ジョルジャ・メローニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョルジャ・メローニ
Giorgia Meloni
2023年のメローニ
イタリアの旗 イタリア共和国
第68代 閣僚評議会議長
任期
2022年10月22日 – 在任中
大統領セルジョ・マッタレッラ
前任者マリオ・ドラギ
イタリアの旗 イタリア共和国下院副議長
任期
2006年4月4日 – 2008年4月28日
イタリアの旗 イタリア共和国下院議員
就任
2006年4月21日[1]
イタリアの旗 イタリア共和国無任所大臣
(若年層政策担当大臣)
任期
2008年5月8日 – 2011年11月16日
個人情報
生誕 (1977-01-15) 1977年1月15日(47歳)
ラツィオ州ローマ県ローマ
国籍イタリアの旗 イタリア
政党イタリア社会運動 (1992年 - 1995年)
国民同盟 (1995年 - 2009年)
自由の人民 (2009年 - 2012年)
イタリアの同胞 (2012年 - )
配偶者アンドレア・ジャンブルノ(2015-2023)
子供一女
専業ジャーナリスト
宗教ローマ・カトリック

ジョルジャ・メローニイタリア語: Giorgia Meloni1977年1月15日 - )は、イタリア政治家首相(在任: 2022年10月22日 - )[2]。イタリア初の女性首相[3]。反進歩主義[4]。15歳でネオファシズム政党「イタリア社会運動(MSI)」に参加[2][5]。2012年に中道右派政党「イタリアの同胞(FdI)」を結成し、現在まで党首を務めている[2][5]

人物[編集]

メローニは1992年、ネオファシストをルーツとするイタリア社会運動(MSI)の青年部である青年戦線に参加した。その後、MSIの法的後継政党である国民同盟(AN)の学生運動、学生アクションの全国指導者となる。1998年から2002年までローマ県議会議員を務め、その後、ANの青年部であるYouth Actionの代表となる。2008年、第4次ベルルスコーニ内閣の青年大臣に任命され、2011年まで同職を務めた。2012年、イタリアの同胞(FdI)を設立し、2014年に党首に就任。2014年の欧州議会議員選挙、2016年のローマ市選挙に市長候補として立候補したが、いずれも落選した。2018年のイタリア総選挙後、第18回イタリア議会の全期間において野党としてFdIを率い、特にFdIが唯一の野党であったドラギ内閣の間、世論調査においてFdIの人気を拡大させることになった。2022年のイタリア総選挙では、FdIは最多得票政党となった。

右翼ポピュリスト、イタリア民族主義者であり、彼女の政治的立場は極右と評されてきた。中絶安楽死、同性カップルのパートナーシップ、同性結婚、子育てに反対し、代わりに核家族は男性と女性のペアによってのみ運営されるべきと主張している。非ヨーロッパ系移民の受け入れや多文化主義に反対し、外国人嫌悪イスラム嫌悪と非難されている。NATOの支持者でありながら、EUに関しては懐疑的な立場をとり、2022年のロシアのウクライナ侵攻以前はロシアとの関係改善に賛成していたが、侵攻後はこれを非難し、ウクライナへの武器提供を継続することを約束した。1996年にはイタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニを、2020年にはナチスの協力者でMSIの共同創設者ジョルジオ・アルミランテを賞賛するなど、物議をかもす意見を表明している[6]

来歴[編集]

初期の経歴[編集]

1977年1月15日イタリア共和国の首都ローマに生まれる[7]。両親がそれぞれメッツォジョールノ(南イタリア)の島嶼部出身(父はサルデーニャ島、母はシチリア島)という家庭に育っている。熱烈なイタリア共産党の支持者だった税理士の父親は彼女が幼い頃に妻子を捨ててスペインのカナリア諸島へ移住した。学生時代から母親の政治思想の影響を強く受けネオ・ファシズムを掲げる極右政党のイタリア社会運動(MSI)を支持し、15歳の時にはMSIの党青年団「青年戦線」(Fronte della Gioventù)に入会して[7]左翼民主主義者によるジュリアーノ・アマート政権への反政府運動で頭角を現した。1994年、MSIが国民同盟(AN)に再編されると党学生団「学生行動」(Azione Studentesca)に加わり、1996年から学生団の指導者となった。

観光業・ホテル業を学べる職業高校アメリゴ・ヴェスプッチ学校を最優秀の成績で卒業後[8]ウェイトレスや有名な男性マルチタレントのロザリオ・フィオレッロの娘のベビーシッター、そしてローマの人気クラブであるハイパーのバーテンダーとして働きながら政治活動に取り組んだ。1998年、ANのローマ県党支部で評議員に選出された。2000年、ANの党青年団「青年行動」(Azione Giovani)の全国指導者に就任、2004年から党青年団の書記長となった。

2006年4月4日、MSI時代に党青年団指導者から議員に推された経験を持つジャンフランコ・フィーニ書記長に引き立てられ、同年の総選挙ラツィオ州第1比例区から党公認で下院選に出馬、29歳の若さで初当選した[7]2007年、国民同盟とフォルツァ・イタリアが合流して結成された自由の人民(PdL)が設立されると、PdLの党青年団「若きイタリア」の書記長に就任した[9]

2008年、総選挙ではラツィオ州第2比例区で再選、第4次ベルルスコーニ政権が成立すると青年政策に関する無任所大臣に抜擢されて初入閣した[7]。31歳での大臣就任はリソルジメント以来の最年少記録となっている[9]。2010年11月、青年層に向けた3億ユーロ相当の経済支援案を提示した。

イタリアの同胞[編集]

2012年、ベルルスコーニの汚職問題を契機にPdLから旧AN系議員が大量離脱する中、自身もPdLを離党した。離党後はマリオ・モンティ政権を支持したフィーニ派のイタリアのための未来と自由(FLI)には合流せず、4名の議員と政治グループとして「イタリアの同胞」(Fratelli d'Italia)を結党した。メローニはイニャツィオ・ラ・ルッサイタリア語版元国防相のグループ「国民中道右翼」(Centrodestra Nazionale)と合流してイタリアの同胞・国民中道右翼(FdI–CN)を結党し、新党の副党首に就任した。

2013年、共和国議会総選挙では故郷のラツィオ州から北部のロンバルディア州第3比例区に選挙区を移し、下院議員として3期目を迎えた。FdI全体も中道右派連合に参加して約60万票を獲得して下院議員9名が当選した。2014年、ルッサから党首の座を引き継ぎ、党名をイタリアの同胞・国民同盟(FdI-AN)に改称した。旧AN系・MSI系政党の再結集を図る意向を示し、党青年団「国家青年英語版(Gioventù Nazionale)」を設置するなど組織固めを進め、同年の欧州議会選挙では議席獲得は果たせなかったもののイタリア全土で約100万票を集めている。

2016年、中道右派連合からローマ市長候補に擁立されたが、現在のパートナーでジャーナリスト兼司会者のアンドレア・ジャンブルーノとの間に出来た娘ジネウラの妊娠中に出馬した事などが響いて右派票を固めきれず、同じ女性政治家で五つ星運動に所属するヴィルジニア・ラッジに敗れた。2017年、マッテオ・レンツィ政権の総退陣に繋がった憲法改正投票に、党として反対票を投じている。

2018年、共和国議会総選挙では党名をイタリアの同胞(FdI)に戻す事を発表した。本選挙では小選挙区制が復活した事からラツィオ州の第7小選挙区(ラティーナ県)に中道右派連合の公認を受けて出馬、約40%の票を得て当選した。下院議員33名・上院議員17名が選出されたFdIは議会の第5党となり、一度は空中分解状態に陥っていた旧国民同盟勢力を着実な組織運営で纏めなおし、イタリア社会運動時代の党勢にまで回復させている。選挙後に成立した五つ星運動同盟による連立政権には加わらなかったものの、ポピュリズムと距離を取るベルルスコーニのフォルツァ・イタリアとも一線を画して閣外協力の姿勢を取った。

2019年、同年の欧州議会選ではFdIの得票が制限条項を上回って議席を獲得、地方選でもアブルッツォ州の州知事選で勝利を収めるなど躍進が続いた。同年、五つ星運動が民主党の左派連立が成立すると中道右派連合の所属政党と共に野党として活動した。

2020年、マッテオ・サルヴィーニシルヴィオ・ベルルスコーニらとアルフォンソ・ボナフェデ英語版法務相の再任に反対票を投じている。

2021年、欧州や南米の反左翼政党によるマドリード憲章英語版にFdI党首として署名した。

2022年9月25日執行の総選挙ではFdIが第一党となり、イタリア初の女性首相となることが確実になった[10]。10月21日にセルジョ・マッタレッラ大統領からの首相候補指名を受諾し、22日に政権が発足した[11]

政治思想[編集]

観測筋は、メローニの政治的立場を極右と評している[12] [13]スペクテイター誌のNicholas Farrellとのインタビューで、メローニは自分の政治が極右であるという説を否定し、反対派による中傷キャンペーンだと呼んだ[14]。さらに、メローニはハードライト[15]右翼ポピュリスト[16][17]ナショナリストと評されてきた[18] [19]。メローニは、ハンガリー首相でフィデス=ハンガリー市民同盟のリーダーであるオルバーン・ヴィクトル、フランスの国民連合、スペインのVoxといった極右に近いと言われている[20]。メローニは、自身の政党「イタリアの同胞(FdI)」を「保守本流」と自称している[21]。彼女は大統領制に賛成で、イタリア憲法の改正を支持している(現状のイタリアにおける大統領は議会が選出し、概ね象徴的な元首)[22]

2006年、メローニは、ベルルスコーニ第三次内閣が可決した、ベルルスコーニの企業に利益をもたらし、またベルルスコーニが関与する進行中の裁判を遅らせる法律を擁護した。メローニは「文脈を整理することが必要だ。それらはシルヴィオ・ベルルスコーニが自分のために作った法律だ。しかし、完全に公正な法律だ」と述べた[23]

社会問題[編集]

メローニは、中絶安楽死同性婚シビル・ユニオンを認める法律などに反対している[24]。2019年10月にポポロ広場で行われた集会で、彼女は同性間の子育てに反対する演説を行い、その演説はイタリアのソーシャルメディア上で拡散された[25]。メローニは反同性愛嫌悪であるDDL Zanにも反対しており、イタリアには「同性愛嫌悪は存在しない」と宣言している[26]。また、イタリアのテレビ番組「Le Iene」のインタビューで「ゲイの子どもは産まないほうがいい」と発言していた[27] [28]。メローニは、1990年代半ばにオプス・デイのサークルで生まれた反ジェンダー運動(カトリック教会が認めた以外の社会的立場を非難するための信念)を支持しており[29] [30] [31]ジェンダー研究にも反対している。彼女は、同性カップルが子供を養子にすることを違法とするために、イタリアの憲法を改正することに賛成している[32]。2018年3月、メローニはミュージカル・ファンタジー映画『アナと雪の女王2』でゲイカップルを表現することを決めたウォルト・ディズニー・カンパニーを批判し、自身のソーシャルネットワークに「もうたくさん! 私たちはもううんざりよ! 子どもたちから手を離しなさい」と書き込んだ[33] [34] [35]

メディアからは「極右のフェミニスト」とも呼ばれるが、一部のフェミニストからはファシストと揶揄されている[4][36]

メローニは、フェミニズムを女性擁護の観点からではなく、右翼政治に対抗するイデオロギーのツールとして捉えており、自らを「女性のための人間」と表現している。2011年に出版した『We Believe』では、「私は右派の女性であり、女性問題を誇りを持って支持している」と書いている。近年、私たちはフェミニストによる侮蔑や人種差別を受けなければなりなかった。... おそらく、フェミニズムがこのように考えられている限り、性別や実体の問題よりも、イデオロギーの問題なのでしょう。[37]」彼女はピンク・クオータに反対しており、一部の批評家が非難するような反女性的な立場は否定している[38] [39] [40]

移民と多文化主義[編集]

メローニは、イタリアの不法移民に対するアプローチを批判し[41]、ゼロ・トレランス政策を求め、移民がイタリアの港に到着できないようにし[42]、イタリア人の出生率を高めて移民労働の必要性を緩和したいとしている[43]。2022年にロシア・ウクライナ戦争が激化する中、メローニは、戦争で混乱した国から来る人には難民資格を与えるが、亡命者には与えないことを支持すると述べた。彼女はこう言った。「戦争から逃れてきた人々、女性や子どもたちに難民としての地位を与え、おそらく難民ではない人々にはその逆のことをするのです。[44]」2022年8月、彼女は亡命者にレイプされる女性を映したモザイク処理された動画をTwitterに再投稿した。暴力の被害者はビデオの公開を非難し、彼女は投稿されたビデオによって自分が世間に特定されてしまったと公表した[45]。反発を受けたメローニは、他の政治家がレイプそのものを非難していないと非難し、自己防衛を図った[46]

メローニは、アフリカの低開発や2015年欧州難民危機新植民地主義だと非難し、彼女が「フランスの新植民地主義」と称するものよりも協力を支持すると述べた[47]。彼女はキリスト教徒以外の移民の受け入れ[48] [49] [50]や多文化主義に反対[51] [52]しており、イスラム嫌悪と同様に外国人嫌悪の発言で非難されている[53] [54] [55]。2018年には、ベネズエラ人キリスト教徒であり、イタリア系であることが多いとして、ベネズエラ人を歓迎すると発言している[56]。彼女はイタリアの不法移民に対するアプローチを批判[57]し、白人至上主義者の陰謀論であるグレート・リプレイスメントを支持している[58]。メローニは、非ヨーロッパ系移民の受け入れや多文化主義に反対している。彼女は、イタリア人と入れ替わり、排除する目的で、アフリカからヨーロッパへの大量移住が計画されていると考えている[59] [60] [61]

外交政策[編集]

外交問題では、メローニは2011年のリビアへの軍事介入に賛成した。2019年には、介入の理由はムアンマル・カッザーフィーCFAフランに反対しているからだと主張し、フランスの根拠を批判している[62] [63]。メローニは、イタリアのサウジアラビアカタールとの関係に批判的で、これらの国が「イスラム原理主義の成長の主な原因である原理主義理論を組織的かつ意図的に広めている」と述べている[64]。また、スーペルコッパ・イタリアーナの決勝戦をサウジアラビアで開催することに反対し、イタリアはサウジアラビアの人権問題を積極的に提起すべきであると述べている[65]。メローニは、エンリカ・レクシー事件の結果として、駐イタリアインド大使の追放を提唱[66]し、アレッサンドロ・デル・ピエロに、拘束されたイタリア海兵隊員が帰還するまでインディアン・スーパーリーグでのプレーを拒否するよう促した[67]アーシア・ビビ冒涜事件後、メローニは「西側の沈黙」を批判し、パキスタンでの人権侵害に対して国際社会がより強い姿勢をとることを提唱した[68]

2022年のロシアによるウクライナ侵攻以前は、メローニはロシアとの関係改善に賛成していたが、それ以降は侵攻を非難し、ウクライナへの武器供与を継続することを約束した[69]。メローニはNATOを支持している[70]が、EUに対しては欧州懐疑主義な立場をとっている[71]。彼女はイタリアと台湾の間の緊密な関係の支持者である[72]

メローニは、クロアチアのダルマチア地方とイストリア地方を領有すると主張するイタリア領土回復主義的な発言や、第二次世界大戦後にダルマチアとイストリアから追放されたイタリア人の財産に関する未解決の紛争によりクロアチアのEU加盟に反対していることからクロアチアでは物議を醸す人物である[73][74]

先のジュゼッペ・コンテ政権より加入していた中華人民共和国との「一帯一路」については、イタリア国内で中国の専制主義への警戒に加え、貿易赤字の拡大やCOVID-19の世界的感染拡大により、中国からの投資も停滞した事で経済的な恩恵が乏しいことから関係の見直しの声が上がっていたが、これを受けて2023年9月、G20サミット中に中国の李強首相との会談の席上、非公式に「一帯一路」からの離脱方針を伝え[75]、同年12月に中国側に正式に離脱を通知した[76]。他方、離脱後も中国との貿易および経済面の関係を改善できるとの見解を示している[77]

COVID-19パンデミックとワクチン[編集]

メローニは、イタリアでCOVID-19が大流行した際、「宗教ではない」という理由で娘にワクチンを接種しないなど、ワクチンに対する躊躇を示している[78] [79] [80]。彼女はワクチンCOVID-19に関する発言により、0歳から19歳の人がCOVID-19で死亡する確率は雷に打たれるのと同じだと述べ、批判を浴びたことがある[81] [82]。2022年のイタリア総選挙で彼女の政党が勝利した後、COVID-19パンデミックの際にイタリア政府がとった立場を見直し、医療従事者に実施されているCOVID-19ワクチンの義務付けを廃止することを公約に掲げている[83]

ファシズムとの関係[編集]

メローニは、論争を巻き起こす発言をしたことがある[84][85]。彼女は1996年、フランスのニュース番組「Soir 3」のインタビューで、イタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニを「過去50 年間で最高の優れた政治家」と賞賛した[86][87]。2020年5月、ナチスの協力者で、1938年に「人種宣言」を発表した反ユダヤ主義・人種差別主義雑誌「La Difesa della Razza」の編集長だったイタリア社会運動(MSI)の共同創設者[88][89]、ジョルジョ・アルミランテを賞賛した[90][91]

2020年12月、独立系ジャーナリズムのテレビ番組「レポート」は調査報道を通じて、彼女の政党が「マフィアグループ『ンドランゲタ』に関与して逮捕者を出した[92]」こと、さらにその仲間にムッソリーニの子孫やファシスト懐古主義者がいる[93]ことを、「Fanpage.it」の2021年調査報道で明らかにした[94][95][96]. [97][98]。2018年11月、メローニは、4月25日の「ナチス・ファシズムからのイタリア解放記念日」とも呼ばれる「解放記念日」と6月2日の「イタリア共和国の誕生を祝うフェスタ・デッラ・レプブリカ」を、第一次世界大戦におけるイタリアの勝利を記念する11月4日の「国家統一と軍隊の日」に代えるべきと宣言し、「解放記念日とフェスタ・デッラ・レプブリカは論争の的になる二つの祝典」だと述べている[99]。メローニは、「ブラックバロン」として知られるミラノの極右政治家・企業家のロベルト・ジョンギ・ラヴァリーニ[100]との親密な関係から距離を置こうとしている[101][102][103]

2012年にFdIが結成された後、メローニはその旗に "三色の炎 "のシンボルを加えることを決めた[104]。このシンボルは、イタリア社会共和国(RSI)にその名前と理想を由来させ、1943年にムッソリーニによってナチス・ドイツの傀儡国家として設立されたイタリアファシズムの「暴力、社会主義、革命的共和主義」の変種であるMSIと関連したものである。「三色の炎」はムッソリーニの遺骨を表しており、プレダッピオにある彼の墓には常に炎が灯っている[105]

歴史家のRuth Ben-Ghiat、David Broder、Laurence Bertrand Dorléacなどのオブザーバー[106] [107] [108]は、メローニとFdIはファシストの過去について、ある時は否定し、ある時は最小化するというあいまいな態度をとり[109]、それが自身と党の両方のリブランディングに役立ったと述べている[110]。2021年のファンページの報告に対して、彼女は調査を最小限に抑え、FdIの公然たるネオファシストメンバーを排除することを拒否した[111]。2021年12月、FdIのアルフレド・カタパノとルイジ・リスポリは、ローマ式敬礼をした元MSIメンバーの中にいたが、これはANPIに非難された。リスポリはFanpageにこう語った。「私は新右翼とジョルジア・メローニがイタリアの同胞で行っている努力を信じている。率直に言って、この騒ぎは不思議である。」2022年の総選挙の直前、メローニはアドルフ・ヒトラーを公然と賛美したメンバーを解任した[112]。FdIはまた、2019年にローマ進軍の記念日を祝った後、アスコリ・ピチェーノのセクションと距離を置いていた[113]

略歴[編集]

書目[編集]

  • Meloni, Giorgia (2011) (イタリア語). Noi crediamo. Saggi. Podda, Stefano (curator) (paperback ed.). Milan: Sperling & Kupfer, Mondadori. pp. XXVII, 164. ISBN 978-8-8200-4932-4. OCLC 898518765. オリジナルの25 August 2019時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20190825123429/https://catalog.loc.gov/vwebv/searchBrowse?editSearchId=E#v=onepage&q&f=false 2022年8月14日閲覧。 
  • Meloni, Giorgia; Meluzzi, Alessandro; Mercurio, Valentina (2019) (イタリア語). Mafia nigeriana. Origini, rituali, crimini. I saggi (paperback ed.). Mantova: Oligo Editore. ISBN 978-8-8857-2325-2. https://www.google.com/books/edition/Mafia_nigeriana_Origini_rituali_crimini/NEZzwwEACAAJ 2022年8月14日閲覧。 
  • Meloni, Giorgia (2021) (イタリア語). Io sono Giorgia, le mie radici, le mie idee. Saggi (paperback ed.). Rome: Rizzoli. ISBN 978-8-8171-5468-0. https://rizzoli.rizzolilibri.it/libri/io-sono-giorgia/ 

出典[編集]

  1. ^ Page on Meloni at Chamber of Deputies website (Italian).”. 2015年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c 筋金入りの右翼「メローニ」を首相にするイタリアはどこに向かうのか 「極右」「女性だがフェミニストではない」とされる彼女を国民が支持する理由 | JBpress (ジェイビープレス)”. JBpress(日本ビジネスプレス). 2023年6月30日閲覧。
  3. ^ メローニ氏、イタリア初の女性首相に 右派連立政権22日誕生」『Reuters』、2022年10月21日。2023年7月15日閲覧。
  4. ^ a b 討議中も授乳可になったイタリア議会、その背景にあるもの。|Society & Business|madameFIGARO.jp(フィガロジャポン)”. madameFIGARO.jp(フィガロジャポン) (2023年2月1日). 2023年6月30日閲覧。
  5. ^ a b MSI had important role in Italian history says Meloni - English” (英語). ANSA.it (2022年12月29日). 2023年6月30日閲覧。
  6. ^ (日本語) Meloni in 1996: “Mussolini Was a Good Politician, in That Everything He Did, He Did for Italy”, https://www.youtube.com/watch?v=R5JyN2Q6-1g 2022年9月27日閲覧。 
  7. ^ a b c d 「物価高「極右」に追い風」『朝日新聞』、2022年9月27日。
  8. ^ “Biografia del ministro Giorgia Meloni”, Governo italiano, http://www.sitiarcheologici.palazzochigi.it/www.governo.it/novembre%202011/www.governo.it/Governo/Biografie/ministri/Meloni_Giorgia.html 
  9. ^ a b “Giorgia Meloni”. Il Sole 24 Ore. (2013年2月8日). http://argomenti.ilsole24ore.com/giorgia-meloni.html 
  10. ^ “イタリア総選挙、右派が勝利宣言”. ロイター. (2022年9月26日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022092601000133 2022年9月26日閲覧。 
  11. ^ “メローニ氏、イタリア初の女性首相に 右派連立政権22日誕生”. ロイター. (2022年10月22日). https://jp.reuters.com/article/italy-politics-idJPL6N31M0DJ 2022年10月22日閲覧。 
  12. ^ Harlan, Chico; Pitrelli, Stefano (2022年9月13日). “A far-right politician is poised to become Italy's first female leader” (英語). The Washington Post. ISSN 0190-8286. オリジナルの2022年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220914234106/https://www.washingtonpost.com/world/2022/09/13/giorgia-meloni-italy-election-right/ 2022年9月21日閲覧。 
  13. ^ Pyatovskaya (2022年9月19日). “Giorgia Meloni – the political provocateur set to become Italy's first far-right leader since Mussolini” (英語). The Conversation. 2022年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  14. ^ Farrell (2022年7月20日). “Is Giorgia Meloni the most dangerous woman in Europe?” (英語). The Spectator. 2022年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月21日閲覧。
  15. ^ Horowitz, Jason (2022年9月24日). “Italian Voters Appear Ready to Turn a Page for Europe” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2022/09/24/world/europe/italy-election-fascism-meloni.html 2022年9月25日閲覧。 
  16. ^ von Nahmen (2022年9月20日). “Italy's election: Giorgia Meloni, far-right favorite for prime minister, appeals to disgruntled voters” (英語). Deutsche Welle. 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  17. ^ Italian far-right star turns against Russia” (英語). EUobserver (2022年5月30日). 2022年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  18. ^ Amante, Angelo; Vagnoni, Giselda; Balmer, Crispian (2022年8月25日). “Italy's Meloni says public finances will be safe in her hands” (英語). Reuters. オリジナルの2022年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220919042102/https://www.reuters.com/world/europe/exclusive-italys-meloni-says-public-finances-will-be-safe-her-hands-2022-08-25/ 2022年9月21日閲覧。 
  19. ^ “Country-by-country guide on how the Ukraine war has changed Europe” (英語). Euronews. (2022年8月24日). オリジナルの2022年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220905173607/https://www.euronews.com/my-europe/2022/08/24/ukraine-war-country-by-country-guide-on-how-russias-invasion-has-changed-europe 2022年9月21日閲覧。 
  20. ^ ROMÉO, Lou (2022年7月24日). “Brothers of Italy, the far-right party on the cusp of power”. France 24. オリジナルの2022年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220724153553/https://www.france24.com/en/europe/20220724-brothers-of-italy-the-far-right-party-on-the-cusp-of-power 2022年9月20日閲覧。 
  21. ^ “Italy's frontrunner party suspends candidate over Hitler praise” (英語). Reuters. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220925105130/https://www.reuters.com/world/europe/italys-frontrunner-party-suspends-candidate-over-hitler-praise-2022-09-20/ 2022年9月21日閲覧。 
  22. ^ Pietromarchi, Virginia (2022年9月19日). “Who is Italy's leadership hopeful Giorgia Meloni?”. Al Jazeera. オリジナルの2022年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220919183749/https://www.aljazeera.com/news/2022/9/19/who-is-italys-leadership-hopeful-giorgia-meloni 2022年9月20日閲覧。 
  23. ^ Giorgia Meloni” (イタリア語). Corsera Magazine (2006年12月7日). 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月11日閲覧。
  24. ^ “'I plan to leave': Foreigners in Italy fear for their futures if far right wins election”. The Local (Italy edition). (2022年9月14日). オリジナルの2022年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220919102222/https://www.thelocal.it/20220914/i-plan-to-leave-foreigners-in-italy-fear-for-their-futures-if-far-right-wins-election/ 2022年9月20日閲覧。 
  25. ^ 'Io sono Giorgia', il remix del discorso di Meloni è virale, con meme e sfide virtuali”. Sky TG24 (2019年11月12日). 2020年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  26. ^ Jakhnagiev, Alexander (2020年7月16日). “Gli omosessuali in Italia? Non sono discriminati” (イタリア語). Il Fatto Quotidiano. オリジナルの2022年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220412111945/https://www.ilfattoquotidiano.it/2020/07/16/gli-omosessuali-in-italia-non-sono-discriminati-meloni-e-salvini-in-piazza-contro-la-legge-sullomofobia-minimizzano-le-aggressioni/5870812/ 2022年8月14日閲覧。 
  27. ^ “Giorgia Meloni alle Iene: 'Preferirei non avere un figlio gay'” (イタリア語). Il Secolo XIX. (2016年2月22日). オリジナルの2022年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220804011326/https://video.ilsecoloxix.it/embed/italia/giorgia-meloni-alle-iene-preferirei-non-avere-un-figlio-gay/16784/16784 2022年8月14日閲覧。 
  28. ^ Carlo, Andrea (2022年7月29日). “I'm Italian and I'm deeply worried about our probable next prime minister”. The Independent. オリジナルの2022年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220806025717/https://www.independent.co.uk/voices/giorgia-meloni-italy-next-prime-minister-lgbt-b2133404.html 2022年8月14日閲覧。 
  29. ^ Lami, Paolo (2015年6月10日). “Meloni, FdI: Contro l'ideologia gender presenti al raduno sulla famiglia”. Secolo d'Italia. オリジナルの2022年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220616185735/https://www.secoloditalia.it/2015/06/meloni-fdi-contro-lideologia-gender-presenti-raduno-famiglia/ 2022年8月14日閲覧。 
  30. ^ La discriminazione non si combatte con la diffusione della teoria gender nelle scuole” (イタリア語). Giorgia Meloni (2015年6月24日). 2019年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月30日閲覧。
  31. ^ Scuola, Meloni a Giannini: Teoria del gender non è lotta alla discriminazione” (イタリア語). Fratelli d'Italia (2022年6月25日). 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  32. ^ Giorgia Meloni: 'In Costituzione il divieto di adozione per le coppie omosessuali'” (イタリア語). Gaypost.it (2018年1月29日). 2022年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  33. ^ De Gregorio, Antonella (2018年2月3日). “Elsa di Frozen lesbica? Da Salvini a Meloni, la destra contro la Disney” (イタリア語). La Repubblica. オリジナルの2022年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220814132728/https://www.corriere.it/elezioni-2018/notizie/elezioni-salvini-elsa-lesbica-vogliono-mondo-incontrario-38487444-1e2d-11e8-af9a-2daa4c2d1bbb.shtml 2022年8月14日閲覧。 
  34. ^ “Elsa di Frozen lesbica? Salvini e Meloni contro la Disney” (イタリア語). Il Messagero. (2018年3月2日). オリジナルの2022年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220805135043/https://www.ilmessaggero.it/primopiano/elsa_frozen_lesbica_salvini_meloni_contro_disney-3582145.html 2022年8月14日閲覧。 
  35. ^ De Montis, Luisa (2018年3月2日). “Salvini: 'Elsa di Frozen lesbica? Il mondo al contrario...'” (イタリア語). Il Giornale. オリジナルの2022年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220808081413/https://www.ilgiornale.it/news/spettacoli/salvini-elsa-frozen-lesbica-mondo-contrario-1500390.html 2022年8月14日閲覧。 
  36. ^ Feminists protest against Meloni over abortion rights” (英語). www.euractiv.com (2022年11月28日). 2023年6月30日閲覧。
  37. ^ Arfini, Elia; Ghigi, Rossella; Magaraggia, Sveva (2019). “Can feminism be right? A content analysis of discourses about women by female Italian right-wing politicians”. Rassegna Italiana di Sociologia (4/2019). doi:10.1423/96112. ISSN 0486-0349. https://air.unimi.it/retrieve/handle/2434/772998/1586260/A12Can%20feminism%20be%20right_OPEN.pdf 2022年10月4日閲覧。. 
  38. ^ Roberts (2022年9月2日). “Will Italy's first female prime minister be bad for women?”. Politico. 2022年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月4日閲覧。
  39. ^ Pianigini, Gaia; Povoledo, Elisabetta (2022年9月23日). “Giorgia Meloni Could Be the First Woman to Lead Italy. Not All Women Are Happy.”. The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2022年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220930121526/https://www.nytimes.com/2022/09/23/world/europe/giorgia-meloni-italy-women.html 2022年10月4日閲覧。 
  40. ^ Giuffrida, Angela (2022年9月29日). “Italy's Giorgia Meloni denies she is anti-women as credentials questioned”. The Guardian. オリジナルの2022年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220930102516/http://www.theguardian.com/world/2022/sep/29/giorgia-meloni-italian-women-abortion-pink-quotas 2022年10月4日閲覧。 
  41. ^ L'Ossessione xenofoba di Meloni: 'Il governo non si occupa dell'Italia ma favorisce i clandestini'” (イタリア語). Globalist (2020年12月4日). 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  42. ^ Nielsen (2022年9月28日). “Meloni's navy-blockade plan to stop Libya migrants 'unlikely'”. Euobserver. 2022年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月28日閲覧。
  43. ^ Sparks (2021年5月27日). “Who's afraid of Giorgia Meloni?”. GZERO Media. 2022年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月6日閲覧。
  44. ^ “Elezioni, quando Meloni diceva: 'Ci servono immigrati? Prendiamoli in Venezuela, sono cristiani e di origine italiana'. Il video del 2018 [Ukraine, Meloni: 'Giving refugee status to those fleeing war, no to others']” (イタリア語). Adnkronos. (2022年3月1日). オリジナルの2022年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220828002849/https://www.adnkronos.com/guerra-in-ucraina-meloni-rifugiato-chi-scappa-da-guerra-no-altri_WtTQZUUv4J7caN1dVv7Hs 2022年10月5日閲覧。 
  45. ^ La donna violentata a Piacenza: 'Riconosciuta dal video, sono disperata', 27enne si difende: 'L'ho soccorsa'” (2022年8月23日). 2022年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月24日閲覧。
  46. ^ Barry (2022年8月22日). “Italy's Meloni shocks opponents with alleged rape video” (英語). Associated Press. 2022年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月23日閲覧。
  47. ^ Africa: Meloni, 'stop neocolonialismo, seguire modello Mattei per cooperazione'” (イタリア語). SardiniaPost (2021年3月3日). 2022年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月4日閲覧。
  48. ^ Torchiaro, Aldo (2022年8月26日). “Meloni, la ricetta sui migranti (bianchi e cristiani) e l'attacco di Calenda: 'Sfasceranno i conti' [Meloni, the recipe for migrants (white and Christian) and Calenda attacks: 'They will break up the budgets']” (イタリア語). Il Riformista. オリジナルの2022年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220826103447/https://www.ilriformista.it/meloni-la-ricetta-sui-migranti-bianchi-e-cristiani-e-lattacco-di-calenda-sfasceranno-i-conti-315909/ 2022年10月8日閲覧。 
  49. ^ Mallamo (2022年8月26日). “Quelli che 'servono' a Meloni” (イタリア語). HuffPost. 2022年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月8日閲覧。
  50. ^ Bonafede (2022年10月5日). “Nell'azienda Italia della Meloni c'è poco posto per le diversità” (イタリア語). HuffPost. 2022年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月8日閲覧。
  51. ^ Nocioni (2019年11月1日). “Giorgia Meloni: 'Salvini ha chiuso i porti, io avrei fatto il blocco navale'” (イタリア語). Il Riformista. 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  52. ^ Giorgia Meloni: 'C'è un piano per destrutturare la nostra società attraverso i migranti'” (イタリア語). Fanpage. 2021年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  53. ^ “Elezioni, Amnesty: 'Italia intrisa d'odio e razzismo. 95% delle frasi xenofobe dal centrodestra'. Salvini in vetta, Meloni 2a [Elections, Amnesty: 'Italy steeped in hatred and racism. 95% of the xenophobic sentences from the centre-right '. Salvini on the summit, Meloni 2a]” (イタリア語). Il Fatto Quotidiano. (2018年2月22日). オリジナルの2022年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220814134707/https://www.ilfattoquotidiano.it/2018/02/22/elezioni-amnesty-italia-intrisa-dodio-e-razzismo-95-delle-frasi-xenofobe-dal-centrodestra-salvini-in-vetta-meloni-2a/4179918/ 2022年8月14日閲覧。 
  54. ^ Sunderland (2018年2月28日). “La xenofobia nella campagna elettorale italiana” (イタリア語). Human Rights Watch. 2022年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  55. ^ Meloni la xenofoba: 'Non abbiamo monitorato gli immigrati, ma ora lo facciamo per Covid-19'” (イタリア語). Globalist (2020年4月20日). 2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  56. ^ “Elezioni, quando Meloni diceva: 'Ci servono immigrati? Prendiamoli in Venezuela, sono cristiani e di origine italiana'. Il video del 2018 [Elections, when Meloni said: 'Do we need immigrants? Let's take them from Venezuela, they are Christian and of Italian origin'. The video from 2018]” (イタリア語). Il Fatto Quotidiano. (2022年8月25日). オリジナルの2022年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220925204101/https://www.ilfattoquotidiano.it/2022/08/25/elezioni-quando-meloni-diceva-ci-servono-immigrati-prendiamoli-in-venezuela-sono-cristiani-e-di-origine-italiana-il-video-del-2018/6774168/ 2022年10月5日閲覧。 
  57. ^ L'Ossessione xenofoba di Meloni: 'Il governo non si occupa dell'Italia ma favorisce i clandestini'” (イタリア語). Globalist (2020年12月4日). 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  58. ^ Sui migranti Meloni rispolvera la teoria del complotto: Un disegno di Soros contro l'Europa” (イタリア語). Globalist (2019年6月19日). 2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  59. ^ Drago (2016年10月7日). “Giorgia Meloni contro il terribile Piano Kalergi” (イタリア語). nextQuotidiano. 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  60. ^ {{cite magazine}}: 出典が入力されていません。 (説明)
  61. ^ Bernasconi, Francesca (2019年6月19日). “Meloni: 'Soros complice di piano per destrutturare la società'” (イタリア語). Il Giornale. オリジナルの2022年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220726102706/https://www.ilgiornale.it/news/politica/meloni-soros-complice-piano-destrutturare-societ-1713380.html 2022年8月14日閲覧。 
  62. ^ “Giorgia Meloni continua ad attaccare la Francia, ma anche lei votò per l'intervento in Libia”. Gionarlettismo. (2019年4月12日). オリジナルの2022年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220925105131/https://www.giornalettismo.com/giorgia-meloni-libia/ 2022年9月1日閲覧。 
  63. ^ “Giorgia Meloni: "La Francia ha bombardato la Libia quando Gheddafi progettava di uscire dal Franco africano"”. Libero Quotidiano. (2019年1月27日). オリジナルの2022年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220902181503/https://www.liberoquotidiano.it/news/politica/13421846/giorgia-meloni-francia-bombardato-libia-gheddafi-franco-africano.html 2022年9月2日閲覧。 
  64. ^ Meloni contro Renzi: "Vergognoso spot all'Arabia Saudita, Stato che nega i diritti alle donne"”. 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  65. ^ Supercoppa Juventus-Milan in Arabia Saudita, Giorgia Meloni: 'Dove c'è la Sharia offende le donne'”. Oggi Notizie (2019年1月9日). 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  66. ^ Maro' | Meloni a Letta: 'Rimandiamo indietro l'Ambasciatore Indiano'” (2013年7月10日). 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  67. ^ Del Piero giocherà in India. La Meloni: 'Non andare, fallo per i marò'” (2014年8月28日). 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  68. ^ Meloni: 'L'Italia dimostri di avere a cuore Asia Bibi e le conceda asilo politico'” (2018年11月7日). 2022年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月1日閲覧。
  69. ^ Italy's Meloni: Right-wing government is 'nothing to fear'”. Politico Europe (2022年7月23日). 2022年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月23日閲覧。
  70. ^ Rankin (2022年9月18日). “Far-right favourite to be Italy's next PM softens on EU as election looms” (英語). The Guardian. 2022年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  71. ^ Who is Giorgia Meloni, Italy's likely next prime minister?” (英語). The Local Italy (2022年8月24日). 2022年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  72. ^ Italy's PM hopeful has concerns over China, vows closer ties with Taiwan”. Focus Taiwan. 2022年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月23日閲覧。
  73. ^ Pavičić (2022年9月26日). “Buduća talijanska premijerka svojata dijelove Hrvatske, bila je zgrožena našim ulaskom u EU” (クロアチア語). Telegram.hr. 2022年9月26日閲覧。
  74. ^ Bešker (2022年9月26日). “Antipatija Meloni spram Hrvatske je poznata, ali trijumf Desnog centra nije kataklizma. Evo zašto” (クロアチア語). Jutarnji list. 2022年9月27日閲覧。
  75. ^ 李強首相、イタリア「一帯一路」離脱に再考促す思惑か…「二国間貿易の拡大」強調”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2023年9月10日). 2023年9月17日閲覧。
  76. ^ イタリア、「一帯一路」から離脱を通知 中国に痛手 - 日本経済新聞 2023年12月7日
  77. ^ “イタリア、一帯一路離脱後も対中関係の改善可能=首相”. REUTERS. (2023年12月8日). https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/PJODD6RE6BKHNN27OFNQWXCO64-2023-12-08/ 2023年12月8日閲覧。 
  78. ^ “Covid, Meloni: 'Non vaccino mia figlia perché non è una religione' [Covid, Meloni: 'I don't vaccinate my daughter because it's not a religion']” (イタリア語). La Repubblica. (2022年2月8日). オリジナルの2022年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220808081413/https://www.repubblica.it/politica/2022/02/08/news/covid_meloni_no_vaccino_mia_figlia-336948922/ 2022年8月14日閲覧。 
  79. ^ Covid, Meloni: 'Non vaccino mia figlia'” (イタリア語). Adnkronos (2022年2月8日). 2022年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  80. ^ 'Non vaccino mia figlia'. Su una cosa almeno Salvini e Meloni sono d'accordo” (イタリア語). Huffington Post (2022年2月9日). 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  81. ^ “Meloni: 'Un ragazzo ha le stesse possibilità di morire per un fulmine che di Covid'. La replica di Burioni [Meloni: 'A boy has the same chance of dying from lightning as from Covid'. Burioni's reply]” (イタリア語). L'Unione Sarda. (2022年2月8日). オリジナルの2022年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220326155824/https://www.unionesarda.it/politica/meloni-piu-facile-che-un-ragazzo-muoia-colpito-da-un-fulmine-che-di-covid-la-replica-di-burioni-eufqho8k 2022年8月14日閲覧。 
  82. ^ Fulmini e Covid-19: cosa non torna nei dati di Meloni” (イタリア語). Pagella Politica (2022年2月9日). 2022年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  83. ^ Roberts (2022年9月30日). “Brothers of Italy prepare to roll back COVID rules”. Politico. 2022年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  84. ^ Italy's Giorgia Meloni criticized for posting video of woman's rape” (英語). Euronews (2022年8月22日). 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  85. ^ Bastasin (2022年8月26日). “What happens if right-wing Giorgia Meloni wins Italy's elections?”. Brookings. 2022年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  86. ^ il video di giorgia meloni 19enne che elogia mussolini”. www.dagospia.com (2022年8月17日). 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧。
  87. ^ Meloni: Italy's far-right 'Christian mother' on brink of power” (英語). RFI (2022年9月21日). 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月21日閲覧。
  88. ^ Mari, Laura (2020年5月22日). “Anniversario morte di Almirante, Meloni: 'Grande politico e patriota'. Sui social è rivolta” (イタリア語). La Repubblica. オリジナルの2022年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220811074106/https://www.repubblica.it/politica/2020/05/22/news/anniversario_morte_di_almirante_meloni_grande_politico_e_patriota_sui_social_e_rivolta_firmo_le_leggi_razziali_-257375545/ 2022年8月14日閲覧。 
  89. ^ “Giorgia Meloni ricorda Almirante: 'Politico e patriota stimato anche dai suoi avversari'. Polemica sui social” (イタリア語). Open. (2020年5月22日). オリジナルの2022年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220925105133/https://www.open.online/2020/05/22/giorgia-meloni-ricorda-almirante-politico-e-patriota-stimato-anche-dai-suoi-avversari-polemica-sui-social/ 2022年8月14日閲覧。 
  90. ^ Carlo, Andrea (2022年7月29日). “I'm Italian and I'm deeply worried about our probable next prime minister”. The Independent. オリジナルの2022年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220806025717/https://www.independent.co.uk/voices/giorgia-meloni-italy-next-prime-minister-lgbt-b2133404.html 2022年8月14日閲覧。 
  91. ^ “Giorgia Meloni ricorda il 'patriota' Almirante, bufera sul web: 'Collaborò coi nazisti e fu firmatario delle leggi razziali'” (イタリア語). Il Reformista. (2020年5月22日). オリジナルの2021年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211213081957/https://www.ilriformista.it/giorgia-meloni-ricorda-il-patriota-almirante-bufera-sul-web-collaboro-coi-nazisti-e-fu-firmatario-delle-leggi-razziali-103109/ 2022年8月14日閲覧。 
  92. ^ “Cinque sfumature di nero – Report” (イタリア語). RAI. (2020年12月7日). オリジナルの2021年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210422160939/https://www.rai.it/programmi/report/inchieste/Cinque-sfumature-di-nero-90c05575-d87c-487a-ae75-fff02272cc9b.html 2022年8月14日閲覧。 
  93. ^ David, Ariel (2019年6月3日). “'Defend Our Christian Identity!' Meet the Far Right 'Anti-globalist' Who Could Lead Italy”. Haaretz. オリジナルの2020年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200325090102/https://www.haaretz.com/world-news/.premium-meet-italy-s-le-pen-the-defender-of-christian-identity-who-could-become-premier-1.7313909 2022年8月14日閲覧。 
  94. ^ Il dirigente di Fratelli d'Italia: 'Dobbiamo essere liberi di poterci definire fascisti'” (イタリア語). Globalist (2019年11月23日). 2021年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  95. ^ Dellabella, Sara (2020年7月14日). “Elezioni, quanti nostalgici del Duce nelle liste di Fratelli d'Italia” (イタリア語). L'Espresso. オリジナルの2022年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220802074626/https://espresso.repubblica.it/attualita/2020/07/14/news/elezioni-quanti-nostalgici-del-duce-nelle-liste-di-fratelli-d-italia-1.350971/ 2022年8月14日閲覧。 
  96. ^ “L'inchiesta di Fanpage su Fratelli d'Italia a Milano” (イタリア語). Il Post. (2021年10月1日). オリジナルの2022年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220819215907/https://www.ilpost.it/2021/10/01/fratelli-italia-milano-fanpage/ 2022年8月14日閲覧。 
  97. ^ Leo, Carmelo; Faieta, Alfredo (2021年10月1日). “L'inchiesta 'Lobby Nera' su Fratelli d'Italia e i presunti finanziamenti illeciti” (イタリア語). Domani. オリジナルの2022年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220826150541/https://www.editorialedomani.it/politica/italia/inchiesta-lobby-nera-fratelli-italia-carlo-fidanza-milano-ricostruzione-ywgz4bbf 2022年8月14日閲覧。 
  98. ^ An undercover investigation exposes a group of right-wing extremists influencing Italian politics from the shadows”. Fanpage (2021年12月10日). 2022年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  99. ^ Rubino, Monica (2018年11月). “'Il 25 aprile è divisivo, il 4 novembre torni festa nazionale': Meloni lancia l'offensiva patriottica di Fdi” (イタリア語). La Repubblica. オリジナルの2022年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220805141408/https://www.repubblica.it/politica/2018/11/01/news/meloni_festa_4_novembre_fdi-210531022/ 2022年8月14日閲覧。 
  100. ^ Di Giuseppe. “Meloni prova a prendere le distanze dalla lobby nera, Jonghi Lavarini dimostra che a Milano era con lui” (イタリア語). Editoriale Domani. 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月4日閲覧。
  101. ^ Roberto Jonghi Lavarini Archivi” (イタリア語). Open. 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月4日閲覧。
  102. ^ Roberto Jonghi Lavarini e le foto con Meloni e Salvini: 'Nessuno faccia finta di non conoscermi'” (イタリア語). Corriere della Sera (2021年2月10日). 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月4日閲覧。
  103. ^ Scaffidi (2021年10月10日). “Chi è Roberto Jonghi Lavarini, il 'Barone Nero' dell'inchiesta di Fanpage” (イタリア語). Rolling Stone Italia. 2022年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月4日閲覧。
  104. ^ “La fiamma, dal disegno di Almirante al nuovo logo di Fratelli d'Italia” (イタリア語). Corriere della Sera. (2017年4月12日). オリジナルの2022年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220810210041/https://www.corriere.it/politica/cards/fiamma-disegno-almirante-nuovo-logo-fratelli-d-italia/scelta-rauti.shtml 2022年8月14日閲覧。 
  105. ^ Curridori, Francesco (2021年10月15日). “Vogliono spegnere la fiamma tricolore” (イタリア語). Il Giornale. オリジナルの2022年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220805154337/https://www.ilgiornale.it/news/politica/vogliono-spegnere-fiamma-tricolore-1982324.html 2022年8月14日閲覧。 
  106. ^ Broder, David (2022年7月22日). “The Future Is Italy, and It's Bleak”. The New York Times. オリジナルの2022年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220814193338/https://www.nytimes.com/2022/07/22/opinion/italy-draghi-meloni-government.html 2022年9月28日閲覧。 
  107. ^ Ben-Ghiat, Ruth (2022年9月23日). “The Return of Fascism in Italy”. The Atlantic. オリジナルの2022年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220923111236/https://www.theatlantic.com/international/archive/2022/09/giorgia-meloni-italy-election-fascism-mussolini/671515/ 2022年9月28日閲覧。 
  108. ^ Cheles, Luciano (2022年9月24日). “'Giorgia Meloni's cleverly constructed image helps make her radical ideas more digestible'”. Le Monde. オリジナルの2022年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220924201126/https://www.lemonde.fr/en/international/article/2022/09/24/giorgia-meloni-s-cleverly-constructed-image-helps-make-her-radical-ideas-more-digestible_5998098_4.html 2022年9月28日閲覧。. Updated 27 September 2022 
  109. ^ Bruno (2021年11月12日). “Post-Fascism in Italy: 'So Why This Flame Mrs. Giorgia Meloni'”. Cultorico. 2022年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月28日閲覧。
  110. ^ Lawler (2022年9月26日). “Europe's nationalists rebrand, and win”. Axios. 2022年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月30日閲覧。
  111. ^ Artiaco (2021年12月18日). “Meloni sull'inchiesta Lobby Nera di Fanpage: 'Non caccio i dirigenti Fdi per un aperitivo sbagliato'” (イタリア語). Fanpage. 2022年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  112. ^ “Italy elections: Far-right party sacks candidate for Hitler praise”. BBC. (2022年9月20日). オリジナルの2022年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220925105130/https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-62971802 2022年9月20日閲覧。 
  113. ^ Berizzi, Paolo (2019年10月29日). “Neofascismo, ad Ascoli Piceno Fratelli d'Italia celebra la marcia su Roma con una cena-evento” (イタリア語). La Repubblica. オリジナルの2022年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220812080219/https://www.repubblica.it/cronaca/2019/10/29/news/ascoli_piceno_fratelli_d_italia_celebra_la_marcia_su_roma_con_una_cena-evento-239804927/ 2022年8月14日閲覧。 

外部リンク[編集]