武儀郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岐阜県武儀郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

武儀郡(むぎぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 関市の大部分(概ね保明・側島・戸田・千疋・植野・千疋北・大平台・東田原・西田原・小迫間・迫間・迫間台・稲口・大杉・肥田瀬・鋳物師屋・市平賀・平賀町・東新町・東出町・南出を除く[1]
  • 美濃市の全域
  • 山県市の一部(中洞・岩佐・笹賀・田栗・椿・徳永・佐野・出戸・日永・相戸・柿野・船越)
  • 下呂市の一部(金山町金山・金山町菅田笹洞・金山町菅田桐洞)
  • 加茂郡七宗町の大部分(上麻生・神渕)
  • 加茂郡白川町の一部(坂ノ東)

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 7村 ●八幡村、極楽寺村、小屋名村、山田村、笠神村、横越村、椿村
旗本領 3村 倉知村、関村、池尻村
幕府領・旗本領 1村 ●下有知村
藩領 尾張名古屋藩 114村 長瀬村、立花村、安毛村、●須原村、片知村、神洞村、蕨生村、上野村、御手洗村、小倉村、乙狩村、小坂村、大野村(現・関市洞戸大野)、黒谷村、市場村、菅谷村、片村、通元寺村、栗原村、飛瀬村、尾倉村、高賀村、阿部村、高見村、小瀬見村、老洞村、松谷村、白谷村、加部村、門出村、岩本村、九蔵村、松場村、中切村、野口村、田口村、保木口村、杉原村、島口村、門原村、柿野村、出戸村、相戸村、佐野村、日永村、船越村、徳永村、小知野村、高野村、平村、神野村、西神野村、岩佐村、中洞村、谷口村、宇多院村、広見村、大矢田村、小瀬村、殿村、西洞村、多羅木村、上野村、町村、轡野村、●大門村、簗瀬村、若栗村、間吹村、多々羅村、拭井村、比根村、明ヶ島村、行合村、川合村、船山村、宮脇村、武儀倉村、鴈曽礼村、粟野村、祖父川村、町村、大洞村、岩山崎村、鳥屋市村、前野村、大野村(現・関市上大野)、松森村、下河和村、小野村、●上有知村、曽代村、保木脇村、上河和村、間見村、大橋村、大塚村、寺洞村、中切村、八日市村、奥田村、万場村、杉洞村、葉須村、上麻生村、金山村、広島村、相模村、大利村、小川村、新津村、村君村、桐洞村、笹洞村
美濃今尾藩[2] 3村 志摩村、志津野村、●吉田村
美濃岩村藩 3村 上白金村、笹賀村、田栗村
幕府領・藩領 幕府領・名古屋藩 1村 生櫛村
旗本領・岩村藩 2村 下白金村、跡部村
その他 寺社領 1村 水成山村
  • 慶応4年
  • 明治4年(118村)
  • 明治初年(95村)
    • 殿村・西洞村・多羅木村・上野村・町村・轡野村・大門村が合併して下之保村となる。
    • 簗瀬村・若栗村・間吹村・多々羅村・拭井村・比根村が合併して中之保村となる[3]
    • 明ヶ島村・行合村・川合村・船山村・宮脇村・武儀倉村・鴈曽礼村・粟野村・祖父川村・町村・大洞村・岩山崎村・鳥屋市村が合併して上之保村となる。
  • 明治6年(1873年)4月1日 - 間見村・大橋村・大塚村・寺洞村・中切村・八日市村・奥田村・万場村・杉洞村・葉須村が合併して神渕村となる。(86村)
  • 明治7年(1874年)9月[4](80村)
    • 2ヶ所存在した大野村が上大野村(現・関市上大野)・下大野村(現・関市洞戸大野)にそれぞれ改称。
    • 水成山村および上之保村の一部(字下組[5])が合併して富之保村となる。
    • 尾倉村・高賀村・阿部村・高見村・老洞村・松谷村・小瀬見村が合併して奥洞戸村となる。
  • 明治8年(1875年)6月 - 小坂村・下大野村・黒谷村が合併して下洞戸村となる。(78村)
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての武儀郡が発足。郡役所が上有知村に設置。

町村制以降の沿革[編集]

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  2. ^ 尾張藩附家老竹腰氏領が慶応4年1月24日(1868年2月17日)に立藩。
  3. ^ 武儀町史(1992年発行)によると、現存する資料で中之保村の戸長が判明しているのは1880年以降である。このことから遅くても1879年以前には中之保村が成立していたと推測される。
  4. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  5. ^ 旧・武儀倉村、鴈曽礼村、粟野村、祖父川村、町村、大洞村、岩山崎村。残部は字上組。

参考文献[編集]

関連項目[編集]