ドラウパディ・ムルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドラウパディ・ムルム
द्रौपदी मुर्मू
Droupadi Murmu official portrait.jpg
インドの旗 インド
Flag of the President of India (1950–1971).svg 第15代 大統領
就任
2022年7月25日
首相ナレンドラ・モディ
副大統領ヴェンカイア・ナイドゥ英語版
ジャグディープ・ダンカール英語版
前任者ラーム・ナート・コーヴィンド
第9代 ジャールカンド州知事
任期
2015年5月18日 – 2021年7月12日
前任者サイド・アーメド英語版
後任者ラメシュ・バイス英語版
オリッサ州議員
任期
2000年3月5日 – 2009年5月21日
個人情報
生誕 (1958-06-20) 1958年6月20日(64歳)
インドの旗 インド オリッサ州,ライランプル Uparbeda村
政党インド人民党
配偶者シャム・チャラン・ムルム(1980年結婚、2014年死別)
子供3人(2男1女)
Biranchi Narayan Tudu (父)
出身校ラマデビ女子大学
専業
宗教ヒンドゥー教

ドラウパディ・ムルムヒンディー語: द्रौपदी मुर्मू英語: Droupadi Murmu1958年6月20日 - )は、インドの政治家。同国第15代大統領。前ジャールカンド州知事。先住民族としては最初の大統領で、プラティバ・パティルに次いで2人目の女性大統領となる。

生い立ち[編集]

ムルムは、オリッサ州ライランプル市英語版バイタポシ地区にあるウパルヘダ村[1]で、サンタル人の農夫の家庭で生まれる。父と祖父はウパルヘダ村の村長でもあった。出生名はプティ・ビランチ・トゥドゥ(puti Biranchi Tudu)だったが、学校の先生からドラウパディと改名された。ラマデビ女子大学で学士号を取得。

1980年に銀行家のシャム・チャラン・ムルム(Shyam Charan Murmu)と結婚し、3人の子女に恵まれた。しかし、2009年から2015年に夫と2人の息子、母親に先立れた[2]

経歴[編集]

初期[編集]

1979年から1983年まで、オリッサ州自治政府灌漑部門の職員として勤務、1994年から1997年までライランプル市の学校で教師としてヒンディー語数学地理を教えていた[3]。1997年にはライランプル議会の無所属評議員として選出された[4]。のちにインド人民党へ入党。2000年にはライランプル選挙区として議会選挙に出馬し、勝利。2期まで務めた。オリッサ州商業運輸省大臣、動物資源開発省大臣を歴任[5]。2015年には女性初のジャールカンド州知事となった。

ジャールカンド州知事として[編集]

ナレンドラ・モディ首相と会談(2015年)

2016年から2017年にかけて、政府が部族土地法改正法案が提出されたことを原因にパラムガディ運動英語版という暴動が起こった。人々は彼女が同じ先住民族を支持し、法案を改正すると期待をかけたが、実現はせず、彼女はパラムガディ運動の指導者への信用をしないように訴えた[6]

大統領[編集]

ラーム・ナート・コーヴィンド前大統領と(2022年)

2022年7月18日に大統領選挙が行われ、64%対35%で野党のヤシュワント・シンハ英語版元外務大臣を破り、当選[7]。就任後、初の会談先となるモザンビーク国家議員代表団と会談[8]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
ラーム・ナート・コーヴィンド
インドの旗 インド共和国大統領
第15代:2022 -
次代
在任中