恵那郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岐阜県恵那郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

恵那郡(えなぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

歴史[編集]

奈良時代には現在の長野県木曽郡の全域も含んでおり、美濃国内で最大の面積を有する郡であった。明治初期には岐阜県の第十二大区とされ、63ヶ村があったが、11の小区にまとめられた。

古代[編集]

702年大宝2年)に「始めて美濃国の岐蘇山道を開く」と続日本紀に記されているのが岐蘇(木曽)の史料上の初見であるが、このとき木曽路を開通させたのは美濃国の役人たちであったため、木曾谷は美濃国に含まれた。はじめ美濃国恵那郡に属していたが、信濃国と所属がしばしば争われた。9世紀後半の、貞観年中の859876年に天皇の貞観年間には勅命により、朝廷より藤原正範靭負直継雄が派遣され、両国の国司と現地に臨み、このときの正範らの報告によると、「もともと吉蘇、小吉蘇の両村(木曾谷の村落)は美濃国恵奈郡絵上郷の地域にあり、和銅6年(713年)に美濃守笠麻呂らが、ここに吉蘇路を開通させた。ここは美濃の国府(不破郡垂井町府中)から10日余りもかかる距離にあり、信濃国府のすぐ近くではあるが、もし信濃国ならば、美濃国司がこのような遠いところで工事をする理由がないという。それでこの報告にしたがって、木曾谷を美濃国と決めた。」という。すなわち古代には木曽は恵那郡に属していたのである。

そして元慶3年(879年)9月に懸坂上岑(木祖村と旧奈川村との境界にある境峠)と鳥居峠を境界とし、岐蘇・小岐蘇の所属は美濃国恵那郡絵上郷と定められたが、平安時代中期になると、源義仲が信濃国木曾の住人とされたように「木曾谷は信濃」という認識が生まれた。平安時代中期の拾遺和歌集には、源頼光の『なかなかに いいもはなたで信濃なる木曽路の橋のかけたるやなぞ』という詩がある。懸坂上岑とは、木曽川の水源から北にある境峠のことであり、当時は、境峠を越えて飛騨から来た道と合流し信濃国府へ向かったのである[1]

平安時代中期の和名類聚抄では恵奈郡六郷に淡気(たむけ)、安岐(あぎ)、絵上(えなのかみ)、絵下(えなのしも)、坂本(さかもと)、竹折(たけおり)が挙げられており、この頃の郡域は現在の恵那市(飯地を除く)、中津川市(加子母北部を除く)と瑞浪市の陶地区と現在の長野県木曽郡全域であったと考えられる[2]。また延喜式には中川神社、坂本神社、恵那神社の三社が記されている。信濃地名考という文献には、木曽が信濃国に移管されたのは、平安時代の延喜年間(901年 - 923年)と記されている。

  • 677年12月(天武天皇6年)飛鳥池遺跡から見付かった木簡に「恵奈五十造阿利麻」とあり。
  • 713年和銅4年) 美濃守笠朝臣麻呂により吉蘇路が開削される(三代実録)。
  • 750年天平勝宝2年)4月22日 美濃国司解(東南院文書)に「恵奈郡絵下郷」とあり。
  • 貞観年間(859-877年) 古くから信濃国との境界争いが絶えなかったため、朝廷が藤原朝臣定範と靱負直継雄などを遣わして両国の国司立ち会いの上で国境を「県坂上岑」と定め、吉蘇・小吉蘇両村を恵奈郡絵上郷の地と裁断。

近世[編集]

天正年間に豊臣秀吉の命により、全国で太閤検地が実施された結果は、美濃国は54万石、恵那郡は34,310石2斗6升5合であった。太閤検正保書上帳による恵那郡の78ヶ村の石高については以下の通り。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 2村 大川村、水上村
旗本領 34村 明知村、馬木村、馬坂村、高波村、峰山村、小杉村、落倉村、門野村、杉平村、野志村、上手向村、久保原村、下手向村、釜屋村、原村、田代村、猿爪村、吉良見村、小泉村、大船村、上田村、大栗村、田良子村、阿妻村、一色村、野原村、浅谷村、須淵村、下風村、柏尾村、岩竹村、安主村、土助村、才坂村
藩領 美濃岩村藩 20村 岩村、飯羽間村、富田村、上村、漆原村、下村、小田子村、沢中村、串原村、椋実村、佐々良木村、阿木村、飯沼村、永田村、野井村、竹折村、久須見村、中野村、東野村、藤村
尾張名古屋藩 10村 川上村、付知村、正家村、千旦林村、駒場村、手賀野村、中津川村、落合村、大井村、加子母村
美濃苗木藩 12村 日比野村、上地村、瀬戸村、坂下村、上野村、田瀬村、福岡村、高山村、蛭川村、毛呂窪村、姫栗村、中野方村
岩村藩・名古屋藩 1村 馬場山田村
幕府領・藩領 幕府領・苗木藩 1村 下野村
旗本領・名古屋藩 1村 茄子川村
  • 慶応4年
  • 明治初年 - 領地替えにより名古屋藩領の一部(駒場村・手賀野村・中津川村・落合村および正家村・千旦林村・茄子川村の各一部)が笠松県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年)9月[3]
    • 馬木村・馬坂村・高波村・峰山村・小杉村・落倉村・沢中村が合併して東方村となる。(75村)
    • 日比野村が改称して苗木村となる。
  • 明治8年(1875年)1月 - 以下の各村の統合が行われる[4]。(63村)
    • 大泉村 ← 小泉村、大船村
    • 大田村 ← 上田村、田良子村、大栗村
    • 杉野村 ← 門野村、杉平村
    • 浅谷村 ← 浅谷村、須淵村
    • 野原村 ← 一色村、野原村
    • 横通村 ← 下風村、柏尾村、岩竹村、安主村、土助村、才坂村
    • 瀬戸村 ← 上地村、瀬戸村
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての恵那郡が発足。郡役所が大井町に設置。
  • 明治13年(1880年) - 郡役所が中津川村に移転。

町村制以降の沿革[編集]

恵那郡の市町村合併変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 恵那郡史、1926年。
  2. ^ 日本歴史地名大系台二一巻『岐阜の地名』平凡社地方資料センター、平凡社、1993年。
  3. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  4. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達

参考文献[編集]

関連項目[編集]