ラニル・ウィクラマシンハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ラニル・ウィクラマシンハ
රනිල් වික්‍රමසිංහ
ரணில் விக்ரமசிங்க
Ranil Wickremesinghe
R Wickremasinghe.jpg
ラニル・ウィクラマシンハ(2014年11月)
生年月日 (1949-03-24) 1949年3月24日(71歳)
出生地 Flag of Ceylon (1948–1951).svg セイロン
出身校 ロイヤル・カレッジ・コロンボ
コロンボ大学
前職 弁護士
所属政党 統一国民党 (UNP)
配偶者 マイトリー・ウィクラマシンハ英語版

スリランカの旗 第13・17・21代スリランカ首相
在任期間 1993年5月7日 - 1994年8月19日
大統領 ディンギリ・バンダー・ウィジェートゥンガ
在任期間 2001年12月9日 - 2004年4月6日
大統領 チャンドリカ・クマーラトゥンガ
在任期間 2015年1月9日 - 2019年11月21日[注記 1]
大統領 マイトリーパーラ・シリセーナ
テンプレートを表示

ラニル・ウィクラマシンハシンハラ語: රනිල් වික්‍රමසිංහ, タミル語: ரணில் விக்ரமசிங்க, 英語: Ranil Wickremesinghe, 1949年3月24日 - )は、スリランカ政治家。同国首相を3期(在任: 1993年 - 1994年2001年 - 2004年2015年 - 2019年)務め、同国の二大政党の一つ統一国民党 (UNP) の党首(在任: 1994年11月 - )である。

経歴[編集]

1977年の議会総選挙英語版で初当選。1993年5月のラナシンハ・プレマダーサ大統領の暗殺に伴う、首相ディンギリ・バンダー・ウィジェートゥンガの大統領昇格により、初めて首相就任を果たす。2001年の総選挙英語版では、自身の率いるUNPの勝利により、チャンドリカ・クマーラトゥンガ大統領の下で2期目となる首相に就任する。2005年には大統領選挙英語版に出馬、48.43%の得票率を集めるも、同じく元首相のマヒンダ・ラージャパクサに僅差で敗北した。

3期目の首相[編集]

2015年の大統領選挙英語版においては、与党スリランカ自由党 (SLFP) を離脱したマイトリーパーラ・シリセーナを野党統一候補として支持、シリセーナの当選により3期目となる首相就任を果たした。

しかし、UNP/SLFPの大連立政権となったシリセーナ政権においては、大統領と首相ならびに政党間の対立が続き[1]、2018年4月には不信任決議案を出されている(賛成76、反対122で否決)[2]。‪さらに10月には大統領により突如首相を解任され、後任に前大統領マヒンダ・ラージャパクサが任命される政治危機が発生した。ウィクラマシンハはこの解任を違憲として認めず法廷で争い、12月には首相再任を果たした[3]

2019年11月の大統領選挙英語版においては、シリセーナが出馬を見送ったためUNP副党首のサジート・プレマダーサ英語版を擁立するもマヒンダの弟のゴーターバヤ・ラージャパクサに敗北。11月21日に首相を退任した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 荒井悦代「2017年のスリランカ 政治的空転に忍びよる危機」『アジア動向年報』第2018巻、日本貿易振興機構 アジア経済研究所、2018年、 539-562頁、2019年11月20日閲覧。
  2. ^ “Sri Lanka PM Ranil Wickremesinghe survives no-confidence motion”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2018年4月5日). https://www.aljazeera.com/news/2018/04/sri-lanka-pm-ranil-wickremesinghe-survives-confidence-motion-180404173714092.html 2018年4月5日閲覧。 
  3. ^ 荒井悦代「2018年のスリランカ 大統領による前代未聞の政変」『アジア動向年報』第2019巻、日本貿易振興機構 アジア経済研究所、2019年、 541-564頁、 doi:10.24765/asiadoukou.2019.0_5412019年11月18日閲覧。

注記[編集]

  1. ^ 2018年10月26日 - 12月16日にかけては首相留任を巡り対立。

外部リンク[編集]