流光斎如圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代芳澤いろはの在原のなり平。寛政3年12月、大坂角の芝居の『競伊勢物語』より。大英博物館所蔵、如圭画。

流光斎 如圭(りゅうこうさい じょけい、生年不明 - 文化7年〈1810年〉)とは、江戸時代の大坂の浮世絵師

来歴[ソースを編集]

蔀関月の門人。姓は多賀、諱は如圭、英昌。通称慈平。大坂北堀江、難波新地などに住む。安永6年(1777年)頃から狂歌本や絵本の挿絵を描いた。月岡雪鼎没後の上方を代表する浮世絵師であった。天明4年(1784年)の『旦生言語備』(やくしゃものいわい)で50名の役者を描いて江戸の勝川春英勝川春好役者絵の影響を受けた独自の上方絵を確立した。寛政4年(1792年)頃から細判一枚摺の役者絵も出すようになり、上方役者絵流行の基礎を築いた。作画期は文化年間までである。寛政2年(1790年)には舞台図を集めた絵本『画本行潦(にわたずみ)』を刊行、寛政6年(1794年)に芝居絵本『絵本花菖蒲』、寛政8年(1796年)に滑稽本『通者茶話太郎』(鉄格子作)、寛政9年(1797年)に八文字屋自笑作の『桐の島台』、寛政12年(1800年)に芝居絵本『役者百人一衆化粧鏡』(八文字屋自笑作)、享和3年(1803年)に芝居絵本『劇場画史』、文化元年(1804年)に芝居絵本『三都劇場草の種』などを自筆刊行している。

如圭の役者絵は細判・大判ともに優れており、理想化されやすい江戸の錦絵に比べてより個性的で、写実的な精神が貫かれ、これが上方絵に深い影響を与えることとなった。芝居に関係する『劇場画史』や『三都戯場草の種』などの著作もあるが、錦絵は比較的少ない。肉筆浮世絵となるとさらに少なく、寛政年間に描いた『狂言尽図巻』(紙本着色・千葉市美術館所蔵)など数点が知られるのみである。 俳諧を得意としており、芝居関係書、滑稽本、狂歌本、読本などの挿絵も多い。門人に松好斎半兵衛二代目流光斎蘭好斎らがいる。かつて東洲斎写楽と関係があると論じられたこともあった。

作品[ソースを編集]

錦絵[ソースを編集]

  • 「二世山下金作の鳴物占い小萩」 細判 錦絵 寛政5年正月 中座『傾城楊柳桜(やなぎさくら)』より
  • 「初世芳沢いろは」細判 錦絵 寛政5年正月 中座『傾城楊柳桜(やなぎさくら)』より
  • 「泉川楯蔵の藤屋伊左衛門」 細判 寛政5年11月 『けいせい阿波鳴門』より
  • 「御前試合の場の役者五名」 大錦 寛政後期から享和

肉筆画[ソースを編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 款記・印章 備考
瑞龍護持曼荼羅 絹本著色(画部分)・紺紙金泥(文字部分) 1幅 個人 1787年(天明7年) 款記「曼荼画工師 攝陽浪速之住 流光齋 多賀 英昌」(花押 流光斎のみならず浮世絵師の作品としては異例な仏画金光明最勝王経を典拠にし、弁財天十五童子と最勝曼荼羅を組み合わせた極めて珍しい図様であり、神像も数多く描かれている。永平寺僧・棟外哲梁が発願し、和泉国泉佐野豪商・食野(めしの)次郎左衛門常辰が寄進。[1][2]
梨園書画 紙本着色 画帖三冊の内二冊 大阪歴史博物館 1788年(天明8年)頃 主に役者絵を描いた画帖。上冊は流光斎が役者の半身像、中冊は流光斎が役者の立ち姿、下冊は耳鳥斎が略筆で役者を描く。本画帖は大阪の表具師で絵も描いた松本奉時が制作を主導し、まず流光斎と耳鳥斎に絵を描かせ、奉時自らが序文を記して帖に仕立て、役者たちに書画を乞い完成させた。
狂言尽図巻 紙本着色 1巻 千葉市美術館 1790年(寛政2年)頃 無款 34人の歌舞伎役者を描き分けた、26.7x857.5cmの大作。無款だが、題簽に「狂言尽 浪花流光斎筆」とあり、画風からも真筆は疑いない。従来は「寛政期」または「寛政後期」制作とされたが、役者の活躍時期やその演じる役は天明末から寛政元年の場面が多く、寛政2年(1790年)頃の作品と考証される[3]
二代目中村のしほのお軽・初代嵐雛助の由良助・初代淺尾爲十郎の九大夫 絹本着色 大英博物館

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 岩佐伸一 伊藤紫織 松岡まり江企画・編集『「唐画もんー武禅林閬苑若冲も」展図録』 大阪歴史博物館 千葉市美術館 産経新聞社、2015年9月8日、pp.140、189-190。
  2. ^ 古川攝一 浅野秀剛 「流光斎如圭筆 瑞龍護持曼荼羅」『国華』 第1446号、國華社、2016年4月20日、pp.42-46、ISBN 978-4-02-291446-0
  3. ^ 北川博子 「流光斎肉筆役者絵『狂言尽図巻』考」『採蓮』第16号、2013年9月30日、pp.19-29。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]