三岸節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三岸節子、1960年頃

三岸 節子(みぎし せつこ、1905年1月3日 - 1999年4月18日)は洋画家である。新制作協会会員。

愛知県中島郡小信中島村(現・一宮市小信中島)の尾張物工場を営む裕福な家に生まれた。旧姓は吉田。母・菊は鵜飼氏で、安政の大獄で死罪となった水戸藩士・鵜飼吉左衛門(幼名は菊三郎)の一族。しかし、この家は不況のあおりで倒産した。この大きなショックからこの頃興味を抱いていた絵の道へと向かっていく。当時の画壇における女性の地位向上に努め、生涯にてたくましい精神力で生命を賛歌する作品を描き続けた。

岡田三郎助に師事。1924年三岸好太郎と結婚。1946年女流画家協会を創立。1968年からは南仏に居を移して、作品の制作をする。1989年に帰国し、神奈川県大磯町の自宅兼アトリエにて制作を続けた。作品に『くちなし』『飛ぶ鳥』等。

生涯[編集]

海外生活[編集]

20年余りの異国生活。1954年にフランスに渡り、1968年には南仏カーニュに定住する。息子の黄太郎とともにヨーロッパの各地を巡り、 風景画の傑作を生み出す。 言葉の通じない異国での孤独感や老化による体の衰えと闘いながら絵を描いた。 1989年に帰国し、このころ節子は84歳になっていた。

作品紹介[編集]

海外の作品
日本の作品
  • さいたさいたさくらがさいた

花へのこだわり[編集]

作品の中には“花”という名前の作品がいくつも残されている。節子にとって花とは生命力を感じさせるもの。花を愛し、生涯に亘り描き続けた。花の作品からは節子の人生がうかがえるほど作品が変化している。

1950年代までは花瓶に挿した花を画面全体に描いている。このころは日本にいるため室内画が多い。1970年代アトリエころからは(フランス)の庭にある花を描いている。このころは日本から海外に舞台を移したことにより、風景画を描くようになった。

三岸節子記念美術館[編集]

三岸節子画伯の功績を讃え、生涯にわたる作品を収集、展示することにより、その画業を永く後世に伝えるとともに、市民の美術への関心を高め、芸術に対する深い知識と理解を持ってもらうことを目的として、三岸の生家跡に建設された。

備考[編集]

かつて名古屋市に存在したヒマラヤ美術館には三岸節子作品室が設けられ、多数の作品が収蔵されていた。しかし同館の運営母体であるヒマラヤ製菓の経営危機に伴い大半が流出し、所在が不明になった。その中には、三岸節子の代表作といわれる『ヴェネチア』も含まれている。その後の調査で、ヒマラヤ製菓の収蔵していた三岸作品の多くは名古屋の堀美術館にあるとのこと。