サンタル人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サンタル人は、東インドバングラデシュ及び周辺に居住する部族の一つ。

概要[編集]

東インド最大の指定部族アーリア人がインドに侵入する以前の先住民カースト制度の枠外とされている。 人口はインド国内だけでも推計約600万人以上であり、ビハール州オリッサ州西ベンガル州の3州を中心に居住地が分布する。言語はサンタル語を用いる。 19世紀に大規模な反乱(サンタルの乱)を起こし、植民地支配を行っていたイギリスヒンドゥー教徒に対して抵抗したが鎮圧[1]、以後、隔離的な施策が採られ居住地が分断される傾向が強まった。

著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ サンタルの反乱 ”. 小学館. 2022年7月20日閲覧。
  2. ^ ムルム氏の当選確実 初の先住民族出身元首に―インド大統領選”. 時事通信 (2022年7月22日). 2022年7月20日閲覧。