日比野克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日比野 克彦
(ひびの かつひこ)
生誕 (1958-08-31) 1958年8月31日(58歳)
岐阜県
出身校 東京藝術大学
著名な実績 現代美術
配偶者 ひびのこづえ
公式サイト http://www.hibino.cc/

日比野 克彦(ひびの かつひこ、1958年8月31日 - )は、日本現代美術家。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授

経歴[編集]

1958年岐阜県岐阜市生まれ。 国立大学法人 岐阜大学教育学部附属中学校を卒業。 岐阜県立加納高等学校を卒業[1]後、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科に進学(同級生にしりあがり寿がいた[2])。同大学に1年在学した後、東京藝術大学美術学部デザイン学科に再入学し、1982年に卒業。1984年、同大学大学院修士課程修了。1980年代に領域横断的、時代を映す作風で注目される。作品制作の他、身体を媒体に表現し、自己の可能性を追求し続ける。1986年シドニー・ビエンナーレ、1995 年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。

近年では、館内の展示室だけでなく、様々な地域の人々と共同制作を行いながら、受取り手の感受する力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開し、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。2003年大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレにて[明後日新聞社文化事業部]を設立、同時に[明後日朝顔プロジェクト]を開始。2005年 水戸芸術館[HIBINO EXPO]、2006年岐阜県美術館[HIBINO DNA AND]、2007年金沢21世紀美術館「[ ホーム→アンド←アウェー」方式]、熊本市現代美術館[HIGO BY HIBINO]など個展を開催。

2012年[種は船~航海プロジェクト]を実施。2013年 瀬戸内国際芸術祭2013にて[海底探査船美術館プロジェクト「一昨日丸」]を発表。同年・翌年(2013・14年)「六本木アートナイト」にてアーティスティックディレクターを務める。2010年より4年の1度のサッカーW杯年に合わせ、「マッチフラッグプロジェクト」を開始。2014年もブラジル大会への熱い想いを胸にワークショップを実施し、スタジアムをスポーツとアートの交流の場とした。1995年から1999年まで東京藝術大学美術学部デザイン学科助教授、1999年から2007年まで東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助教授/准教授を経て2007年10月より現職。2010年日本サッカー協会理事に就任。

2015年4月1日より、岐阜県美術館の館長に就任した[3][4]

主な役職[編集]

主な受賞歴[編集]

  • 1982年 第3回日本グラフィック展大賞
  • 1983年 第1回日本イラストレーション展グランプリ
  • 1983年 第30 回東京ディレクターズクラブADC 賞最高賞
  • 1990年 IBA /インターナショナル ブロードキャスティングアワーズ
  • 1990年 ディスプレイデザイン年賞’ 90 奨励賞
  • 1990年 東京都屋外広告物優秀賞都知事賞
  • 1999年 毎日デザイン賞グランプリ
  • 2016年 芸術選奨文部科学大臣賞

展覧会・国際芸術祭[編集]

  • 1986年:シドニー・ビエンナ ーレ
  • 1995年:ヴェネチア・ビエンナーレ
  • 2003年:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003「明後日新聞社文化事業部」
  • 2005年:水戸芸術館「HIBINO EXPO」
  • 2006年:岐阜県美術館「HIBINO DNA AND」
  • 2007年:熊本市現代美術館(HIGO BY・HIBINO)
  • 2007年:霧島アートの森(日々の旅に出る。)
  • 2007年:金沢21世紀美術館「ホーム→アンド←アウェー」方式
  • 2008年:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展「飛行する記憶~記憶は創造を呼び起こす~」出展
  • 2010年:3331ArtsChiyoda「ひとはなぜ絵を描くのか」
  • 2012年:にいがた水と土の芸術祭
  • 2013年:瀬戸内国際芸術祭「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸/OTOTOI丸」
  • 2013年:川崎市岡本太郎美術館「Hibino on side off side 日比野克彦」展
  • 2016年:KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭「HIBINO HOSPITAL(日比野美術研究室付属病院放送部)」

主な作品[編集]

美術作品[編集]

  • 「PRESENT AIRPLANE」
  • 「GRAND PIANO」
  • 「NITO」

デザイン[編集]

  • 「J TRIP BAR」

パフォーマンス[編集]

  • 「HIBINO THEATRE」

アートプロジェクト[編集]

  • 「明後日朝顔プロジェクト」
  • 「種は船」
  • 「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸・ソコソコ想像所」
  • 「アジア代表日本」
  • 「MATCH FLAG PROJECT」
  • 「HEART MARK VIEWING」

ワークショップ[編集]

  • 「HIBINO HOSPITAL」
  • 「HIBINO CUP」

著作[編集]

  • 『8万文字の絵――表現することについて』PHP研究所、1997年
  • 『100の指令』朝日出版社、2003年

監修[編集]

  • 2005年 こよみのよぶね(岐阜)
  • 2012年 第67回国民体育大会「ぎふ清流国体」第12回全国障害者スポーツ大会「ぎふ清流大会」総合プロデューサー(岐阜)
  • 2013年-2015年「六本木アートナイト」アーティスティックディレクター(六本木/ 東京)
  • 2014年「サッカーボールアート展」(西武渋谷/東京)
  • 2014年-2015年日本財団アール・ブリュット美術館合同企画展2014-2015「TURN/陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)」(みずのき美術館/ 京都、鞆の津ミュージアム/ 広島、はじまりの美術館/ 福島、藁工ミュージアム/ 高知)
  • 2015年 水戸芸術館25 周年記念事業「カフェ・イン・水戸R」関連プログラム「Re MITO100」プロジェクト・ディレクター(水戸芸術館/ 茨城)
  • 2015年 みんなの森 ぎふメディアコスモス開館記念事業「みんなのアート(それぞれのらしさ)」(みんなの森 ぎふメディアコスモス/岐阜)
  • 2015年 アートまるケット日比野克彦ディレクション「花は色の棲家」(岐阜県美術館/ 岐阜)
  • 2016年 アーツカウンシル東京主催 2020年に向けたリーディング・プロジェクト「TURN フェス」(東京都美術館/東京)

TV[編集]

  • YOU(NHK、1985年10月 - 1987年3月)- 司会
  • テレビドラマ『とんび』(NHK、2012年)出演 - アーティスト 役
  • 巨匠たちの輝き〜歴史を創った芸術家たち〜(BS-TBS、2013年10月2日 - ) - 司会

脚注[編集]

外部リンク[編集]