柳原義達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳原 義達(やなぎはら よしたつ、1910年3月21日 - 2004年11月11日)は、近現代日本の彫刻家の一人である。

略歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。1936年東京美術学校彫刻科卒。朝倉文夫に師事、文展入選、国画会受賞、1937年国画会同人。1939年新制作派協会彫刻部創立に参加する。戦後、1952年から5年間ヨーロッパに滞在する。1956年高村光太郎賞、1974年中原悌二郎賞大賞など受賞、1970年日本大学芸術学部主任教授。1996年文化功労者

代表作[編集]

  • 「黒人の女」 - 千葉市美術館[1]
  • 犬の唄 1959年
  • 裸婦立像
  • 座る女
  • 靴下をはく女
  • 道標・鳩
  • 風の中の鴉

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 黒人の女 柳原義達・作”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1993年8月22日) 

著作[編集]

  • 柳原義達・版画集 道標-鳩と裸婦 現代版画工房, 1982
  • 孤独なる彫刻 美術論集 筑摩書房, 1985
  • 柳原義達作品集 講談社, 1987