武儀郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
右側:上から上之保村、武儀町、左側:上から板取村、洞戸村、武芸川町

武儀郡(むぎぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

略史[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 明治時代初期
    • 岩山崎村、祖父川村、大洞村、粟野村、町村、武儀倉村、雁曽礼村、宮脇村、川合村、船山村、明ケ島村、行合村、鳥屋市村、が合併し、上之保村となる。旧・岩山崎村、祖父川村、大洞村、粟野村、町村、武儀倉村、雁曽礼村を「下村」、旧・宮脇村、川合村、船山村、明ケ島村、行合村、鳥屋市村を「上村」と称し、上村と下村を合わせて上之保村としていたという。
    • 大門村、町村、西洞村、殿村、轡野村、上野村、多羅木村が合併し、下之保村となる。
    • 比根村、拭井村、多々羅村、間吹村、若栗村、梁瀬村が合併し、中之保村となる。[2]
  • 1868年(慶応4年)
    • 4月15日 - 幕府領・旗本領・寺社領が笠松裁判所の管轄となる。
    • 明治元年閏4月25日 - 笠松裁判所の管轄が笠松県となる。
  • 1871年8月29日(明治4年7月14日) - 廃藩置県により藩領が、今尾県岩村県名古屋県となる。
  • 1872年1月2日(明治4年11月22日) - 第1次府県統合により、全域が岐阜県となる。
  • 1873年(明治6年)
    • 上生櫛村と下生櫛村が合併し、生櫛村となる。
    • 4月1日
      • 葛屋村、室兼村、追洞村、飯高村、勝之洞村、本郷村が合併し、上麻生村となる。
      • 間見村、大橋村、大塚村、寺洞村、奥田村、八日市村、中切村、万場村、葉津村、杉洞村が合併し、神渕村となる。
  • 1874年(明治7年) - 上之保村(下村)と水成山村が合併し、富之保村となる。上之保村は上之保村(上村)のみとなる。
  • 1879年(明治12年)2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての武儀郡が発足。

町村制以降の沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)7月1日 町村制施行(2町47村)
  • 1890年(明治23年)
    • 12月17日 沙田村が菅田村に改称。
    • 12月27日 金山村が町制施行して金山町となる。(3町46村)
  • 1891年(明治24年)9月24日 - 須原谷村が洲原村に改称。
  • 1896年(明治29年)11月20日 - 菅田村が町制施行して菅田町となる。(4町45村)
  • 1897年(明治30年)
    • 4月1日 (4町27村)
      • 長瀬村、片知村、蕨生村、神洞村が合併して下牧村が発足。
      • 高野村、八幡村、小知野村、広見村、跡部村が合併して南武芸村が発足。
      • 市場村、通元寺村、片村、菅谷村、下洞戸村、栗原村、飛瀬村、奥洞戸村が合併して洞戸村が発足。
      • 笹賀村、田栗村、椿村、徳永村、佐野村が合併して北武芸村が発足。
    • 8月1日 - 郡制を施行。
  • 1911年(明治44年)4月1日 - 上有知町が改称して美濃町となる。
  • 1920年(大正9年)8月19日 - 関町・吉田村が合併し、改めて関町が発足。(4町26村)
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 郡制廃止に伴い郡会が廃止。残務処理のため、郡役所は存続。
  • 1925年(大正14年)7月18日 - 安曽野村が美濃町に編入。(4町25村)
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地理区分名称となる。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 瀬尻村・倉知村が関町に編入。(4町23村)
  • 1949年(昭和24年)10月1日 - 関町が加茂郡富岡村の一部(肥田瀬、鋳物師屋、市平賀)を編入。
  • 1950年(昭和25年)
    • 4月1日 - 北武芸村・西武芸村の所属郡が山県郡に変更。(4町21村)
    • 8月10日(4町20村)
    • 10月15日 - 関町が加茂郡田原村を編入し市制施行して関市となり、郡より離脱。(3町20村)
  • 1951年(昭和26年)3月20日 - 下有知村が関市に編入。(3町19村)
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 上麻生村の所属郡が加茂郡に変更。(3町18村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 4月1日 (2町12村)
      • 美濃町・洲原村・下牧村・上牧村・大矢田村・藍見村・中有知村が合併して美濃市が発足し、郡より離脱。
      • 坂ノ東村が加茂郡白川町に編入。
    • 9月10日 - 富野村が関市に編入。(2町11村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月10日 - 小金田村が関市に編入。(2町10村)
    • 2月11日 - 神渕村が加茂郡上麻生村と合併して加茂郡七宗村が発足。(2町9村)
    • 3月1日 - 金山町・菅田町が益田郡下原村及び郡上郡東村と合併して益田郡金山町が発足。(9村)
    • 4月1日 (6村)
  • 1956年(昭和31年)9月29日 (5村)
    • 東武芸村と南武芸村の一部が合併して武芸村が発足。
    • 南武芸村の一部(旧広見村)が関市に編入。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 武芸村が町制施行して武芸川町となる。(1町4村)
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 武儀村が町制施行して武儀町となる。(2町3村)
  • 2005年(平成17年)2月7日 - 板取村・上之保村・洞戸村・武儀町・武芸川町が関市に編入。同日、武儀郡消滅。
明治22年
以前
明治22年
7月1日
明治22年
 - 大正15年
昭和1年
 - 昭和29年
昭和30年
 - 昭和39年
昭和40年
 - 昭和64年
平成1年
 - 現在
現在
上有知町 明治44年4月1日
改称
美濃町
美濃町 昭和29年4月1日
美濃市
美濃市 美濃市 美濃市 美濃市
安曽野村 安曽野村 大正14年7月18日
美濃町に編入
須原谷村 明治24年9月24日
改称
洲原村
須原村
長瀬村 明治30年4月1日
下牧村
下牧村
片知村
蕨生村
神洞村
上牧村 上牧村
大矢田村 大矢田村
藍見村 藍見村
中有知村 中有知村
関町 大正10年7月1日
関町
関町 関町 昭和25年
10月15日
市制
関市 関市 関市 関市
吉田村
瀬尻村 瀬尻村 昭和18年10月1日
関町に編入
倉知村 倉知村
加茂郡
肥田瀬村
明治30年4月1日
加茂郡
富岡村の一部
富岡町の一部 昭和24年10月1日
関町に編入
加茂郡
鋳物師屋村
加茂郡
市平賀村
山県郡
千疋村
明治30年4月1日
山県郡
千疋村
山県郡
千疋村
昭和25年8月10日
関町に編入
山県郡
植野村
加茂郡
東田原村
明治30年4月1日
加茂郡
田原村
加茂郡
田原村
昭和25年10月15日
関町に編入
加茂郡
西田原村
加茂郡
小迫間村
加茂郡
迫間村
加茂郡
稲口村
加茂郡
大杉村
下有知村 下有知村 下有知村 昭和26年
3月20日
関市に編入
富野村 富野村 富野村 昭和29年
9月10日
関市に編入
小金田村 小金田村 小金田村 小金田村 昭和30年1月10日
関市に編入
山県郡
戸田村
明治30年4月1日
山県郡
保戸島村
山県郡
保戸島村
昭和25年8月10日
小金田村に編入
山県郡
側島村
広見村 明治30年4月1日
南武芸村
南武芸村 南武芸村 昭和31年9月29日
関市に編入
高野村 昭和31年9月29日
武芸村
昭和40年4月1日
町制改称
武芸川町
平成17年
2月7日
関市に編入
八幡村
小知野村
跡部村
東武芸村 東武芸村 東武芸村
市場村 明治30年4月1日
洞戸村
洞戸村 洞戸村 洞戸村 洞戸村
通元寺村
片村
菅谷村
下洞戸村
栗原村
飛瀬村
奥洞戸村
板取村 板取村 板取村 板取村 板取村
上之保村 上之保村 上之保村 上之保村 上之保村
下之保村 下之保村 下之保村 昭和30年4月1日
武儀村
昭和46年4月1日
町制
中之保村 中之保村 中之保村
富之保村 富之保村 富之保村
上麻生村 上麻生村 昭和27年8月1日
加茂郡へ
昭和30年2月11日
加茂郡
七宗村
昭和46年4月1日
町制
七宗町の一部
七宗町
の一部
加茂郡
七宗町
神渕村 神渕村 神渕村
坂ノ東村 坂ノ東村 昭和29年4月1日
加茂郡
白川町に編入
白川町の一部 白川町の一部 白川町
の一部
加茂郡
白川町
金山村 明治23年12月27日
町制
金山町 金山町 昭和30年3月1日
益田郡
金山町の一部
金山町の一部 平成16年
3月1日
下呂市
の一部
下呂市
沙田村 明治23年12月17日
改称
菅田村
明治29年11月20日
町制
菅田町
乾村 乾村 乾村 昭和30年4月1日
山県郡
美山村の一部
昭和39年4月1日
町制
美山町
平成15年
4月1日
山県市
の一部
山県市
笹賀村 明治30年4月1日
北武芸村
北武芸村 昭和26年4月1日
山県郡へ
田栗村
椿村
徳永村
佐野村
西武芸村 西武芸村 昭和26年4月1日
山県郡へ

脚注[編集]

  1. ^ 尾張藩附家老竹腰氏領が慶応4年1月24日(1868年2月17日)に立藩。
  2. ^ 武儀町史(1992年発行)によると、現存する資料で中之保村の戸長が判明しているのは1880年以降である。このことから遅くても1879年以前には中之保村が成立していたと推測される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]