根本順吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
根本 順吉
生誕 (1919-03-30) 1919年3月30日
日本の旗 日本 東京
死没 (2009-09-22) 2009年9月22日(90歳没)
研究分野 気象学
研究機関 気象庁
出身校 中央気象台付属気象技術官養成所
プロジェクト:人物伝

根本 順吉(ねもと じゅんきち、1919年3月30日 - 2009年9月22日)は、日本気象研究家

人物[編集]

東京生まれ。中央気象台付属気象技術官養成所卒業。気象庁の予報官として長期予報を担当、1963年日本付近の異常低圧に気づき、以後異常気象の解析を行う。1975年『気象百年史』を完成、退官後は啓蒙家として子供向けの著書などを多く執筆した。

1970-80年地球寒冷化を予測していたが、その後の温暖化現象について、温室効果ガスを原因とする説をとらず、予測を超えた変化であるといった立場をとった。[1]

2009年肺炎のため90歳で死去した。

著書[編集]

  • 風 岩崎書店 (少年の観察と実験文庫) 1953
  • 天気予報 日本の空の診断書 日本経済新聞社 1965 (日経新書)
  • 氷河期へ向う地球 風濤社 1973
  • 青い地球 天気とにんげん 日本書房 (二十世紀幼年文庫) 1974
  • 天候さまざま 風土論ノート 玉川大学出版部 1974
  • 冷えていく地球 家の光協会 1974 のち角川文庫
  • 異常気象を追って 11年間の記録 1974 (中公新書)
  • 空気を絵にかく 小峰書店 1975 (自然科学シリーズ)
  • 氷河期が来る 異常気象が告げる人間の危機 光文社 1976 (カッパ・ノベルス)
  • 気象の周辺 玉川大学出版部 1978.2 (玉川選書)
  • そらはかわる 気象 ポプラ社 1978.4 (えほん・こどもの科学)
  • 地球はふるえる 筑摩書房 1980.8 (ちくま少年図書館)
  • 気界散策 日本エディタースクール出版部 1982.4
  • 天気とつきあう 気象歳時百話 日本エディタースクール出版部 1982.11
  • 空からの手紙 筑摩書房 1984.5 (ちくま少年図書館) のち文庫
  • 渦・雲・人 藤原咲平伝 筑摩書房 1985.2
  • 春のお天気 小峰書店 1986.4 (たのしいお天気学)
  • 冬のお天気 小峰書店 1986.4 (たのしいお天気学)
  • 地球に何がおきているか 異常気象いよいよ本番 筑摩書房 1989.3 (ちくまプリマーブックス)
  • 熱くなる地球 温暖化が意味する異常気象の不安 ネスコ 1989.4
  • 世紀末の気象 筑摩書房 1992.6 (ちくまプリマーブックス)
  • 江戸晴雨攷 1993.6 (中公文庫)
  • 超異常気象 30年の記録から 1994.1 (中公新書)
  • 「震火災予防調査会編『大震火災・避難の心得』」を読む 三一書房 1995.9
  • 月からのシグナル 筑摩書房 1995.8 (ちくまプリマーブックス

共編著[編集]

  • 地球の探求 小林英夫共著 筑摩書房 (やさしい科学の歴史) 1957
  • 地球のふしぎ 橋本光男共著 実業之日本社 (理科のふしぎシリーズ) 1962
  • 日本の観測者(編著)恒星社厚生閣 1963 (地学教室)
  • 玉川児童百科大辞典 6 地球(編)玉川大学出版部 誠文堂新光社、1967
  • 異常気象と農業 坪井八十二共編 朝倉書店 1976
  • 病める地球、ガイアの思想 汎気候学講義 新田次郎対談 朝日出版社 1980.3 (Lecture books)
  • 気候変化・長期予報 朝倉正共著 朝倉書店 1980.3 (気候と人間シリーズ)
  • 図説気象学 朝倉書店 1982.7
  • 地球汚染Q&A 君たちの未来が危ない(編著) 1990.1 (岩波ブックレット)

監修[編集]

  • あしたのてんきははれ?くもり?あめ?―おてんきかんさつえほん 福音館書店(月刊かがくのとも1993年4月号)

翻訳[編集]

  • 大気科学入門 Richard M.グディー、James G.G.ウォーカー 安田敏明共訳 共立出版 1978.10
  • 次の百年・地球はどうなる? ジョナサン・ワイナー 飛鳥新社 1990.10

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]