エブラーヒーム・ライースィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エブラーヒーム・ライースィー
سید ابراهیم رئیسی
2022 Ebrahim Raisi.jpg
2022

任期 2021年8月3日 – 現職
副大統領 モハンマド・モフベル(第一)
最高指導者 アリー・ハーメネイー

イランの旗 イラン・イスラム共和国
第7代司法府長官
任期 2019年3月7日 – 2021年7月1日[1]
最高指導者 アリー・ハーメネイー

出生 (1960-12-14) 1960年12月14日(61歳)
イランの旗 イラン マシュハド[2]
政党 戦闘聖職者協会など
配偶者 ジャミーレ・アラモルホダー
子女 2人
署名 Ebrahim Raisi signature.svg

セイイェド・エブラーヒーム・ライースィー[3]ペルシア語: سید ابراهیم رئیسی‎、ラテン文字表記:Seyed Ebrahim Raisi英語: Ebrahim Raisi1960年12月14日[4][5] - )は、イランの政治家、司法関係者、シーア派ウラマーアーヤトッラー[6])。同国第8代大統領(在任:2021年8月3日[7] - )。マシュハドエマーム・レザー廟ペルシア語版英語版を管理する慈善団体アースターン・ゴドス・ラザヴィーペルシア語版英語版の2代目守護者(最高責任者、2016年3月 - 2019年3月)[8]検事総長ペルシア語版英語版、司法府第一副長官、司法府長官[1]を歴任した。

司法関係者としての経歴[編集]

1960年12月14日にマシュハドに誕生した。コラサン神学校を卒業し、その後は1985年テヘランの次席検事に任命されて首都へ引っ越した[9]。その3年後である1988年の初め頃、ルーホッラー・ホメイニー(ホメイニ師)の目に留まって、ロレスターン州セムナーン州ケルマーンシャー州など各州の法的問題に取り組むために、ホメイニーから特別な規定(司法から独立したもの)を授けられた。

その後もイランの司法ペルシア語版英語版関係者として様々な役職を歴任しており、具体的には2014年9月から2016年4月にかけて検事総長ペルシア語版英語版、2004年8月から2014年9月にかけては司法府第一副長官を務めていた。2019年3月に司法府長官に就任した[1]

2017年の大統領選挙[編集]

大統領候補として首都テヘランで演説するライースィー(2017年4月29日)

2017年4月6日に来たる5月の大統領選挙ペルシア語版英語版に出馬することを表明[10]。その後、大統領選挙の最終登録日である4月15日までに、ライースィーや現職の大統領ハサン・ロウハーニーなどを含めた18歳から92歳の老若男女1636人が立候補する中で[11]、4月20日、ライースィーとロウハーニー大統領を含む6人の候補者が、正式に選挙参加資格を認められた[12]。選挙戦の終盤、ライースィーと同じ保守候補者で、テヘラン市長でもあるモハンマド・バーゲル・ガーリーバーフが大統領選を辞退すると同時にライースィーへの全面的な支持を表明し、自身を支持する有権者たちにライースィーを支持するよう働きかけた[13]

2017年5月19日に大統領選が行われ、翌20日にアブドッレザー・ラフマーニー・ファズリーペルシア語版英語版内務大臣ペルシア語版英語版より開票結果が発表、開票された4122万131票の有効票のうち、ライースィーは約38.3%に相当する1578万6449票を獲得したが、現職のロウハーニー大統領が有効投票の過半数となる2354万9616票を獲得したため、決選投票にはもつれ込まず、ライースィーの落選が確定した[14]。イランでイスラム共和制による大統領選挙が始まって以来、落選した大統領候補としては得票数、得票率ともに過去最高を記録しており、イラン大統領選史上で最も僅差で落選した大統領候補となった。これまでは、2009年の大統領選挙で落選したミールホセイン・ムーサヴィー候補が獲得した1321万6411票(得票率は約33.75%)、および2005年の大統領選挙で落選したハーシェミー・ラフサンジャーニー候補が獲得した得票率35.93%(得票数は1004万6701票)が過去最高であった[15]

2021年の大統領選挙[編集]

2020年6月の時点では2021年の大統領選挙ペルシア語版英語版には出馬しない意向を示していた[16]が翻し、2021年5月に立候補届を提出[17]。同月25日に立候補届が受理されたことが発表された[18]

2021年6月18日に投票が行われ、集計の結果、開票された2893万3004票のうちライースィーが約61.95%に相当する1792万6345票を獲得し、決選投票にもつれ込まず1回目の投票で当選が確定した[19][20]

外交[編集]

2021年9月、就任後の初外遊先としてタジキスタンを訪れ、ドゥシャンベで開催された上海協力機構(SCO)の首脳会議にも出席したライースィーはイランの正規加盟が認められたことを受けて「SCOへの加盟で一方的な制裁に対抗できるようになる」と述べた[21]

選挙経歴[編集]

選挙の種類 得票数 得票率 順位 結果
2006年 専門家会議選挙 200,906 68.6% 1位 当選
2016年 専門家会議選挙ペルシア語版英語版 増加 325,139 増加 80.0% 1位 当選
2017年 大統領選挙ペルシア語版英語版 15,786,449 38.30% 2位 落選
2021年 大統領選挙ペルシア語版英語版 17,926,345 61.95% 1位 当選

私生活[編集]

ライースィーは、マシュハドの金曜礼拝導師を務めるアフマド・アラモルホダーペルシア語版英語版の娘であるジャミーレ・アラモルホダーと結婚している。彼女はシャヒード・ベヘシュティー大学ペルシア語版英語版准教授で、また、同大学の基礎科学工学研究所の所長でもある[22]。夫婦の間には娘が二人いる。

出典[編集]

  1. ^ a b c “Ayatollah Khamenei appoints Iran's new Judiciary chief”. Press TV. (2019年3月7日). https://www.presstv.com/Detail/2019/03/07/590438/Iran-Leader-Ayatollah-Khamenei-appointment-Ebrahim-Raeisi-Judiciary-chief-Sadeq-Amoli-Larijani 2019年3月13日閲覧。 
  2. ^ 略歴: イスラーム聖職者でムスリムのセイイェド・エブラーヒーム・ライースィー (شرح زندگی :: حجت الاسلام و المسلمین سید ابراهیم رئیسی) (ペルシア語)
  3. ^ 敬称であるセイイェドを省略して単にエブラーヒーム・ライースィー、そこから長母音などを省略してエブラヒム・ライシ、あるいはそのアラビア語読みであるイブラヒム・ライシなどとも表記される。
  4. ^ 自身のパスポートを掲げるライースィー (ペルシア語)
  5. ^ 検事総長になった54歳の男性とは?/ エブラーヒーム・ライースィーについて知る (مرد 54 ساله ای که دادستان کل کشور شد، کیست؟/ ابراهیم رئیسی را بیشتر بشناسید) (ペルシア語) - 2014年8月24日
  6. ^ “Iran president felicitates Lebanon on independence anniversary”. Tehran Times. (2021年11月21日). https://www.tehrantimes.com/news/467313/Iran-president-felicitates-Lebanon-on-independence-anniversary 2021年11月23日閲覧。 
  7. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/c705e1b9c974449ca3de890072ce93e529235dac
  8. ^ エブラーヒーム、アースターン・ゴドス・ラザヴィー守護者に任命される (انتصاب ابراهیم رئیسی به تولیت آستان قدس رضوی) (ペルシア語) - 2016年3月7日
  9. ^ エブラーヒーム・ライースィーとは何者か? (ابراهیم رئیسی کیست؟) (ペルシア語) - 2016年3月7日
  10. ^ Hardline cleric Raisi to take on Rouhani in Iran's presidential election | Reuters (英語) - 2017年4月9日
  11. ^ イラン大統領選挙の候補者の登録終了、1636人が登録 - Pars Today - 2017年4月16日
  12. ^ イラン大統領選挙の候補者名が発表 - Pars Today - 2017年4月21日
  13. ^ イラン大統領選挙、選挙運動が続く中、ガーリーバーフ氏が出馬を辞退 - Pars Today - 2017年5月16日
  14. ^ 第12期イラン大統領選挙、現職のロウハーニー大統領の留任確定 - Pars Today - 2017年5月20日
  15. ^ 歴代の大統領選挙や主要な選挙と比較して、「ライースィー」は最も力強く惜敗した大統領候補として名を残した / イラン8州におけるロウハーニー大統領の敗北+一覧表 (مقایسه آرای منتخبان ریاست‌جمهوری و رقبای اصلی در ادوار گذشته «رئیسی» رکورد قدرتمندترین رقیب رئیس جمهور منتخب را زد/شکست روحانی در 8 استان+جدول) (ペルシア語) - 2017年5月22日
  16. ^ Iranian press review: Conservatives gear up for 2021 presidential elections | Middle East Eye (英語)
  17. ^ “イラン大統領選 保守強硬派の実力者らが立候補届け出”. 産経新聞. (2021年5月16日). https://www.sankei.com/world/news/210516/wor2105160013-n1.html 2021年5月26日閲覧。 
  18. ^ “イラン大統領選”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年5月25日). https://www.jiji.com/jc/p?id=20210525211500-0037980939 2021年5月26日閲覧。 
  19. ^ イラン暦1400年の選挙開票結果 | 「ライースィー」が第8代イラン大統領に (نتایج آرای انتخابات ۱۴۰۰ | «رئیسی» هشتمین رئیس جمهور ایران شد) (ペルシア語)
  20. ^ “イラン大統領選挙 ライシ師 当選”. NHK NEWSWEB. NHK. (2021年6月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210619/k10013093181000.html 2021年6月20日閲覧。 
  21. ^ “イラン、中ロ主導組織加盟へ 上海協力機構が合意”. 日本経済新聞. (2021年9月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR14ASP0U1A910C2000000/ 2021年9月18日閲覧。 
  22. ^ ライースィーの夫人、ライースィーについてかく語りき (ناگفته‌های همسر رئیسی از رئیسی) (ペルシア語) - 2017年4月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ハサン・ロウハーニー
イランの旗 イラン大統領
2021年8月3日 -
次代:
(現職)
先代:
サーデグ・ラーリージャーニー
イランの旗 イラン司法府長官英語版
2019年3月 - 2021年7月
次代:
ゴラームホセイン・モフセニー・エジェイー
先代:
アッバース・ヴァーエズ・タバスィーペルシア語版英語版
イランの旗 アースターン・ゴドス・ラザヴィーペルシア語版英語版守護者(最高責任者)
2016年3月 - 2019年3月
次代:
アフマド・マルヴィーペルシア語版英語版
先代:
略(定数88名)
イランの旗 イラン専門家会議議員
2007年2月 -
次代:
(現職)
先代:
ゴラームホセイン・モフセニー・エジェイー
イランの旗 イラン検事総長ペルシア語版英語版
2014年9月 - 2016年4月
次代:
モハンマドジャアファル・モンタゼリーペルシア語版英語版
先代:
ホセインアリー・アミーリーペルシア語版英語版
イランの旗 イラン司法府第一副長官
2004年8月 - 2014年9月
次代:
ゴラームホセイン・モフセニー・エジェイー