美濃三河高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美濃三河高原 
Mount Chausu Aichi.jpg
茶臼山
所在地 日本の旗 日本 岐阜県愛知県長野県
位置
最高峰 茶臼山 (1,415m)
種類 高原
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

美濃三河高原(みのみかわこうげん)は、岐阜県恵那地方、愛知県北東部と長野県の一部にまたがる高原木曽山脈の南西に連続し、海抜約1000m以下で主に花崗岩からなる隆起準平原

東は豊川から、北は木曽川付近までを指す。西から南は濃尾平野尾張丘陵西三河平野、幡豆山地東三河平野に接する。岐阜県域は美濃高原、愛知県域は三河高原または三河山地と呼ばれ、三河高原は地域名としての奥三河に当たる。豊川、矢作川、木曽川などが深い渓谷を形成している。天竜奥三河国定公園愛知高原国定公園飛騨木曽川国定公園と、段戸高原県立自然公園(愛知県)、本宮山県立自然公園(愛知県)が指定されている。北部では良質の陶土を産し、愛知県瀬戸市、岐阜県南東部の美濃焼産地など古くから陶業が盛んである。

主な山[編集]