韮崎大村美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 韮崎大村美術館
Nirasaki Ōmura Art Museum
Nirasaki-Omura-Artmuseum A.JPG
2016年4月撮影
韮崎大村美術館の位置(山梨県内)
韮崎大村美術館
山梨県内の位置
施設情報
専門分野 大村智が収集した美術品の展示
館長 大村智
管理運営 韮崎市
延床面積 478m2
開館 2007年10月
所在地 407-0043
山梨県韮崎市神山町鍋山1830-1
位置 北緯35度42分03秒 東経138度25分46秒 / 北緯35.70083度 東経138.42944度 / 35.70083; 138.42944座標: 北緯35度42分03秒 東経138度25分46秒 / 北緯35.70083度 東経138.42944度 / 35.70083; 138.42944
プロジェクト:GLAM

韮崎大村美術館(にらさきおおむらびじゅつかん)は、山梨県韮崎市にある美術館である。

概要[編集]

徳島堰側より撮影(2016年4月)

同市出身の有機化学者であり、女子美術大学の名誉理事長も務める大村智が生涯収集した展示・所蔵品を公開するため生家の近くに自費で建設し、2007年に開館した。翌2008年に作品を含めた施設を韮崎市に寄贈。館長は引き続き大村が務めている[1]

館内には約1800点の絵画陶磁器などを所蔵しているが、上述の通り大村が女子美術大学の関係者ということもあり女性芸術家の作品が多い。2008年より女子美術大学美術館と相互協力協定を結び、美術資料の相互活用を行っている。

施設に付随する形で日帰り温泉施設「白山温泉」や蕎麦処「上小路」があるが、これらも大村が自費で掘削・建設したものである。

入館は有料であるが、2015年に大村がノーベル生理学・医学賞を受賞したことを記念し10月6日から13日まで無料で公開された[2]

主な芸術家の作品[編集]

常設展示されている芸術家のみ記載
日本画家
  • 上村松園
  • 小倉遊亀
  • 片岡球子(女子美術大学の前身である女子美術専門学校出身)
  • 荘司福(女子美術大学の前身である女子美術専門学校出身)
  • 堀文子(女子美術大学の前身である女子美術専門学校出身)
洋画家
彫刻家
陶芸家

脚注[編集]

  1. ^ 「美術への思い、古里に=大村さん1800点寄贈―ノーベル賞で来館800人超・山梨」(2015年10月6日、時事通信
  2. ^ 「大村さん、収集絵画をそば屋にも 祖母の教えで社会貢献」(2015年10月6日、朝日新聞

外部リンク[編集]