G20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
G20
  G20の参加国   一国ではなく欧州連合(EU)としての参加国   G20サミットにおけるゲスト国
  G20の参加国
  一国ではなく欧州連合(EU)としての参加国
  G20サミットにおけるゲスト国
参加国

G20(ジートゥエンティ)は、"Group of Twenty"の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EUロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。

構成国・地域は、アメリカ合衆国イギリスフランスドイツ日本イタリアカナダEUロシア中華人民共和国インドブラジルメキシコ南アフリカ共和国オーストラリア大韓民国インドネシアサウジアラビアトルコアルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域[1][2]とも言い、日本の放送局であるNHKでは、先進国会合であるG7と区別して、先進国に新興国を加えた主要20か国[3]と表現している。

概要[編集]

第11回G20財務大臣・中央銀行総裁会議

アメリカイギリスフランスドイツ日本イタリアカナダEUは、G7として定期的に財務大臣・中央銀行総裁会議を開催していたが、この先進7か国・1地域に主要国首脳会議(G8)参加国のロシアと新興国11か国(中国インドブラジルメキシコ南アフリカオーストラリア韓国インドネシアサウジアラビアトルコアルゼンチン)が加わり、1999年より20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20 Finance Ministers and Central Bank Governors)を開催している。この会議には、国際通貨基金世界銀行国際エネルギー機関欧州中央銀行など、関係する国際機関も参加している。

世界金融危機の深刻化を受けて、2008年からは20か国・地域首脳会合(G20 Summit)も開催されている。正式名称は「金融・世界経済に関する首脳会合」(Summit on Financial Markets and the World Economy)であるが、金融サミットとも呼ばれる。議長は各国持ち回りで担当し、任期中は議長国が事務局機能を果たすため、恒久的な事務局や常勤職員などは存在しない[4]

G20の20か国・地域(EU加盟国を含む)の国内総生産(GDP)を合計すると、世界のGDPの90%ほどを占め、貿易総額は世界の80%である[5]。また加盟国の総人口は世界の3分の2、土地面積は半分ほどになる[6]。欧州連合は団体としてG20に参加しており、欧州連合加盟国は、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアを除き個々の国としてG20には参加していない。ただ、スペインオランダのように、G20に参加していない国が必要に応じて、会合に臨時出席する場合もある[7]

2009年に米国で開催されたG20は「G20を国際経済協力の第一の協議体」とすることで合意した。2010年6月に開催された4回目となるG20サミットは、カナダのトロント主要国首脳会議(G8サミット)に連続して開催され、その最大目的は、欧米諸国の財政・金融政策の健全化をどう達成するかであり、途上国の開発援助・地球温暖化の問題などが焦点となった。また、中国やインド、ブラジル、南アフリカ共和国などが国際経済で果たす役割が増す中で開かれた。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、2020年には史上初のテレビ会議を通じた首脳会合が開催された[8]

参加国・地域の詳細
大陸 国家・地域 貿易規模
十億ドル
(2018)
GDP(名目)
百万ドル
(2022)
GDP(PPP)
百万ドル
(2022)
一人当GDP
(名目)ドル
(2022)
一人当GDP
(PPP)ドル
(2022)
HDI
(2019)
人口(2018) P5 G7 BRICS DAC OECD IMFの分類
東アジア 日本の旗 日本 1,486.6 4,912,147 6,110,075 39,243 48,814 0.919 126,431,000 × × 先進国
東アジア 大韓民国の旗 韓国 1,140.4 1,804,680 2,735,870 34,994 53,051 0.916 51,665,000 × × × 先進国
東アジア 中華人民共和国の旗 中国 4,629.0 19,911,593 30,177,926 14,096 21,364 0.761 1,396,982,000 × × × 開発途上国
東南アジア インドネシアの旗 インドネシア 368.9 1,289,295 3,995,064 4,691 14,535 0.718 265,316,000 × × × × × 開発途上国
南アジア インドの旗 インド 830.7 3,534,743 11,745,260 2,515 8,358 0.645 1,334,221,000 × × × × 開発途上国
西アジア(中東) サウジアラビアの旗 サウジアラビア 369.1 1,040,166 2,002,542 28,759 55,368 0.854 33,203,000 × × × × × 開発途上国
ヨーロッパ 欧州連合の旗 欧州連合 17,199,536 23,730,275 38,560 53,201 0.900 512,600,000            
ヨーロッパ フランスの旗 フランス 1,227.4 2,936,702 3,677,579 44,747 56,036 0.901 65,098,000 × 先進国
ヨーロッパ ドイツの旗 ドイツ 2,834.0 4,256,540 5,269,963 51,104 63,271 0.947 82,786,000 × × 先進国
ヨーロッパ イタリアの旗 イタリア 1,047.4 2,058,330 2,972,091 34,777 50,216 0.892 60,756,000 × × 先進国
ヨーロッパ イギリスの旗 イギリス 1,157.1 3,376,003 3,751,845 49,761 55,301 0.932 66,466,000 × 先進国
北アメリカ カナダの旗 カナダ 910.0 2,221,218 2,236,928 57,406 57,812 0.929 38,179,630 × × 先進国
北アメリカ メキシコの旗 メキシコ 915.2 1,322,740 2,890,685 10,166 22,216 0.779 124,738,000 × × × × 開発途上国
北アメリカ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4,278.0 25,346,805 25,346,805 76,027 76,027 0.926 328,116,000 × 先進国
南アメリカ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 127.0 564,277 1,195,581 12,187 25,822 0.845 44,570,000 × × × × × 開発途上国
南アメリカ ブラジルの旗 ブラジル 650.0 1,833,274 3,680,942 8,570 17,208 0.765 210,869,000 × × × × 開発途上国
ヨーロッパ ロシアの旗 ロシア 687.5 1,829,050 4,365,443 12,575 30,013 0.824 146,850,200 × × × 開発途上国
ヨーロッパ、中東 トルコの旗 トルコ 391.0 692,380 3,212,072 8,081 37,488 0.820 71,867,000 × × × × 開発途上国
アフリカ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 187.8 426,166 937,964 6,979 15,361 0.709 57,420,000 × × × × 開発途上国
オセアニア オーストラリアの旗 オーストラリア 481.1 1,748,334 1,605,196 67,464 61,941 0.944 25,182,000 × × × 先進国

会合・会議の一覧[編集]

首脳会合[編集]

日程 開催地 会場 開催国首脳
1 2008年11月14日 - 15日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[1] 国立建築博物館 ジョージ・W・ブッシュ
2 2009年4月2日 イギリスの旗 イギリス ロンドン[2] エクセル展覧会センター ゴードン・ブラウン
3 2009年9月24日 - 25日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ピッツバーグ[3] デイヴィッド・L・ローレンス・コンベンション・センター バラク・オバマ
4 2010年6月26日 - 27日 カナダの旗 カナダ トロント[4] メトロ・トロント・コンベンション・センター スティーヴン・ハーパー
5 2010年11月11日 - 12日 大韓民国の旗 韓国 ソウル[5] コエックス 李明博
6 2011年11月3日 - 4日 フランスの旗 フランス カンヌ[6] パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ ニコラ・サルコジ
7 2012年6月18日 - 19日 メキシコの旗 メキシコ ロス・カボス[7] ロス・カボス国際コンベンション・センター フェリペ・カルデロン
8 2013年9月5日 - 6日 ロシアの旗 ロシア サンクトペテルブルク[8] コンスタンチン宮殿 ウラジーミル・プーチン
9 2014年11月15日 - 16日 オーストラリアの旗 オーストラリア ブリスベン[9] ブリスベン・コンベンション&エグジビション・センター トニー・アボット
10 2015年11月15日 - 16日 トルコの旗 トルコ アンタルヤ[10] レグナム・カーヤ国際コンベンション・センター レジェップ・タイイップ・エルドアン
11 2016年9月4日 - 5日 中華人民共和国の旗 中国 杭州[11] 杭州国際博覧中心 習近平
12 2017年7月7日 - 8日 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク[12] ハンブルク・メッセ アンゲラ・メルケル
13 2018年11月30日 - 12月1日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス[13] コスタ・サルゲロ・センター マウリシオ・マクリ
14 2019年6月28日 - 29日[9] 日本の旗 日本 大阪[10][14] インテックス大阪 安倍晋三
15 2020年11月21日 - 22日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア リヤド[15] (テレビ会議) サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ
16 2021年10月30日 - 31日[11] イタリアの旗 イタリア ローマ ローマ・コンベンション・センター ラ・ヌーボラ[12] マリオ・ドラギ
17 2022年10月30日 - 31日 インドネシアの旗 インドネシア バリ
18 2023年 インドの旗 インド ニューデリー
19 2024年 ブラジルの旗 ブラジル
20 2025年 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国

首脳会合議長国[編集]

G20首脳会談の議長国を決めるために、EUを除くすべての加盟国は4か国ずつ5グループに分けている。グループ1とグループ2を除き、同じ地域の国々は同じグループに属する。グループ内のすべての国は、そのグループの番になったときにG20議長国の資格がある。 したがって、グループ内の国々で、次のG20議長国を決める交渉をする必要がある。 議長は20か国が持ち回りで担当し、12月1日から11月30日まで就任する。 この制度は、グループ5に属する韓国がG20議長を務めた2010年から制定されている。 以下の表は、各国のグループ分けをまとめたもの:[13][14]

Group 1 Group 2 Group 3 Group 4 Group 5

[16] [17]* 欧州連合の旗 欧州連合

継続性を確実にするために、現在、現議長国、前議長国、次期議長国が協力する「トロイカ体制」によって支えられている[15]

財務大臣・中央銀行総裁会議[編集]

日程 開催地
1 1999年12月15日 - 16日 ドイツの旗 ドイツ ベルリン[18]
2 2000年10月24日 - 25日 カナダの旗 カナダ モントリオール[19]
3 2001年11月16日 - 17日 カナダの旗 カナダ オタワ[20]
4 2002年11月23日 インドの旗 インド ニューデリー[21]
5 2003年10月27日 メキシコの旗 メキシコ モレリア[22]
6 2004年11月21日 ドイツの旗 ドイツ ベルリン[23]
7 2005年10月15日 - 16日 中華人民共和国の旗 中国 河北省香河[24]
8 2006年11月18日 - 19日 オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン[25]
9 2007年11月17日 - 18日 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 クレインモンド[26]
10 2008年10月11日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[27]
11 2008年11月8日 - 9日 ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ[28]
12 2009年3月14日 イギリスの旗 イギリス ロンドン[29]
13 2009年9月5日 イギリスの旗 イギリス ロンドン[30]
14 2009年11月6日 - 7日 イギリスの旗 イギリス セントアンドリュース[31]
15 2010年4月23日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[32]
16 2010年6月5日 大韓民国の旗 韓国 釜山[33]
17 2010年10月23日 大韓民国の旗 韓国 慶州[34]
18 2011年2月18日 - 19日 フランスの旗 フランス パリ[35]
19 2011年4月14日 - 15日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[36]
20 2011年9月22日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[37]
21 2011年10月14日 - 15日 フランスの旗 フランス パリ[38]
22 2012年2月25日 - 26日 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ[39]
23 2012年4月19日 - 20日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[40]
24 2012年11月4日 - 5日 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ[41]
25 2013年2月15日 - 16日 ロシアの旗 ロシア モスクワ[42]
26 2013年4月18日 - 19日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[43]
27 2013年7月19日 - 20日 ロシアの旗 ロシア モスクワ[44]
28 2013年10月10日 - 11日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[45]
29 2014年2月22日 - 23日 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー[46]
30 2014年4月10日 - 11日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[47]
31 2014年9月20日 - 21日 オーストラリアの旗 オーストラリア ケアンズ[48]
32 2015年2月9日 - 10日 トルコの旗 トルコ イスタンブール[49]
33 2015年4月16日 - 17日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[50]
34 2015年9月4日 - 5日 トルコの旗 トルコ アンカラ[51]
35 2016年2月26日 - 27日 中華人民共和国の旗 中国 上海[52]
36 2016年4月14日 - 15日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[53]
37 2016年7月23日 - 24日 中華人民共和国の旗 中国 成都[54]
38 2017年3月17日 - 18日 ドイツの旗 ドイツ バーデン=バーデン[55]
39 2018年3月19日 - 20日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス[56]
40 2018年4月20日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[57]
41 2018年7月21日 - 22日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス[58]
42 2019年6月8日 - 9日 日本の旗 日本 福岡[59]
43 2019年10月17日 - 18日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[60]
44 2020年2月22日 - 23日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア リヤド[61]

第10回は金融市場危機および市場への影響を議論するために臨時でワシントンD.C.にあるIMF本部にて開催された。

労働雇用大臣会合[編集]

日程 開催地
1 2010年4月20日 - 21日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.[62]
2 2011年9月26日 - 27日 フランスの旗 フランス パリ[63]
3 2012年5月17日 - 18日 メキシコの旗 メキシコ グアダラハラ[64]
4 2013年7月17日 - 19日 ロシアの旗 ロシア モスクワ[65]
5 2014年9月10日 - 11日 オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン[66]
6 2015年9月3日 - 4日 トルコの旗 トルコ アンカラ[67]
7 2016年7月12日 - 13日 中華人民共和国の旗 中国 北京[68]
8 2017年5月18日 - 19日 ドイツの旗 ドイツ バート・ノイェンアール=アールヴァイラー[69]
9 2018年9月6日 - 7日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン メンドーサ
10 2019年9月1日 - 2日 日本の旗 日本 松山[70]
11 2020年9月10日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア (テレビ会議)[71]

外務大臣会合[編集]

日程 開催地
1 2017年2月16日 - 17日 ドイツの旗 ドイツ ボン[72]
2 2018年5月20日 - 21日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス[73]
3 2019年11月22日 - 23日 日本の旗 日本 名古屋[74]

貿易・経済大臣会合[編集]

日程 開催地 会合名称
2018年9月14日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン マル・デル・プラタ[75] 貿易・投資大臣会合
2019年6月8日 - 9日 日本の旗 日本 茨城県つくば市[76] 貿易・デジタル経済大臣会合
2020年9月22日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア (テレビ会議)[77] 貿易・投資大臣会合

エネルギー・環境大臣会合[編集]

日程 開催地 会合名称
2018年6月19日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン バリローチェ[78] バリローチェ・エネルギー大臣会合
2019年6月15日 - 16日 日本の旗 日本 長野県軽井沢町[79] 持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合
2020年9月16日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア (テレビ会議)[80] G20環境大臣会合
2020年9月27日 - 28日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア (テレビ会議)[81] G20エネルギー大臣会合

保健大臣会合[編集]

G20 Meeting of Health Ministers。2017年の議長国ドイツで初開催された分野別閣僚級会合で、各国の保健担当大臣が議論する[16]

日程 国・開催地 日本からの出席者 テーマ
1 2017年5月19日 - 20日 ドイツの旗 ドイツベルリン[82] 山本大臣官房審議官 国際的な健康危機のマネジメント、保健システムの強化、薬剤耐性(AMR)

健康的な明日のための今日を共に(Together Today for a Healthy Tomorrow)

2 2018年10月4日 アルゼンチンの旗 アルゼンチンマルデルプラタ[83] 池田総括審議官(国際担当) 薬剤耐性(AMR)、低栄養及び小児の肥満、保健システム強化、災害、危機、パンデミックへのヘルスケアシステム
3 2019年10月19日 - 20日 日本の旗 日本岡山[84] ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成、高齢化への対応、健康危機への対応

観光大臣会合[編集]

日程 開催地 会合名称
2 2010年10月11日-13日 大韓民国の旗 韓国 扶余[17] T20観光大臣会合
4 2012年5月15日-16日 メキシコの旗 メキシコ メリダ[18] T20観光大臣会合
5 2013年11月3日-4日 イギリスの旗 イギリス ロンドン[19] T20観光大臣会合
6 2015年9月30日 トルコの旗 トルコ アンタルヤ[20] G20観光大臣会合
7 2016年5月20日 中華人民共和国の旗 中国 北京[21] G20観光大臣会合
8 2018年4月17日 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス[22] G20観光大臣会合
9 2019年10月25日 - 26日 日本の旗 日本 北海道倶知安町[85] G20観光大臣会合
10 2020年10月7日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア (テレビ会議)[86] G20観光大臣会合

目的[編集]

金融[編集]

発足以来の主題として、世界経済の発展や国際貿易及び金融市場の規制における国際経済協調がある[23]。米国、カナダ、ドイツの政策立案者によって構想された当初のG20の議題は、最大の発展途上国経済を対等なパートナーとして取り込む包括的な形式において、ソブリン債の持続可能性と世界金融の安定に非常に焦点を当てたものであった。2008年11月に開催された初の首脳によるサミットで、G20首脳陣は、世界銀行IMFなどの国際金融機関に、世界金融システムの再構築のため何兆ドルもの資金を提供する共同声明を発表した[24]

持続可能性[編集]

2015年に国連持続可能な開発目標パリ協定が採択された後、G20のアジェンダには、移民・難民、デジタル化、雇用、ヘルスケア、女性の経済的地位向上、開発援助といった「世界的に重要な問題」が追加された[25]。G20は世界炭素排出量の75%を占めるため、気候変動抑制のカギとなるが、2015年から2021年の間に3兆3千億ドル以上の化石燃料企業への助成を行った[26]

批判[編集]

G20はG7と比べれば多様だが、それでも固定された20か国しか参加できないため、非構成国からは独占性を批判されている。

経済規模の大きな国によって構成されているが、議論の焦点が経済格差、低所得国の債務問題、環境問題や自国の大企業に対する規制などの問題に十分に当たっておらず、国際社会全体のためではなく自国の利益を追求するための議論の場となっているという、G20の公平性に対する批判も存在する[27]。2010年にカナダのトロントで行われたサミットの際には大規模な抗議デモが起きた他、当時ノルウェーの外相であったヨーナス・ガール・ストーレ氏が「G20は第二次世界大戦以来、最も大きな後退である」と非難した。また、2014年のオーストラリア・ブリスベンサミットの際にはおよそ2,000人がG20に抗議してデモを行った。さらに、2017年にドイツ・ハンブルクで開催されたサミットでは、「G20抗議の波(G20 Waves of Protest)」と呼ばれる抗議活動も行われた。これには環境保護を訴えるNGO・グリーンピース(Greenpeace)、貧困問題に関する活動を行う国際協力団体・オックスファムのドイツ支部(Oxfam Germany)に加えて、ドイツ国内の反資本主義組織といくつかの政党が関わった。

G7との違い[編集]

より歴史の長いG7も、経済金融危機を発端としていたのは同じである。しかし、G7は構成国が西側諸国のみと偏っており、2014年にクリミア併合を受けてG8からロシアを追い出したように、政治思想が強いともされる[28][29]。一方、G20は昔の東側諸国第三世界なども多く含まれており、政治的・文化的・地理的に多様である[30]。それ故、前述のクリミア併合や2022年のウクライナ侵攻を受け、西側諸国がロシア排除の圧力をかけるも、実現することはなかった[31][32]

近年はBRICSMIKTAといった発展途上国の急速な経済的発展により、相対的にG7の経済力と影響力が低下していることに伴い[33][34]、世界経済に関してはG20がメインの議論場になっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ G20、経済立て直しの緊急性忘れるべきでない=カナダ首相 朝日新聞デジタル(2010年4月30日)
  2. ^ G20、不均衡問題に注意を払いながら取り組むべき=独財務相 ロイター日本語ニュース(2010年2月3日)
  3. ^ “G20 首脳宣言採択し閉幕”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2014年11月16日). オリジナルの2014年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20141118003936/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141116/t10013242291000.html 
  4. ^ "Chair", What is the G-20, HM Treasury, 2009.
  5. ^ What is the G20 | G20 Foundation” (英語). 2022年6月25日閲覧。
  6. ^ Michael Elliott, "The G-20 Summit: Can This Group Save the World Economy?", The G-20 Summit: Can This Group Save the World Economy? - TIME, TIME, March 31, 2009.
  7. ^ "General questions about the London Summit", The London Summit: Who will attend the London Summit?, Foreign and Commonwealth Office, 2009.
  8. ^ G20首脳テレビ会議」『』、2020年3月26日。2020年3月30日閲覧。
  9. ^ “2019年G20サミットの開催日程, 開催する関係閣僚会合及びその開催地の決定”. 報道発表 (外務省). (2018年4月2日). https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005876.html 2018年4月2日閲覧。 
  10. ^ “来年のG20サミット 大阪開催で決定”. NHKニュース (日本放送協会). (2018年2月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180220/k10011336441000.html 2018年2月20日閲覧。 
  11. ^ “Italian G20 Presidency”. https://www.g20.org/ 2021年1月31日閲覧。 
  12. ^ “Rome Summit”. https://www.g20.org/rome-summit.html 2021年11月3日閲覧。 
  13. ^ Carin, Barry (2010年11月4日). “The Future of the G20 Process”. Centre for International Governance Innovation. オリジナルの2012年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120415001621/https://www.cigionline.org/publications/2010/11/future-g20-process 2011年10月19日閲覧。 
  14. ^ The Rotating G20 Presidency: How do member countries take turns?”. boell.de (2016年11月30日). 2019年3月3日閲覧。
  15. ^ G20 Members”. g20.org.tr. 2019年3月3日閲覧。
  16. ^ G20保健大臣会合・労働雇用大臣会合 厚生労働省
  17. ^ 「第2回T20観光大臣会合」の開催(お知らせ) 国土交通省観光庁 - 報道・会見(2010年10月8日)
  18. ^ 「第4回T20観光大臣会合」が開催されました 国土交通省観光庁 - 報道・会見(2012年5月21日)
  19. ^ 第5回T20観光大臣会合がロンドンで開催されました 国土交通省観光庁 - 報道・会見(2013年11月25日)
  20. ^ 第6回G20観光大臣会合で達成された観光業の雇用後押し合意をILO歓迎 ILO駐日事務所 - 記者発表(2015年10月2日)
  21. ^ 第7回G20観光大臣会合が開催されました 国土交通省観光庁 - 報道・会見(2016年6月1日)
  22. ^ 「第8回G20観光大臣会合」等に簗和生国土交通大臣政務官が出席 国土交通省観光庁 - 報道・会見(2018年5月8日)
  23. ^ G20サミットとは | サミット情報”. G20大阪サミット2019. 2022年6月25日閲覧。
  24. ^ G8ビジネス・サミット共同声明”. 日本経団連. 2022年6月25日閲覧。
  25. ^ 持続可能な開発のための 2030 アジェンダに関する G20行動計画(概要)”. 外務省. 2022年6月26日閲覧。
  26. ^ ‘Reckless’: G20 states subsidised fossil fuels by $3tn since 2015, says report”. the Guardian. 2022年6月25日閲覧。
  27. ^ G20:報道と実態 |” (日本語). GNV. 2019年6月19日閲覧。
  28. ^ G7でどう共有? 米が描く「専制主義VS.民主主義」”. 朝日新聞デジタル. 2022年6月25日閲覧。
  29. ^ 時代後れの「政治ショー」になったG7サミット--人民網日本語版--人民日報”. j.people.com.cn. 2022年6月25日閲覧。
  30. ^ 鈴木基史「G20とグローバル経済ガバナンス (特集 仲間作りの国際政治学:連携と制度)」『学術の動向』第16巻第6号、日本学術協力財団、2011年、 60-66頁、 doi:10.5363/tits.16.6_60ISSN 13423363NAID 400188773652022年6月28日閲覧。
  31. ^ ロシア排除で分断露呈 米など途中退席、共同声明見送り―G20財務相・中銀総裁会議”. 時事ドットコム. 2022年6月25日閲覧。
  32. ^ G20からロシア排除の動きにアジアが反発”. dotworld. 2022年6月25日閲覧。
  33. ^ よくわかるG7 世界シェアと勢力” (日本語). 日本経済新聞社 〜ビジュアルデータ. 2020年6月20日閲覧。
  34. ^ よくわかるG7 世界シェアと勢力”. 日本経済新聞社 〜ビジュアルデータ. 2022年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]