ」)、仏壇に当時は高価であったタマゴをお供えした様子(「仏前」個人蔵)なども絵に残している。子煩悩で大変に子供をかわいがった。

自然や裸婦、身近な小動物や花など生命のあるものを描いた画家で、洋画だけでなく日本画も好んで描き、墨絵も多数残した。墨の濃淡を楽しみながら自由に描かれた墨絵、生命あるものを絵でなく「書」で表現したとも評された書、また、頼まれれば皿に絵付けなどもした。摺師との仕事を楽しんで制作した木版画も残されている。

熊谷は自分の画風を「下手も絵のうち」と表現している。「下手といえばね、上手は先が見えてしまいますわ。行き先もちゃんとわかってますわね。下手はどうなるかわからないスケールが大きいですわね。上手な人よりはスケールが大きい」と語っている。

晩年は自宅からほとんど出ることがなく、夜はアトリエで数時間絵を描き、昼間はもっぱら自宅の庭で過ごした。熊谷にとっての庭は小宇宙であり、日々、地に寝転がり空をみつめ、その中で見える動植物の形態や生態に関心をもった。晩年描かれた多くの油絵作品のモチーフは、ほぼすべてが熊谷邸の庭にあったものである。

熊谷様式とされる下絵デッサン(線)が塗り残された作品で、山々や海・風景が描かれたものについては、若い頃のスケッチブックを広げて油絵にしていた。同じ下絵で描かれた作品も多く、構図の違いや色使いを変えたりと熊谷自身が楽しみながら描かれたであろう作品が展開される。線と面で区切られた小さな4号サイズの板には 作品を見るものに【昆虫の目】を持たせてくれる。

面と線だけで構成された「赤蟻」(1971年)など、その独特な画風は現在高い評価を得ている。

趣味[編集]

自らチェロやヴァイオリンや三味線を奏でる音楽愛好家。作曲家の信時潔とは30代からの友人で、後に信時の娘と熊谷の息子が結婚するほど親しい間柄だった。一頃は絵を描くことをせず信時の資料を元に音の周波数の計算に熱中していた。

美術館[編集]

  • 木村定三コレクション

愛知県の資産家・木村定三が熊谷守一の作品に惚れ、買取の個展を開くなどし、熊谷の名は晩年にかけて広く日本の画壇に名を知られるようになった。木村定三が集めた熊谷のコレクションは100点を越え、その全てが現在は愛知県美術館に所蔵されている。

  • 村山コレクション

天童市美術館村山祐太郎記念熊谷守一展示室に所蔵。


代表作[編集]

著作[編集]

  • 随筆集『へたも絵のうち』 1971年(日本経済新聞の「私の履歴書」に掲載されたもの)
  • 随筆集『蒼蠅』 1976年、求龍堂

関連図書[編集]

  • 『熊谷守一油彩画全作品集』 熊谷榧、陰里鐵郎、古川秀昭、島田康寛、池田良平、福井淳子、2004年
  • 『熊谷守一生前全版画集』池田良平、2007年

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]