定勝寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
定勝寺
所在地 長野県木曽郡木曽郡大桑村大字須原831-1
位置 北緯35度41分41.2秒 東経137度41分19.3秒 / 北緯35.694778度 東経137.688694度 / 35.694778; 137.688694座標: 北緯35度41分41.2秒 東経137度41分19.3秒 / 北緯35.694778度 東経137.688694度 / 35.694778; 137.688694
山号 浄戒山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 嘉慶年間
開基 初屋和尚
正式名 浄戒山定勝寺
文化財 山門本堂庫裏重要文化財
法人番号 5100005007612
テンプレートを表示
定勝寺山門
定勝寺庫裏

定勝寺(じょうしょうじ)は 長野県木曽郡大桑村にある臨済宗妙心寺派寺院山号は浄戒山。本尊釈迦如来木曽町興禅寺、長福寺とともに木曽三大寺のひとつ。日本最古の「蕎麦切り」(一般的に言われる「そば」)に関する文書が発見されている。

歴史[編集]

嘉慶年間(1387年1388年)に木曾氏により創建されたとされる。度重なる木曽川の氾濫により倒壊されるが、その都度再建・再興された。

現在の建築物は1598年石川光吉木曾義在居館跡に建立したもので(『吉蘇志略』)、秋籬離島の『木曽路名所図会』にも堂宇の全景が描写されている。1952年(昭和27年)には山門、本堂、庫裏が国の重要文化財に指定された。

末寺に上松町臨川寺長野市の天松院などがある。

文化財[編集]

  • 重要文化財(国指定)
    • 山門
    • 本堂
    • 庫裏

所在地・アクセス[編集]

文化財[編集]

参考文献[編集]