軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軽井沢(かるいざわ)は、長野県佐久地方にある地名である。一般的に長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢地区や軽井沢町全体を指す。土着の読み方では「かるいさわ」で、アクセントは平板型である。

語源[編集]

軽井沢という地名は、長野県内においては軽井沢町のほか上田市真田町大字傍陽字入軽井沢、長野市信更町大字田沢字軽井沢の例があり、長野県外では青森県八戸市松館秋田県大館市、秋田県由利本荘市(旧由利町)、千葉県鎌ケ谷市神奈川県横浜市西区静岡県田方郡函南町など各地に存在する。語源については諸説あり判然としないが、古語方言で荷物を背負って運ぶことを「かるう」ということから、峠に続く谷間のことを呼んだという説や、枯井沢(水の枯れた沢)という説がある[1]

歴史[編集]

江戸時代には、五街道のひとつ中山道が通る宿場町であり、中山道の難所のひとつとして知られる碓氷峠の西側の宿場町として栄えていた(碓氷峠は、江戸よりの隣の宿場町、坂本宿との間)。軽井沢付近には軽井沢宿(旧軽井沢)のほか、沓掛宿(中軽井沢)・追分宿(信濃追分)が置かれていた(この3宿をまとめて「浅間三宿」という)。また、浅間山を望む景勝地としても有名であった。

※ 関連 江戸← 坂本宿 - 碓氷峠 - 軽井沢宿 - 沓掛宿 - 追分宿 - 小田井宿 →京

江戸時代が終わり明治時代に入ると、一旦は宿場町としての機能を失って没落した。しかしその後、1886年(明治19年)にカナダ宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーがたまたま訪問し、高林薫平の居宅を借り受けて7月から8月まで滞在し、故郷のトロントと似ていると感じた。

1888年(明治21年)、ショーは「つるや」(現在のつるや旅館)の主人の佐藤仲右衛門のあっせんによって大塚山に別荘を設け、避暑地としての軽井沢の歴史を切り開いた。別荘第1号は、民家を移転し、改造したものである。後に移築され、ショーハウス記念館としてショー記念礼拝堂の裏に現存する。

旧軽井沢の位置(日本内)
旧軽井沢
旧軽井沢
軽井沢

同年には信越本線長野方面が開通して軽井沢駅が設けられた。さらに1893年(明治26年)には碓氷峠を越える区間も開通し、東京と直結した。その後、ショーと一緒に訪れた帝国大学教師ディクソン夫妻が「亀屋旅館」の佐藤万平に洋食を教え、1894年(明治27年)に軽井沢で最初の洋式ホテル「亀屋ホテル」(後の万平ホテル)ができた。その後、1899年(明治32年)には「軽井沢ホテル」、1906年(明治39年)には「三笠ホテル」も開業して宣教師・知識人・文化人の間で人気を博し、日本三大外国人避暑地の1つに数えられるようになった。

1918年(大正7年)には、堤康次郎による西武資本1920年(大正9年)、箱根土地株式会社設立)が、沓掛区有地坂下ほか山林60万を3万6千(1坪5)で買収し、開発に参入。中軽井沢・千ヶ滝の別荘地の販売やホテルの営業を開始した。更に箱根土地は1921年(大正10年)、大字発地の原野や湿地86万坪を買収、これを南軽井沢と称して別荘地の他競馬場・飛行場(いずれも後にゴルフ場となる)などを建設し、開発の手を広げていった。1945年(昭和20年)には東急資本も開発に参入している。戦後も首都圏後背地のリゾート地として発展し、1961年(昭和36年)からは国土計画興業株式会社(1944年(昭和19年)、箱根土地が社号変更)が南軽井沢の更に南に広大な土地を取得し、1953年に造成した人造湖(軽井沢湖(南軽井沢湖)。1974年からレマン湖と称する)を中心としたリゾート開発構想を立案。翌年10月より大規模別荘地「レイクニュータウン」の造成を開始、1972年(昭和47年)のあさま山荘事件の舞台となった河合楽器健康保険組合「軽井沢保養所浅間山荘」もレイクニュータウンにあった(建物は現存)。三井不動産丸紅なども別荘地開発を手掛け、バブル期を経て軽井沢町内全域及び周辺自治体に別荘地・リゾート施設が拡大するに至っている。

また、星野温泉星野嘉助による星野遊学堂(1921)を中心とした文化活動や、中西悟堂と星野によるエコツーリズム「ピッキオ」の活動も軽井沢のリゾート地としての基礎を築いた一要因に挙げることが出来る。この理念は現在、星野リゾートが受け継いでいる[2]

避暑地として[編集]

軽井沢周辺の標高は1000メートル前後であり、年平均気温は7.8℃で、札幌の平均気温(8.5℃)よりも低い。そのため避暑地として知られている。

ジョン・レノンが、ビートルズ解散後の1970年代中期から、亡くなる1980年まで、毎年のように夏に家族連れで長期間滞在していたことや、避暑地の中にある「軽井沢会テニスコート」が、1958年に皇太子明仁親王(当時)と正田美智子の出会いの場所になったことなども、広く知られている。また、ビル・ゲイツが軽井沢に別荘を建てることを予定している。

広い意味での軽井沢[編集]

よく知られた地名であるため、周辺の自治体においても「軽井沢」を名乗る場所や施設名が多数存在する。軽井沢町内の「旧軽井沢」「新軽井沢」「中軽井沢」「南軽井沢」の呼称になぞらえた表現である。

  • 北軽井沢 - 群馬県長野原町大字北軽井沢及びその周辺から嬬恋村大字鎌原・大字大前方面まで、軽井沢町の北側に接する群馬県吾妻郡内の広い範囲で使用されている。観光案内等では北軽井沢も軽井沢の一部として扱われることが多いが、軽井沢町内とは別の地域として独自の歴史を有しており、草軽電気鉄道開業後はその沿線の避暑地として軽井沢町内・北軽井沢・草津温泉の三つのエリア分けが行われていた。別荘地としての歴史も古く、軽井沢町内の千ヶ滝(中軽井沢)や南軽井沢同様大正時代には西武資本による開発が進んでいた。このため「中軽井沢」「南軽井沢」同様に大正時代以来地名として使用されており、戦後長野原町の公式の大字名に採用されるに至っている。軽井沢の景勝地として知られる「鬼押出し」はこの地にあり、西武グループが大正時代に観光地として開発に乗り出した。これに対し草軽電気鉄道を傘下に収めていた東京急行電鉄グループが嬬恋村内に町有地を持っていた長野原町と提携し戦後観光開発に参入、西武グループと競合している(鬼押出し園鬼押出し・浅間園参照)。
  • 西軽井沢 - 軽井沢町内の大字追分から西隣の御代田町方面で使用され、観光施設や事業所などの名称に見られる(西軽井沢ケーブルテレビなど)。1970年代に別荘地の開発が追分から御代田町方面に広がった頃から散見されるようになっており、軽井沢町内を含んでいることもあり観光案内等でも用いられている。
  • 東軽井沢 - 群馬県安中市松井田町方面の別荘地・観光施設等の名称に使用されているが、「碓氷」「妙義」「榛名」など別の呼称も観光用の呼称として併用されている。2001年に開業した碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」では源泉を「東軽井沢温泉ゆたかの湯」と称している。バブル時代のリゾート開発が盛んに行われた頃から見られるが、用例は必ずしも多くなく、松井田町和美峠方面では「東軽井沢」ではなく「南軽井沢」と称した別荘地開発も行われている。このエリアにおいては明治時代初期に霧積温泉にて温泉旅館が季節営業を始めている。霧積温泉には軽井沢が別荘地として開かれる以前から別荘が建てられ、避暑地として知られた。伊藤博文勝海舟岡倉天心西條八十与謝野鉄幹与謝野晶子夫妻、幸田露伴ら多くの政治家や文化人らも訪れている。ショーも温泉を訪れ、温泉紹介所を開設した。英文の広告を発行し、外国人に霧積温泉を紹介している。ショーが軽井沢に初めての別荘を設けた1888年(明治21年)より霧積温泉でも本格的な開発が始まり、温泉地・避暑地として栄えた。しかし1910年(明治43年)に山津波が発生し、42軒あった温泉旅館が流され、温泉街・別荘は壊滅。2軒の温泉旅館が被害を免れ、営業を続けたが、避暑地としては終焉を迎えている。軽井沢町峠町・旧碓氷峠見晴台側から旧中山道(現在は山道のみ)沿いの松井田町方面にかけては1970年代に小規模な別荘地開発が行われ、ペンションなども建てられたが、1990年代には衰退し、別荘・ペンションはすべてなくなっている。軽井沢町峠町側も別荘はごく僅かである。
  • 奥軽井沢 - 「浅間高原」とも称する。群馬県嬬恋村大字鎌原・大字大前方面の別荘地・観光施設等の名称に見られる。バブル時代のリゾート開発が盛んに行われた頃から見られるが、この地域も北軽井沢エリアの一部であるため、用例は必ずしも多くない。「北軽井沢」の呼称が併用されている例もある。「奥軽井沢」の呼称は使用していないものの、嬬恋村では「軽井沢」の地名を用いた別荘地開発や温泉掘削などが1920年(大正9年)から西武資本・箱根土地によって行われており、同社の事業においては浅間山北麓一帯を「軽井沢の高原」等と称している。

○○の軽井沢[編集]

避暑地、観光地のキャッチフレーズとして呼ばれることがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市川武治『佐久地方の地名と語源』郷土出版社、1988年、ISBN 978-4-8766-3119-3
  2. ^ 星野和彦『軽井沢のほん』信濃毎日新聞社、2004年、ISBN 978-4-7840-9977-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]