2016年アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016年アメリカ合衆国大統領選挙
アメリカ合衆国
2012年 ←
2016年11月8日
→ 2020年

  Hillary Clinton by Gage Skidmore 2.jpg
ヒラリー・クリントン
(推定候補)
Donald Trump August 19, 2015 3 by 2.jpg
ドナルド・トランプ
政党 民主党 共和党
副大統領候補者 ティム・ケイン
(推定候補)
マイク・ペンス

  Gary Johnson by Gage Skidmore 4 (cropped).jpg
ゲーリー・ジョンソン
Jill Stein by Gage Skidmore.jpg
ジル・スタイン
(推定候補)
政党 リバタリアン党 アメリカ緑の党
下位候補者 ウィリアム・ウェルド 未定

Electoral College 2016.svg


現職大統領

バラク・オバマ
民主党

2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、United States presidential election of 2016)は、2016年11月8日に予定されている、第45代アメリカ合衆国大統領および第48代アメリカ合衆国副大統領を選出するための選挙である。

2期に渡って大統領を務めたバラク・オバマの立候補はアメリカ合衆国憲法修正第22条の規定によって認められないため、民主党からは別の人物が立候補することとなる。

主なスケジュール[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

立候補者[編集]

民主党[編集]

立候補者[編集]

U.S. Democratic Party logo (transparent).svg
2016年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙の主要候補
ヒラリー・クリントン バーニー・サンダース マーチン・オマリー リンカーン・チェイフィー ジム・ウェッブ ローレンス・レッシグ
HRC in Iowa APR 2015.jpg
Bernie Sanders in January 2016 by Gage Skidmore (cropped).jpg
Governor O'Malley Portrait (cropped).jpg
Lincoln Chafee (14290233225) (cropped).jpg
Jim Webb official 110th Congress photo (cropped).jpg
Lessig (cropped).png
国務長官
上院議員バーモント州選出
メリーランド州知事
ロードアイランド州知事
上院議員バージニア州選出)
ハーバード大学法学部教授
2015年4月12日出馬表明[1]
2015年4月30日出馬表明[2]
2015年5月30日出馬表明[3]
2016年2月1日撤退[4][5]
2015年6月3日出馬表明[6]
2015年10月23日撤退[7]
2015年7月2日出馬表明[8]
2015年10月20日撤退[9]
2015年9月6日出馬表明[10]
2015年11月2日撤退[11]

副大統領候補[編集]

2016年7月22日、民主党の大統領候補指名を確実にしたヒラリー・クリントンは、バージニア州選出上院議員であるティム・ケインを副大統領候補に内定したことを発表した[12]

共和党[編集]

指名候補[編集]

Republican Disc.png
2016年アメリカ合衆国大統領選挙の共和党指名候補
ドナルド・トランプ
Donald Trump August 19, 2015 (cropped).jpg
トランプ・オーガナイゼーションCEO
2015年6月16日出馬表明[13]
2016年7月19日正式指名[14]

立候補者[編集]

Republican Disc.png
2016年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙の主要候補
テッド・クルーズ ランド・ポール マルコ・ルビオ ベン・カーソン カーリー・フィオリーナ マイク・ハッカビー
Ted Cruz, official portrait, 113th Congress (cropped 2).jpg
Rand Paul June 2015 lighting corrected.jpg
Marco Rubio, Official Portrait, 112th Congress.jpg
Ben Carson by Skidmore with lighting correction.jpg
Carly Fiorina NFRW 2015.jpg
Mike Huckabee by Gage Skidmore 6 (cropped).jpg
上院議員テキサス州選出
上院議員ケンタッキー州選出
上院議員フロリダ州選出
ジョンズ・ホプキンス大学附属病院小児神経外科部長
ヒューレット・パッカードCEO
アーカンソー州知事
2015年3月23日出馬表明[15]
2016年5月4日撤退[16]
2015年4月7日出馬表明[17]
2016年2月3日撤退[18]
2015年4月13日出馬表明[19]
2016年3月15日撤退[20]
2015年5月4日出馬表明[21]
2016年3月4日撤退[22]
2015年5月4日出馬表明[23]
2016年2月10日撤退[24]
2015年5月5日出馬表明[25]
2016年2月1日撤退[26]
リック・サントラム ジョージ・パタキ リンゼー・グラム リック・ペリー ジェブ・ブッシュ ボビー・ジンダル
Rick Santorum by Gage Skidmore 8 (cropped2).jpg
Governor Pataki 2015 (cropped).jpg
Lindsey Graham by Gage Skidmore 3.jpg
Rick Perry February 2015.jpg
Jeb Bush Feb 2015.jpg
Bobby Jindal 26 February 2015.jpg
上院議員ペンシルベニア州選出)
ニューヨーク州知事
上院議員サウスカロライナ州選出
テキサス州知事
フロリダ州知事
ルイジアナ州知事
2015年5月27日出馬表明[27]
2016年2月3日撤退[28]
2015年5月28日出馬表明[29]
2015年12月29日撤退[30]
2015年6月1日出馬表明[31]
2015年12月21日撤退[32]
2015年6月4日出馬表明[33]
2015年9月11日撤退[34]
2015年6月15日出馬表明[35]
2016年2月20日撤退[36]
2015年6月24日出馬表明[37]
2015年11月17日撤退[38]
クリス・クリスティ スコット・ウォーカー ジョン・ケーシック ジム・ギルモア英語版
Chris Christie April 2015 (cropped).jpg
Scott Walker March 2015.jpg
Governor John Kasich (cropped2).jpg
Jim Gilmore 2015.jpg
ニュージャージー州知事
ウィスコンシン州知事
オハイオ州知事
バージニア州知事
2015年6月30日出馬表明[39]
2016年2月10日撤退[40]
2015年7月13日出馬表明[41]
2015年9月21日撤退[42]
2015年7月21日出馬表明[43]
2016年5月4日撤退[44]
2015年7月30日出馬表明[45]
2016年2月12日撤退[46]

副大統領候補[編集]

2016年7月、共和党の大統領候補指名を確実にしたドナルド・トランプは、ニュージャージー州知事クリス・クリスティ、元アメリカ合衆国下院議長ニュート・ギングリッチインディアナ州知事マイク・ペンスを副大統領候補として検討していると報じられた[47]。7月15日、トランプはペンスを副大統領候補に内定したことを発表する。7月19日、ペンスは共和党全国大会で副大統領候補に指名された[48]

Republican Disc.png
2016年アメリカ合衆国大統領選挙の共和党副大統領候補
マイク・ペンス
Mike Pence crop.jpg
インディアナ州知事
2016年7月19日正式指名[49]

第三の党[編集]

リバタリアン党アメリカ緑の党をはじめ、二大政党以外の政党(第三の党)や無所属の候補も立候補している。

リバタリアン党[編集]

ゲーリー・ジョンソンジョン・マカフィーオースティン・ピーターセン英語版らが立候補を表明した。ノースカロライナ州ミズーリ州カリフォルニア州の各予備選にも複数の候補が名簿登録した。2016年5月には、元ミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラも出馬を検討していることを明らかにしていた[50][51]

指名候補[編集]
リバタリアン党
2016年アメリカ合衆国大統領選挙のリバタリアン党指名候補
ゲーリー・ジョンソン
Garyjohnsonphoto - modified.jpg
ニューメキシコ州知事
2016年1月6日出馬表明
2016年5月29日正式指名
立候補者[編集]
リバタリアン党
2016年アメリカ合衆国大統領リバタリアン党予備選挙の主要候補
オースティン・ピーターセン英語版 ジョン・マカフィー
Austin Petersen (8561551248) (cropped).jpg
John McAfee by Gage Skidmore.jpg
活動家
マカフィー創業者
2015年10月27日出馬表明
2015年12月24日出馬表明
副大統領候補[編集]

2016年5月29日、フロリダ州オーランドで開かれたリバタリアン党大会でジョンソンが大統領候補に指名されるとともに、ジョンソンが推す元マサチューセッツ州知事ウィリアム・ウェルドが副大統領候補に指名された[52][53]。いずれも共和党出身の政治家である。

リバタリアン党
2016年アメリカ合衆国大統領選挙のリバタリアン党副大統領候補
ウィリアム・ウェルド
William Weld 2016 (cropped2x3).jpg
マサチューセッツ州知事
2016年5月29日正式指名

アメリカ緑の党[編集]

マサチューセッツ州の医師ジル・スタイン英語版カリフォルニア州のミュージシャンで環境保護活動家のダリル・チャーニー英語版が立候補を表明した。マサチューセッツ州およびカリフォルニア州の予備選にはセディナム・キナモ・クリスティン・モヨワシフェ・カリー、ウィリアム・P・クレメル、ケント・メスプレイ英語版も名簿登録している。

立候補者[編集]
Green Party of the United States New Logo.png
2016年アメリカ合衆国大統領アメリカ緑の党予備選挙の主要候補
ジル・スタイン英語版 ダリル・チャーニー英語版
Jill Stein by Gage Skidmore.jpg
Darryl Cherney playing guitar.jpg
医師
環境保護活動家
2015年6月22日出馬表明
2015年12月11日出馬表明

その他の政党[編集]

政党 候補 経歴 地盤
アメリカ党英語版 トム・ホーフィング英語版 活動家 アイオワ州[54]
立憲党英語版 ダレル・キャッスル英語版 2008年立憲党副大統領候補 テネシー州[55]
独立アメリカ党英語版 ファーレイ・アンダーソン 活動家 ユタ州[56]
栄養党 ロッド・シルヴァ英語版 レストラン経営者 ニュージャージー州[57][58]
社会主義解放党 グロリア・ラ・リヴァ英語版 活動家
2008年社会主義解放党大統領候補
ニューメキシコ州[59]
禁酒党 ジェイムズ・ヘッジ英語版 ペンシルバニア州フルトン郡トンプソン課税査定人 ペンシルベニア州[60][61]
アメリカ退役軍人党英語版 クリス・ケイストン 信頼性技術者 テキサス州[62]

無所属[編集]

ニューヨーク市長ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグが無所属での立候補を検討していたが[63]、2016年3月7日に立候補を断念したことを表明した[64]

民主党予備選への立候補を表明していたハーバード大学教授ローレンス・レッシグ[65]、リバタリアン党からの立候補を検討していた元ミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラ[66]の無所属での立候補も複数のメディアで取り沙汰された。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙 無所属の主要候補
テリー・ジョーンズ英語版 ゾルタン・イストヴァン英語版 ダン・ビルツァーリアン英語版 マーリン・ミラー英語版 ガイ・シュワルツ英語版 ジョン・フィッツジェラルド ロン・ホワイト英語版
Pastor Terry Jones before the March.jpg
Zoltan Istvan BIO PIC.jpg
Replace this image JA.svg
Merlin Miller.JPG
Replace this image JA.svg
Candidate John Fitzgerald.png
Ron White01.jpg
ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター英語版牧師
未来学者
作家
トランスヒューマニズム哲学者
プロポーカープレイヤー
映画監督
音楽家
芸術家
音楽家
ソリューションアーキテクト
コメディアン
俳優
2013年7月出馬表明[67][68]
2014年10月出馬表明[69][70][71]
2015年6月出馬表明[72]
2015年7月出馬表明[73]
2015年8月出馬表明[74]
2015年9月出馬表明[75][76][77]
2015年11月出馬表明[78]

このほか、ラッパーのワカ・フロッカ・フレイム[79]、声優のテッド・ウィリアムズ英語版[80]も立候補していたが、それぞれ撤退している。また、ジョン・マカフィーは「サイバー党」名義で無所属での立候補を表明していたが、その後リバタリアン党からの出馬を模索する方針に転換した[81]

結果[編集]

選挙人の投票[編集]

出典[編集]

  1. ^ “クリントン氏が大統領選出馬を表明、「普通の米国人の擁護者に」”. ロイター. (2015年4月13日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0N30VY20150412 2015年4月13日閲覧。 
  2. ^ “米大統領選:サンダース氏出馬表明 民主、クリントン氏に対抗”. 毎日新聞. (2015年5月1日). http://mainichi.jp/articles/20150501/dde/007/030/045000c 2016年1月25日閲覧。 
  3. ^ “米大統領選、オマリー前メリーランド州知事が出馬 民主党3人目”. ロイター. (2015年6月1日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OG0Z620150531 2015年6月1日閲覧。 
  4. ^ “民主オマリー氏ら、米大統領選から撤退を表明”. 読売新聞. (2016年2月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20160202-OYT1T50106.html 2016年2月2日閲覧。 
  5. ^ “民主オマリー氏撤退へ 米大統領選候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H2V_S6A200C1EAF000/ 2016年2月13日閲覧。 
  6. ^ “チェイフィー前州知事、米大統領選への出馬表明 民主党で4人目”. ロイター. (2015年6月4日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0YQ1AF20150604 2015年6月5日閲覧。 
  7. ^ “民主党候補チェイフィー氏、大統領選から撤退”. CNN.co.jp (CNN). (2015年10月26日). http://www.cnn.co.jp/usa/35072491.html 2016年1月25日閲覧。 
  8. ^ “民主党のウェッブ氏が立候補表明 米大統領選”. 日本経済新聞. (2015年7月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H15_T00C15A7EAF000/ 2016年1月25日閲覧。 
  9. ^ “米大統領選、民主党ウェッブ氏が指名争いから撤退を表明”. ロイター. (2015年10月21日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-webb-announcement-idJPL3N12K51U20151020 2016年1月25日閲覧。 
  10. ^ “レッシグ教授、米大統領選に正式に出馬表明 100万ドルのクラウドファンディング達成”. ITmedia. (2015年9月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/07/news120.html 2016年1月25日閲覧。 
  11. ^ “米大統領選、ハーバード大教授が撤退 民主指名争い”. 日本経済新聞社. (2015年11月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H4E_T01C15A1000000/ 2016年1月25日閲覧。 
  12. ^ 米民主副大統領候補にケーン上院議員 クリントン氏表明(2016年7月23日、日本経済新聞)
  13. ^ “米不動産王トランプ氏、2016年大統領選に出馬表明”. ロイター. (2015年6月17日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OW29720150616 2016年1月24日閲覧。 
  14. ^ “異端トランプ氏、異例の指名 「いずれ消える」覆す”. 朝日新聞. (2016年7月21日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7N4V34J7NUHBI020.html 2016年7月21日閲覧。 
  15. ^ “米共和党クルーズ上院議員、2016年大統領選の出馬表明”. CNN.co.jp (CNN). (2015年3月24日). http://www.cnn.co.jp/usa/35062147.html 2015年4月5日閲覧。 
  16. ^ [1]
  17. ^ “米共和党、ポール氏が出馬宣言 指名争い、保守派の上院議員”. 47NEWS (共同通信社). (2015年4月8日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040801001365.html 2016年1月24日閲覧。 
  18. ^ “米大統領選、共和党のポール氏が撤退表明”. 日本経済新聞社. (2016年2月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H80_T00C16A2FF2000/ 2016年2月4日閲覧。 
  19. ^ “共和党のルビオ上院議員、米大統領選に出馬表明”. 日本経済新聞社. (2015年4月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK14H03_U5A410C1000000/?dg=1 2016年1月24日閲覧。 
  20. ^ “ルビオ氏が撤退表明 米共和大統領候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年3月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK16H1Y_W6A310C1000000/ 2016年3月16日閲覧。 
  21. ^ “フィオリーナ氏とカーソン氏、米大統領選に出馬表明”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2015年5月5日). http://jp.wsj.com/articles/SB10296650085267944885804580620872960975764 2016年1月24日閲覧。 
  22. ^ “米大統領選の共和党指名候補カーソン氏が撤退表明”. ロイター. (2016年3月5日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-carson-idJPKCN0W62RY 2016年3月5日閲覧。 
  23. ^ “米大統領選に初の女性共和党候補、HP元CEOが出馬表明”. ロイター. (2015年5月5日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0NP1CJ20150504 2016年1月24日閲覧。 
  24. ^ “米共和党候補7人に、州知事と元HPトップ撤退=大統領選”. ロイター. (2016年2月10日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-idJPL3N15P3AL 2016年2月11日閲覧。 
  25. ^ “元アーカンソー州知事、米大統領選に出馬表明 6人目の共和党候補”. ロイター. (2015年5月6日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0XW42420150505 2016年1月24日閲覧。 
  26. ^ “共和ハッカビー氏が撤退 米大統領選候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H2Z_S6A200C1EAF000/ 2016年2月2日閲覧。 
  27. ^ “米大統領選、サントラム元上院議員が出馬表明 共和党7人目”. ロイター. (2015年5月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OD04I20150528 2016年1月24日閲覧。 
  28. ^ “米共和党2候補が大統領選撤退、アイオワ州の結果無効とトランプ氏”. ロイター. (2016年2月3日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-santorum-trump-idJPKCN0VD0A4 2016年2月3日閲覧。 
  29. ^ “元NY州知事、大統領選共和党指名争いに出馬”. ロイター. (2015年5月29日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0OD25I20150528 2016年1月24日閲覧。 
  30. ^ “米大統領選 共和党のパタキ氏、指名争いから撤退”. 毎日新聞社. (2015年12月30日). http://mainichi.jp/articles/20151231/k00/00m/030/042000c 2016年1月24日閲覧。 
  31. ^ “オバマ外交批判のグラム上院議員、大統領選出馬を表明”. ロイター. (2015年6月2日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0OH2YL20150601 2016年1月24日閲覧。 
  32. ^ “米共和党のグラム上院議員、大統領選から撤退”. REUTERS (ロイター). (2015年12月22日). http://jp.reuters.com/article/us-republican-graham-idJPKBN0U422Y20151221 2015年12月23日閲覧。 
  33. ^ “共和、ペリー前テキサス州知事が出馬表明 10人目”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年6月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM05H6U_V00C15A6EAF000/ 2016年1月24日閲覧。 
  34. ^ “米大統領選指名争い、共和・ペリー氏が撤退”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年9月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150912-OYT1T50104.html?from=ytop_ylist 2016年1月24日閲覧。 [リンク切れ]
  35. ^ “米共和党のジェブ・ブッシュ氏、大統領選出馬を正式表明”. ロイター. (2015年6月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OV2TV20150615 2016年1月24日閲覧。 
  36. ^ “ジェブ・ブッシュ氏、大統領選からの撤退を表明”. AFP. (2016年2月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3077708 2016年2月21日閲覧。 
  37. ^ “米共和党ジンダル知事が出馬表明”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年6月25日). http://www.sankei.com/world/news/150625/wor1506250016-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  38. ^ “共和・ジンダル氏、大統領選指名候補争い撤退”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20151118-OYT1T50078.html 2016年1月24日閲覧。 [リンク切れ]
  39. ^ “米共和党のクリスティNJ州知事、大統領選出馬を表明”. ロイター. (2015年7月1日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0PA2R820150630 2016年1月24日閲覧。 
  40. ^ “共和クリスティー、フィオリーナ両氏が撤退発表 米大統領選”. 日本経済新聞社. (2016年2月10日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0PA2R820150630 2016年2月11日閲覧。 
  41. ^ “ウォーカー氏、米大統領選に出馬表明 「新鮮な指導力が必要」”. 日本経済新聞社. (2015年7月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H1Z_U5A710C1EAF000/ 2015年7月14日閲覧。 
  42. ^ “ウォーカー氏が撤退表明、米大統領選共和候補”. ロイター. (2015年9月22日). http://jp.reuters.com/article/2015/09/22/usa-election-walker-idJPL4N11S1A820150922 2016年1月24日閲覧。 
  43. ^ “オハイオ州知事が米大統領選出馬表明、共和党で16人目”. ロイター. (2015年7月22日). http://jp.reuters.com/article/2015/07/22/usa-election-kasich-idJPKCN0PW02B20150722 2016年1月24日閲覧。 
  44. ^ “共和党ケーシック氏が撤退表明 米大統領選”. 日本経済新聞. (2016年5月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN05H04_V00C16A5000000/ 2016年5月5日閲覧。 
  45. ^ “共和党から17人目の候補”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年7月31日). http://www.sankei.com/world/news/150731/wor1507310015-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  46. ^ “【米大統領選】ギルモア元バージニア州知事が撤退 アイオワではわずか12票 混戦の共和党候補は6人に絞られ”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年2月13日). http://www.sankei.com/world/news/160213/wor1602130022-n1.html 2016年2月13日閲覧。 
  47. ^ “Team Trump Plans Public Event Friday With VP Pick”. NBC News (NBCニュース). (2016年7月12日). http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/team-trump-plans-public-event-friday-vp-pick-n608161 2016年7月21日閲覧。 
  48. ^ トランプ氏 大統領候補に正式指名 「米、再び偉大な国に」 共和党内の結束なお課題(2016年7月20日、日本経済新聞)
  49. ^ “トランプ氏「一生懸命働く」 大統領候補指名を正式獲得”. 朝日新聞. (2016年7月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7N23H2J7NUHBI007.html 2016年7月21日閲覧。 
  50. ^ Funcheon, Deirdra (2016年3月7日). “Jesse Ventura Hints He'll Jump Into Presidential Race”. New Times Broward-Palm Beach. http://www.browardpalmbeach.com/news/jesse-ventura-hints-hell-jump-into-presidential-race-7633921 2016年4月30日閲覧。 
  51. ^ Will Jesse Ventura run for President?” (2016年4月22日). 2016年4月30日閲覧。
  52. ^ “米リバタリアン党、元共和党知事を大統領候補に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年5月30日). http://jp.wsj.com/articles/SB11290027141701334812004582097302785978704?tesla=y 2016年7月25日閲覧。 
  53. ^ “米リバタリアン党、元ニューメキシコ州知事を大統領候補に”. CNN.co.jp (CNN). (2016年5月30日). http://www.cnn.co.jp/usa/35083438.html 2016年7月25日閲覧。 
  54. ^ Ziggler, Jed (2016年1月1日). “Tom Hoefling Announces 2016 Presidential Campaign”. Independent Political Report. 2016年1月15日閲覧。
  55. ^ US: Darrell Castle named Constitution Party candidate”. アルジャジーラ (2016年4月16日). 2016年4月18日閲覧。
  56. ^ Ziggler, Jed (2015年11月8日). “Independent American Party Nominates Farley Anderson for President”. Independent Political Report. 2015年11月24日閲覧。
  57. ^ FEC Form 2: Statement of Candidacy”. fec.gov (2015年10月20日). 2015年12月22日閲覧。
  58. ^ My fellow Americans”. 2015年12月22日閲覧。
  59. ^ Winger, Richard (2015年7月24日). “Party for Socialism and Liberation Announces 2016 Presidential Ticket”. Ballot Access News. 2015年7月25日閲覧。
  60. ^ Prohibition Party Nominates National Ticket”. Ballot Access News (2015年7月31日). 2015年8月3日閲覧。
  61. ^ James Hedges FEC Filing”. Federal Election Commission (2015年10月27日). 2015年10月30日閲覧。
  62. ^ Chris Keniston 2016”. Chris Keniston 2016. 06/01/2016閲覧。
  63. ^ Burns, Alexander; Haberman, Maggie (January 23, 2016) "Bloomberg, Sensing an Opening, Revisits a Potential White House Run", ニューヨーク・タイムズ. Retrieved January 28, 2016.
  64. ^ “マイケル・ブルームバーグ氏、2016年の米大統領選出馬を断念 (2)”. ブルームバーグ. (2016年3月8日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3OWZZ6JIJV401.html 2016年3月8日閲覧。 
  65. ^ Foran, Clare (October 13, 2015) "Lawrence Lessig Reluctantly Weighs an Independent Presidential Bid", ナショナル・ジャーナル英語版. Retrieved October 15, 2015.
  66. ^ Shevardnadze, Sophie (November 25, 2013) "Jesse Ventura: Every baby born in US already $50,000 in debt", ロシア・トゥデイ. Retrieved November 25, 2013.
  67. ^ Gavin, Patrick (November 29, 2013) "2016 already here for fringe hopefuls", Politico. Retrieved November 30, 2013
  68. ^ Terry Jones FEC filing”. FEC (2013年12月11日). 2015年6月2日閲覧。
  69. ^ Hewitt, John (October 31, 2014) "An interview with Zoltan Istvan, leader of the Transhumanist Party and 2016 presidential contender", ExtremeTech.com. Retrieved March 7, 2015.
  70. ^ Bartlett, Jamie (2014年12月23日). “Meet the Transhumanist Party: 'Want to live forever? Vote for me'”. デイリー・テレグラフ. 2015年3月6日閲覧。
  71. ^ Zoltan Istvan Gyurko FEC filing”. FEC (2015年6月19日). 2015年6月21日閲覧。
  72. ^ Mulshine, Molly (June 25, 2015) "The notorious ‘King of Instagram' threw a raunchy presidential campaign launch party and I had a front row seat", ビジネスインサイダー. Retrieved July 2, 2015.
  73. ^ US Presidential Candidate Merlin Miller says, "Israel Did 911; Zionists Control US Politics."” (2015年8月23日). 2016年1月5日閲覧。
  74. ^ Guy Schwartz FEC filing”. FEC (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  75. ^ Hewitt, John (September 5, 2015) ["John Fitzgerald Johnson Announces 2016 Presidential Bid via @BEmagazine"], [2016.presidential-candidates.org.] Retrieved March 3, 2016.
  76. ^ Declared 2016 Independent Presidential Candidate John Fitzgerald Johnson”. [2] (2015年12月23日). 2016年3月3日閲覧。
  77. ^ John Fitzgerald Johnson FEC filing”. FEC (2015年8月23日). 2015年8月23日閲覧。
  78. ^ " 'Blue Collar' comedian Ron White announces he's running for president", AOL. November 11, 2015. Retrieved November 12, 2015.
  79. ^ Andrews-Dyer, Helena (2015年10月21日). “Rapper Waka Flocka Flame wants to be House Speaker”. ワシントンポスト. 2015年10月30日閲覧。
  80. ^ I'm not running for President, I don't... - Ted Williams Golden Voice”. Facebook. 2015年10月24日閲覧。
  81. ^ JOHN MCAFEE ON RUNNING FOR PRESIDENT AND THE COMING CYBERWAR”. 2016年1月5日閲覧。

関連項目[編集]