付知町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 岐阜県 > 中津川市 > 付知町
付知町
付知町の位置(岐阜県内)
付知町
付知町
付知町の位置
北緯35度39分39.97秒 東経137度25分44.72秒 / 北緯35.6611028度 東経137.4290889度 / 35.6611028; 137.4290889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Gifu Prefecture.svg 岐阜県
市町村 Flag of Nakatsugawa, Gifu.svg 中津川市
地区 付知地区
面積
 • 合計 73.36km2
人口
2018年(平成30年)10月31日現在)[2]
 • 合計 5,612人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
508-0351[3]
市外局番 0573 (中津川MA)[4]
ナンバープレート 岐阜
※座標は中津川市役所付知総合事務所付近

付知町(つけちちょう)は、岐阜県中津川市地名面積は73.36 km2[1]郵便番号は508-0351[3]2005年(平成17年)2月12日まで、岐阜県恵那郡に属していたである。

地理[編集]

岐阜県東部、中津川市の北部に位置する。地内の北部・東部には標高1,500mを超える阿寺山地が連なり、西部には標高700〜1000mの丘陵地帯が広がる。地内の中心を北西-南東方向の活断層阿寺断層が通過しており、断層谷に沿って付知川が南流する。主な集落は付知川沿いに分布する。

付知川の最上流部は、東濃地方有数の渓谷である付知峡と呼ばれる渓谷を形成している。付知峡は森林浴の森日本100選に選ばれており、複数のキャンプ場がある。

  • 山:奥三界岳、夕森山、高時山、雨乞棚山
  • 河川:付知川

大字・字[編集]

  • 大字:付知町 (ツケチチヨウ)
  • 小字:
  • 青木平 (アオキダイラ), 赤ハゲ (アカハゲ), 雨池 (アマイケ), 安楽満 (アラマ), 葦原 (アワラ)
  • 猪組平 (イグミダイラ), 池島 (イケジマ), 池ノ尻 (イケノシリ), 石鋪 (イシキ), 伊勢戸薙 (イセドナギ), 猪ノ澤 (イノサワ), 岩小屋 (イワゴヤ), 岩屋 (イワヤ)
  • 上野 (ウエノ), 宇峠 (ウトウゲ),  馬小屋 (ウマゴヤ), 馬道 (ウマミチ), 浦沢 (ウレサワ), 上林 (ウワバヤシ)
  • 大平 (オイダイラ), 追分 (オイワケ), 大ヶ平 (オオガヒラ), 大胡桃 (オオグルミ), 大新田 (オオシンデン), 大西 (オオニシ), 大野 (オオノ), 大畑 (オオバタ), 大洞 (オオボラ), 大山 (オオヤマ), 尾ヶ平 (オガヒラ), 起 (オコシ), 大ヲコシ分 (オコシワカレ), 起 (オゴセ)
  • 柿ケ下 (カキガシタ), 隠小屋 (カクレゴヤ), 欠ヶ洞 (カケホラ), 笠屋 (カサヤ), 菓子上 (カシアゲ), 梶ヶ外 (カジガソデ), 柏洞 (カシヤボラ), 柏木洞 (カシワギボラ), 紙漉垣戸 (カミスキガイド), 河原 (カワラ), 河原小屋 (カワラゴヤ)
  • 北平 (キタビラ), 木ノ下 (キノシタ) ,  喜六薙 (キロクナギ)
  • クグリキ (クグリキ), 櫛下 (クシゲ), 口田 (クチダ), 熊倉 (クマグラ), 倉柱 (クラバシラ), 倉屋 (クラヤ), 暮鐘 (クレガネ), 黒川 (クロカワ), 桑木薙 (クワノキナギ), 桑木洞 (クワノキボラ)
  • 越道 (コイド), 廣野屋 (コウノヤ), 小草場 (コクサバ), 国造 (コクゾウ), 小栗山 (コグリヤマ) ,小坂 (コサカ),   小谷 (コタニ), 小峠 (コトウゲ), 小林 (コバヤシ), 小洞口 (コボラグチ), 小屋ヶ尾 (コヤガオ), 小屋郷 (コヤゴウ), 児安沼 (コヤスヌマ), 小屋場 (コヤバ)
  • 桜田 (サクラダ),  笹平 (ササダイラ), 笹薙 (ササナギ), 沢渡 (サワタリ), 三本松 (サンボンマツ)
  • 猪ヶ馬場 (シシヤマンバ), 下井戸 (シタイド), 下夕平 (シタダイラ), 下夕野 (シタノ), 下夕向 (シタムキ), 下夕屋 (シタヤ), 芝ヶ瀬 (シバガセ), 四本松 (シホンマツ), 島田 (シマダ), 島畑 (シマバタ), 下浦 (シモウレ), 下谷 (シモンタニ), 正ヶ脇 (シヨウガキ), 城川 (ジヨウガワ), 白沢 (シラサワ, 白谷 (シラタニ),   新田 (シンデン)
  • 杉ヶ洞 (スギガボラ)
  • 清吉畑 (セイキチバタ)
  • 外ヶ洞 (ソトガボラ), 曽利免 (ソリメ)
  • 高岩 (タカイワ), 鷹尾 (タカオ), 高尾 (タカオ), 田形 (タガタ), 高畑 (タカバタ), 鷹ノ巣 (タカノス), 瀧ヶ澤 (タキガサワ), 竹端 (タケガハナ), 出ヶ谷 (ダシガタ),  田尻 (タジリ),  龍野 (タツノ), 立ノ神 (タテノカミ), 立林 (タテバヤシ), 谷端 (タニバタ),  田ノ上 (タノウエ),   田ノ尻 タノシリ), 垂下 タルシタ), 垂洞 タルボラ)
  • ツガ洞 (ツガボラ), ツゞラヤブ (ツヅラヤブ)
  • 定藏薙 (テイゾウナギ), 出口 (デグチ), 寺畑 (テラバタ),  寺山 (テラヤマ)
  • 東別当 (トウベツトウ), 藤治薙 (トウジナギ), 樋口 (トイグチ), 所久合 (トコロクゴウ), 杤木洞 (トチノキボラ), 富田 (トミタ), 鳥屋尾 (トヤオ), 鳥屋脇 (トヤキ)
  • 長尾(ナガオ), 中田 (ナカダ), 中薙 (ナカナギ), 中野 (ナカノ), 長峰 (ナガミネ), 中屋 (ナカヤ), 中ノ谷 (ナカンタニ), ナラノキ (ナラノキ)
  • 西洞 (ニシボラ), 二本木 (ニホンギ)  
  • 野 (ノ),  野尻(ノジリ), ノタノ沢 (ノタノサワ), 野中 (ノナカ)
  • 端小屋 (ハゴヤ), 橋詰 (ハシヅメ), 巾垣戸 (ハバガイト), 林 (ハヤシ)
  • 東股入 (ヒガシマタイリ), 引廻 (ヒキマワシ), 七郎工薙 (ヒチロベエナギ), 日向洞 (ヒナタボラ), 桧尾 (ヒノキオ), 飛羅 (ヒラ), 広島野(ヒロシマノ), 廣谷 (ヒロタニ)
  • 富家谷 (フカタニ), 武佐原 (ブサハラ), 藤山 (フジヤマ), 分田 (ブンダ)
  • 日枯入 (ヒガレイリ), 廣野 (ヒロノ),  百田 (ヒヤクタ)
  • 洞垣内 (ホラガイト)
  • 中段 (ナカダン), 長手 (ナガテ), 中畑 (ナカバタ)
  • 根屋尾 (ネヤオ)
  • ノタノ平 (ノタノヒラ)
  • 平作垣戸 (ヘイサクガイド), 平四郎新田 (ヘイシロウシンデン),  平六 (ヘイロク)
  • 堀田 (ホツタ),  洞奥 (ホラオク),  堀端 (ホリバタ)
  • 前岌 (マエビラ), 槇ヶ平 (マキガヒラ), 槇立 (マキダチ), 間瀬 (マゼ), 松葉 (マツバ), 松原 (マツバラ), 松平 (マツベイ), 松山 (マツヤマ), 丸山 (マルヤマ), 万場 (マンバ)
  • 水ヶ谷 (ミズガタニ), 水無 (ミズナシ), 水上 (ミゾカミ), 御堂垣戸 (ミドガイド), 御堂後 (ミドゴ), 南ヶ沢 (ミナミガサワ), 宮島 (ミヤジマ), 宮ノ上 (ミヤノウエ),  宮ノ越 (ミヤノコシ), 妙儀岌 (ミヨウギヒラ)  
  • 向畑 (ムカイバタ), 向山 (ムカイヤマ)
  • 樅木沢 (モミノキザワ),   森田薙 (モリタナギ),  護山 (モリヤマ),   諸田 (モロタ)
  • 屋敷垣戸 (ヤシキガイド), 矢柄 (ヤガラ),   弥藏薙 (ヤゾウナギ), 矢平(ヤダイラ), 山本 (ヤマモト),   山手 (ヤマテ),   上ヶ平 (ヤンタイラ)
  • 吉田岌 (ヨシダビラ),  吉本 (ヨシモト), 吉原 (ヨシワラ),  米沢 (ヨネザワ)
  • 蘭木 (ランギ)
  • 若宮尾 (ワカミヤオ), ワサビ谷 (ワサビダニ), 渡瀬 (ワタセ), ワラビガネ (ワラビガネ), ワルビラ (ワルビラ)

(過去に存在した小字) 島、尾大起、木澤、中屋、野中、林、見安沼

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
付知町 1,935世帯 5,612人

歴史[編集]

平安時代末期から戦国時代末期まで、美濃国恵那郡遠山荘の一部。地頭遠山氏の分家苗木遠山氏の領地。江戸時代尾張藩領。

沿革[編集]

付知町
廃止日 2005年2月13日
廃止理由 編入合併
坂下町川上村加子母村
付知町福岡町蛭川村
山口村中津川市
現在の自治体 中津川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
団体コード 21564-3
面積 73.36km2
総人口 6,665
推計人口、2005年2月1日)
隣接自治体 恵那郡川上村加子母村福岡町
加茂郡東白川村
長野県木曽郡大桑村
町の木 ヒノキ
町の花 シャクナゲ
付知町役場
所在地 508-0321
岐阜県恵那郡付知町5756
座標 北緯35度39分30.42秒
東経137度25分35.76秒
付知町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制施行により恵那郡付知村が成立。
  • 1897年(明治30年)4月16日 - 付知村が町制施行により付知町となる。
  • 2005年(平成17年)2月13日 - 付知町が周辺6町村と共に中津川市へ編入合併をし、旧付知町域は中津川市付知町となる。その際、地内の郵便番号が508-0351に統一される[5]

姉妹都市・友好都市[編集]

公共施設[編集]

官公庁[編集]

郵便局[編集]

  • 上付知簡易郵便局
  • 下付知郵便局
  • 付知郵便局

教育[編集]

その他[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

現在、地内に鉄道路線はないが、1924年(大正13年)8月5日から1978年(昭和53年)9月18日まで北恵那鉄道線下付知駅から中津町駅まで運行していた。下付知駅から恵那郡加子母村(現・中津川市加子母)渡合の間には1937年(昭和12年)から 1959年(昭和34年)まで 付知森林鉄道が存在した。日本国有鉄道では、中津川駅から付知を経由して下呂駅を結ぶ下呂線(中呂線)の建設を計画していた時期があった。

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103”. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 月別人口の詳細” (日本語). 多治見市 (2018年12月4日). 2018年12月8日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年12月3日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年12月3日閲覧。
  5. ^ 郵便番号検索 岐阜県中津川市の郵便番号一覧”. 日本郵便. 2013年2月10日閲覧。
  6. ^ 垂洞のシダレモミ”. 中津川市. 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ 十六羅漢”. 中津川市. 2013年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]