辻惟雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 惟雄(つじ のぶお、1932年6月22日 - )は、日本美術史学者。専門は日本美術史東京大学名誉教授多摩美術大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市生まれ。父は産婦人科医・都筑千秋。次男で、母方の叔父・辻欽四郎の養子となる。[1]東京都立日比谷高等学校、東京大学文学部美術史学科卒業、同大学院博士課程中退。東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学教授、1985年東京大学文学部教授、1992年国際日本文化研究センター教授(東京大学併任教授)、1993年東京大学定年退官、名誉教授、1996年千葉市美術館館長、1998年多摩美術大学学長、MIHO MUSEUM館長を務めた。2017年、朝日賞受賞、文化功労者に選出される。

1995年 東京大学より文学博士。論文は「戦国時代狩野派の研究 -狩野元信を中心として」[2]

著書『奇想の系譜』を始め、それまでの美術史ではあまり評価されていなかった岩佐又兵衛狩野山雪伊藤若冲曽我蕭白長沢蘆雪歌川国芳をとりあげ、「奇想の画家たち」として再評価をうながした。

時代や分野を超えてある日本美術の特質として、「かざり」「あそび」「アニミズム」の3つを挙げている。

著作[編集]

  • 『奇想の系譜 又兵衛、国芳』美術出版社 1970/ぺりかん社(改訂版) 1988/ちくま学芸文庫 2004 解説:服部幸雄
  • 『若冲』東京美術出版社 1974/講談社学術文庫(増補版) 2015
  • 『日本の美術121 洛中洛外図』至文堂 1976
  • 『日本美術絵画全集13 岩佐又兵衛』集英社 1980
  • 『日本美術の表情 「をこ絵」から北斎まで』角川書店 1986
  • 『風俗画入門』小学館 1986
  • 『日本の美術259 岩佐又兵衛』至文堂 1987
  • 『奇想の図譜 からくり・若冲・かざり』平凡社 1989/ちくま学芸文庫 2005 解説:池内紀
  • 『岩波日本美術の流れ5 17・18世紀の美術 浮世の慰め』岩波書店 1991
  • 『日本の美術300 絵巻 鳥獣人物戯画と嗚呼絵』至文堂 1991
  • 『岩波日本美術の流れ7 日本美術の見方』岩波書店 1992
  • 『戦国時代狩野派の研究 狩野元信を中心として』吉川弘文館 1994 新装版2011
  • 『遊戯する神仏たち 近世の宗教美術とアニミズム』角川書店 2000/『あそぶ神仏』 ちくま学芸文庫(新版) 2015 解説:矢島新
  • 『日本美術の歴史』東京大学出版会 2005
  • 『奇想の江戸挿絵』集英社新書 2008
  • 『岩佐又兵衛』文春新書 2008
  • 『ギョッとする江戸絵画』羽鳥書店 2010
  • 辻惟雄集』全6巻 岩波書店[3] 2013-2014
    • 第1巻 「かざり」の美術 
    • 第2巻 「あそび」とアニミズムの美術
    • 第3巻 障屏画と狩野派
    • 第4巻 風俗画の展開
    • 第5巻 又兵衛と山雪 
    • 第6巻 若冲と蕭白
  • 『奇想の発見 ある美術史家の回想』新潮社 2014[4]

編著・共編[編集]

  • 『幕末・明治の画家たち 文明開化のはざまに』ぺりかん社 1992、新版2008
  • 『花の変奏 花と日本文化』 中西進共編 ぺりかん社 1997
  • 『「かざり」の日本文化』 角川書店 1998
  • 『日本美術の発見者たち』 矢島新・山下裕二との共著 東大出版会、2003
  • 『日本絵画名作101選』 小林忠河野元昭との共著 小学館、2005
  • 『ザ プライスコレクション』 小学館 2006
  • 『続 幕末・明治の画家たち 激動期の美術』ぺりかん社、2008
  • 『日本美術史ハンドブック』 泉武夫共編 新書館 2009
  • 『幽霊名画集 全生庵蔵・三遊亭円朝コレクション』 ちくま学芸文庫、2008。監修
  • 『日本美術全集』 小学館、2012-2016。編集委員(全20巻) 
  • 『熱闘! 日本美術史』 村上隆との共著 新潮社〈とんぼの本〉、2014

記念論集[編集]

  • 『日本美術史の水脈』 辻惟雄先生還暦記念会編 ぺりかん社 1993

脚注[編集]

  1. ^ 自伝『奇想の発見 ある美術史家の回想』
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 編集委員は青柳正規・河野元昭・小林忠・酒井忠康佐藤康宏・山下裕二
  4. ^ 「奇想の発見 ある美術史家の回想」は、『芸術新潮』2012年7月号より連載した自伝