ジュゼッペ・ペッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュゼッペ・ペッラ
Giuseppe Pella
Giuseppe Pella.jpg
生年月日 1902年4月18日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ヴァルデンゴ
没年月日 (1981-05-31) 1981年5月31日(79歳没)
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
所属政党 キリスト教民主主義

在任期間 1953年8月17日 - 1954年1月12日
大統領 ルイージ・エイナウディ

イタリアの旗 財務相
内閣 第4次デ・ガスペリ政権
在任期間 1947年5月31日 - 1947年6月4日

イタリアの旗 財務相
内閣 第5次デ・ガスペリ政権
在任期間 1948年5月23日 - 1950年1月14日

イタリアの旗 財務相
内閣 第6次デ・ガスペリ政権
在任期間 1950年1月27日 - 1951年7月19日

イタリアの旗 財務相
内閣 第7次デ・ガスペリ政権
在任期間 1951年7月26日 - 1952年2月2日

その他の職歴
イタリアの旗 外相
1953年8月17日 - 1954年1月5日
イタリアの旗 外相
1957年5月19日 - 1958年6月19日
イタリアの旗 外相
1959年2月15日 - 1960年3月23日
Flag of the European Coal and Steel Community 6 Star Version.svg 欧州石炭鉄鋼共同体共同総会議長
1954年 - 1956年
テンプレートを表示

ジュゼッペ・ペッラ(Giuseppe Pella、1902年4月18日 - 1981年5月31日)は、イタリアの政治家。キリスト教民主主義に属し、1953年から1954年にかけて同国首相を務めた。またアルチーデ・デ・ガスペリが急死した1954年から1956年のあいだ、欧州石炭鉄鋼共同体共同総会議長も務めた。

概要[編集]

ペッラはピエモンテヴァルデンゴで生まれる。大学で経済と商学を修めたのち、ペッラは右派政党であるキリスト教民主主義の党員となる。アルチーデ・デ・ガスペリの第2次、第3次政権で財務次官を務めたのち、第4次政権で財務相に就任する。

ペッラは1948年から1953年にかけて財務相を務めていたが、そのリベラルでマネタリスト的な政策は共産党社会党だけでなくキリスト教民主主義の一部からも批判的に捉えられていた。選挙法改定の失敗によってデ・ガスペリ政権が崩壊したことを受けて、ペッラは暫定政権の首班に任命された。ペッラは国家主義的な声明を発表したことでティトーとの間でトリエステ自由地域をめぐって激しい対立を起こしたが、このときペッラはさらに批判を受けることとなった。その後ペッラは1954年1月12日に首相を辞任した。

首相辞任後、ペッラはアドネ・ツォーリアントニオ・セーニ両政権で外相を、アミントレ・ファンファーニ政権で予算相を歴任した。しかしキリスト教民主主義と社会党の連立を嫌い、ペッラは政治の表舞台を一時退いていた。1972年、短命に終わったジュリオ・アンドレオッティ政権で財務相に就任する。

ペッラは1976年まで元老院議員を務め、1981年にローマでその生涯を閉じた。

先代:
ピエトロ・カンピッリ
イタリアの財務相
1947年5月31日 - 1947年6月4日
次代:
グスターヴォ・デル・ヴェッキオ
先代:
グスターヴォ・デル・ヴェッキオ
イタリアの財務相
1948年5月23日 - 1951年7月19日
次代:
エツィオ・ヴァノーニ
先代:
エツィオ・ヴァノーニ
イタリアの財務相
1952年2月2日 - 1953年7月7日
次代:
エツィオ・ヴァノーニ
先代:
アルチーデ・デ・ガスペリ
イタリア共和国閣僚評議会議長
1953年8月17日 - 1954年1月12日
次代:
アミントレ・ファンファーニ
先代:
アルチーデ・デ・ガスペリ
イタリアの外相
1953年8月17日 - 1954年1月5日
次代:
アッティリオ・ピッチオーニ
先代:
アルチーデ・デ・ガスペリ
欧州石炭鉄鋼共同体共同総会議長
1954年 - 1956年
次代:
ハンス・フルラー
先代:
ガエターノ・マルティーノ
イタリアの外相
1957年5月19日 - 1958年6月19日
次代:
アミントレ・ファンファーニ
先代:
アミントレ・ファンファーニ
イタリアの外相
1959年2月15日 - 1960年3月23日
次代:
アントニオ・セーニ