アフマダーバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
アフマダーバード
અમદાવાદ
Ahmedabad
アフマダーバード
グジャラート州の位置を示したインドの地図
アフマダーバードの位置
アフマダーバード
アフマダーバードの位置
グジャラート州 とインド内)
測地系: 北緯23度1分48秒 東経72度34分48秒 / 北緯23.03000度 東経72.58000度 / 23.03000; 72.58000
インドの旗 インド
グジャラート州
行政区 アフマダーバード県英語版
人口
密度
都市圏
5,570,585[1] (2011年現在)
12,006 /km2 (31,095 /sq mi)
6,352,254[2]
標準時 IST (UTC+5:30)
面積
海抜
464 km² (179 sq mi)
53 m (174 ft)
公式サイト www.auda.org.in

アフマダーバード英語: Ahmadabad, グジャラート語: અમદાવાદ, ヒンディー語: अहमदाबाद, ウルドゥー語: احمد آباد‎)はインドの都市である。グジャラート州に属する。"Ahmedabad" とも表記される。

2011年都市的地域の人口は635万人であり、世界第47位、同国では第7位である[3][2]。農業、綿織物業が盛ん。イスラーム教徒が比較的多く(住民の2割程度)、多くのモスクが建てられている。ジャイナ教の寺院も多い。近代的な都市で郊外に工場が多く、経済的には恵まれている。

アフマダーバード周辺には階段井戸英語版(バーオリー)が多く見られる。

名称[編集]

都市の名称は、「アフマドの都市(アーバード)」を意味する。日本語での表記は英語読みのアーメダバード、あるいはアーメダバッドなどが一般的。また現地のグジャラート語の綴り「અમદાવાદ(アムダーヴァード)」を反映して、英語でも"Amdavad"と表記される例も稀にだが存在する。

歴史[編集]

1411年グジャラート・スルターン朝英語版アフマド・シャー1世がこの街を都と定めたことが現在の呼称の由来となった。

1573年ムガル帝国の3代皇帝アクバルに征服され同帝国の統治下におかれ、その州都となった。

1757年マラーター王国の宰相バーラージー・バージー・ラーオガーイクワード家の当主ダマージー・ラーオ・ガーイクワードがこの都市を攻撃し、帝国からマラーター同盟の支配下に移った。

1818年、イギリスの植民地支配下に入る。イギリス統治下では綿織物工業が発展した。

1915年マハトマ・ガンディーはこの地にサーバルマティー・アーシュラムと称される修道場を設けた。1930年に行われた「塩の行進」もこの街が出発点であり、ガンディーの様々な活動と結びついている。現在、街にはガンディー博物館が建てられている。

1960年から1970年まで、グジャラート州の州都であった。その後、近くのガンディーナガルに代わる。

交通[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Provisional Population Totals, Census of India 2011 - Cities having population 1 lakh and above (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月12日閲覧。
  2. ^ a b Provisional Population Totals, Census of India 2011 - Urban Agglomerations/Cities having population 1 lakh and above (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月12日閲覧。
  3. ^ Demographia World Urban Areas - 9th Annual Edition (PDF)” (英語). Demographia (2013年3月). 2013年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]