佐世保市博物館島瀬美術センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 佐世保市博物館島瀬美術センター
sasebo city museum shimanose art center
Sasebo city museum shimanose art center.jpg
施設情報
事業主体 佐世保市
管理運営 佐世保市
開館 1983年
所在地 857-0806
長崎県佐世保市島瀬町6-22
位置 北緯33度10分21.9秒 東経129度43分14.3秒 / 北緯33.172750度 東経129.720639度 / 33.172750; 129.720639座標: 北緯33度10分21.9秒 東経129度43分14.3秒 / 北緯33.172750度 東経129.720639度 / 33.172750; 129.720639
外部リンク 佐世保市博物館島瀬美術センター
プロジェクト:GLAM

佐世保市博物館島瀬美術センター(させぼしはくぶつかんしまのせびじゅつセンター、Sasebo city museum shimanose art Center)は、長崎県佐世保市の中心部に位置し、市民の憩いの場となるよう“開かれた美術博物館”を目指し、同市が運営する美術館博物館機能も有する)。島瀬公園に隣接し、外壁にギリシャ神話12神のレリーフが鋳込まれている建物は、市のシンボルタワーの一つとなっている。

館所蔵の美術品の展示のほか、特別展や企画展、県展・佐世保市民展などの外部展覧会が年間約140本開催されている。また、5階には、泉福寺洞窟において発見された豆粒文土器などの佐世保市が昭和39年以来、手がけた調査により発掘された資料を展示する考古展示室がある。

所在地[編集]

  • 長崎県佐世保市島瀬町6番22号    

開館時間・料金[編集]

  • 開館時間:10時00分~18時00分(入場締切17時30分)
  • 入館料:無料(特別展を除く)
  • 休館日:毎週火曜日及び年末年始(12月29日~1月3日)

建物構造[編集]

  • 主構造:鉄筋鉄骨コンクリート
  • 階数:地上7階、地下1階
  • 高さ:36.8m
  • 面積:敷地面積555.19m2、建築面積433.08m2、延床面積3,264m2

主な施設[編集]

  • 1階:玄関ホール・事務室・喫茶店「美術館にある珈琲屋 ノマド・コーヒー」
  • 中2階:ギャラリー
  • 2~4階:展示室
  • 5階:考古展示室

沿革[編集]

  • 1979年(昭和54年)11月15日、美術館建設構想計画、日本博物館協会に基本構想策定を委託。
  • 1980年(昭和55年)12月3日、建設予定地を文化科学館跡地に決定。
  • 1981年(昭和56年)
    • 1月23日、博物館建設計画の決定、
    • 4月22日、総合博物館施設建設委員会及び幹事会設置。
    • 10月15日、文化科学館が佐世保公園内旧鎮守府司令長官副官官舎へ移転。
  • 1982年(昭和57年)3月13日、工事契約締結・着工。
  • 1983年(昭和58年)
    • 3月25日、工事竣工。
    • 4月8日 - 現在地にて佐世保市博物館島瀬美術センター開館。美術館と博物館の機能を併せ持つ施設として美術、歴史、民俗、考古、工芸の収蔵品約8,000点を収蔵。展覧会の開催だけではなく、ミュージアム・コンサート、講演会、ギャラリー・トーク、ワークショップなども開催。

歴代館長[編集]

  • 稲沢郁雄(昭和61年4月~平成3年3月)
  • 廣瀬幸義(平成3年4月~平成5年3月)
  • 納所準治(平成5年4月~平成9年9月)
  • 金子建夫(平成9年10月~平成10年9月)
  • 元木邦彦(平成10年10月~平成13年3月)
  • 竹村千賀子(平成13年4月~平成16年3月)
  • 平野直子(平成16年4月~平成17年3月)
  • 丸田秀典(平成17年4月~平成24年3月)
  • 山口孝司(平成24年4月~平成25年3月)
  • 久家節男(平成25年4月~平成25年5月)
  • 安田恭子(平成25年6月~)

アクセス[編集]

周辺[編集]

その他[編集]

2009年現在、佐世保市において新しい美術館の建設構想が検討されているが、建設場所及び建設・運営主体等は未定である。

外部リンク[編集]