ポリティコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Politicoから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポリティコ
Politico
PoliticoCom.png
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州アーリントン郡
設立 2007年1月23日(11年前) (2007-01-23
業種 ニュースメディア
代表者 ロバート・アルブリトン(会長
パトリック・スティール(CEO
従業員数 500人(2017年)
所有者 Capitol News Company
主要部門 Politico(新聞)
Politico Magazine(隔月誌)
Politico.com(ウェブサイト)
Politico Europe(新聞)
Politico.eu(ウェブサイト)
関係する人物 ジョン・F・ハリス(発行人兼編集長)
外部リンク politico.com
テンプレートを表示

Politico(ポリティコ)は、政治に特化したアメリカ合衆国ニュースメディアである。主にワシントンD.C.の議会ホワイトハウスロビー活動や報道機関の動向を取材し、テレビやインターネット、フリーペーパー、ラジオ、ポッドキャストなどの自社媒体を通じてコン​​テンツを配信している[1]

歴史[編集]

Politicoは2007年1月23日にワシントン・ポストの記者のジョン・F・ハリーズ英語版ジム・バンデヘイ英語版[2]が設立した。初代のCEOにはワシントンD.C.でABC系列のテレビ局を所有するアルブリトン・コミュニケーションズ英語版の社長のフレッド・ライアン英語版が指名された。ちょうどこの頃ソーシャルメディアが普及し、政治系ニュースサイトが台頭しつつあった。ポリティコは人気記者のベン・スミス英語版を擁し、2008年アメリカ合衆国大統領選挙の間に閲覧数を増大させ、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストのウェブ版に並ぶほどの人気を博した[3]。2008年はリーマン・ショックが起きた年でもある。歴史的な不況下でアメリカの新聞社はリストラを進め、ワシントン支局の記者を大量に解雇した[4]。しかしワシントンD.C.のニュースは必要であり、取材の穴を埋める必要があった。そこでポリティコが通信社的な役割を担い、ワシントンD.C.の記事を格安で配信することで存在感を高めていった[5]。設立当初のポリティコの職員数は60人だったが、2009年には100人を擁する組織に成長した。当時のポリティコの売上高は約1500万ドル(予想)であり、主な収入源はフリーペーパーだった。フリーペーパーの発行部数は3万2000部/月であり、ウェブサイトの閲覧者は670万人/月だった[6][7]

2010年10月にロバート・アルブリトン英語版[8]がCEOになった。アルブリトンは前述のアルブリトン・コミュニケーションズのオーナーの息子である。2012年アメリカ合衆国大統領選挙では政治系ニュースサイトの勢いがさらに増し[3]、ポリティコは2012年ピューリッツァー賞(時事漫画部門)を受賞した。ニュースサイト間の競争も激しくなり、2011年12月にはバズフィードがポリティコからベン・スミスを引き抜いた[9]。2013年9月、ポリティコはニューヨーク州フロリダ州ニュージャージー州などに支局を持つオンライン・ニュースサイトの「キャピタル・ニューヨーク」を買収し[10]、同年10月には年6回発刊のオンライン・マガジンを開始した[11]。2014年9月にはドイツのアクセル・シュプリンガー英語版と提携してベルギーブリュッセルに子会社を設立した[12]。子会社は地元新聞の「ヨーロピアン・ボイス英語版」を取得し[13][14]、2015年4月に欧州版の「ポリティコ・ヨーロッパ英語版」を開始した[15]

ニュースメディアの読者は2015年頃からモバイルシフトが進んでいる。しかしポリティコの読者は中高年が多いせいか移行が進まず、ポリティコは時代の趨勢に乗り遅れているようである[16]2016年アメリカ合衆国大統領選挙の最中、ポリティコではオンラインマガジンの不振や予算配分、今後の方向性などを巡って社内対立があり、創業者のジム・バンデヘイがCEOのアルブリトンと対立して早期退社し[17]、マイク・アレンなどの幹部も次々と退職していると言う[18]

配信[編集]

2016年現在ポリティコの職員数は約500人であり、ワシントンD.C.ニューヨークベルギーブリュッセルなどに取材拠点がある。ポリティコは約3000の記事/月を作成し、メールマガジンの登録者に配信している[19]。例えばマイク・アレン英語版の朝のコラム「プレイブック」の登録者は10万人を超える。ポリティコはワシントンD.C.(約3万部)やブリュッセル(約2万9千部)でフリーペーパーを発行している。ワシントンD.C.のフリーペーパーは議会開催中に週5回、閉会中に週1回発行される[20]。またオンライン・マガジンのプリント版(約3万3千部)も配布している[19][21]。ウェブサイトの月間ユーザーは1200万人であり、欧州版は150万人である。モバイル版のページビューは3800万に及ぶ[22]。全国版(Politico.com)の他に地方版(Politico Florida、Politico New Jersey、Politico New York)があり、欧州版(Politico Europe)も所有している。またCBSニュース[23]やアルブリトン・コミュニケーションズのWJLA-TV英語版、ケーブルテレビ局のニュースチャンネル8英語版[24]、ラジオ局のWTOP-FM英語版Yahoo!ニュース英語版[25]などにも記事を配信している。

脚注[編集]

  1. ^ “Mission Statement”. Politico. オリジナル2016年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304053309/http://www.politico.com/aboutus/missionstatement.html 2011年11月15日閲覧。 
  2. ^ Appointment of Frederick J. Ryan, Jr., as Assistant to the President”. Reagan Library, University of Texas (1987年11月4日). 2016年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月10日閲覧。
  3. ^ a b 米大統領選報道の政治ニュースサイト、伝統メディアよりも新興メディアに勢い”. media pub (2012年7月1日). 2016年8月11日閲覧。
  4. ^ あの記者もこの記者も,NYタイムズの編集室スタッフの解雇リストに”. media pub (2009年12月9日). 2016年8月11日閲覧。
  5. ^ 大躍進した新興ニュースサイトのHuffPostとPolitico,大統領選後に失速か”. media pub (2008年12月24日). 2016年8月11日閲覧。
  6. ^ Pérez-Peña, Richard (2008年9月22日). “Politico Intends to Expand After Presidential Race Ends”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/09/22/business/media/22politico.html 
  7. ^ Wolff, Michael (2009年8月). “Politico's Washington Coup”. Vanity Fair. オリジナル2016年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160414030945/http://www.vanityfair.com/news/2009/08/wolff200908 2016年5月10日閲覧。 
  8. ^ Gold, Hadas (2013年10月13日). “Jim VandeHei named president, CEO of Politico and Capital New York”. Politico. 2016年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月10日閲覧。
  9. ^ DOUGLAS QUENQUA (2013年2月15日). “The Boy Wonder of BuzzFeed”. ニューヨークタイムズ. 2016年8月11日閲覧。
  10. ^ Politico buys Capital New York The Politico September 2013.
  11. ^ Kristen Hare (2013年11月14日). “Politico magazine launches online”. Poynter. 2014年2月14日閲覧。
  12. ^ Pallota, Frank (2014年9月9日). “Politico's next battleground: Europe”. CNN. http://money.cnn.com/2014/09/09/media/politico-europe-expansion/ 
  13. ^ Emmerentze Jervell, Ellen (2014年12月10日). “Politico, Axel Springer Buy European Voice”. The Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/politico-axel-springer-to-buy-european-voice-1418213001 
  14. ^ The birth of a new publication”. Politico Europe (2015年4月20日). 2015年4月23日閲覧。
  15. ^ Politico Europe”. Professional.co.uk. 2016年8月12日閲覧。
  16. ^ ニュースメディア接触のモバイルシフトが加速化”. media pub (2015年4月30日). 2016年8月11日閲覧。
  17. ^ Dylan Byers (2016年4月4日). “Politico's Jim VandeHei leads early exodus”. CNN. 2016年8月11日閲覧。 “During Glasser's tenure as editor, dozens of staffers left the company to join other news organizations. VandeHei clashed with Politico publisher Robert Allbritton over budget issues and expansion efforts.”
  18. ^ Jim Rutenberg (2016年6月19日). “Mike Allen, Politico’s Newsletter Pioneer, Is Handing Over the Reins”. ニューヨークタイムズ. 2016年8月11日閲覧。
  19. ^ a b Facts”. Politico (2016年). 2016年8月11日閲覧。
  20. ^ Editor sees room for Politico coverage”. The Washington Times (2007年1月22日). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月10日閲覧。
  21. ^ POLITICO Magazine Print Issues”. Politico. 2016年8月11日閲覧。
  22. ^ Mobile”. Politico (2016年). 2016年8月11日閲覧。
  23. ^ Johnson, Caitlin (2007年1月21日). “The Politico Roundtable”. CBS News. オリジナル2016年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160308042511/http://www.cbsnews.com/news/the-politico-roundtable/ 
  24. ^ Jaffe, Harry (2007年1月22日). “Politico Hopes To Rock Washington Media”. Washingtonian. 2012年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月12日閲覧。
  25. ^ Seelye, Katharine Q. (2007年1月8日). “For journalists, it's not politics as usual”. International Herald Tribune. 2016年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]