高松次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高松次郎
生誕 1936年2月20日
死没 (1998-06-25) 1998年6月25日(満62歳没)
国籍 日本の旗 日本

高松次郎たかまつ じろう昭和11年(1936年2月20日 - 平成10年(1998年6月25日)は、前衛美術現代日本美術家。本名は新八郎

経歴[編集]

東京都に生まれ、1954年東京藝術大学絵画科(油画専攻)に入学。在学中は小磯良平に師事した。卒業後の1958年より第10回読売アンデパンダン展へ作品の出品を開始し、以後1959、1961、1962、1963年に出品している。はじめ前衛芸術に傾倒し、中西夏之川仁宏らと共に、有名な「山手線事件」というハプニングを行った。また中西、赤瀬川原平らと芸術集団ハイレッド・センターを結成し、数多くのパフォーマンスを実践した。

作品はインスタレーションから絵画彫刻壁画写真映画にまで様々なスタイルに至り、多くの作品が抽象的かつ、反芸術的な色合いが濃いもので、実体の無い影のみを描いた作品「影」シリーズが脚光を浴び、石や木などの自然物に僅かに手を加えただけの作品、遠近法を完全に逆にした作品など、あえて「思考させる」「思考する」ことにより、作品と世界との間に新しい関係を作りだすことに成功し、1960年代以降の日本におけるコンセプチュアル・アートに大きな影響を与えた。

しかし1980年代に登場する「形」シリーズからは作品に飛躍的な展開が見られ、平面空間に線、面、色彩が溢れるようになる。高松は62歳で亡くなるまで20年間以上三鷹にアトリエを構え、病に倒れた後も亡くなる直前まで、このシリーズを追求し続けた。

1968年より多摩美術大学専任講師を務め、1972年から1974年まで東京藝術大学にて美術学部油画科非常勤講師を務めた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アートぷらざ 千葉市収蔵作品 「赤ん坊の影NO.387」 作・高松次郎”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 12. (1994年5月23日) 

関連項目[編集]