多摩美術大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Tama Art University
多摩美術大学
Tama Art University (Hachioji Library).jpg
別名 多摩美、多摩美大
旧称 多摩帝国美術学校
モットー 自由と意力[1]
モットー (英語) Freedom and Will
種別 私立
設立年 1935年 (1935)
創立者 国沢新兵衛(初代理事長)[2][3][4]
提携関係 World Design Organization[5]
総長 青柳正規
学長 建畠晢
教員数
194人[6]
学生総数 4,597人[7]
学部生 4,327人[7]
大学院生 270人[7]
博士課程在籍者
15人[7]
所在地 〔八王子キャンパス〕東京都八王子市鑓水2-1723
〔上野毛キャンパス〕東京都世田谷区上野毛3-15-34
キャンパス 八王子キャンパス
上野毛キャンパス
スクールカラー
公式サイト www.tamabi.ac.jp/index_j.htm
テンプレートを表示

多摩美術大学(たまびじゅつだいがく、英語: Tama Art University)は、東京都世田谷区上野毛三丁目15番34号に本部を置く日本私立大学である。1953年に設置された。大学の略称は多摩美(たまび)、TAU。

概要[編集]

『杉浦非水像』 黒田清輝筆 (1915年)

初代校長はグラフィックデザイナー杉浦非水[8]。キャンパスは八王子と上野毛の2キャンパス。付属施設に多摩美術大学美術館(多摩市)[9]や芸術人類学研究所(八王子キャンパス)[10]がある。

また、1954年、多摩美術大学に併設開校した専門学校である多摩芸術学園は1992年閉校し、多摩美術大学造形表現学部に再編成され、現在の多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科に統合された。

沿革[編集]

多摩美術大学正門

参照[11]

  • 1935年 多摩帝国美術学校を現在の東京都世田谷区上野毛に創設する。[12][2] 今井兼次教授設計の校舎が完成する。[13][14][15][16][17][18]
  • 1937年 財団法人設立。女子部が創立され、女子の入学が許可。
  • 1947年 専門学校令による専門学校に昇格、多摩造形芸術専門学校(美術部・建築部・工芸部)と改称
  • 1950年 多摩美術短期大学(絵画科・彫刻科・造形図案科)を設置。
  • 1951年 学校法人に組織変更。
  • 1953年 多摩美術大学(学長:井上忻治)を設置。
  • 1954年 多摩芸術学園映画科・演劇科 (学園長:逸見梅栄)を設置。
  • 1956年 多摩芸術学園に舞台美術科、脚本科、演出科専攻を増設。
  • 1956年 多摩芸術学園に写真科を増設。
  • 1964年 大学院(絵画学科・デザイン学科・芸術学科)を設置。
  • 1969年 芸術学科と建築科の設置が認可。学園紛争により全学封鎖。八王子校地に本館、学生寮が完成。
  • 1973年 多摩美術大学文様研究所開設を設置。[19]
  • 1973年 多摩芸術学園にデザイン科を新設。
  • 1973年 専修学校 多摩芸術学園(絵画科増設、6学科体制)
  • 1985年 長野県豊科町(現・安曇野市)と多摩美術大学クラフトデザイン研究会の提携によりあづみ野ガラス工房を設立。
  • 1989年 美術学部二部(絵画学科・デザイン学科・芸術学科:映像コース、演劇コース)を開講。
  • 1998年 情報デザイン学科を開講。
  • 1999年 二部を改め造形表現学部(造形学科・デザイン学科・映像演劇学科)開講。
  • 2000年 多摩美術大学美術館を多摩センターに移転し新規開設。
  • 2001年 大学院(博士課程後期)を開設。
  • 2002年 生涯学習センターを設置。
  • 2005年 芸術人類学研究所を開設。
  • 2006年 バナナ テキスタル プロジェクトが、文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)に選定された後、地球環境問題とデザイン教育を連携させた授業を展開している。
  • 2008年 2007年9月、文部科学省の大学院教育改革支援プログラムに、本学の「異文化相互批評が可能にする高度人材育成」の取り組みが採択され、この年から、「大学院教育改革支援プログラム異文化相互批評が可能にする高度人材育成」CO-CORE国際講評会を開催している。(東京、ヘルシンキ、北京)
  • 2010年 3331Arts Chiyoda (東京都千代田区)内にアキバタマビ21(ギャラリー)を開設する。
  • 2012年 多摩美術大学院美術研究科芸術学専攻身体表現研究領域開設。
  • 2014年 統合デザイン学科と演劇舞踊デザイン学科を開設する。造形表現学部の学生募集を停止。
  • 2015年 建畠晢が学長に就任。アートテークが完成。奈良古美術セミナーハウスの建て替え工事完成。創立80周年記念式典を開催。シンシナティ大学(米国)と国際協定を結ぶ。
  • 2016年 富士山麓セミナーハウスの建て替え工事完成。美術学部全学科で推薦入学試験を実施。
  • 2018年 大学院美術研究科博士前期課程(修士課程)にデザイン専攻統合デザイン領域、演劇舞踊専攻を設置。アートアーカイヴセンター設置。
  • 2020年 日本初の「デザイン経営」[20]人材育成のための講座 TCL-多摩美術大学クリエイティブリーダーシップ プログラムを開講。[21][22][23]
  • 2020年 大学院生対象の横断型講座「エクスペリメンタルワークショップ(EWS)」国際的かつ継続的に実施し学科や専攻の枠組みを超えて、学生が主体的に取り組んで複合プログラムを開設。[24][25][26]

施設[編集]

八王子キャンパス
八王子キャンパス
大学院、美術学部
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
橋本駅北口から徒歩21分、または神奈川中央交通バス「多摩美術大学行」で約8分。
南大沢駅八王子駅南口から京王バス南「多摩美術大学行」で約20分。
上野毛キャンパス
上野毛キャンパス
本部、大学院、美術学部
〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34
上野毛駅徒歩3分
二子玉川駅東口より、徒歩12分
多摩美術大学美術館
多摩美術大学美術館
〒206-0033 東京都多摩市落合1-33-1
多摩センター駅東口より、徒歩7分
アキバタマビ21
3331Arts Chiyoda アキバタマビ21
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
末広町駅徒歩1分。
湯島駅徒歩3分。
御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅秋葉原駅より徒歩8分。
Tama Art University Bureau(TUB)[27]
[28]
東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7−1 ミッドタウンタワー)
六本木駅直結、乃木坂駅徒歩3分、六本木一丁目駅徒歩10分
富士山麓セミナーハウス(純林苑)
〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中1213
奈良古美術セミナーハウス(飛鳥寮)
〒630-8431 奈良県奈良市窪之庄町117

上記に加え、長野県上水内郡野尻湖湖畔に研修所がある。[29]

アメリカメディア・コングロマリットハースト・コーポレーションが発行するVerandaが多摩美術大学を「The 12 Most Beautiful College Campuses Around the World」の一つとして選出。[30]

イギリス高等教育専門誌 タイムズ・ハイアー・エデュケーション「Times Higher Education(THE)」は多摩美術大学を「The 10 most beautiful universities in East Asia」に選出している。[31]

教育[編集]

学部[編集]

美術学部[編集]

大学院[編集]

美術研究科[編集]

  • 修士課程(博士前期課程)
    • 絵画専攻
      • 日本画研究領域
      • 油画研究領域
      • 版画研究領域
    • 彫刻専攻
    • 工芸専攻
    • デザイン専攻
      • グラフィックデザイン研究領域
      • プロダクトデザイン研究領域
      • テキスタルデザイン研究領域
      • 環境デザイン研究領域
      • 情報デザイン研究領域
      • 統合デザイン研究領域
    • 芸術学専攻
    • 演劇舞踊専攻
    • エクスペリメンタル・ワークショップ(EWS)[24][25][26][36]
  • 博士課程(博士後期課程)
    • 美術専攻

講座[編集]

  • 多摩美術大学生涯学習プログラム[37]
  • TCL-多摩美術大学クリエイティブリーダーシップ プログラム[22][38] (教育訓練経費の一部支給制度を適用される「厚生労働省特定一般教育訓練講座」に指定。[39] 文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定。[40] [41])「デザイン経営」人材育成講座

学内施設[編集]

出典:[42]

多摩美術大学図書館

八王子キャンパス[編集]

  • 多摩美術大学図書館
  • メディアセンター
  • アートテーク
  • 工作センター
  • 国際交流室
  • 芸術人類学研究所
  • TAUホール
  • レクチャーホール
  • 多摩美術大学生涯学習センター
  • アートアーカイヴセンター
  • 学生寮

上野毛キャンパス[編集]

  • 上野毛センター
  • 演劇舞踊スタジオ
  • TCL Lab[43]

行事[編集]

オープンキャンパス[編集]

作品展示、講評会、ワークショップ、進学相談会などを開催する[44]

芸術祭[編集]

作品展示、ライブイベント、模擬店、フリーマーケット、進学相談会などを開催する[45][46]

Web芸術祭[編集]

GMOペパボに協賛をしていただき2020年よりオンラインマーケット「minne」と「SUZURI」で作品を販売。[47][48]

国際共同研究[編集]

  • Pacific Rim[49]
  • Connecting Wool[50]
  • CMTEL(color/materials/trends exploration laboratory)[51]
  • CO-CORE[52][53]
  • バナナ テキスタル プロジェクト[54]
  • Day-see プログラム[55]

産学共同研究[編集]

  • 国際銅協会 International Copper Association(本部:米国ワシントンD.C. 会長:Steve Higgins) と一般社団法人日本銅センター(会長:村山誠一、JX金属) から作品創造の素材となる銅板を寄付していただき、多摩美術大学工芸学科金属プログラム研究室と協働。文化芸術産業を守る重要性を意識喚起し文化芸術産業を支援するためのCSR活動。[56]
  • 「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム[57][58]
  • 株式会社ロコガイドと2019年から連携してUI/UXデザインに関する産学共同研究[59][60]
  • 株式会社リンレイと2016年より行ってきた産学共同の「日本のキレイ」プロジェクト[61]
  • 八王子織物工業組合と多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻の共同研究[62][63]
  • 多摩美術大学 × BIGLOBE 産学共同研究プロジェクト[64][65][66]
  • アドビ社の協力を得て国内の大学で初めて全学生のAdobe Creative Cloudを無償で利用可能に学生のさらなる創作意欲に応える体制を強化。[67]
  • 日本初、株式会社モノファクトリーをハブにしながら、伊藤忠リーテイルリンク株式会社(伊藤忠商事)、株式会社ナカダイ、ブックオフコーポレーション株式会社、プラス株式会社の企業5社[68]と美術大学によるSDGs時代の廃棄物循環型経済モデル共創プロジェクト「すてるデザイン」[68][69][70][71][72][73] プロジェクトの活動に加えて、世界の課題である「ゴミ問題」をデザインを通じて考えていく展示を開催。[74]
  • ソフトバンクイノベンチャー発コンセントで使った充電量を記録できるユビ電WeCharge充電設備[75][76][77]
  • 東レ株式会社より人工皮革素材「ウルトラスエード®」の無償提供を受け2018年から「マテリアル・デザイン・クッキング 〜東レ株式会社×多摩美術大学 ウルトラスエード®の素材探究〜」[78]
  • E.F.E株式会社×多摩美術大学による水発電技術の価値を無限大に広げる産学共同研究[79][80]
  • 長瀬産業×資生堂×コンビ×多摩美術大学産学共同研究-サスティナブルな提案。[81][82][83] 2018年より長瀬産業株式会社×大手メーカー2社×多摩美術大学産学共同研究を続けており、エレコム花王カシオ計算機にもご参加していただいている。[84]
  • デュポン・MCC株式会社(デュポンと三菱ケミカルの 合弁会社)から支援をうけ人工大理石「コーリアン(R)」を使う産学共同プロジェクト[85][86]
  • グラフィック・パッケージング・インターナショナル株式会社(en:Graphic Packaging)と多摩美術⼤学⽣産デザイン学科プロダクトデザイン研究室のAquaKote(アクアコート)の板紙を使用し「AQUA」をテーマにプロダクト開発の研究[87][88]、商品化。[89]
  • 株式会社電通国際情報サービス(ISID)研究開発組織であるオープンイノベーションラボ(イノラボ)+ 多摩美術大学と共同でITとデザインの視点でフードロス削減を考えるアイデアソン[90]
  • 大東建託株式会社との産学共同研究。大東建託ともに「次世代の賃貸住宅のプロトタイプ」を次世代の賃貸ユーザーとなる学生、環境デザイン学科、プロダクトデザイン学科、グラフィックデザイン学科、芸術学科などが参加する分野相互(interdisciplinary)共同開発プロジェクト。[91]

大学間連携共同推進[編集]

  • 早稲田大学を主幹に国内外の関係機関と連携して実施する起業家育成プロジェクト 次世代アントレプレナー育成事業「EDGE-NEXT」協働機関[92][93]
  • Tokyo United Network for Innovation with Technology and Entrepreneurs (T-UNITE)早稲田大学を中心に54の機関がプラットフォームT-UNITEを形成[94][95][96]
  • 東京工業大学一橋大学、多摩美術大学が連携した価値創造人材育成プログラム「Technology Creatives Program (通称テックリ)」を2022年度から開講(文部科学省の「大学等における価値創造人材育成拠点の形成事業」)[97][98][73][99]

アートイベント・展覧会[編集]

  • TAMAVIVANT[100] 会場:多摩美術大学八王子キャンパスアートテークギャラリー
  • 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ[101] 会場:多摩美術大学美術館
  • チャリティー・ビエンナーレ 多摩美術大学校友会[102][103] 会場:光村印刷・光村グラフィックギャラリー
  • 日本演劇学会全国大会 テーマ「演劇と美術」・研究展示「近代日本の演劇と吉田謙吉」・シンポジウム 演劇と美術の新しい形を考える1週間 2022年[104][105]

対外関係[編集]

包括連携協定[編集]

[106][107]

ARTSAT Project[編集]

大学コンソーシアム八王子[編集]

[110]

海外協定校[編集]

[111]

国際機関加盟団体[編集]

多摩美術大学奨学金[編集]

  • 日本学生支援機構奨学金やその他財団の主な奨学金の情報を提供するだけでなく、多摩美術大学独自の返還不要な奨学金の充実を図っている。[115][116][115]

多摩美術大学授業料減免制度[編集]

  • 多摩美術大学独自の3種類の減免制度、経済的支援授業料減免制度、兄弟姉妹授業料減免制度、博士前期課程授業料減免制度が書類申請と審査を経て給付される。[117]

地域との主な連携プロジェクト[編集]

  • タマリバーズ[118] 多摩美術大学×二子玉川ライズ 地域連携アートプロジェクト
  • 多摩美術大学 × 玉川髙島屋S・C 学生による看板デザイン[119]
  • さがまちコンソーシアム[120]
  • 八王子学園都市大学(愛称:いちょう塾)[要出典]
  • 高大連携授業[121]
  • アートラボはしもと - 相模原市と多摩美術大学を含む4大学との基本協定。大学と自治体による連携した取り組み[122]
  • あそびじゅつ[123]
  • 出前アート大学[124]
  • Down's Town Project[125][126][127][128][129]
  • 東京ミッドタウン OPEN THE PARK「こいのぼりGALLERY」[130]
  • 2021年、誰もが参加できる無料でのヴァーチャル“デザインの大学”Tama Design Universityを期間限定開校。50の新たなデザイン領域を知る、講義プログラム公開。[131][132][133][134]講義のアーカイヴ動画が公開されている。[135]

企業からの評価[編集]

学生の意向を尊重したうえでキャリア支援を行う主体的な就職活動が結果的に高い就職率に結びついていると考えており、デザイン系学科の就職率の高さもさることながら絵画学科、彫刻学科、工芸学科などのアート系学科の就職希望者を分母として割り出した就職率は90%を超えている。[136][137]

クラブ・サークル[編集]

文化連合会が音楽、美術、研究、身体表現、創意表現など25団体あり、体育連合会が球技、武道や山岳など13団体が活動している[138]

大学関係組織[編集]

多摩美術大学校友会[編集]

同窓会組織であり、多摩帝国美術学校、多摩造形芸術専門学校、多摩美術短期大学、多摩美術大学、多摩美術大学大学院、多摩芸術学園を卒業、あるいは、修了したものが、会員となっている[139]

大学関係者一覧[編集]

不祥事[編集]

韓国人留学生による強姦未遂
2014年5月、同大学在学中の韓国人留学生がJR橋本駅近くの路上で女性に声をかけ、「殺すぞ」などと脅して女性を自宅に連れ込み暴行しようとしたことで、同年6月30日に神奈川県警相模原北署に逮捕されたと報じられた[140]。これを受け、大学側も同年7月4日に五十嵐威暢学長(当時)名義で「本学留学生の事件に関するお詫び」と題した謝罪文を公式ホームページ上で公開した[141]
大学公式広告の取り下げ
統合デザイン学科教授の佐野研二郎と香取有美(両名ともグラフィックデザイン学科卒業)が手がけた大学の公式広告「MADE BY HANDS.」について、インターネット上の画像(ニューススサイト「GLAFAS」の写真等)を無断で使用しているのではないかという指摘が2015年8月頃になされた[142]。これを受け大学は公式ホームページで公開していた「MADE BY HANDS.」の紹介ページを削除し、取材に対して「一般の方々からの問い合わせがあまりにも多く、掲載を見合わせた」と総務課が説明した[143]
彫刻学科学生のハラスメント告発
2018年2月、彫刻学科の大学院生有志が同学科の教員による各種ハラスメントを告発する文書を実名入りでインターネット上に公開した[144][145]。同大学非常勤講師で美術史家の荒木慎也は、同問題の背景を説明するとともに、彫刻学科教授の笠原恵実子の雇用継続・配置換えをめぐる、大学(建畠晢学長)とプレカリアートユニオンの団体交渉の経緯をまとめた記事を発表している[146]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 教育理念 - 多摩美術大学
  2. ^ a b http://www.shiro1000.jp/tau-history/strike/comparison/musabi.html
  3. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/history-site.html
  4. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/1935/1935.html
  5. ^ International Partner Institutions - 多摩美術大学
  6. ^ 2016年度会計・事業報告、8頁。 - 多摩美術大学
  7. ^ a b c d 2016年度会計・事業報告、6頁。 - 多摩美術大学
  8. ^ 沿革 - 多摩美術大学
  9. ^ 多摩美術大学美術館
  10. ^ 芸術人類学研究所
  11. ^ 多摩美術大学|沿革”. www.tamabi.ac.jp. 2020年3月23日閲覧。
  12. ^ http://www.tamabi.ac.jp/prof/history/
  13. ^ https://www.tamabi.ac.jp/prof/history/
  14. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/imai/imai.html
  15. ^ https://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/050722.htm
  16. ^ https://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/070912.htm
  17. ^ https://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/091202.htm
  18. ^ https://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/120915.htm
  19. ^ https://www.tamabi.ac.jp/research/tamamon22/index.html
  20. ^ https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002-1.pdf
  21. ^ https://www.atpress.ne.jp/news/
  22. ^ a b https://tcl.tamabi.ac.jp/
  23. ^ 日本初の「デザイン経営」人材育成講座。多摩美術大学が来春開講へ” (日本語). 美術手帖. 2019年12月9日閲覧。
  24. ^ a b https://k.tamabi.ac.jp/activity/kikaku/2969598/
  25. ^ a b https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_15849478/
  26. ^ a b https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000034331.html
  27. ^ https://tub.tamabi.ac.jp/
  28. ^ https://www.axismag.jp/posts/2021/02/339171.html
  29. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/other/other.html
  30. ^ https://www.veranda.com/travel/g39946275/most-beautiful-college-campuses/
  31. ^ https://www.timeshighereducation.com/student/best-universities/10-most-beautiful-universities-east-asia
  32. ^ https://kankyou.tamabi.ac.jp/curriculum
  33. ^ https://a.tamabi.ac.jp/dept/ed/#anchor-course
  34. ^ https://www.tamabi.ac.jp/dept/ed/course.htm
  35. ^ https://kankyou.tamabi.ac.jp/field
  36. ^ https://twitter.com/tamabi_kikaku/status/1334719992927899648
  37. ^ 多摩美術大学 生涯学習センター”. www.tamabi.ac.jp. 2020年3月23日閲覧。
  38. ^ https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58887490Y2A300C2TCN000/
  39. ^ https://tcl.tamabi.ac.jp/other/293/
  40. ^ https://tcl.tamabi.ac.jp/other/236/
  41. ^ https://www.mext.go.jp/content/20201223-mxt_syogai03-100000982_02.pdf
  42. ^ Tama Art Univesity, Photo Gallery”. www.k.tamabi.ac.jp. 2019年5月4日閲覧。
  43. ^ Tama Art University Bureau.”. Tama Art University Bureau. 2021年8月10日閲覧。
  44. ^ 多摩美術大学オープンキャンパス×進学相談会2019”. 多摩美術大学. 2020年3月23日閲覧。
  45. ^ 芸術祭 - 多摩美術大学
  46. ^ 多摩美術大学芸術祭
  47. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002986.000000136.html
  48. ^ https://ecnomikata.com/original_news/29700/
  49. ^ https://www2.tamabi.ac.jp/pacific_rim/
  50. ^ https://www.tamabi.ac.jp/prof/exchange/c-wool/
  51. ^ http://www.tamabi.ac.jp/mc/cmtel/
  52. ^ http://www.tamabi.ac.jp/co-core/cn5/index.html
  53. ^ http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/co-core/blog/adiary.cgi/contents/about
  54. ^ https://www.tamabi.ac.jp/tx/banana/
  55. ^ https://www.tamabi.ac.jp/prof/exchange/day-see/
  56. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000090786.html
  57. ^ https://tokyo2020.org/ja/events/nippon-festival/
  58. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000034331.html
  59. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000023072.html
  60. ^ https://news.biglobe.ne.jp/economy/0901/prt_210901_6234297158.html
  61. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000034331.html
  62. ^ https://digitalpr.jp/r/25584
  63. ^ https://activity.tamabi.ac.jp/kikaku/3852877/
  64. ^ https://news.biglobe.ne.jp/trend/0519/bst_210519_0539447513.html
  65. ^ https://news.biglobe.ne.jp/trend/0623/bst_210623_8406780634.html
  66. ^ https://news.biglobe.ne.jp/trend/0714/bst_210714_5049791175.html
  67. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000034331.html
  68. ^ a b https://tub.tamabi.ac.jp/projects/1265/
  69. ^ https://www.itc-rl.co.jp/wp-content/uploads/2021/06/%E3%80%8C%E3%81%99%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%8D.pdf
  70. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD11AQZ0R10C21A6000000/
  71. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000034331.html
  72. ^ https://www.axismag.jp/posts/2021/07/389174.html
  73. ^ a b https://www.hit-u.ac.jp/1284wp/wp-content/uploads/2021/10/hub20211026-1.pdf
  74. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000034331.html
  75. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000063033.html
  76. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=000000011.000063033&g=prt
  77. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063033.html
  78. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000034331.html
  79. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000034331.html
  80. ^ https://www.axismag.jp/posts/2022/01/442615.html
  81. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000034331.html
  82. ^ https://kyodonewsprwire.jp/release/201910212359
  83. ^ https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/01710/
  84. ^ https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00792/
  85. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000034331.html
  86. ^ https://www.axismag.jp/posts/2021/12/434081.html
  87. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000081790.html
  88. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=000000009.000081790&g=prt
  89. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000081790.html
  90. ^ https://ascii.jp/elem/000/004/080/4080494/
  91. ^ https://activity.tamabi.ac.jp/kikaku/4127634/
  92. ^ https://www.tamabi.ac.jp/edge-next/
  93. ^ https://newswitch.jp/p/30953
  94. ^ https://k.tamabi.ac.jp/activity/kikaku/3301871/
  95. ^ https://www.jst.go.jp/pr/info/info1490/index.html
  96. ^ https://waseda-edge.jp/T-UNITE
  97. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000034331.html
  98. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=000000060.000034331&g=prt
  99. ^ https://www.titech.ac.jp/news/2021/062271
  100. ^ http://www2.tamabi.ac.jp/geigaku/20191019/
  101. ^ https://www.tamabi.ac.jp/timpt/
  102. ^ https://www.tamabi-alt.com/archives/11862
  103. ^ https://www.tamabi-alt.com/infomation/charity
  104. ^ https://jstr.org/conference/1531/
  105. ^ https://activity.tamabi.ac.jp/kikaku/4019908/
  106. ^ https://www.tamabi.ac.jp/effort/cooperation-univ.htm
  107. ^ http://www.tamabi.ac.jp/effort/community.htm
  108. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000034331.html
  109. ^ ARTSAT Project
  110. ^ 単位互換制度 | 大学コンソーシアム八王子” (日本語). 2020年3月23日閲覧。
  111. ^ 多摩美術大学|海外協定校”. www.tamabi.ac.jp. 2018年11月11日閲覧。
  112. ^ https://www.tamabi.ac.jp/prof/exchange/organization/
  113. ^ https://www.cumulusassociation.org/members/TamaArtUniversity/
  114. ^ https://www.tamabi.ac.jp/prof/exchange/organization/
  115. ^ a b https://www.tamabi.ac.jp/admission/scholarship/index.htm
  116. ^ https://www.tamabi.ac.jp/admission/scholarship/original.htm
  117. ^ https://www.tamabi.ac.jp/topics/covid-19/2205250000.htm
  118. ^ https://tamarivers.com/
  119. ^ https://www.tamabi.ac.jp/topics/takashimaya_2019/
  120. ^ 学びの情報 - さがまちコンソーシアム (相模原・町田大学地域コンソーシアム)”. sagamachi.jp. 2020年3月23日閲覧。
  121. ^ 多摩美術大学|高大連携”. www.tamabi.ac.jp. 2020年3月23日閲覧。
  122. ^ アートラボはしもと” (日本語). 相模原市. 2019年12月9日閲覧。
  123. ^ 多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ” (日本語). www.k.tamabi.ac.jp. 2020年3月23日閲覧。
  124. ^ https://www.tamabi-alt.com/infomation/delivery
  125. ^ https://www2.tamabi.ac.jp/iaa/member/research-associates/downs_town_project/
  126. ^ https://telling.asahi.com/article/14526537/
  127. ^ https://www2.tamabi.ac.jp/iaa/member/research-associates/downs_town_toward/
  128. ^ https://www.fashionsnap.com/article/2012-02-17/frapbois-downs-town/
  129. ^ https://www2.tamabi.ac.jp/iaa/member/research-associates/about_atelier-element-present/
  130. ^ https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/openthepark/koinobori.html
  131. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000034331.html
  132. ^ https://www.excite.co.jp/news/article/DigitalShiftTimes_31573f0fd5c92b1a58f95600d482c6b578b14db5/
  133. ^ https://www.axismag.jp/posts/2021/11/430241.html
  134. ^ https://news.biglobe.ne.jp/economy/1118/prt_211118_4428841993.html
  135. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000034331.html
  136. ^ https://biz-journal.jp/2022/02/post_280328.html
  137. ^ https://activity.tamabi.ac.jp/sp01/
  138. ^ http://www.tamabi.ac.jp/campus/extracurricular/club.htm
  139. ^ 多摩美術大学校友会” (日本語). www.tamabi-alt.com. 2020年3月23日閲覧。
  140. ^ [事件]婦女暴行未遂容疑で韓国人留学生の男を逮捕 神奈川県警(2014.6.30 18:22) 産経新聞
  141. ^ 本学留学生の事件に関するお詫び 多摩美術大学
  142. ^ 佐野研二郎氏、監修した多摩美術大学の広告でも無断使用か ネット上で指摘 The Huffington Post
  143. ^ 多摩美大、佐野氏手がけた「疑惑」の広告作品ページ削除 数日前から問い合わせ続々 J-CASTニュース
  144. ^ 多摩美術大学大学院 彫刻専攻学生有志のページです
  145. ^ 多摩美彫刻科の学生有志、ハラスメントなどで大学に 要望書を提出 美術手帖
  146. ^ 多摩美術大学彫刻学科のハラスメント問題と笠原恵実子教授の雇用を守る取り組み
  147. ^ Richard Serra Sculpture MoMA ニューヨーク近代美術館 1986  86〜87頁

外部リンク[編集]