キリアコス・ミツォタキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キリアコス・ミツォタキス

キリアコス・ミツォタキスギリシャ語: Κυριάκος Μητσοτάκης, ラテン文字転写: Kyriakos Mitsotakis, 1968年3月4日 - )は、ギリシャの政治家。2016年2月時点で新民主主義党の党首である。

概要[編集]

政治家の家系出身であり、父は1990年から1993年まで首相を務めたコンスタンディノス・ミツォタキス、姉は2006年から2009年まで外相を務めたドラ・バコヤンニである[1] [2]

2004年にミツォタキスはギリシャ議会議員となった[1]。2015年7月にアントニス・サマラスが新民主主義党の党首を辞任すると、ヴァンゲリス・メイマラキスがサマラスのケアテイカーとして暫定党首となったが、翌2016年1月の代表選挙を制してミツォタキスが新民主主義党の党首となった[2]

新民主主義党の代表に選ばれたミツォタキスは、Syriza(急進左派連合)政権による人気取り的方法論を批判し、自身は「常識的手法」で政治に望むとしている[1]。Syrizaに批判的であり、「Syrizaの構成員の幾らかは銀行が1週間閉じることは小さなしゃっくりだと思っている。もちろんそれは小さなしゃっくりではなく大きなショックである。(Syrizaがそのようなビジネス観を持っていることは一般人からすれば驚くべきことだろうが)それは驚くべきことではない。というのもSyrizaの党員の多くは民間企業で働いた経験がないからだ。」と述べている[3]

脚注[編集]