ナレンドラ・モディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インドの旗 インドの政治家
ナレンドラ・モディ
नरेन्द्र मोदी
Narendra Damodardas Modi (cropped).jpg
ナレンドラ・モディ(2013年7月)
生年月日 (1950-09-17) 1950年9月17日(66歳)
出生地 インドの旗 インドボンベイ州ワタナガル
出身校 グジャラート大学
所属政党 インド人民党
サイン Signature of Narendra Modi (Hindi).svg
公式サイト Narendra Modi

インドの旗 第18代首相
内閣 ナレンドラ・モディ内閣
在任期間 2014年5月26日 -
大統領 プラナブ・ムカルジー

第14代グジャラート州首相
選挙区 マニナガル
在任期間 2001年10月7日 - 2014年5月26日
知事 カマラ・ベニワル
テンプレートを表示

ナレンドラ・ダモダルダス・モディヒンディー語: नरेन्द्र दामोदरदास मोदी英語: Narendra Damodardas Modi1950年9月17日 - )は、インドの政治家、第18代インド首相。前グジャラート州首相。

経歴[編集]

選挙で演説するモディ
病院の設立式典に参加するモディ(グジャラート州首相時代)
首相に就任するモディ

北グジャラート(現在のグジャラート州)のメサーナ地区にあるワタナガルで生まれた。グジャラート大学において政治学修士号を習得した。

2001年から2014年までグジャラート州首相を務め、3度再選されている。インフラ整備や外資の受け入れなどにより、同州の経済成長を実現した[1]。清廉潔白であることも知られている[2]今でも母親は小さなアパートに住み、兄弟も政府の事務員や小さな小売店の店主をしており、家族ぐるみの汚職が大きな問題となっているインド政界では、クリーンなイメージを持たれていることも人気の理由のひとつである[要出典]。一方で、ヒンドゥー至上主義反イスラーム主義的言動でも知られる[1]が、一方で、後述する2014年のインド総選挙後には、「全国民とともに」という表現で、イスラーム教徒への配慮を行うことを示唆した[3]

2014年5月の総選挙開票前に、インド人民党の選挙運動委員会会長に任命された。長らく妻はいないとしてきたが、総選挙に立候補するとき、書類に配偶者欄に記入して提出、妻がいたことを告白した。結婚生活は破綻しているという[4][5]

2014年5月に開票された総選挙でインド人民党が勝利を収めたことにより、5月26日、第18代首相となり就任式を執り行った[6]

英語は流暢に話せるが、外国の要人との会談では英語ではなくヒンディー語を使い、通訳を介して話す[7]

政策[編集]

外交[編集]

日本[編集]

日本はグジャラート州で産業・投資について協力をしており、モディとはグジャラート州首相時代から友好的な関係を持っている[8]。2007年4月に訪日し、当時首相であった安倍晋三らと会談しており[9]、2012年7月に再度日本を訪問し厚遇を受けた[10]。2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に圧勝した安倍晋三が首相に就任することが決まった時、最初に祝福の意を伝えた海外要人の一人がモディだったとされる[11]。このようにモディは安倍と個人的な信頼関係があり、また、様々な点で安倍と共通点を有することから、モディが首相に就任した際、プレジデント社はWebサイト「PRESIDENT Online」の記事でモディについて「インドで誕生した『安倍派』の新首相」と表現している[12]。日本の自動車メーカー・スズキ鈴木修会長とも親しく、これらのことから親日家と報じられることもある[13]

2014年8月30日、モディが首相として初来日し、安倍首相主催による非公式の夕食会が京都市の京都迎賓館で開かれた。翌31日には安倍とともに東寺を訪れ、大日如来像の前で二人で合掌した[14]。日印首脳会談は9月1日に東京で行われ、共同声明の「日印特別戦略的グローバル・パートナーシップに関する東京宣言」では「特別な関係」が明記され、安全保障面では、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)の設置検討で合意、シーレーンの安全確保に向けた海上自衛隊インド海軍の共同訓練の定期化と、経済分野では日印投資促進パートナーシップを立ち上げ、対印の直接投資額と日本企業数を5年間で倍増させる目標を決定した[15]。同日夜に開かれた夕食会でモディは、極東国際軍事裁判(東京裁判)で被告全員の無罪を主張したインド人判事・ラダ・ビノード・パールに言及し、「インド人が日本に来てパール判事の話をすると尊敬される。自慢できることだ。パール判事が東京裁判で果たした役割は我々も忘れていない」と述べ、その功績を称えた[16]

2015年、中華人民共和国が反発し、インド軍内にも反対意見がある中、モディ政権は米印海上共同訓練「マラバール」に日本を招待することを決定した[17][18]。日本の海上自衛隊は、「マラバール」に過去数回参加したことがあるが、初参加した2007年以外はいずれも日本近海でのものであり、日本が参加することで中国を刺激することを避けたいインドはインド洋ベンガル湾での訓練に日本が参加をすることに難色を示してきた。しかし、モディ政権は中国への対抗も考え、ベンガル湾での訓練に日本が参加することを容認したといわれる[19]

アメリカ合衆国[編集]

モディがグジャラート州首相を務めていた2002年に発生した2002年グジャラート州暴動英語版は700人以上の死者が生じたが、モディが暴動を阻止するために適切な行動をしなかったと疑われ、ジョージ・W・ブッシュ政権は2005年よりモディへのビザ発給を停止しているが、モディ政権誕生に伴いビザ停止を解除した。

2014年8月、ジョン・ケリー国務長官がインドを訪問し、モディと会談し米印関係の改善を演出した[20]

2015年の共和国記念日の式典には、バラク・オバマを招待した。共和国記念日の式典にアメリカ大統領が主賓として招かれるのは史上初めてのことであり、米印関係強化の方針を明確に打ち出した形である。タイムズ・オブ・インディア紙によると、インド外務省が用意した招待者候補名簿にはオバマの名はなく、オバマの招待はモディの強い意向で実現したものである[21][22][23]

中国[編集]

2014年2月には、中国に対し「拡大という思考を捨て去る必要がある」と述べ、中国の領土拡大的な動きを牽制した[24]。2014年の選挙期間中、モディは中国に対する厳しい態度を表明し、首相就任式でも中国が真珠の首飾り戦略を進めている南アジアの国々や、チベット亡命政権ロブサン・センゲ首相を招くなど、中国を牽制する狙いを示した[25]

一方で、首相就任後の5月27日、中国側の提案で李克強首相と電話会談を行った。在中インド大使館によれば、この電話会談で、モディはインドの外交政策にとって常に優先国だと述べたとされる。首相となったモディが、外国の首脳と行った電話会談は、これが初めてとなる[26][27]

2011年、モディは中国を訪問しており、モディ政権の誕生によって中印関係は拡大すると見る中国メディアもある[28]

2014年6月8日、王毅外相がインドを訪問し、スシュマ・スワラージ外相と会談。インドへの経済支援を約束し、中印関係の促進で一致した。日本との関係強化を目指すモディ政権に楔を打ち込む狙いがあるとの指摘がある[29][30]

モディは中国に本部を置く新開発銀行(NDB)の提案者[31]となり、中国が提唱したアジアインフラ投資銀行(AIIB)にインドを参加させてその投融資を受ける[32][33]など中国と経済協力を深めつつも、対中防衛を目的として安全保障政策もまた重視している[34]。首相就任の後、モディは初の外遊先にブータンを選択したが、これもブータンと中国が接近していることに懸念を抱いているからとされる[35]

2017年5月、モディは他の閣僚とともに中国で開催され一帯一路国際協力サミットフォーラム英語版に招待されるも、国境紛争地帯であるカシミール地方一帯一路構想に位置付けられていることについて双方の溝は埋まらず、出席しなかった[36]

一方、インドの上海協力機構への正規加盟を達成したことからその枠組みでの中国との協力を重視しており[37]、2015年と2016年には中印合同演習を行っている[38][39]。また、南シナ海で中国を封じ込める共同軍事作戦への参加を拒否し[40]、反中活動家の入国も拒否するなど中国に配慮する姿勢も示している[41]

北朝鮮[編集]

インドは朝鮮民主主義人民共和国にとって3番目の貿易相手国だったが、2017年4月にモディ政権はインド国内の北朝鮮関連資産をすべて凍結[42]して食料と医薬品を除く全品目を禁輸する対北経済制裁を初めて実施した[43]

パキスタン[編集]

ヒンドゥー愛国主義の傾向のあるモディは、3度の印パ戦争で領土問題が残るパキスタンに対して強硬路線を取る可能性が指摘されていたが、2014年5月26日のモディの首相就任式では、パキスタン首相のナワーズ・シャリーフが出席した。両国の独立以降、首脳が相手国の首相就任宣誓式に出席するのは初めてとなる[44]。パキスタン側は招待を受けた後、3日間に渡り政府や軍が出席の是非を検討、新たな印パ関係を築く貴重な機会として出席を決めた。モディは、首相就任式にパキスタンのシャリフ首相以下、南アジア地域協力連合の全加盟国の首脳かその代理を初めて招いた[45]。2015年12月25日、パキスタンを予告なしでインド首相では12年ぶりに訪れ、シャリフ首相と会談した[46]。しかし、カシミールを巡っては対立を続けており、予定された協議も中止し[47]、モディの会議出席拒否や銃撃戦も起きるなど再び緊張関係になったことで両国で非難の応酬がされている[48][49]

イスラエル[編集]

2017年7月、同国の首相として初めてイスラエルを訪問し、エルサレムでベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した [50]。かねてから農業面の成功などからモディはイスラエルとの関係を重視していた[51][52]。イスラエルにとってインドは最大の武器の買い手でインドにとってイスラエルはロシアに次ぐ武器供給国という関係にあり[53]、モディの尊敬するヴィナーヤク・ダーモーダル・サーヴァルカル英語版ヒンドゥー至上主義者は反ムスリムの立場からシオニズムを支持[54][55][56][57][58]してきており、国際世論調査でもインドは親イスラエル的な意見がアメリカを上回っている[59]

経済[編集]

グジャラート州はインドで最も高い経済成長を遂げているであり、モディはその立役者とされる[60]。モディの経済政策は新自由主義に近く、小さな政府民営化の推進を主張しており、イギリスマーガレット・サッチャー首相に例えられることもある[61]

モディの経済手腕は海外からも期待されており、モディが選挙に圧勝して首相に就任すると、インドの会社の株が数多く買われた。2014年6月9日、インドの株式時価総額は過去最高値を付けた[62]

モディ政権が2014年6月9日に発表した経済政策は、ニューズウィークなどの海外マスコミ報道からは「モディノミクス」と呼ばれる。これには中国の方式が一部に取り入れられてるとされ、モディは中国との経済関係を重視しているとも指摘される[63][64]

2016年11月8日午後8時に、500ルピー(当時の為替レートで約800円)と1000ルピー(同約1600円)の2種類の高額紙幣について、突如「4時間後の11月9日午前0時に廃止にする」とテレビを通じて発表した。このためインド全土で、この発表直後から、市民が銀行やATMに殺到するなど大混乱に陥った。偽札が多く出回っており、500ルピーと1,000ルピー紙幣を廃止にして、強引に通貨回収することで、偽札撲滅や地下経済で取引されている富裕層タンス預金炙り出しを狙ったものと発表されている[65]

宗教[編集]

モディは若い頃からヒンドゥー至上主義を掲げる民族義勇団に所属しており、イスラム教に対する憎悪を煽る演説を行っていた[66]。イスラム教徒のヒンドゥー教徒への列車焼き討ち事件 を、きっかけに起きた2002年グジャラート州暴動英語版では、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒双方合わせて1000人以上[67]死亡する事件を黙認したマスコミに指弾され、グジャラート州のモディ政権は西側諸国から「犯罪政権」と見做された[60]。事件当初からモディ自身は事件への関与を否定していたが、後の裁判で改めて関与否定が確定した[68]が、一部の側近は事件に関与したと判断された[69]。この事件を理由に、英エコノミストは、モディを支持しないと表明していたが、2014年5月に開票された総選挙でインド人民党が勝利を収めると、一転して、「モディの素晴らしい勝利はインドの繁栄の過去最高のチャンスを与える」と表明した。

モディは2014年の選挙において、イスラム教徒への融和姿勢や配慮を強調する場面も見られた[3]インドのイスラム教徒の中には、モディのグジャラート州での政治を見て、経済成長からイスラム教徒が巧妙に疎外される「少数派の社会的疎外化」を懸念する声や、将来を悲観する声が上がっている。一方で、国民会議派の腐敗への失望や、モディの経済手腕への期待から、モディや人民党に票を投じたイスラム教徒も少なくなく、グジャラート州のイスラム教徒も発展の恩恵を受けたという指摘もある[70][71]

2014年5月26日の首相就任式では、イスラム教国家のパキスタンナワーズ・シャリーフ首相や、ヒンドゥー教徒が多いタミル人を弾圧し中国・パキスタンの支援のもとでタミル・イーラム解放のトラを壊滅に追い込むなどの武装闘争の歴史を持つスリランカマヒンダ・ラージャパクサ大統領などが招待され、出席した。これには、自身がヒンドゥー至上主義者であるとの懸念を払拭する狙いがあるとされる[25][72]

2014年6月11日、首相就任後、議会で初の主要演説を行った際には、インドで近年起こったレイプ事件とともに、ヒンズー教原理主義集団メンバーの仕業とされるイスラム教徒の若者の殺害に言及、「これらの事件は深い内省を必要とする。政府は厳しく処置しなければならない」と述べ、「国民は長く待っていないだろうし、われわれ自身の良心もわれわれを許さないだろう」と語った[73]

2014年に首相として来日した際は、仏教真言宗寺院である東寺を訪れ、大日如来像の前で合掌した[74]

軍事[編集]

モディの所属するインド人民党は、総選挙における公約に、核兵器に関する政策見直しを表明している[75]。モディは核の先制不使用は堅持すると発言している[76]が、インド人民党は、以前の政権担当時(バジパイ政権時代)に核実験を実行したこともあり、外交・安全保障の面では、強硬な路線に傾く懸念が指摘されている[77]

脚注[編集]

  1. ^ a b “【日々是世界】インド総選挙、関心は「次期首相」モディ氏の「対立を糧に台頭した」手法”. 産経新聞. (2014年4月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140415/asi14041513190002-n1.htm 2014年4月17日閲覧。 
  2. ^ インド次期首相候補モディ氏の人物像は? 経済再生のらつ腕政治家だが、ヒンズー至上主義を海外紙懸念”. NewSphere (2014年4月8日). 2017年3月5日閲覧。
  3. ^ a b “インド次期首相候補モディ氏が融和姿勢強調、イスラム教徒へ配慮”. ロイター (ロイター通信社). (2014年5月17日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DW1TI20140516 2014年5月17日閲覧。 
  4. ^ 岩城聡 (2014年4月10日). “インド首相候補モディ氏、既婚者と申告”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM10033_Q4A410C1FF2000/ 2014年4月17日閲覧。 
  5. ^ 岩田智雄 (2014年4月17日). “【外信コラム】ガンジスのほとりで 選挙めぐる「配偶者抗争」”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140417/asi14041703110002-n1.htm 2014年4月17日閲覧。 
  6. ^ インドでモディ政権発足、集権的な内閣目指すと表明 Reuters Japan 2014年5月26日閲覧
  7. ^ マンダキニ・ガーロット (2014年8月22日). “ヒンディー語強制策が多言語国家インドを分断”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3365.php 2014年8月23日閲覧。 
  8. ^ “米国、インド野党首相候補と関係修復”. MSN産経ニュース(産経新聞. (2014年2月13日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140213/asi14021322090001-n1.htm 2014年3月7日閲覧。 
  9. ^ グジャラート代表団訪日”. インドセンター (2007年4月). 2014年5月19日閲覧。
  10. ^ “【インド総選挙】新政権外交は日印関係深化に期待”. 産経新聞. (2014年5月17日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140517/asi14051707370005-n1.htm 2014年5月17日閲覧。 
  11. ^ パラシュ・ゴシュ (2014年4月18日). “インドと日本を結ぶ意外な友情”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/04/post-3248_1.php 2014年5月3日閲覧。 
  12. ^ “第18代インド首相 ナレンドラ・モディ -インドで誕生した「安倍派」の新首相”. PRESIDENT Online. (2014年9月1日). http://president.jp/articles/-/13279 2015年9月5日閲覧。 
  13. ^ モディ氏 雑用係から州首相に 日本経済新聞 2014年5月17日閲覧
  14. ^ “インド首相に東寺案内 安倍首相、仏像など見学”. 47NEWS(共同通信). (2014年8月31日). http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014083101001214.html 2015年9月6日閲覧。 
  15. ^ “日印首脳会談、安保連携で一致 共同声明「特別な関係」明記”. 産経ニュース. (2014年9月2日). http://www.sankei.com/politics/news/140902/plt1409020007-n1.html 2015年8月31日閲覧。 
  16. ^ “「東京裁判で果たしたパール判事の役割忘れない」 モディ首相”. 産経ニュース. (2014年9月2日). http://www.sankei.com/politics/news/140902/plt1409020016-n1.html 2015年9月6日閲覧。 
  17. ^ “【モディ政権考】日印2プラス2対話格上げ実現、ハードル高く(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2015年8月10日). http://www.sankei.com/world/news/150810/wor1508100005-n1.html 2015年8月31日閲覧。 
  18. ^ “【モディ政権考】日印2プラス2対話格上げ実現、ハードル高く(2/2ページ)”. 産経ニュース. (2015年8月10日). http://www.sankei.com/world/news/150810/wor1508100005-n2.html 2015年8月31日閲覧。 
  19. ^ “海自、インド洋での米印共同訓練に参加へ 中国を念頭に”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年8月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH8W5SJ3H8WUTFK00P.html 2015年8月31日閲覧。 
  20. ^ [1]産経新聞 2014年8月1日閲覧
  21. ^ “オバマ米大統領、インドの共和国記念日式典に出席 モディ政権、米重視鮮明(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2014年11月22日). http://www.sankei.com/world/news/141122/wor1411220041-n1.html 2015年9月8日閲覧。 
  22. ^ “オバマ米大統領、インドの共和国記念日式典に出席 モディ政権、米重視鮮明(2/2ページ)”. 産経ニュース. (2014年11月22日). http://www.sankei.com/world/news/141122/wor1411220041-n2.html 2015年9月8日閲覧。 
  23. ^ “インド共和国記念日パレード、米大統領が初出席”. AFPBB News. (2015年1月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/3037771 2015年9月8日閲覧。 
  24. ^ “インド次期首相有力候補のモディ氏、領土問題で中国に警告”. THE WALL STREET JOURNAL. (2014年2月24日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304380304579402581065730544.html 2014年3月7日閲覧。 
  25. ^ a b 金子淳 (2014年5月26日). “インド:モディ氏、首相就任 近隣国首脳招き…中国けん制”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140527k0000m030092000c.html 2014年5月29日閲覧。 
  26. ^ NIHARIKA MANDHANA (2014年5月30日). “印中首相が電話会談、緊密な関係維持を確認”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304817704579592933668627014 2014年5月31日閲覧。 
  27. ^ “中印首相が電話会談 中国側が持ちかけ”. 日本経済新聞. (2014年5月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM29044_Z20C14A5FF2000/ 2014年5月31日閲覧。 
  28. ^ “モディ首相が懸念を打ち消し中国と経済協力を行うのが必要-インドメディア”. 新華社. (2014年5月29日). http://www.xinhuaxia.jp/social/36263/ 2014年5月31日閲覧。 
  29. ^ “インドと中国の外相 交流活発化で一致”. NHK. (2014年6月9日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140609/k10015064861000.html 2014年6月9日閲覧。 
  30. ^ “中国の王外相がインド訪問、経済支援を約束”. Reuters. (2014年6月9日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EK00D20140609 2014年6月9日閲覧。 
  31. ^ Modi budget hikes Indian aid, mum on regional bank”. 2016年5月30日閲覧。
  32. ^ “AIIBが初の出資案件 インドの基金に”. 産経新聞. (2017年6月16日). http://www.sankei.com/world/news/170616/wor1706160016-n1.html 2017年6月16日閲覧。 
  33. ^ “アジア投資銀、インドに初融資 送電システム改良事業”. 日本経済新聞. (2017年5月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H5Q_T00C17A5FF2000/ 2017年5月4日閲覧。 
  34. ^ “印モディ新政権 対中防衛強化で規制緩和”. 産経新聞. (2014年6月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140614/asi14061409580002-n1.htm 2014年6月14日閲覧。 
  35. ^ “インド首相 初外遊はブータンに 対中牽制、訪日は来月”. 産経新聞. (2014年6月7日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140607/asi14060709130003-n1.htm 2014年6月14日閲覧。 
  36. ^ 焦点:インドが中国「一帯一路」に肘鉄砲、中印の亀裂を露呈 ロイター通信(2017年5月24日)2017年5月24日閲覧
  37. ^ “SCOの枠組み内で協力一致”. 毎日新聞. (2015年10月22日). https://mainichi.jp/articles/20170610/ddm/007/030/172000c 2017年6月10日閲覧。 
  38. ^ “India, China Conclude Military Drills With Anti-Terror Exercises”. NDTV. (2015年10月22日). http://www.ndtv.com/india-news/india-china-conclude-military-drills-with-anti-terror-exercises-1235259 2015年11月10日閲覧。 
  39. ^ “J&K: India, China hold joint army exercise in eastern Ladakh”. The Indian Express. (2016年10月19日). http://indianexpress.com/article/india/india-news-india/india-china-joint-military-exercise-ladakh-3091886/ 2017年4月9日閲覧。 
  40. ^ “India Rejects Joint Naval Patrols with US in South China Sea”. Voice of America. (2016年3月11日). http://www.voanews.com/content/india-rejects-joint-naval-patrols-with-us-in-south-china-sea/3231567.html 2016年4月29日閲覧。 
  41. ^ “印モディ政権、中国の圧力に及び腰? 反中活動家を入国拒否 地元紙「屈辱だ」”. 産経新聞. (2016年4月29日). http://www.sankei.com/world/news/160429/wor1604290040-n1.html 2016年4月29日閲覧。 
  42. ^ “India applies North Korea sanctions under pressure from Seoul”. UPI. (2017年5月3日). http://www.upi.com/Top_News/World-News/2017/05/01/India-applies-North-Korea-sanctions-under-pressure-from-Seoul/2801493649994/ 2017年5月4日閲覧。 
  43. ^ “インドが初の対北禁輸へ 3位の貿易相手国だが実態は…”. 産経ニュース. (2017年5月3日). http://www.sankei.com/world/news/170503/wor1705030047-n1.html 2017年5月4日閲覧。 
  44. ^ 金子淳 (2014年5月24日). “パキスタン首相:訪印へ…モディ首相就任式、独立後初出席”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140525k0000m030038000c.html 2014年5月29日閲覧。 
  45. ^ [2]「強いインド」モディ新首相演出 パキスタン・米と関係改善へ 日経新聞 2014年5月29日閲覧
  46. ^ “インド首相、パキスタンを電撃訪問 12年ぶり”. (2015年12月26日). http://www.cnn.co.jp/world/35075582.html 2015年12月30日閲覧。 
  47. ^ [3]インドに「対抗措置」警告 パキスタン首相、軍拡非難 産経新聞 2015年11月10日閲覧
  48. ^ “インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張”. 産経新聞. (2016年9月28日). http://www.sankei.com/world/news/160928/wor1609280035-n1.html 2016年10月14日閲覧。 
  49. ^ “印パ、実効支配線で銃撃=軍事作戦に発展-主張食い違い、非難応酬・カシミール”. 時事通信. (2016年9月30日). http://medical.jiji.com/news/1458 2016年10月14日閲覧。 
  50. ^ モディ氏、インド首相としてイスラエル初訪問 協力拡大で合意” (2017年7月6日). 2017年7月8日閲覧。
  51. ^ Moskowitz, Jeff (23 May 2014). "Is Narendra Modi, India's New Prime Minister, Israel's New Best Friend?". Tablet Magazine. Retrieved 28 July 2014.
  52. ^ India 2014 Elections: Narendra Modi, Israel's Best Friend In South Asia
  53. ^ Wilkes, Tommy (2015年2月18日). “Israeli defense minister lands at India airshow to boost arms sales”. Reuters. 2015年4月29日閲覧。
  54. ^ Savarkar, Vinayak. “GLAD TO NOTE THAT INDEPENDENT JEWISH STATE IS ESTABLISHED”. Historic statements - Veer Savarkar. www.docstoc.com. 2014年11月12日閲覧。
  55. ^ Hindu-Zion
  56. ^ Hindu pro-Zionism (PDF)”. 2013年6月17日閲覧。
  57. ^ Rediff
  58. ^ Press spotlight on Sharon's India visit,BBC
  59. ^ “From India with love”. Ynetnews. http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3696887,00.html 2017年7月5日閲覧。 
  60. ^ a b “次期インド首相候補として頭角現すグジャラート州首相、過去の宗教暴動で傷も”. Reuters. (2012年10月30日). http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPTK822543820121030 2014年4月8日閲覧。 
  61. ^ “焦点:インド版「サッチャー改革」へ、政権交代目指すモディ氏が描く未来”. Reuters. (2014年4月7日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3605N20140407 2014年4月13日閲覧。 
  62. ^ “焦点:インド版「サッチャー改革」へ、政権交代目指すモディ氏が描く未来”. Reuters. (2014年6月10日). http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPKBN0EL0SR20140610 2014年6月14日閲覧。 
  63. ^ ラム・マシュル (2014年5月27日). “インド新首相が掲げる「モディノミクス」の実力”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/05/post-3274_1.php 2014年6月14日閲覧。 
  64. ^ ラム・マシュル (2014年6月13日). “【中国の視点】インドのモディ新政権が中国に急接近、「モディノミクス」に中国式導入か”. 株式ニュース. http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201406130027 2014年6月14日閲覧。 
  65. ^ “インドが高額紙幣廃止を発表し大混乱に”. iforex. (2016年11月15日). http://www.iforex.jpn.com/news/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%8C%E9%AB%98%E9%A1%8D%E7%B4%99%E5%B9%A3%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%97%E5%A4%A7%E6%B7%B7%E4%B9%B1%E3%81%AB-6085 2016年11月29日閲覧。 
  66. ^ “インド総選挙:ナレンドラ・モディ氏を止められるか?”. 日本ビジネスプレス. (2014年4月7日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40376 2014年4月8日閲覧。 
  67. ^ [公式統計によるとイスラム教徒790人とヒンズー教徒の254人が死亡]
  68. ^ http://ibnlive.in.com/news/how-sit-report-on-gujarat-riots-exonerates-modi-the-highlights/256848-3.html
  69. ^ “インド総選挙、失政でモディ氏有力”. 日本経済新聞. (2014年4月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0700W_X00C14A4000000/ 2014年4月8日閲覧。 
  70. ^ SHANOOR SEERVAI (2014年5月20日). “インド「モディ首相」でイスラム教徒の憂鬱”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303923004579573463331715546 2014年5月31日閲覧。 
  71. ^ 金子淳 (2014年5月9日). “インド:総選挙で割れるイスラム教徒 次期首相候補に賛否”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140510k0000m030082000c.html 2014年5月31日閲覧。 
  72. ^ Adam PLOWRIGHT; Abhaya SRIVASTAVA (2013年11月19日). “インド、モディ新首相が就任宣誓 パキスタン首相も初の列席”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3015993 2014年3月8日閲覧。 
  73. ^ NIHARIKA MANDHANA (2014年6月12日). “インド新首相、経済発展推進へ 貧者支援に集中”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304826804579619031600339114 2014年6月21日閲覧。 
  74. ^ “首相、インド首相を古刹に案内 首脳会談前に親睦”. 日本経済新聞. (2014年8月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE31H07_R30C14A8PE8000/ 2015年9月6日閲覧。 
  75. ^ “インド最大野党が政権公約を公表、核政策見直しへ”. Reuters. (2014年4月7日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3606020140407 2014年5月29日閲覧。 
  76. ^ “インド最大野党の首相候補、核の先制不使用は堅持と言明”. Reuters. (2014年4月17日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA3G05820140417 2014年5月29日閲覧。 
  77. ^ “インドの次期政権は経済改革を大胆に”. 日本経済新聞. (2014年5月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO71401100Y4A510C1PE8000/ 2014年5月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
マンモハン・シン
インドの旗 インド共和国首相
2014年 -
次代:
-