小林清親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林清親
Kobayashi Kiyochika.jpg
生誕 (1847-09-10) 1847年9月10日
江戸本所
死没 (1915-11-28) 1915年11月28日(68歳没)
東京府
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 浮世絵版画風刺漫画
運動・動向 光線画

小林 清親(こばやし きよちか、弘化4年8月1日1847年9月10日〉 - 大正4年〈1915年11月28日)は、明治時代版画家浮世絵師月岡芳年豊原国周と共に明治浮世絵界の三傑の一人に数えられ、しばしば「最後の浮世絵師」、「明治の広重」と評された。

略歴[編集]

川口善光寺雨晴
浅草寺年乃市
日露戦争敗北によりボロボロとなったロシア軍の悪夢を見て、飛び起きるニコライ二世

生い立ち ─浮世絵師となるまで[編集]

方円舎、真生、真生楼と号す。江戸本所御蔵屋敷で生まれた。父小林茂兵衛が年貢米の陸揚げを管理する小揚頭(こあげがしら)という、御蔵屋敷では端役の小揚人夫の頭取だったからである。清親は七人兄弟の末子で幼名は勝之助といった。兄弟のうち三人は既に亡く、兄3人姉2人がいた。

文久2年(1862年)10月14日、15歳の時に父が死に、兄達は既に別居していたため、同居して最も信頼を得ていた勝之助が元服し家督を継ぎ、清親と名乗った。その後勘定所に配属され、慶応元年(1865年)の徳川家茂上洛の際には勘定所下役としてこれに随行している。慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い上野戦争に幕府軍として参加した武士の一人であった。

江戸幕府崩壊後、清親は他の幕臣たちと共に静岡に下り、一時三保に住んだ。後に浜名湖鷲津に移った。明治6年(1873年)頃東京に戻り、180cmを超える体格を買われ剣豪榊原鍵吉の率いる剣術興行団員として、大坂、静岡などを転々とする。しかし生活は苦しく、明治7年(1874年)絵描きを志すようになった。清親はこの頃、西洋画チャールズ・ワーグマンに学ぶが、すぐにワーグマンの不興を買って足蹴にされたらしい。怒った清親は上京し、日本画河鍋暁斎柴田是真淡島椿岳に学んだ。さらにこの時期に、下岡蓮杖に写真の手ほどきも受けていたという。現存する写生帳(個人蔵)では、明治10年代の時点で高い水彩画の技術を身に付けていることがわかる[1]

「明治の広重」[編集]

それから二年後の明治9年(1876年)、清親は大黒屋(四代目松木平吉)より洋風木版画の「東京江戸橋之真景」「東京五代橋之一両国真景」でデビュー、同年8月31日から「光線画」と称して昭和初年以来『東京名所図』と総称される風景画シリーズ(計95種)を出版し始める。清親はその西洋画風を取り入れたそれまでの浮世絵にはなかった新しい空間表現、水や光の描写と郷愁を誘う感傷が同居した独自の画風が人気を博し、浮世絵版画文明開化をもたらした。

明治14年(1881年)の両国の大火後、光線画から遠ざかり、翌年から『團團珍聞』などに「清親ポンチ」なるポンチ絵を描くようになった。また『日本外史之内』などの歴史画や、広重に回帰する『武蔵百景之内』(明治17-18年、全34図)、『東京名勝図会』(明治29-30年、全28図[2])、新聞雑誌挿絵など画域を広げていく。日清日露戦争では戦争画を数多く描くが、その後錦絵の衰退により肉筆浮世絵を多く描くようになった。浅草小島町、山ノ宿、下谷車坂町に住み、上野、浅草を描いた絵も多い。明治27年(1894年)から明治29年(1896年)までの間、「清親画塾」を開いている。明治41年(1908年)自らの還暦を祝した千画会では、1000点以上の絵を描き健筆ぶりを示している。のちに持病のリウマチが高じて69歳で没した。法名は真生院泰岳清親居士。墓は台東区元浅草の竜福院にあり、清親画伯之碑もある。清親の弟子に同じく光線画を描いた井上安治、ポンチ絵や戦争画を描いた田口米作、詩人として知られる金子光晴、30年間に渡って師事した土屋光逸、珍品収集家として知られる三田知空のほか、篠原清興吉田美芳らがいる。

江戸から東京への絵画の変遷を体現した画家として注目され、浮世絵の歴史は清親の死によって終わったともいえる。清親は生前から現在まで、常に研究対象として常に一定以上の関心を払われており、近年ようやく本格的な研究が進みつつある明治期の浮世絵師のなかでは異例のことであった。

作品[編集]

錦絵[編集]

銅版画[編集]

  • 「甲州申橋」 明治12年~明治14年 この他に9点の銅版画が知られている。

石版画[編集]

  • 「富士十二景」 横中判 12枚揃い 明治23年 

肉筆浮世絵[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款 印章 備考
獅子図屏風 絹本着色 二曲一隻 千葉市美術館 1884年(明治17年)
富士川上流秋景図 絹本着色 浮世絵太田記念美術館 「清親」 「真生」朱文方印
鍾馗図 絹本着色 浮世絵太田記念美術館 明治40年代作 「清親」 「真生」朱文円印
源氏浮舟之巻 絹本着色 浮世絵太田記念美術館 「清親」 印あり
雪月花図 絹本着色 3幅対 [日本浮世絵博物館]] 「清親」 「真」白文方印
大川岸一之橋遠景図 絹本着色 日本浮世絵博物館 「小林清親筆(横書き)」  
墨堤さくら餅舗図 絹本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「真生」朱文方印 
馬上武人と供図 絹本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「真生」朱文方印
桜下三美人図 絹本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「真生」朱文方印
月下三美人舞踊図 絹本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「真」白文方印
熊谷直実敦盛 絹本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「清親之印」朱文方印
観音と仁王図 紙本着色 日本浮世絵博物館 「清親」 「真生」朱文円印 
東下り図小襖 紙本着色 4面 23.4x34.2(各) 和泉市久保惣記念美術館 「清親筆」 「清」朱文方印[3]
化粧美人図 絖本淡彩 1幅 52.5x33.5 熊本県立美術館(今西コレクション) 「清親」 「清親」朱文方印
川中島合戦図(裏:龍虎墨竹図) 表:絹本金地着色(裏:紙本墨画淡彩) 六曲一双 166.0×358.8(各) 静岡県立美術館 1910年(明治43年)

脚注[編集]

  1. ^ 図録(2015)pp.187-190。
  2. ^ 「小林清親版画目録」、『小林清親』展図録所収、浮世絵 太田記念美術館、1989年
  3. ^ 和泉市久保惣記念美術館編集・発行 『第六次久保惣コレクション』 2016年10月2日、p.41。

参考文献[編集]

画集
展覧会図録
概説書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]