千葉市美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 千葉市美術館
Chiba City Museum of Art
KyuuKawasakiGinkouChibashiten.jpg
千葉市美術館の位置(千葉県内)
千葉市美術館
千葉県内の位置
施設情報
正式名称 千葉市美術館 
専門分野 美術
収蔵作品数 約1000件(1995年時)
管理運営 財団法人千葉市教育振興財団(2006年4月1日より指定管理者[広報 1]
延床面積 17,499m2(中央区役所との複合施設)
開館 1995年平成7年)11月1日[1]
所在地 260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
位置 北緯35度36分32.35秒 東経140度7分28.74秒 / 北緯35.6089861度 東経140.1246500度 / 35.6089861; 140.1246500座標: 北緯35度36分32.35秒 東経140度7分28.74秒 / 北緯35.6089861度 東経140.1246500度 / 35.6089861; 140.1246500
アクセス 千葉都市モノレール葭川公園駅下車徒歩約5分
外部リンク 千葉市美術館
プロジェクト:GLAM
千葉市美術館が入居する中央区役所

千葉市美術館(ちばしびじゅつかん)は、千葉県千葉市中央区にある美術館[1]1995年平成7年)11月1日開館[1]。中央区役所との複合施設である[1]

概要[編集]

昭和57年(1982年)千葉市は「豊かな心と創造性をはぐくむ市民文化都市」づくりを目指し、美術館の設立計画が持ち上がる。 平成元年(1989年)3月に有識者による千葉市美術館構想懇談会が作られ、翌年から千葉市美術品等取得基金により本格的に作品収集を開始、5年の準備期間を経て、平成7年(1995年)に開館した。

1927年昭和2年)に建てられたネオ・ルネサンス様式の旧川崎銀行千葉支店(矢部又吉設計)の建物は、千葉空襲で焼け残った歴史的建造物で[2]、その跡地に総合支所と美術館を併設する構想が浮上したため、保存を求める市民らが約1500人の署名を提出して保存運動を展開し[3]、これを受けて千葉市が部分保存の検討を含める形で基本設計を委託することになった[4]

そこで、設計者の大谷幸夫[5]、新ビルで旧川崎銀行千葉支店を覆うようにする「さや堂」方式を用いて保存・修復と区役所と美術館の新設を両立する計画とし[6]、1-2階にさや堂ホールとして歴史的建造物を活用した建築物となった[5]

比較的新しい美術館だが、初代館長に辻惟雄が就任し[7]大英博物館との共催で欧米から版画や肉筆画等363点の出品作品を集めた[8]喜多川歌麿展を開館記念展として開催した[9][10]。 2代目館長に小林忠[11]、3代目館長に河合正朝日本美術史の専門家を迎え[11]、江戸絵画や現代美術を中心に集中的なテーマをもった特色ある展覧会を積極的に開催している。

コレクション[編集]

平成元年に定められた作品収集のテーマは、

の3つの柱分けられる。

テーマ1に関連するものとしては、無縁寺心澄の作品が約950点[12]浜口陽三の作品を約50点所蔵。テーマ2に関しては、公立でしかも後発の美術館としては珍しく浮世絵のコレクションが充実している。これは、浮世絵の祖・菱川師宣が房総出身なことや、浮世絵研究家であった今中宏が収集した渓斎英泉のコレクション200点が美術館設立の契機にもなったことによる。現在では版画約1000点、肉筆浮世絵100点弱を所蔵し、少なくとも年に1度は浮世絵の展覧会が開かれる。他にもアメリカの文化人類学者ロバート・ラヴィッツが収集した、絵入版本1000点余(浮世絵師以外も含む)も、同館の大きなコレクションといえる。

テーマ3に関連するものとして、サトウ画廊のオーナー・佐藤友太郎から約100作家による400点以上のまとまった作品寄贈を受けており[13][14]、順次展示・紹介がされている。

主な収蔵品[編集]

江戸絵画・日本画[編集]

近現代美術[編集]

利用案内[編集]

  • 開館時間: 10時から18時(入館は17時30分まで)金・土曜日は20時まで開館 (入場は19時30分まで)
  • 休館日: 毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月29日 - 1月3日)・展示替時
  • 観覧料: 展覧会毎に異なる。小・中学生は入場無料。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “千葉の文化創造の拠点 市美術館がオープン 中央区役所との複合施設”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年11月2日) 
  2. ^ “歴史の証人ぜひ保存を 旧川崎銀行千葉支店 空襲にも焼け残る 市文化財保護審”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 27. (1989年8月30日) 
  3. ^ “旧川崎銀行千葉支店 保存を求めて署名千五百人”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 26. (1989年9月6日) 
  4. ^ “旧川崎銀行千葉支店 部分保存を検討 千葉市が基本設計委託”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 21. (1989年12月27日) 
  5. ^ a b “建築 地域の「歴史」へ確たる眼 大谷幸夫「千葉市美術館・中央区役所」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 夕刊 11. (1995年6月7日) 
  6. ^ “旧川崎銀行千葉支店 保存に“さや堂”案 新ビルで前面部覆う ユニークな構想に注目”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 3. (1990年4月23日) 
  7. ^ “初代館長に辻氏 市立美術館”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年10月26日) 
  8. ^ “過去最大「歌麿展」 千葉市美術館開館記念に 欧米から363点集める”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 25. (1995年8月28日) 
  9. ^ “歌麿展が閉幕5万4287人来館 千葉市美術館”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 26. (1995年12月12日) 
  10. ^ “「歌麿展」で幕開け 内外の秘蔵品一堂に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年11月4日) 
  11. ^ a b “市美術館長4月に交代 小林氏退任、後任は河合氏”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 7. (2012年2月25日) 
  12. ^ “「広く市民に公開して」 白井さん 無縁寺の絵、市へ寄贈”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 10. (1987年12月11日) 
  13. ^ “日本現代美術の草創期を駆け抜けた道場主・佐藤友太郎 -千葉市美術館開設秘話-”. カルチャーちば (千葉市文化振興財団) (34): 18-21. 
  14. ^ “サトウ画廊コレクション 寄贈の62作品千葉で公開”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 26. (1992年11月28日) 
  15. ^ “千葉市美術館開館20周年記念展 「唐画もん」作品紹介 3 若冲の傑作版画「乗興舟」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 3. (2015年9月28日) 
  16. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 乗興舟 伊藤若冲 中国の技法”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年4月6日) 
  17. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「対鏡」 伊東深水 気取らぬ下町の色香”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年7月18日) 
  18. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 竹林七賢図”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年6月3日) 
  19. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 立美人図 懐月堂安度・作 “肥痩”の激しい描線”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年8月8日) 
  20. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 富嶽三十六景 駿州大野新田 葛飾北斎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年6月20日) 
  21. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「富嶽三十六景凱風快晴」 葛飾北斎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年11月21日) 
  22. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 富獄三十六景隠田の水車 葛飾北斎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年1月4日) 
  23. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 詩哥写真鏡 葛飾北斎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月21日) 
  24. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 雪中騎驢図 狩野山雪 見る者吸い込む情緒”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年1月16日) 
  25. ^ “鏑木清方の「薫風」など展示 千葉市収蔵作品展 日本画など47点を公開”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 29. (1991年4月30日) 
  26. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 野外遊楽図 祇園井特・作 秋野に遊ぶ町衆の姿”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年9月21日) 
  27. ^ “歌磨の代表作「納涼美人図」を購入 市立美術館 収集品中最高価値に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1992年6月9日) 
  28. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 潮干のつと 喜多川歌麿”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月1日) 
  29. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 積物前の遊女 喜多川歌磨 全盛のおいらん描く”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月18日) 
  30. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 今戸夏月 小林清親 明治の東京、詩情豊かに”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月13日) 
  31. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 西王母図 司馬江漢 作者の多様な画技示す”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月30日) 
  32. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 漁夫図 司馬江漢 服の陰影に西洋画の光”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月7日) 
  33. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 芒野図屏風 鈴木其一 今も輝く銀泥の霧”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年8月22日) 
  34. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 桜町中納言図 鈴木其一筆”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年1月18日) 
  35. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 鞠と男女 鈴木春信”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月16日) 
  36. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 獅子虎図 曾我蕭白”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年4月30日) 
  37. ^ “ウイスキーラベルに 市美術館所蔵水墨画 曾我蕭白「獅子虎図屏風」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 6. (2012年7月22日) 
  38. ^ “「アダンの海辺」 市美術館に委託 千葉ゆかりの画家 田中一村の代表作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 7. (2012年1月8日) 
  39. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 許由巣父図 俵屋宗達”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月4日) 
  40. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 那智山之大滝荒行之図 月岡芳年”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年8月8日) 
  41. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「藤原保昌月下弄笛図」 月岡芳年”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年11月28日) 
  42. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 松竹梅湯島掛額 月岡芳年 生々しいお七の姿”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年1月23日) 
  43. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 三囲を望む立美人 蹄斎北馬”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月8日) 
  44. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 美南見十二候九月 鳥居清長”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月2日) 
  45. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「白梅図」 芳中の畢生の力作 中村芳中”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年7月4日) 
  46. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「浮世風俗当世振」大判錦絵竪二枚続 橋本周延”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年12月11日) 
  47. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 角田川図 菱川師宣筆 太平の大らかさ描く”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1992年6月28日) 
  48. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 菱川師胤・作 中村竹三郎・三浦屋小紫図”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年1月16日) 
  49. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 鯉図 抱亭北鵞(五清) 北斎の画風にならう”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年10月17日) 
  50. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 牛図 望月玉泉筆 鎌倉の駿牛図に近代画の味つけ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年6月30日) 
  51. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 月下猿図 森狙仙 猿の孤高の姿が魅力”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年4月29日) 
  52. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 象図 森一鳳 「夢の動物」を屏風に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月5日) 
  53. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 天橋立・富士三保松原図 横山華山”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年12月19日) 
  54. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 山村儀右衛門の栄飛弾守 流光斎如圭”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月3日) 
  55. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 ゆれるかげ 秋岡美帆 和紙に広がる“光と影””. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年1月9日) 
  56. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 “Untitled” 加納光於”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年8月29日) 
  57. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 Dark Oval 川端実”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年8月14日) 
  58. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 プラスティック・ポエム 北園克衛・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年5月25日) 
  59. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 スペースモジュレーター 北代省三・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1995年4月9日) 
  60. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 №B White(部分) 草間彌生”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年12月26日) 
  61. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 あなたの肖像 工藤哲巳”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年6月6日) 
  62. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 Breath graph 105 佐藤時啓・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年5月10日) 
  63. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 陽華公主 白髪一雄 素早く描いた「足絵」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年10月10日) 
  64. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「景中」 菅木志雄 簡潔さの中に緊張感”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年6月27日) 
  65. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「赤ん坊の影NO.387」 作・高松次郎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月23日) 
  66. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 魚と果物 浜口陽三 「黒」の諧調、光のたまもの”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月15日) 
  67. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 釈迦十大弟子二菩薩 棟方志功”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年9月14日) 
  68. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 作品 村上三郎 人真似や前例を排す”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年10月31日) 
  69. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 手の中の眼 毛利武士郎・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年11月5日) 
  70. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 黒人の女 柳原義達・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年8月22日) 
  71. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 WorkC-40 山田正亮作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年8月1日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

参考文献[編集]

図録
  • 『千葉市美術館所蔵作品選』 千葉市美術館編集・発行、1995年
  • 『千葉市美術館所蔵浮世絵作品選』 千葉市美術館編集・発行、2001年
  • 『千葉市美術館 所蔵作品 100選』 千葉市美術館編集・発行、2015年4月10日
書籍
  • 『首都圏 美術館・博物館ベストガイド』 オフィスクリオ著、メイツ出版、2011年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]