この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

本巣郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岐阜県本巣郡の位置(緑:北方町 薄緑・水色:後に他郡から編入した区域)

本巣郡(もとすぐん)は、岐阜県美濃国)の

人口18,268人、面積5.18km²、人口密度3,530人/km²。(2017年5月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 瑞穂市の一部(本田、只越、別府、十九条、牛牧、野白新田、祖父江以東)
  • 本巣市の大部分(上保・郡府・北野・春近・石原・三橋・仏生寺・政田・浅木・温井・海老・下福島・根尾宇津志・根尾高尾・根尾水鳥・根尾松田・根尾大井・根尾大河原・根尾能郷を除く)
  • 北方町の大部分(北方以南)

1897年(明治30年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 岐阜市の一部(河渡、寺田、曽我屋、一日市場、一日市場北町、下尻毛、木田、東改田、下西郷、小野、中、中西郷、上西郷以西)
  • 瑞穂市本巣市・北方町の全域

歴史

8世紀頃の戸籍には御野国本簀郡との記載がある。本巣郡には美濃郷、鹿立郷、遠市郷、安堵郷、穂積郷、物部郷、船木郷、粟田郷の8郷があった。

近世以降の沿革

知行 村数 村名
幕府領 幕府領(美濃郡代 1村 馬場村
幕府領(大垣藩預地 19村 上穂積村、下穂積村、下本田村、十八条村、西秋沢村、野田新田、野白新田、牛牧村、内野新田、●下真桑村、上本田村、只越村、早野村[1]、美江寺村、十五条村、●上真桑村、生津村、別府村、前野村
旗本領 5村 長屋村、中野村、文殊村、法林寺村、●北方村
幕府領(大垣藩預地)・旗本領 4村 十九条村、見延村、小弾正村、更屋敷村
藩領 美濃大垣藩 32村 山口村、神海村、佐原村、木倉村、川内村、奥村、金原村、平野村、板所村、市場村、神所村、中村、越卒村、門脇村、長嶺村、天神堂村、長島村、黒津村、越波村、上大須村、下大須村、松田村、西小鹿村、東小鹿村、東板屋村、西板屋村、口谷村、奥谷村、樽見村、内野村、木知原村、日当村[2]
陸奥磐城平藩 6村 宗慶村、軽海村、十四条村、柱本村、高屋村、小柿村
尾張名古屋藩 5村 上橋本村、十七条村、柳一色村、祖父江村、曽井中島村
  • 慶応4年
  • 明治元年12月7日1869年1月19日) - 戊辰戦争の処分により磐城平藩が減封。郡内の領地が笠松県の管轄となる。
  • 明治初年 - 領地替えにより名古屋藩領の一部(曽井中島村)が笠松県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 日当村が金原村に合併。(71村)
  • 明治7年(1874年)9月 - 以下の各村の統合が行われる[3]。(68村)
    • 穂積村 ← 上穂積村、下穂積村
    • 本田村 ← 上本田村、下本田村
    • 外山村 ← 木倉村、川内村
  • 明治8年(1875年
    • 1月 - 以下の各村の統合が行われる[4]。(61村)
      • 牛牧村 ← 牛牧村、内野新田、野田新田、野白新田
      • 穂積村 ← 前野村、穂積村
      • 稲里村 ← 上橋本村、柳一色村
      • 重里村 ← 十五条村、大野郡三日市場村
      • 七五三村 ← 中野村、小弾正村、更屋敷村
    • 6月 - 西小鹿村・東小鹿村が合併して小鹿村となる。(60村)
  • 明治12年(1879年
    • 2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての本巣郡が発足。「本巣席田郡役所」が北方町に設置され、席田郡とともに管轄。
    • 11月 - 牛牧村の一部が分立して野田新田・野白新田となる[5]。(62村)
  • 明治18年(1885年)9月 - 金原村の一部が分立して日当村となる。(63村)

町村制以降の沿革

変遷表

脚注

  1. ^ 東早野村・西早野村に分かれ、明治7年(1874年)9月に両村が合併して早野村になったとする史料もあり。
  2. ^ 記載なし。
  3. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  4. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達
  5. ^ 野白新田の分立については明治13年(1880年)3月とする史料もある。
  6. ^ 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)。

参考文献