セゾン美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg セゾン美術館
Sezon Museum of Art
SEIBU DEPARTMENT STORES ILLUMS BUILDING.jpg
かつてセゾン美術館が置かれていた、西武百貨店池袋店別館(2000年撮影)
施設情報
正式名称 セゾン美術館
前身 西武美術館
開館 1975年
閉館 1999年
所在地 日本の旗 日本 東京都豊島区南池袋 1-28-11 西武百貨店池袋店別館
位置 北緯35度43分40秒 東経139度42分42秒 / 北緯35.72778度 東経139.71167度 / 35.72778; 139.71167座標: 北緯35度43分40秒 東経139度42分42秒 / 北緯35.72778度 東経139.71167度 / 35.72778; 139.71167
最寄駅 池袋駅
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

セゾン美術館(セゾンびじゅつかん、Sezon Museum of Art)は、かつて東京都豊島区南池袋西武百貨店池袋店(後の西武池袋本店)内に所在した美術館1975年昭和50年)開館、1999年平成11年)閉館。

セゾン美術館開館と同時に、併設して美術書専門書店アール・ヴィヴァン (ART VIVANT) 」が開店[1]前衛美術専門書など書籍のほか、現代音楽レコードなども取り扱い、当時の日本では入手困難だった音源を紹介した。美術館の閉館に先立ち1995年に閉店した[1]

1979年には姉妹館として西武百貨店船橋店内に「船橋西武美術館」が開館し、1996年に閉館した[2][3]

概要[編集]

1975年に西武百貨店池袋店の第9期増築が完了し、最上階に堤清二による「時代精神の根拠地」の宣言に基づき[4]西武美術館」として開館。1989年10月に「SMA館」への移転に伴い「セゾン美術館」に改称された[5]。改称の前後で美術館のコンセプトに大きな変更はなされていない。なお、本来「セゾン」のラテン文字表記は「Saison」だが、本館に限って「Sezon」となっている理由は不明(セゾン現代美術館の英語表記も同様の表記)。

美術館として独立した建物になっておらず、本店の建物(現在の別館)の中に入っており、2階分の構造となっていた。百貨店系にしては高めの天井で、レイアウト的にも極めて自由の利く構造を持っていた。また壁の移動のみならず、入り口を1階と2階のいずれにすることもできた上に、1階と2階を完全に仕切って別々の企画を行うこともできるなど、用途に応じ使い分けていた。

企画の対象は他の百貨店系の美術館(美術スペース)とは異なり、20世紀の内外の美術建築写真デザイン等を含み、主として前衛的なもの)に特化しており、国立の近代美術館レベルの企画も数多く行った。展示スペースも20世紀美術(特に第二次世界大戦後の美術)を意識するなど、世界の現代美術を日本に紹介した[4]

各展覧会のポスター、展覧会カタログ、チラシ、チケット等のデザインについても力を入れており、当初は田中一光、のちには松永真を採用して、他の美術館に先駆けてトータルなイメージ作りを行った点にも大きな特徴がある。百貨店の宣伝的機能をはるかに超え、利益を度外視したいわゆる「メセナ」活動というべき展開を示した。これは堤清二の意向を強く反映しているといわれる。

しかしバブル崩壊後の経済状況により百貨店の事業整理が始まり、1992年には西友の管轄となり[6]、同年、西武百貨店会長に就任し改革を断行した和田繁明[注釈 1]の決断により[7]1999年に閉館となった。跡地は北欧家具・雑貨ショップ「イルムス」を経て無印良品へと変遷している。

閉館した1999年から数年間、セゾン美術館の学芸員が東京・青山セゾンアートプログラムという企画団体を組み、展覧会の企画運営などを行った。

セゾングループが蒐集し、西武美術館・セゾン美術館が開催した展覧会で展示された美術作品は、軽井沢セゾン現代美術館に収蔵・展示されている。

開催された主な展覧会[編集]

全開催展については、国立新美術館の記録[8][9]を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 翌年社長に就任。

出典[編集]

  1. ^ a b アール・ヴィヴァン《ART VIVANT》 デジタル大辞泉プラス、コトバンク
  2. ^ 特別講座 美術館は静かにどこへ向かうのか 第一回 美術館の閉館は誰の問題か? (PDF)”. 美学校 (2015年1月26日). 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ 日本の美術展覧会記録1945-2005”. 国立新美術館. 2018年12月30日閲覧。(船橋西武美術館)
  4. ^ a b 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.219
  5. ^ セゾン美術館 現代美術用語辞典 artscape
  6. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.221
  7. ^ 『セゾン文化は何を夢みた』p.192
  8. ^ 日本の美術展覧会記録1945-2005”. 国立新美術館. 2018年12月30日閲覧。(西武美術館)
  9. ^ 日本の美術展覧会記録1945-2005”. 国立新美術館. 2018年12月30日閲覧。(セゾン美術館)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]