羽栗郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岐阜県羽栗郡の位置

羽栗郡(はぐりぐん)は、岐阜県美濃国)にあった。現在の羽島郡全域と羽島市の一部などを含む領域に存在した。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 岐阜市の一部(境川以南)
  • 羽島市の一部(竹鼻町・竹鼻町神楽・竹鼻町丸の内・竹鼻町錦町・竹鼻町西野町・新生町・足近町各町・小熊町各町・福寿町各町・正木町坂丸・正木町不破一色・正木町森・正木町森新田・正木町光法寺・正木町南及)
  • 各務原市の一部(川島各町・成清・神置・下中屋・大佐野・上中屋・松本)
  • 羽島郡笠松町岐南町の全域

歴史[編集]

古くは尾張国葉栗郡の一部だった。安土桃山時代天正14年6月24日1586年8月9日)、木曽川大洪水で流路が変わり葉栗郡が分断されてしまったため[1]豊臣秀吉の命により、天正17年(1589年)に美濃側に分断された部分を美濃国に移し[2]、区別のためにからに字が変更された。ただし、同様に分断された中島郡海西郡は改称されていない。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 9村 笠松村、徳田新田、奈良津新田、印食新田、田代村、成光村、若宮地村、北及村、南及村
旗本領 22村 小網島村、長池村、藤掛村、光法寺村、おはけ村、無動寺村、成清村、大佐野村、笠田村、北船原村、南船原村、町屋村、松本村、上中屋村、中野村、米野村、松倉村、間島村(現・各務原市)、松原島村、江川村、下中屋村、平島村
幕府領・旗本領 3村 三ツ屋村、森村、坂丸村
藩領 尾張名古屋藩 24村 竹ヶ鼻村、円城寺村、西小熊村、川口村、直道村、天王森村、浅平村、平方村、南之川村、北宿村、加納新田[3]、三宅村、野中村、薬師寺村、南宿村、栗木村、本郷村、間島村(現・羽島市)、坂井村、柳津村、市場村、小荒井村、島村、東小熊村
陸奥磐城平藩 2村 上印食村、下印食村
幕府領・藩領 幕府領・名古屋藩 2村 不破一色村、徳田村
旗本領・名古屋藩 1村 伏屋村

脚注[編集]

  1. ^ 『KISSO』Vol.59、国土交通省中部地方整備局木曽川下流河川事務所、6-10頁
  2. ^ 『新撰美濃志』及び同書を底本とする『古事類苑』「美濃國」の記載では、天正10年(1582年)に木曽川沿いの三郡(葉栗郡、中島郡海西郡)のうち、百二十余村を分割して美濃国に移したとされる。
  3. ^ 記載は加納村。「角川日本地名大辞典」では中島郡所属。
  4. ^ 明治元年4月18日太政官第247号
  5. ^ 『岐阜縣令達全書』では、明治元年4月15日(1868年5月7日)とする。
  6. ^ 明治元年閏4月25日太政官第347号
  7. ^ 明治4年7月14日太政官布告第313号
  8. ^ 明治4年11月22日太政官布告第614号
  9. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  10. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達
  11. ^ 現在の岐南町伏屋3丁目付近
  12. ^ 円城寺村の枝郷。現・各務原市川島河田町および川島竹早町・川島緑町の各一部。
  13. ^ 現在の笠松町円城寺のうち、岐南町薬師寺9丁目の西に位置する地域。
  14. ^ a b c 笠松町のあゆみ、岐阜県笠松町。
  15. ^ 小崎利準権令の仲裁による。
  16. ^ 明治12年2月18日岐阜県甲第10号布達
  17. ^ a b 明治14年3月25日岐阜県甲第35号布達
  18. ^ 明治22年6月27日岐阜県令第40号
  19. ^ 明治22年6月27日岐阜県令第39号
  20. ^ 岐阜県下郡廃置及郡界変更法律(明治29年4月18日法律第86号)施行による。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
葉栗郡尾張国
行政区の変遷
1589年 - 1897年
次代:
羽島郡