ハビエル・ミレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハビエル・ミレイ
Javier Milei
2024年
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
第59代大統領
就任
2023年12月10日
副大統領ビクトリア・ビヤルエル
前任者アルベルト・フェルナンデス
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
代議院議員
任期
2021年12月10日 – 2023年12月10日
個人情報
生誕ハビエル・ヘラルド・ミレイ
(1970-10-22) 1970年10月22日(53歳)
アルゼンチンブエノスアイレスパレルモ地区
政党リバタリアン党 (2021年 - )
協力政党自由進歩党英語版(2020年 – 2021年)
非婚配偶者ファティマ・フローレス英語版(2023年 – )
出身校ベルグラノ大学英語版
トルクァト・ディ・テラ大学
署名

ハビエル・ヘラルド・ミレイスペイン語: Javier Gerardo Mileiスペイン語発音: [xaˈβjeɾ xeˈɾaɾ.ðo miˈlej]1970年10月22日 - )は、アルゼンチンの政治家、経済学者、作家。第59代大統領。アルゼンチン中央銀行を廃止して、米ドルをアルゼンチンの通貨に制定させるなど過激な主張が多いことから、「アルゼンチンのトランプ」という異名をもつ[1]オーストリア学派の経済学者として、アルゼンチンの歴代政権の財政政策に対して、「政府支出を削減すべきだ」と批評している。

2023年11月に行われた大統領選挙英語版では、前大統領のペロン主義に則った支配が財政危機を引き起こしていることを批判。財政政策の転換を公約として、得票率55.69%対44.31%で、セルヒオ・マサ英語版経済相を破り、当選[2]

来歴[編集]

ブエノスアイレスでイタリア系の家庭として生まれ育つ[3]。父はバス運転手であったが[4]、幼少期の頃には両親から児童虐待を受け、10年間両親と口を聞かなかったと彼は語っている。そんな不遇の日々を送っていたミレイにとって、妹のカリーナと母方の祖母が心の支えだった[5]。学生時代には間欠性爆発性障害の兆候があったことから、ミレイは変人を意味するエル・ロコ(El Loco)という異名が付いていた。 ローリング・ストーンズのカバー・バンド『エベレスト』ではフロントマンとして活動していた[6][7]。高校時代にはCAチャカリタ・ジュニアーズゴールキーパーを務めていた経験がある。ラウル・アルフォンシン政権下で起きた財政危機を目の当たりにし、高校卒業と同時にサッカーをやめ、経済学に興味を持つ。

1992年にベルグラノ大学で経済学の学位を取得、トルクァト・ディ・テラ大学で経済学の修士号を取得する[8]。21 年以上にわたり、マクロ経済学やミクロ経済学、経済学で使用する応用数学の教授として勤務していた。アルゼンチン国内や海外各地で講演を行い、50以上の学術論文を執筆している[9]投資紛争解決国際センターのアルゼンチン部門コンサルタント、HSBCホールディングスアルゼンチン支部シニアエコノミストを歴任。世界経済フォーラムのメンバー、国際商業会議所顧問としての勤務経験を持つ[10]。ミレイはアルゼンチン国内のテレビで最も多くインタビューされた経済学者であり、インタビュー回数は235回、出演時間は合計193,347秒であった[11]

政界進出[編集]

2021年

2010年代、ミレイはアルゼンチンの討論番組で悪名高い政治活動家としての地位を確立する。ミレイは討論相手に対する毒舌や威圧的な表現が特徴であった。特に討論番組に出演したブエノスアイレス市長のオラシオ・ロドリゲス・ラレッタ英語版への罵倒は激しく、アルゼンチンで反社会的な活動家として恐れられるようになる[12]。アメリカの上院議員であるテッド・クルーズはヴィヴィアン・カレーサとミレイの熱烈な討論動画をツイッターで共有し、冗談でクルーズはミレイをアメリカ合衆国大統領選挙討論会に招待したいと提案していた[13]。2019年、一部のメディアはミレイをアルゼンチンで最も影響力のある人物の1人に挙げた。2020年からミレイは、世論で不支持率が高いアルベルト・フェルナンデス政権に対する抗議活動を激化させる。

2020年、ミレイは自由前進党を結成。この政党は自らを「様々な政党で構成され、リベラルな政策を推進するために創設された、あらゆる社会的状況の男女を招集し、平等な同盟を組んでいる」と強調した。さらにミレイは「私達が先進国であった1900年初頭に戻るために必要な経済、政治、社会の活性化に貢献したい」と述べている[14]。自由前進党の国民議会候補者に国家再編成プロセスの擁護者がいた事で物議を醸している[15]。下院議員の選挙活動中のミレイはブエノスアイレス近郊で道行く人と交流しながら、2022年5月までに、彼は世論調査で支持率を伸ばした。ミレイの考えは1990年代の経済危機に生まれ育った世代から共感を得て、2020年の経済停滞に直面している30歳未満の有権者の心を動かした。ミレイはアルゼンチンの政治構造は「役に立たない、寄生的な人々で構成されている」とした上で、「アルベルト・フェルナンデス政権は国民に課せられた税金によって資金を賄う犯罪組織である。絶対にフェルナンデス政権から金を奪還しなければならない」と選挙活動で述べた [16]

2021年から代議院議員に就任したミレイは、議会を欠席していることが多いと各党から指摘された[17]。欠席した日数が多いにもかかわらず、議員の月給として規定された700万ペソを受け取っている[18]。2023年7月には公職選挙法違反による容疑で捜査を受けたが、ミレイはこれを自分の信用を失墜させるための政治的工作だと一蹴。直ちに捜査を中止するよう、検察に求めた[19]

2023年5月にはインフレが高まり、ミレイの支持率が上昇する[20]。 ミレイは、自国通貨の価値が過去4年間で90%も急落したことを指摘した上で「排せつ物」以下の価値しかなくなったと主張。経済政策としてアルゼンチン・ペソを廃止してアメリカ合衆国ドルを採用することを公約とした[21]。また、同年8月に行われた大統領予備選挙英語版では銃規制撤廃と臓器売買の自由販売を許可すると示唆し、物議を醸した[22]。2020年に承認されたアルゼンチン国内での中絶を容認する自主中絶法案を却下させるつもりだとミレイは述べている。アルゼンチンのテレビ司会者であるアレハンドロ・ファンティーノスペイン語版のインタビューで中絶に言及し、「私は中絶に反対だ。それは生きる権利に反するからである。少なくとも私は国民投票を実施したい、そして結果に則り、中絶法は廃止されるであろう。しかし、アルゼンチン人がするかどうか見てみましょう。母親の胎内で無防備な人間が殺害されたと信じている。」と語っている[23]。同党の選挙綱領によると、ミレイは「銃の使用を、国民による合法的かつ責任ある使用の保護を守る場合に適用が認められること」を提案している[24]。8月13日の予備選挙では大方の予想に反して得票率30%で1位となり、翌14日朝にアルゼンチン・ペソは18%近く下落した[25]

10月22日に投開票された大統領選挙英語版では30%の票を獲得し、36.8%のセルヒオ・マサ英語版に次いで2位となり決選投票に進出[26]。決選投票の直前には「ミレイの勝利の可能性が高く、フェルナンデス大統領による急進的な政策失敗により、インフレと為替レートへのさらなる圧力が生じるだろう。経済情勢の悪化は、危機が深刻化しているため、ミレイが有利になるだろう」と政治評論家より予測された[27]。11月19日の決選投票でミレイは55.69%の票を獲得し、44.31%にとどまったマサを逆転で破り当選[2]。その後12月10日に大統領に就任した[2]

アルゼンチン大統領[編集]

内政

  • 省庁再編

就任当日、ミレイは就任初の大統領令(DNU)に署名した。このDNUにより、アルゼンチンの19ある省は経済英語版外務英語版治安英語版司法英語版保健英語版内務英語版国防英語版インフラ人的資源スペイン語版の9省へ半減することとなった[28]

  • ペソを54%切り下げ

公式為替レートを1ドルあたり800ペソに切り下げたと、経済相は市場閉鎖後のテレビ演説で述べた。[29]

  • 政府広告を1年間停止

政権の賞賛を謳うためだけに作られた納税者の資金調達メディアで維持するための費用はありません、と経済相は述べた。[30]

  • 事業が始まっていない公共事業計画の停止

政治家やビジネスマンのポケットに終わる作品に支払うお金はありません。公共事業は常に国家腐敗の焦点であり、私たちと一緒にそれは終わるだろう、と経済相は述べた。[30]

  • エネルギーと輸送関連の補助金の削減[31]
  • アルゼンチンの政治的習慣である家族や友人との労働契約を停止

経済相はこの労働契約を大統領任期終了前に友人や家族を組み込む政治的慣行と呼び、停止する事を発表した。[30]

  • 児童手当とフードカード(低所得者、無所得者が栄養のある食品を購入できるように支援する制度)に割り当てられた金額を2倍に。

それを最も必要としている人々に仲介することなく、人々に直接行く計画を後押しするつもりだ、と経済相は述べた。[30]

  • 輸入システムの簡易化

輸入を承認するプロセスから裁量的な要素を取り除き、透明性を保証します。輸入したい人は誰でも今そうすることができます、完全に停止します、と経済相は述べた。[30]

  • 公務員を7000人削減する政令を公布[32]
  • 最低賃金の引き上げを30%に制限[33]
  • 学用品の購入と私立学校の授業料の支払いを支援するための「教育バウチャー」 の開始と減税[34]

外交安全保障

  • BRICSへの不参加を決定[35]
  • アルゼンチン軍内でのジェンダーに関する単語を禁止[36]

語録[編集]

  • アルゼンチン人は、見返りのない変化への願望を圧倒的に表明しています。後戻りはなく、私たちは何十年にもわたる失敗と無意味な紛争を埋めてきました。平和と繁栄、自由と進歩の時代が始まってきている。[37]
  • ベルリンの壁の崩壊が世界にとって悲劇的な時代の終わりを告げたように、これらの選挙は私たちの歴史の転換点をマークしました。[37]
  • 今日、私たちは国の再建を始めます。[37]
  • 道の終わりには光があるだろう。[37]
  • 貧困から抜け出す唯一の方法は、より多くの自由です。[37]
  • 100年の失敗は1日で元に戻すことはできませんが、1日が始まり、今日がその日です。[37]
  • 私は快適な嘘よりも不快な真実を好む。[37]
  • この挑戦で天の力が私たちと共にありますように。それは難しいだろうが、私たちは成功するだろう。自由万歳![37]

脚注[編集]

  1. ^ “アルゼンチン大統領選 右派のミレイ氏が勝利”. NHK web. (2023年11月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231120/k10014263241000.html 2023年11月21日閲覧。 
  2. ^ a b c Far-right populist Javier Milei becomes Argentina's new president” [極右のミレイ氏がアルゼンチンの大統領に当選] (英語). ユーロニュース (2023年11月20日). 2023年11月22日閲覧。
  3. ^ Javier Milei, il leader di estrema destra che ha vinto le primarie in Argentina” [アルゼンチンの予備選で勝利した極右指導者のハビエル・ミレイ氏] (イタリア語). ilpost.com (2023年8月14日). 2023年11月21日閲覧。
  4. ^ Salomé, René (2023年7月23日). “Un padre violento, una “misión encomendada por Dios” y una traición a los suyos: el fenómeno Milei por dentro” [暴力的な父親、「神から託された使命」、そして信者への裏切り ミレイ現象を精査] (スペイン語). infobae.com. 2023年11月21日閲覧。
  5. ^ Criales, José Pablo. “Javier Milei: The ultra-right libertarian and ‘anarcho-capitalist’ who represents angry Argentina” [怒りだしたアルゼンチンを象徴する極右リバタリアン兼「無政府資本」主義者 ハビエル・ミレイ] (英語). elpais.com. 2023年11月21日閲覧。
  6. ^ Compte, Juan Manuel (2017年9月27日). “Milei, entre la solidez técnica y la aspereza de un exarquero de Chacarita” [ミレイ、技術的な堅実さとチャカリタ出身の元ゴールキーパーの厳しさの中途半端)] (スペイン語). cronista.com. 2023年11月21日閲覧。
  7. ^ “アルゼンチンの新「チェーンソー大統領」 エネルギー大国へ猛進”. フォーブス. (2023年11月24日). https://forbesjapan.com/articles/detail/67519 2023年11月24日閲覧。 
  8. ^ Veronique, Viriglio (2023年8月16日). “Il "Trump argentino" che sfida Kirchner” [キルチネルの理想を挑む「アルゼンチンのトランプ氏」] (イタリア語). agi.it. 2023年11月20日閲覧。
  9. ^ Javier Milei” (英語). 世界経済フォーラム. 2023年11月21日閲覧。
  10. ^ Diamante, Sofía (2023年6月29日). “Milei ante el círculo rojo: se reencontró con su exjefe y despertó risas, pero no confianza en su plan” [ミレイ氏が政界を前に 元上司と再開し、笑い合いながらも方策に半信半疑] (スペイン語). lanacion.com.ar. 2023年11月21日閲覧。
  11. ^ Milei encabeza el ranking de los economistas con más segundos al aire” [ミレイ氏が経済学者の中視聴率のトップに立つ] (スペイン語). expedientepolitico.com.ar (2018年9月27日). 2023年11月21日閲覧。
  12. ^ La Ciudad de la furia libertaria” [リバタリアンへの情熱に満ちた街] (スペイン語). Letra P (2012年8月22日). 2023年11月21日閲覧。
  13. ^ 米国共和党指導者がハビエル・ミレイに言及し、党の大統領討論会に同氏を加えるよう要請した”. infobae.com. 2023年11月21日閲覧。
  14. ^ Rallo, Juan Ramón (2023年8月17日). “Estas son las propuestas económicas de Milei para Argentina” (スペイン語). larazon.com. 2023年11月21日閲覧。
  15. ^ Su perro muerto, esoterismo y la "misión" de Dios: los secretos de Javier Milei” [亡くなった犬、秘教、そして「神から」託された使命 ハビエル・ミレイの秘密] (スペイン語). iprofesional.com (2023年7月6日). 2023年11月21日閲覧。
  16. ^ Mendelevich, Pablo (2021年12月13日). “Javier Milei. Un fenómeno libertario con prédica antisistema” [反体制を説くリバタリアン変人、ハビエル・ミレイ] (スペイン語). lanacion.com.ar. 2023年11月21日閲覧。
  17. ^ Milei en el Congreso: 48% de inasistencia a las votaciones” [ミレイ議員は48の委員会での投票に欠席] (スペイン語). telam.com.ar (2023年4月20日). 2023年11月21日閲覧。
  18. ^ Nunes, Sofía (2023年8月18日). “Javier Milei y su rol en el Congreso: el desempeño del diputado desde que asumió” [ハビエル・ミレイと議会における彼の役割 就任以来の議員としての業績] (スペイン語). 2023年11月21日閲覧。
  19. ^ Yacono, Bruno (2023年7月15日). “La Justicia no encontró pruebas sobre la venta de candidaturas de Milei y analiza llamar a más testigos” (スペイン語). tn.com. 2023年11月21日閲覧。
  20. ^ Santamaria, Carlos. “Will Argentina adopt the US dollar?” [アルゼンチンは米ドルを採用するのでしょうか?]. 2023年11月22日閲覧。
  21. ^ アルゼンチンが市場再開、次期大統領のドル化政策に最初の試練”. ブルームバーグ (2023年11月21日). 2023年12月12日閲覧。
  22. ^ Javier Milei, an Argentine libertarian, is rising in the polls” [アルゼンチンのリバタリアン党のハビエル・ミレイが支持率上昇] (英語). economist.com (2023年5月4日). 2023年11月22日閲覧。 “Mr Milei’s more extreme proposals, such as banning abortion, introducing lax gun laws or legalising a market for human organs, disturb many voters.”
  23. ^ Javier Milei: "Nos contactaron del FMI para reunirnos"” [「国際通貨基金から会議のために連絡があった」ミレイは発言]. eleconomista.com (2023年8月15日). 2023年11月21日閲覧。
  24. ^ Politi, Daniel (2023年8月15日). “Argentine peso plunges after rightist who admires Trump comes first in primary vote” [予備選挙でトランプを称賛する右派が第1位となり、アルゼンチンペソが急落] (英語). apnews.com. 2023年11月21日閲覧。
  25. ^ Goñi, Uki (2023年8月14日). “Far-right outsider takes shock lead in Argentina primary election” [アルゼンチン大統領予備選挙 極右指導者が案外に第1位を確保] (英語). 2023年11月21日閲覧。
  26. ^ “Explainer-Argentina presidential election: Key takeaways from first-round vote”. ロイター. (2023年10月23日). https://jp.reuters.com/article/argentina-election-takeaways-idAFKBN31N0Q8 2023年11月24日閲覧。 
  27. ^ Callanan, Riley (2023年8月16日). “Argentina’s economy teeters on verge of collapse” [アルゼンチン経済、崩壊寸前に揺れる] (英語). gzeromedia.com. 2023年11月21日閲覧。
  28. ^ Resumen Latinoamericano (2023年12月11日). “アルゼンチンの省庁に関するDNU(Argentina. Decreto presidencial: qué dice el DNU sobre los ministerios)” [Resumen Latinoamericano] (スペイン語). 2023年12月12日閲覧。
  29. ^ Milei devalues peso by 54% in first batch of shock measures | Buenos Aires Times”. www.batimes.com.ar. 2023年12月13日閲覧。
  30. ^ a b c d e The 10 ‘emergency economic measures’ announced by Caputo | Buenos Aires Times”. www.batimes.com.ar. 2023年12月13日閲覧。
  31. ^ The 10 ‘emergency economic measures’ announced by Caputo | Buenos Aires Times”. www.batimes.com.ar. 2023年12月13日閲覧。
  32. ^ Government publishes decree dismissing around 7,000 state workers | Buenos Aires Times”. www-batimes-com-ar.translate.goog. 2023年12月29日閲覧。
  33. ^ Milei caps minimum wage rise at 30% amid soaring inflation | Buenos Aires Times”. www-batimes-com-ar.translate.goog. 2024年2月27日閲覧。
  34. ^ Stories that caught our eye: February 9 to 16 | Buenos Aires Times”. www-batimes-com-ar.translate.goog. 2024年2月27日閲覧。
  35. ^ アルゼンチン、BRICSに参加せず 大統領が加盟国に伝達”. 日本経済新聞 (2023年12月30日). 2023年12月29日閲覧。
  36. ^ Milei government bans gender-inclusive language in military | Buenos Aires Times”. www-batimes-com-ar.translate.goog. 2024年2月27日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h Key phrases from Milei’s first speech as president | Buenos Aires Times”. www.batimes.com.ar. 2023年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代
アルベルト・フェルナンデス
アルゼンチンの大統領
2023年 –
次代
(現職)