尹錫悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ユン・ソンニョル
  • ユン・ソギョル
  • ユン・ソンヨル
  • ユン・ソクヨル
尹 錫悦
윤 석열
South Korea President Yoon Suk Yeol portrait.jpg
公式肖像(2022年)

任期 2022年5月10日 – 在任中
首相

任期 2019年7月25日2021年3月4日
大統領 文在寅

大韓民国の旗 大韓民国
第59代 ソウル中央地方検察庁検事長
任期 2017年5月22日2019年7月24日
大統領 文在寅

出生 (1960-12-18) 1960年12月18日(62歳)
大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市城北区三仙洞[3]
政党 国民の力
出身校 ソウル大学校 法科大学 卒業
配偶者 金建希
尹 錫悦
各種表記
ハングル 윤석열
漢字 尹錫悅
発音: ユン・ソンニョル
日本語読み: いん せきえつ
ローマ字 Yun Seok-yeol
英語表記: Yoon Suk-yeol
テンプレートを表示

(ユン・ソギョル〈複数表記については下記を参照〉、朝鮮語: 윤석열1960年12月18日 - )は、韓国政治家、元検察官2019年-2021年検察総長朝鮮語版を務めた[4]2022年5月10日より第20代大韓民国大統領[5]。父親は、経済学者尹起重[6]

来歴[編集]

1976年、学生時代の尹錫悦

出生[編集]

1960年12月18日ソウル特別市城北区普門洞にて誕生[3]1979年ソウル大学校法学科に入学し、大学在学中に1980年の光州事件関連の模擬裁判に検事役で参加し、弾圧を行った全斗煥大統領に死刑を求刑した(当時の状況では模擬裁判でも死刑を求刑するのは容易ではなかった)。模擬裁判後に尹は当面の間、江原道に身を潜めた[7]。司法試験には9年間9回不合格し、1991年の第33回司法試験に10回目で合格。

検事時代[編集]

司法研修院23期修了後の1994年に検事となった[8]

水原地方検察庁驪州支庁長[9]として勤務中に2013年4月より国家情報院の世論操作事件特別捜査チーム長として活動しながら[10]、検察首脳部の反対にも関わらずに国家情報院押収捜索を断行し、従業員を逮捕したために1ヶ月の停職処分となった[11]。また大統領選に絡む世論工作事件の積極捜査が朴槿恵政権に疎まれて左遷させられたとされている[12]

その後、崔順実ゲート事件の特別検事の特別捜査チーム長を務めるために現場に復帰し、2017年5月19日に文在寅政権からソウル中央地検長に任命された[13]。2019年6月17日に文在寅に検察改革を期待されたことにより検察総長候補者に指名された[4]。文は指名時に「大統領府でも政権与党でも権力に不正があれば厳正に捜査せよ」と訓示を行った[14]

しかし曺国(元法相)の起訴を起因に文政権と対立するようになり、秋美愛(後任法相)は検察幹部を総入れ替えし、捜査を指揮してきた幹部は済州島などの地検に異動させ、代わりに文に近い人物らを配置した。この事態を韓国紙は「大虐殺人事」と報道した[15]。秋は4ヶ月間で3回捜査指揮権を発動し、尹を事件の捜査より遠ざけた[16]。2020年11月25日に秋は尹による複数の不正の疑いを確認したと発表し、憲政史上初となる尹の職務執行停止を命令したと発表した[17]。これに対し尹は疑惑は事実と異なり、検証過程での説明機会が与えられなかったとし、職務停止命令の執行停止をソウル行政裁判所に申し立て、取り消しを求める訴訟を起こし、12月1日にソウル行政裁判所は30日までの職務停止効力を一時停止する決定を下した[18]。16日に法務部懲戒委員会は尹を2ヶ月停職処分としたが、尹は処分を不当と主張し[19]、停職処分停止をソウル行政裁判所に再度申し立てた。裁判所は24日に尹側の主張を認め、尹は職務に復帰したが[20]、2021年3月4日に辞任を表明した。

大統領選挙出馬[編集]

2021年6月に2022年の大統領選挙が近づいていた中、尹は出馬表明していなかったが、支持率調査で野党系候補のトップに立つなど注目を浴びる存在となった[21]。9日に初公開活動として李会榮(抗日独立運動家)の記念館開会式に出席した。4日に高位公職者犯罪捜査処が尹を職権乱用権利行使妨害などの疑いで正式立件し、捜査中であることがわかった。29日に次期大統領選挙出馬を尹奉吉記念館にて公式宣言し[22]、日韓関係改善への意欲を示した。7月30日には国民の力(最大保守派野党)に入党したことで政治家となり[23]、60歳で政治家人生を開始した。陣営に各分野の専門家を集めて勉強を重ね、大統領選のテレビ討論も無難に乗り切った[24]。11月5日に「国民の力」大統領選挙公認候補に選出された[25]

2022年1月にSNSにて20・30代男性有権者へのアピールと見られる『女性家族部廃止』という文言を投稿し、女性団体が反発した[26][27]

大統領府の移転を公約として掲げ、大統領当選後に韓国大統領府の名称を「大統領室」に改名し、光化門付近の政府ソウル庁舎外交部庁舎か、龍山区の国防部庁舎内に移転し、首席秘書官や民情首席室を廃止し「官民合同委員会」を中心とした組織に再編するなどの方針を示したが、政府ソウル庁舎・外交部庁舎への移転は警護面や交通規制などを理由に中止となり、3月20日に国防部庁舎への移転が正式決定となった。移転後は青瓦台の建物と敷地は公園として国民に開放することとなった[28][29][30]

2022年3月3日には安哲秀(国民の党候補)の協力を受け、野党統一候補となった[31]。9日の大統領選挙にて尹は48.56%票を獲得し、李在明共に民主党候補、47.83%票獲得)を0.73%の僅差で破り、第20代大韓民国大統領に当選した[5][32]。尹は当選後に立候補を取り下げた安を大統領職引継ぎ委員会委員長[33]張済元国会議員)を次期大統領秘書室長に任命した[34]。4月3日には次期国務総理韓悳洙(元総理)を指名した[35]

4月13日に政権引受委員会は年齢の数え方について、3種類の計算方法(数え年・年年齢・満年齢)を混用している状況を統一する意向を明らかにし、法・社会的に満年齢を基準とする法改正を2023年までに進める方針も示した[36][37]

大統領時代[編集]

2022年5月10日に第20代大韓民国大統領に就任し、就任式は汝矣島国会議事堂前で行われ、文在寅朴槿恵も出席し[38][39][40]、終了後に龍山区の大統領執務室に向けて出発した[41]

文在寅政権による脱北者強制送還事件の捜査[編集]

2022年7月6日、尹は韓国文在寅政権による脱北者強制送還事件を「反人道的な犯罪行為」として、調査に乗り出すとした[42][43][44][45]

反北朝鮮・反共主義への転換[編集]

文政権の親北朝鮮反日主義から反北朝鮮・反共主義路線へ転換し、文政権が悪化させた日韓関係の改善に踏み出した[46][47][48]。4年半ぶりに米韓が原子力空母を投入した共同訓練を行ったり、国連の北朝鮮人権決議案の提起国に加わることを表明した[48][49][50]朝鮮戦争休戦協定締結から69年を迎えた7月27日に北朝鮮平壌で戦勝記念日式典が開催され、金正恩が核戦力を誇示した上で「ふざけるな。南朝鮮(韓国)の尹錫悦政権と軍隊は全滅する」と尹に対して名指しで強烈な非難演説を怒号で行い、北朝鮮の首脳が韓国大統領を名指しで非難するのは極めて異例の事態であった[48][49][50]。また敵国であるアメリカジョー・バイデンに対しては言及しなかったため、尹に対して強烈な敵意を示したとされている[48][49][50]

アメリカ・中国との外交関係[編集]

2022年8月にナンシー・ペロシ(アメリカ下院議長)が台湾を訪問し、その足で韓国を訪問した際に尹は休暇中であることを理由にペロシと面談をしなかったこと、ペロシが韓国を離れると間もなく中韓外相会談の実施が発表されたことなどから「アメリカよりも中国を意識した外交姿勢は文在寅政権と変わらないのではないか」と報道された[51][52]

2022年9月の首脳会談[編集]

2022年9月22日、内閣総理大臣岸田文雄

2022年9月に国際連合総会に出席するために訪米。韓国側は事前に訪米期間中に日韓首脳会談が行われる旨を発表したが、日本側は不快感を表明[53]。韓国側は内閣総理大臣岸田文雄が出席する会議場のビルを突然訪問し、面談時間を設けたが、日本側は会議の内容や会場が準備されていないとして「懇談」として扱ったが、韓国側は一貫して「会談」として扱った[54]。時間は30分間で、懸案事項が解決することはなかった[55]

米韓首脳会談はバイデン主催による感染症対策基金会合会場を突然訪問する形で、2分間の立ち話が実現した[56]。尹は韓国製電気自動車がアメリカ国内にて差別的待遇を受けているとして不満を表明したが、バイデンは「韓国の憂慮はよくわかっている」と応じたのみであった[56]。会場ではバイデンによる基金への出資表明と記念撮影が行われたが、その際に尹が側近に向けて「こいつら(議員)が議会で可決しなかったら、バイデンのクソメンツは丸つぶれだな」と話し掛けている映像が拡散され、アメリカを侮辱する発言ではないかとして物議を醸した[57]

政治思想[編集]

  • 基本政治思想は反共主義保守主義とされているが、偏った政治思想を極度に強調したことはない。尹は反日主義を提唱したことはなく、歴代韓国大統領の中では日本に好意的とされており[46][47]文在寅政権が悪化させた日韓関係の改善を大統領就任前より強く提唱していた[46][47]。父親の尹起重延世大学名誉教授・経済学者)も日本に好意的とされており、日本語が堪能であり[58]、日本への留学経験があり、日韓の学術交流に深く携わり、複数の日本人学者と面識があるとされている[58]

人物[編集]

  • 歴代韓国大統領とは一線を画し、型破りの異色の経歴を持つ叩き上げの人物であり、大統領就任まで政治経験が1年もなく、自らを「政治初心者」と語っている[24]。正義感の強い人物とされており[59][60]韓国文在寅政権による脱北者強制送還事件を非難したり[42]、検事時代は権力に忖度しない不屈の「反骨検事」として名を馳せ、文在寅の側近を巡る不正に対する捜査を断行するなど「反・文在寅」の象徴として国民的な人気を集めた[12][24]。司法試験には9年間9回不合格し、1991年の第33回司法試験に10回目で合格[12][8]。司法浪人の原因は全斗煥模擬裁判が影響したとされている[12][8]。司法研修院23期修了後の1994年に33歳で検事人生を開始した[8]。又、2012年3月に50代で初婚で金建希と結婚した[12]
  • 大統領就任後に日韓関係改善に取り組むなど、日本に対して好意的とされている[46][47]
  • 兵役未経験者であり、1980・1981年に2回兵役を延期したが、1982年に不同視を理由に兵役免除処分となった[61]
  • 尊敬する人物はウィンストン・チャーチルであり、ナチス・ドイツに妥協せずに国民を説得しながら困難を突破し、自由民主という秩序を回復させたことが理由であるという[12]
  • 趣味は歌・料理・動物関係[12]。得意料理はチゲ・パスタ・オムレツ[12]。保護犬や保護猫を飼育している[12]
  • 本貫坡平尹氏であり[62]、父方祖先は朝鮮王朝時代に公州にて儒学者を代々輩出してきた名門の家柄である。両親は共に学者であり、父親の尹起重延世大学名誉教授・経済学者)の影響で幼少時より経済学の書籍を多く読んできたとされており[6]ミルトン・フリードマンのような通貨主義者的見解下で自由市場を擁護するなど経済哲学が確固としており、アダム・スミスの『国富論』の該当の一節を引用するなど、経済に精通しているとされている[6]。母親は梨花女子大学校にて教鞭を取っていた[63][64]
  • 大統領選挙の党内予備選挙中に全斗煥(民主化運動を弾圧した元大統領)の功績を認めるような発言を行ったことを批判され、リンゴの写真をSNSに投稿した(朝鮮語でリンゴ(沙果)と謝罪(謝過)は共に「사과」という同音異義語)[65]。「国民を犬に見立てて謝っている」と批判された[65]
  • 名前「錫悦」の発音は韓国語では1つではなく、国立国語院によると「錫悦」のハングル表記「석열」の発音規則(現代韓国での標準的発音)に従うと「(ソギョル)」が正しい[66]。しかし韓国国内では尹の申告に従い「(ソンニョル)」と「(ソンヨル)」の発音を採用する放送・報道機関(JTBCなど[67])が多い。KBS中央日報も日本語版で「ソンニョル」と表記している[68][69]。尹は幼少時より使用している「성녈」と「성열」が正統であると主張し、韓国のメディアに対してもこれらを使用するように要請している[67][70]。日本語表記でカタカナ化した場合も「ソギョル」「ソンニョル」「ソクヨル」「ソンヨル」の4つが乱立し、一定していない。2022年3月10日時点では日本の外務省は「ユン・ソンニョル」の表記を採用している[71]NHKは2022年5月9日までは「ユン・ソギョル」の日本語表記を採用していたが[72]、5月10日以降は「ユン・ソンニョル」の表記を使用している[73]。日本語音読みは「いん せきえつ」[74]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 속보 尹 당선인, 초대 국무총리 후보자에 한덕수 전 총리 지명” (朝鮮語). jtbc뉴스 (2022年4月3日). 2022年4月3日閲覧。
  2. ^ 윤대통령, 한덕수 국무총리 임명…"잘 부탁드립니다"” (朝鮮語). 연합뉴스 (2022年5月21日). 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ a b ““사람에 충성 않는다” 강골검사…정치입문 254일 만에 ‘대권’” (朝鮮語). 東亜日報. (2022-03-10 (KST)). https://www.donga.com/news/Politics/article/all/20220310/112259232/1 2022-03-14 (JST)閲覧。 
  4. ^ a b “検事総長にソウル中央地検長指名 異例の起用=文大統領”. 聯合ニュース. (2019年6月17日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190617001000882?section=search 2020年2月4日閲覧。 
  5. ^ a b “韓国大統領選、尹錫悦氏の当選確定”. 共同通信社. (2022年3月10日). https://nordot.app/874435358223417344 2022年3月10日閲覧。 
  6. ^ a b c “尹錫悦前検事総長「文政権必ず交代すべき、政権延長すれば国の未来は不毛に」”. 中央日報. (2021年6月2日). https://japanese.joins.com/JArticle/279218 2022年11月7日閲覧。 
  7. ^ “(원희복의 인물탐구)윤석렬 대전고검 검사… 소영웅주의자인가, 검찰의 자존심인가(尹錫悦大戦高等検察庁検事...小英雄主義者なのか、検察のプライドか)”. 京郷新聞. (2016年2月16日). http://m.weekly.khan.co.kr/view.html?med_id=weekly&artid=201602161453131&code=115 2020年2月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d 西岡力 (2019年6月24日). “【韓国情勢】左派検事を検事総長にした文在寅大統領”. 国基研ろんだん. 公益財団法人 国家基本問題研究所. 2022年11月7日閲覧。
  9. ^ 水原地方検察庁驪州支庁 紹介 (朝鮮語)
  10. ^ '강골 윤석열'이 돌아왔다! 특검팀 전격 합류. 뷰스앤뉴스. 2016年 12月1日.
  11. ^ “韓国与党、7年前尹錫悦検察総長の停職の際は「朴政府、人面獣心」猛非難”. 中央日報. (2020年12月17日). https://japanese.joins.com/JArticle/273470/ 2020年12月17日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i “文政権と闘った反骨検事 料理好きの愛犬家―尹錫悦氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2022年3月11日). オリジナルの2022年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220706015735/https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031000790&g=int 2022年11月7日閲覧。 
  13. ^ “ソウル中央地方検察庁長に尹錫悦氏 文大統領、「ヒラ検事」を任命”. KBSワールド. (2017年5月20日). http://world.kbs.co.kr/special/election/2017/contents/news/news_view.htm?No=40641&lang=j 2020年2月4日閲覧。 
  14. ^ 「文大統領」の「厳正に捜査せよ」は嘘…その嘘を信じた「韓国の検事総長」の受難”. デイリー新潮 (2020年11月27日). 2020年11月26日閲覧。
  15. ^ “文政権、疑惑捜査の検察幹部を交代”. 日本経済新聞. (2020年1月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54598460Q0A120C2FF1000/ 2020年6月6日閲覧。 
  16. ^ “韓明淑・チャンネルA・ライム…3回とも詐欺前科犯の言葉で指揮権発動”. 朝鮮日報. (2020年10月22日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/22/2020102280080.html/ 2020年10月22日閲覧。 
  17. ^ “韓国法相、検事総長の職務停止「憲政史上初」、世論反発も”. 時事通信. (2020年11月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112401089&g=int 2020年11月25日閲覧。 
  18. ^ “検事総長が職務復帰 裁判所が法相命令の効力停止=韓国”. 聯合ニュース. (2020年12月1日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201201004600882 2022年11月7日閲覧。 
  19. ^ “韓国検事総長に停職2カ月、文在寅政権の疑惑捜査は足踏み”. 産経新聞. (2020年12月16日). https://www.sankei.com/world/news/201216/wor2012160002-n1.html 2020年12月16日閲覧。 
  20. ^ “韓国検察総長、職務復帰 裁判所が懲戒の効力停止”. 日本経済新聞. (2020年12月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM24E010U0A221C2000000 2020年12月25日閲覧。 
  21. ^ 韓国次期大統領選候補、尹錫悦氏32.3%・李在明氏22.8%…崔在亨監査院長は野党圏3位に(3)”. 中央日報 (2021年6月24日). 2021年6月24日閲覧。
  22. ^ 韓国大統領選に前検事総長が出馬宣言 「反文在寅」勢力結集”. 産経新聞 (2021年6月29日). 2021年6月29日閲覧。
  23. ^ 韓国 大統領選に立候補表明の前検事総長 最大野党に入党”. NHK (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  24. ^ a b c “忖度しない反骨検事、趣味は宴席で歌 韓国新大統領の尹氏”. 中日新聞Web. (2022年3月11日). オリジナルの2022年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220331040519/https://www.chunichi.co.jp/article/432628 2022年11月7日閲覧。 
  25. ^ 韓国大統領選、保守系野党候補に尹錫悦前検事総長 構図固まる”. 朝日新聞 (2021年11月5日). 2021年11月5日閲覧。
  26. ^ ‘여성가족부 폐지’ 일곱 글자 남긴 윤석열…이대남 '폭발적 반응'” (朝鮮語). hankyung.com (2022年1月8日). 2022年3月10日閲覧。
  27. ^ 수정: 2022.01.07 21:00, 입력: 2022 01 07 20:22 (2022年1月7日). “윤석열, SNS에 '여성가족부 폐지'” (朝鮮語). www.khan.co.kr. 2022年3月10日閲覧。
  28. ^ 尹錫悦氏 青瓦台を「大統領室」に改め「官民合同委員会」設置へ”. KBS WORLD (2022年3月11日). 2022年3月16日閲覧。
  29. ^ 尹政権、大統領執務室の移転地候補として国防省庁舎が有力”. 韓国経済新聞国際版 (2022年3月16日). 2022年3月16日閲覧。
  30. ^ 윤석열 “5월10일부터…대통령 집무실, 용산 국방부 청사로” (尹錫悦「5月10日から…大統領執務室を龍山国防部庁舎に」)” (朝鮮語). www.hani.co.kr (2022年3月20日). 2022年3月20日閲覧。
  31. ^ “野党候補が一本化発表、政権交代に追い風”. 産経新聞. (2022年3月3日). https://www.sankei.com/article/20220303-RBZ3Z77KWVMIHDNRHJLM65272M/ 2022年3月10日閲覧。 
  32. ^ “韓国大統領に尹錫悦氏 5年ぶり保守政権に”. 日本経済新聞. (2022年3月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0954H0Z00C22A3000000/ 2022年3月10日閲覧。 
  33. ^ 韓国・政権引き継ぎ委員長に安哲秀氏 政権で要職に起用か” (日本語). 毎日新聞 (2022年3月13日). 2022年3月16日閲覧。
  34. ^ 尹錫悦氏「帝王的な大統領は消える」…ソウル見下ろす青瓦台から、市中心部に執務室を移転へ” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年3月12日). 2022年3月16日閲覧。
  35. ^ 새 정부 첫 총리 후보자에 한덕수 전 총리 지명” (朝鮮語). www.hani.co.kr (2022年4月3日). 2022年4月3日閲覧。
  36. ^ 時吉達也 (2022年4月13日). “韓国、年齢の数え方統一へ 「数え年」など3種類も” (日本語). 産経ニュース. 2022年5月4日閲覧。
  37. ^ 法的・社会的年齢を「満年齢」に統一” (日本語). 東亜日報 (2022年4月12日). 2022年5月4日閲覧。
  38. ^ 조선일보 (2022年5月9日). “청와대 개방 현장, 취임식장서 실시간 중계” (朝鮮語). 조선일보. 2022年5月10日閲覧。
  39. ^ 尹 취임식 참석한 박근혜·문재인 전 대통령 [포착]” (朝鮮語). 국민일보 (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  40. ^ 조선일보 (2022年5月10日). “취임식 참석한 박근혜 전 대통령… 尹 등장하자 박수치며 미소” (朝鮮語). 조선일보. 2022年5月10日閲覧。
  41. ^ 尹대통령, 180m 연단까지 걸어가며 주먹인사…文·朴과 악수” (朝鮮語). 매일경제 (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  42. ^ a b "【映像公開】腕を引っ張り…脱北希望者を強制送還". テレ朝news. 2022年7月18日. 2022年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月27日閲覧
  43. ^ "文在寅政権が強制送還していた脱北者、引き渡し時に激しく抵抗…処刑した北は「捕まるだけ」と宣伝". 読売新聞オンライン. 2022年7月18日. 2022年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月28日閲覧
  44. ^ "船内で同僚16人殺害か 北朝鮮人漁師を強制送還=韓国". BBCニュース. 2019年11月8日. 2021年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月28日閲覧
  45. ^ "また韓国の失敗。脱北希望漁師を北に戻す冷徹政治に非難殺到". まぐまぐニュース!. 2019年12月28日. 2022年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月27日閲覧
  46. ^ a b c d "【劇場型半島】「親日」たたきにめげない尹新大統領、歴史問題は別". 産経ニュース. 2022年5月14日. 2022年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月29日閲覧
  47. ^ a b c d "韓国・尹錫悦大統領の足を引っ張る「日韓関係が改善されると困る人々」 新政権は日韓関係の改善に前向きも「反日」でメシを食う輩をどうするか(1/5)". JBpress (ジェイビープレス). 2022年5月16日. 2022年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月27日閲覧
  48. ^ a b c d "金総書記「ならず者どもが我々と戦うこと考えたり、ふざけるな」韓国大統領を批判". テレ朝news. 2022年7月28日. 2022年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月29日閲覧
  49. ^ a b c "金総書記"核戦力"言及 尹政権に異例の名指し警告". テレ朝news. 2022年7月28日. 2022年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月29日閲覧
  50. ^ a b c "韓国が対抗なら「全滅」 正恩氏が警告、核戦力誇示―北朝鮮". 時事ドットコム. 2022年7月28日. 2022年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月29日閲覧
  51. ^ 米韓関係を侮辱?ペロシ下院議長に会わなかった韓国大統領…台湾海峡危機で「韓国が台湾を助けられない」理由”. FNN (2022年8月13日). 2022年8月18日閲覧。
  52. ^ 米政界、尹大統領とペロシ議長の直接会談不発に「韓国は二重のミス」”. 朝鮮日報 (2022年8月8日). 2022年8月11日閲覧。
  53. ^ 韓国が「日韓首脳会談」発表も…日本政府は否定「何ら決まっていない」松野官房長官”. zakzak (2022年9月16日). 2022年9月23日閲覧。
  54. ^ 日本はセッティングすらせず?日韓首脳の”略式会談”に韓国ネット「大惨事」「岸田首相の表情が…」”. Record Korea (2022年9月22日). 2022年9月23日閲覧。
  55. ^ 「決まっていないことを言うな」 岸田氏、韓国大統領と一転「懇談」”. 朝日新聞 (2022年9月22日). 2022年9月23日閲覧。
  56. ^ a b 韓国の尹大統領、バイデン大統領とNYで2分間立ち話…ほかの会合欠席し実現”. 読売新聞 (2022年9月22日). 2022年9月23日閲覧。
  57. ^ 尹氏の米国侮辱発言は「誤解」 韓国大統領府が釈明”. AFP (2022年9月23日). 2022年9月23日閲覧。
  58. ^ a b 杉山高一「韓国統計学会30周年記念大会に参加して」『日本統計学会会報』 No.110、2002年1月20日
  59. ^ "「権力に屈しない正義の味方」尹錫悦"政治素人"大統領を生んだ文在寅の皮肉〈韓国大統領選の裏側〉". 文春オンライン. 2022年3月13日. 2022年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月28日閲覧
  60. ^ "「公正と正義」を掲げる尹錫悦氏が次の韓国大統領に当選…日本との約束は守れるのか?". FNNプライムオンライン. 2022年3月11日. 2022年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月28日閲覧
  61. ^ “韓国与党「尹錫悦候補の軍免除」に関して攻勢…「視力が正常・非正常を行き来…医学的にありえない」”. wowKorea. (2022年2月8日). https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0210/10334644.html 2022年11月7日閲覧。 
  62. ^ 조선일보 (2021年3月27日). ““이번 윤석열은 다르다” 다시 뜨는 4전5기 충청대망론” (朝鮮語). 조선일보. 2022年3月11日閲覧。
  63. ^ 近藤大介 (2021年11月9日). “来年3月に迫る韓国大統領選、革新左派候補が有利と言える「7つの理由」”. 現代ビジネス. 講談社. p. 4. 2022年11月7日閲覧。
  64. ^ 『朝日新聞』2021年11月11日「大統領候補紹介(下)尹錫悦 捜査に忖度なし 前検事総長」
  65. ^ a b 乏しい政治経験、政権との距離感…保革対決ともに弱み 韓国大統領選”. 西日本新聞 (2021年11月5日). 2021年11月5日閲覧。
  66. ^ 머니투데이 (2022年3月11日). “윤성녈? 윤서결? 대통령 이름 어떻게 부르지…국립국어원 답은” (朝鮮語). 머니투데이. 2022年3月11日閲覧。
  67. ^ a b 뉴스, JTBC (2021年10月19日). “백브리핑 '윤성녈'입니까, '윤서결'입니까?” (朝鮮語). news.jtbc.joins.com. 2022年3月11日閲覧。
  68. ^ "安哲秀氏、候補一本化で辞退 投票用紙の表示は?". KBS WORLD. 2022年3月4日. 2022年3月6日閲覧
  69. ^ 【写真】尹錫悦前検察総長の身なりを整える夫人キム・ゴンヒ氏” (日本語). 中央日報 (2021年7月1日). 2022年3月6日閲覧。
  70. ^ “우리말 톺아보기 윤서결? 윤성녈?”. 한국일보. (2019年6月23日). https://www.hankookilbo.com/News/Read/201906231081773188 
  71. ^ 岸田総理大臣発尹錫悦韓国次期大統領宛てメッセージ”. 日本外務省 (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  72. ^ 韓国大統領選 期日前投票始まる 与野党候補も投票”. NHKニュース (2022年3月4日). 2022年3月4日閲覧。
  73. ^ 韓国 ユン大統領が就任 5年ぶりの保守政権が発足”. NHKニュース (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。記事末尾「おことわり」参照。
  74. ^ 尹錫悦”. デジタル大辞泉. 2022年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代
文在寅
Flag of the President of South Korea.svg 大韓民国大統領
第20代∶2022年5月10日 - 現職
次代
現職
先代
文武一朝鮮語版
大韓民国の旗 大韓民国検察総長朝鮮語版
2019年7月 - 2021年3月
次代
金五洙朝鮮語版