コンテンツにスキップ

ロベルト・フィツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベルト・フィツォ
Robert Fico
2024年のフィツォ
生年月日 (1964-09-15) 1964年9月15日(59歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアトポリュチャニ市
出身校 コメニウス大学
所属政党 スロバキア共産党 (KSS, 1987-1990)
民主左翼党 (SDĽ, 1990-1999)
方向・社会民主主義(SMER-SD,1999-)
配偶者 スヴェトラナ・フィツォヴァー
サイン

在任期間 2023年10月25日 - 現職
大統領 ズザナ・チャプトヴァー
ペテル・ペレグリニ

在任期間 2012年4月4日 - 2018年3月22日
大統領 イヴァン・ガシュパロヴィッチ
アンドレイ・キスカ

在任期間 2006年7月4日 - 2010年7月8日
大統領 イヴァン・ガシュパロヴィッチ

その他の職歴
方向・社会民主主義党首
1999年11月8日 - 現職)
テンプレートを表示

ロベルト・フィツォ(Robert Fico, 1964年9月15日 - )は、スロバキア政治家。現在、同国首相(3期目。2006年7月4日 - 2010年7月8日2012年4月4日 - 2018年3月22日2023年10月25日 - 現職)。中道左派政党「スメル(方向)・社会民主主義」 (SMER-SD) の党首。

経歴[編集]

フォークリフト作業員の父と靴販売員の母の次男として、西部スロバキア県(現・ニトラ県トポリュチャニ市で生まれる。1986年ブラチスラヴァ・コメニウス大学法学部を卒業。1987年スロバキア共産党に入党し刑法学研究員としてスロバキア科学アカデミー国家法律研究所 (Ústav štátu a práva SAV) に就職した。のち法務省法律研究所 (Právnického inštitútu MS SR) 副所長を務め、1995年に退職した。また1994年から2000年まで、欧州人権裁判所のスロバキア代表を務めた。

政歴[編集]

1989年ビロード革命で社会主義政権が崩壊した後、スロバキア共産党主流派が結成した民主左翼党 (SDĽ: Strana demokratickej ľavice) に参加し、副党首に就任。1992年の国民議会選挙で初当選した。民主左翼党は1998年選挙で連立与党として第一次ミクラーシュ・ズリンダ政権に加わったが、自らの処遇への不満とベネシュ布告の廃止を求める少数民族政党ハンガリー人連立党 (SMK: Strana maďarskej koalície) が同じ連立与党として政権に加わったことへの反発から、1999年に離党して下野。新党のスメル (SMER) を結成して党首に就任した[1]

その後2002年選挙で左派政党が惨敗したことを受けて社会民主主義路線を強め、2004年12月に民主左翼党や社会民主オルタナティブ(SDA: Sociálnodemokratická alternatíva)など中道左派系の諸政党を合流させ方向・社会民主主義 (SMER-SD: SMER-sociálna demokracia) に改名。フィツォはポピュリスト政党である民主スロバキア運動 (HZDS: Hnutie za demokratické Slovensko) のウラジミール・メチアルや民主運動 (HZD: Hnutie za demokraciu) のイヴァン・ガシュパロヴィチナショナリズム政党のスロバキア国民党 (SNS: Slovenská národná strana) のヤーン・スロタら野党各党の既存政治家を上回る支持を集める有力政治家となった。

首相時代[編集]

2006年国民議会選挙でSMER-SDは29.1%の得票率を得て50議席を獲得して第一党になり、SNSおよび人民党・民主スロバキア運動 (ĽS-HZDS) と連立政権を組んで首相に就任した。外国からの投資を呼び込み経済成長を実現した前政権の経済自由化政策を受け継ぎつつも、左派政権として賃金引き上げや年金制度の改革などを実施して軌道修正を行なった。

一方、SNS党首スロタの意向を汲んだ民族主義的政策も展開した。2009年6月には文書、看板、記念碑などに記載される公の情報をスロバキア語で記述しない場合に罰則を課すなど、公の場における少数民族言語の使用制限を盛り込んだ改正国家言語法(スロバキア共和国国民議会2009年法律第318号)を成立させた。

さらに2010年3月には、スロタが提出した教育機関の一週間の始業前および公共イベント開始前における国家斉唱や教室での国旗掲示などを義務づける愛国心促進法案を可決させ、SMKのみならずスロバキア民主キリスト教連合・民主党 (SDKÚ-DS: Slovenská demokratická a kresťanská únia - Demokratická strana) など野党各党から強い批判を受けた。このため同年4月、ガシュパロヴィチ大統領は愛国心促進法案に拒否権を行使し、国民議会に差し戻した。

連立与党の敗退[編集]

世界金融危機の影響で2009年の経済成長率がマイナスに転じ、失業率が15%にまで上昇する中、2010年国民議会選挙ではSMER-SDが得票率34.79%で前回を上回る62議席を獲得して引き続き第一党の座を確保したが、連立相手のĽS-HZDSは議席をすべて失い、SNSも改選前の20議席を大きく下回る9議席にとどまって共に惨敗。与党が過半数を維持できなくなった。フィツォは選挙後、第二党のSDKÚ-DSイヴェタ・ラジチョヴァー党首ら4政党の指導者に対して連立を打診したもののすべて拒否され[2]、ラジチョヴァーに首相の座を明け渡した。その後、新たに国民議会の副議長に就任した[3]

2度目の首相登板と批判記者暗殺関与疑惑辞任[編集]

2012年3月10日に繰り上げ実施された国民議会選挙で、スメルは83議席とスロバキア独立以来初めて単独過半数を制し、4月4日に再び首相に就任した[4]

2018年2月、政権幹部の汚職疑惑を追及していた記者のヤン・クツィアクとその婚約者が遺体で発見されるという事件が起こり、クツィアクの取材内容が明らかになるとフィツォへの批判が噴出。3月14日、前倒し総選挙の回避・後継首相を自身の党から出すことを条件に首相辞任を表明した。しかし、スメルの党首職は辞任しなかった[5][6][7]

3度目の首相登板[編集]

2023年にはスメル党首として、ウクライナ支援とロシア制裁への反対を表明し国内の親露派の支持を集めた[8]。9月30日に執行された国民議会選挙英語版でスメルは150議席中42議席を獲得し第1党となり[9]、10月2日にズザナ・チャプトヴァー大統領より組閣要請を受けた[10]。10月11日、スメルと中道左派政党の声・社会民主主義、右翼政党の人生・国民党英語版は3党連立政権を樹立することで合意した[11][12]

同年10月25日、チャプトヴァー大統領より首相に任命された[13]。直後の翌26日、ロシアによるウクライナ侵攻はスロバキアには一切無関係であるとして、選挙時の公約通りウクライナに対する支援は人道および民生分野にとどめ、軍事支援は停止すると発表した[14]

首相在任中の銃撃事件[編集]

2024年5月15日に同国北西部のハンドロヴァー英語版で、男1人が銃弾を5発発射し、うち1発がフィツォ首相の腹部を貫通。他の銃弾は頭部と胸部に命中してヘリコプターで病院に緊急搬送されたと現地紙が報じた[15][16][17]。フィツォが政府の会議に参加した後に銃撃されたと伝えられており[18]、容疑者の男は同日拘束された。翌16日には生命の危機を脱したことを閣僚の一人が発表した[19]。5月31日に退院し、自宅での療養を開始したことが発表された[20]

外部リンク[編集]

外務省 フィツォ・スロバキア共和国首相略歴

脚注[編集]

  1. ^ 「主要政党の概要」『ポスト社会主義諸国 政党・選挙ハンドブックI』pp36, 京都大学地域研究統合情報センター, 2009年3月
  2. ^ Pravicová štvorka povedala Ficovi nie” (スロバキア語). Pravda.sk (2010年6月13日). 2024年5月15日閲覧。
  3. ^ Porozmýšľaj, prečo si zostal sám, odkázal šéf HZDS Mečiar Ficovi” (スロバキア語). Pravda.sk (2010年7月9日). 2024年5月15日閲覧。
  4. ^ 「スロバキア総選挙で中道左派が単独過半数確保」『読売新聞』、2012年3月11日。2012年3月11日閲覧。
  5. ^ スロバキア首相が辞意=記者殺害事件受け抗議拡大」『時事ドットコム』(時事通信社)、2018年3月15日。2018年3月15日閲覧。オリジナルの2018年3月15日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ “Slovakia PM Robert Fico 'ready to quit' over Jan Kuciak murder”. BBC News. BBC. (2018年3月14日). http://www.bbc.com/news/world-europe-43407412 2018年3月15日閲覧。 
  7. ^ 30日にスロバキア総選挙、ウクライナ支援反対の中道左派が政権獲得の可能性も」『Reuters』、2023年9月28日。2023年9月30日閲覧。
  8. ^ ウクライナ支援への反対派優勢、スロバキア総選挙の行方に世界的関心…元外相「ロシアは我が国を悪用」”. Yahoo!ニュース. 2023年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月30日閲覧。
  9. ^ The Election to the National Council of the Slovak Republic 2023”. スロバキア共和国統計局. 2023年10月11日閲覧。
  10. ^ “Prezidentka Čaputová pověřila Fica sestavením vlády. Na svůj pokus má dva týdny času”. iROZHLAS. (2023年10月2日). https://www.irozhlas.cz/zpravy-svet/slovensko-caputova-fico-smer-vlada_2310021409_mst 2023年10月11日閲覧。 
  11. ^ “ロシア寄り左派、連立合意 フィツォ元首相復権か―スロバキア”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2023年10月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2023101101245&g=int 2023年10月11日閲覧。 
  12. ^ “スロバキア、親ロシア派政党含む連立政権樹立へ”. AFPBB News. フランス通信社. (2023年10月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3485923 2023年10月12日閲覧。 
  13. ^ “Robert Fico to become Slovakia’s new prime minister”. https://www.politico.eu/article/robert-fico-become-slovakia-new-prime-minister/ 2023年10月25日閲覧。 
  14. ^ “スロバキア新首相、対ウクライナ軍事支援の停止を表明 「私たちに一切無関係」”. 産経新聞. (2023年10月27日). https://www.sankei.com/article/20231027-UYW6OPA7K5PGBMKMMALVMVXKAQ/ 2023年10月28日閲覧。 
  15. ^ “Slovakia: Prime Minister Fico injured in shooting - reports”. DW News. (2024年5月15日). https://www.dw.com/en/slovakia-prime-minister-fico-injured-in-shooting-reports/a-69089343 2024年5月15日閲覧。 
  16. ^ “Slovakia's prime minister wounded in shooting”. Associated Press (The Washington Post). (2024年5月15日). https://www.washingtonpost.com/world/2024/05/15/slovakia-prime-minister-shooting-robert-fico-handlova/454c6508-12bc-11ef-9d37-865890cc2670_story.html 2024年5月15日閲覧。 
  17. ^ Slovak Prime Minister Robert Fico shot in head and chest, reports say” (英語). POLITICO (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  18. ^ 【速報】スロバキア “フィツォ首相銃撃される” 現地メディア”. NHKニュース (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  19. ^ スロバキア首相銃撃で負傷、生命の危機脱する 「政治的動機」と内相」『Reuters』、2024年5月16日。2024年5月18日閲覧。
  20. ^ “銃撃されたスロバキア首相が事件から2週間あまりで退院 自宅療養に”. TBS NEWS DIG. (2024年5月31日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1204570 2024年6月1日閲覧。 
公職
先代
ミクラーシュ・ズリンダ
イヴェタ・ラジチョヴァー
イドヴィート・オードル英語版
スロバキアの旗 スロバキア共和国首相
第5代:2006 - 2010
第7代:2012 - 2018
第12代:2023 - 現在
次代
イヴェタ・ラジチョヴァー
ペテル・ペレグリニ
現職