明智町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明智町
廃止日 2004年10月25日
廃止理由 新設合併
恵那市岩村町山岡町
明智町串原村上矢作町恵那市
現在の自治体 恵那市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
団体コード 21569-4
面積 67.13km²
総人口 6,558
推計人口、2004年10月1日)
隣接自治体 瑞浪市山岡町串原村
上矢作町小原村旭町
町の木 カエデ
町の花 キキョウ
明智町役場
所在地 509-7792
岐阜県恵那郡明智町843-1
座標 北緯35度18分5秒
東経137度23分14.6秒
明智町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

明智町(あけちちょう)は、岐阜県恵那郡にあった町である。2004年10月25日に周辺市町村との合併により恵那市となった。

地理[編集]

岐阜県の南東端に位置し、美濃三河高原に属する丘陵に囲まれた盆地の町。町域は矢作川流域に属しており、支流の明智川が盆地内を南へ流下、南部で渓谷を形成している。典型的な内陸性気候であり、日中の温度差が激しい。冬期の冷え込みは厳しいものの、積雪量は少ない。

  • 山:
  • 河川:明智川、吉田川、阿妻川、高波川、

歴史[編集]

鎌倉時代の宝治元年(1247年)に明知遠山氏の始祖・遠山景重明知城(白鷹城)を築城した。遠山氏一族は本拠の岩村城と、苗木城、明知城を中心に現在の恵那市・中津川市にかけての地域を治めた。戦国時代には織田氏武田氏の抗争の舞台となった。江戸時代一国一城令によって明知城は廃城となり、北西麓の大手門近くに旗本陣屋が置かれ、中馬街道脇道の宿場町として発展。明治大正期には養蚕製糸産業で栄えたが、その後窯業が主産業となった。市街地には西洋文化の影響を受けた当時の建造物が残っており、それらを生かして昭和59年に日本大正村が開村した。

経済[編集]

産業[編集]

  • 窯業、商業

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡[編集]

祭事・催事[編集]

  • 日本大正村クロスカントリー
  • ちょっとおんさい祭
  • 光秀まつり
  • ぎおん祭り
  • 八王子神社大祭

電気[編集]

明智町は町営で電気事業を始めた1907年(明治40年)10月事業許可を受け、明智川に水力発電所(出力50kw)を建設し1908年(明治41年)5月より事業を開始した[1]

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 明智光秀の出身地がこの明智町と可児市の明智のどちらかで議論になっている。
  • 町名は「明」であるが、町内を走る鉄道は「明」と表記する。駅名は「明」。

脚注[編集]

  1. ^ 『電気事業要覧. 第〔5〕回』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]