バズフィード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バズフィード
設立 2006年11月1日(11年前) (2006-11-01
本社 アメリカ合衆国
ニューヨーク
CEO ジョナ・ペレッティ
スローガン ソーシャル時代のメディア企業
ウェブサイト BuzzFeed.com
種類 ニュース & エンターテイメント
対応言語 英語 日本語 フランス語 スペイン語 ドイツ語 ポルトガル語
現況 運営中

バズフィード: BuzzFeed)は、アメリカ合衆国ニューヨークに本社を置く、同名のウェブサイトを運営している企業である。2006年にジョナ・ペレッティにより設立され、今では、政治DIY動物ビジネスなど幅広いトピックを網羅するグローバルな[1]メディア企業に成長している。 2011年には、 Politicoに勤務していたベン・スミスを編集長として採用し、もともと提供していたエンターテイメントコンテンツに加えて、よりシリアスジャーナリズムルポルタージュへと幅を広げていった。[2]日本ではBuzzFeed Japanを傘下に持つ。

沿革[編集]

バズフィードは2006年11月にジョナ・ペレッティにより設立された。

資金調達[編集]

2014年8月にバズフィードはベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzから5千万ドルの資金調達に成功した。この額は、その前に行われた資金調達の2倍以上の額である。 [3] 伝えるところによると、同社のAndreessen Horowitzによる評価額はおおよそ8億千万ドルであるという。[3] 広告収入に関しては、バナー広告ではなく、ネイティブアド(自身のウェブサイト上のコンテンツと同じ形式で広告を掲載するスタイル)を採用している。[4]

買収[編集]

最初にバズフィードが買収を行ったのは、当初Facebook広告の活用に特化していたスタートアップであるKingfish Labsを買い取った2012年である。[5]

2014年10月28日には、同社は次の買収を発表した。対象となったのはTorando Labsで、Torandoのチームはバズフィードで最初のデータエンジニアリングチームとなった。[6]

ビジネス[編集]

2017年11月、Onebox Newsが2017年売上高が目標額3億5000万ドルに15%から最大20%足りないとし2018年に計画していた株式公開を延期する可能性があると報じた[7]

コンテンツ[編集]

スタッフレポーターやコントリビューター、売れっ子漫画家やコミュニティーメンバーによるコンテンツを毎日配信している。同ウェブサイト上で人気の記事のフォーマットはクイズ形式やリスト形式のものである。当初はそのようなエンターテイメント寄りのバイラルコンテンツのみに特化していたが、 ニューヨーク・タイムズ誌によると「最新のニュースや深く掘り下げたリポートでの実績を築き上げながら、バズフィードはより伝統的なスタイルのコンテンツも提供するようになった」とのことである。[8]また、2014年にバズフィードは4000以上の既存のポストを削除した。これは、「対象となった投稿は、時が経つにつれ、徐々に質が低く感じられるようになったため」(ニューヨーク・タイムズ)である。[9]

コンテンツの分類に関しては、ニュースエンターテイメント動画動物クイズビジネスなど、28のセクションが設けられている。[10]

バズフィードは、2013年12月から2014年4月までの間、NewsWhipの「Facebookパブリッシャーランキング」のトップであり続けた。[11][12][13][14][15]

動画[編集]

バズフィード・ビデオでは、オリジナルのコンテンツを配信し、制作スタジオをロサンゼルスに構えている。2012年にゼイ・フランクを採用して以来、バズフィード・ビデオは「The Creep Series」や「Fun Facts」などの番組を制作してきた。2014年8月に、同社は、新しい部署であるバズフィード・モーション・ピクチャーズを発表し、長編動画の制作に着手しはじめた。[8] 2015年4月11日現在、バズフィード・ビデオのYouTubeページは25億以上のアクセスと540万以上のチャンネル登録者数を記録している。[16]

バズフィードはバズフィード・ビデオ以外にもYouTube上に多くの動画チャンネルを設置しており、特定のカテゴリーに特化した動画を配信している。例えば、短く楽しい動画を配信するバズフィード・イエロー、ぎこちない瞬間などに焦点を当てたバズフィード・バイオレットなどである。[17]

コミュニティ[編集]

バズフィードは2013年5月に「コミュニティ」セクションを新たに設置した。これにより、ユーザーもコンテンツを提供できるようになった。ユーザーは、1日に1投稿までという制限があるが 、「キャット・パワー」というバズフィード・コミュニティ上でのランキングを表すアイコン[18]を多く獲得するにつれ、より多くの投稿が許されるようになる。[19]

テクノロジーとソーシャルメディア[編集]

バズフィードは、主にソーシャルメディア上でシェアされるコンテンツを作ることによって、トラフィックを獲得している。また、同ウェブサイトは社内のデータ・サイエンティストチームと外装されたダッシュボードにより、コンテンツのテストと追跡を行い続けている。2014年には、バズフィードはアクセスの75%を、PinterestTwitterFacebookなどのソーシャルメディアから獲得した。[8][4]

脚注[編集]

  1. ^ BuzzFeed gets $50 mn cash infusion, to set up operations in India”. The Economic Times (2014年8月12日). 2015年5月6日閲覧。
  2. ^ Stelter, Brian (2011年12月12日). “BuzzFeed Adds Politico Writer”. Mediadecoder.blogs.nytimes.com. 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ a b BuzzFeed raises another $50 million to fund expansion”. CNN. 2014年8月29日閲覧。
  4. ^ a b Inside BuzzFeed: The Story of How Jonah Peretti Built the Web's Most Beloved New Media Brand” (2012年12月11日). 2015年5月6日閲覧。
  5. ^ Constine, Josh September 13, 2012 TechCrunch. "[1]"
  6. ^ Ha, Anthony October 28, 2014 Techcrunch. "BuzzFeed Acquires Startup Torando Labs To Create Its First Data Engineering Team"
  7. ^ BuzzFeedとVICEは2017年の売上目標を下回る』 2017年11月17日 Onebox News
  8. ^ a b c “50 Million New Reasons BuzzFeed Wants to Take Its Content Far Beyond Lists”. New York Times. (2014年8月11日). http://www.nytimes.com/2014/08/11/technology/a-move-to-go-beyond-lists-for-content-at-buzzfeed.html 2015年3月26日閲覧。 
  9. ^ Lepore, Jill. “The Cobweb. Can the Internet be archived?”. The New Yorker (January 26, 2015 issue). http://www.newyorker.com/magazine/2015/01/26/cobweb 
  10. ^ BuzzFeed”. BuzzFeed. 2015年5月6日閲覧。
  11. ^ BuzzFeed Back On Top – The Biggest Facebook Publishers of December 2013”. NewsWhip. 2014年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月23日閲覧。
  12. ^ The Biggest Facebook Publishers of January 2014”. NewsWhip. 2014年10月23日閲覧。
  13. ^ The Biggest Facebook Publishers of February 2014”. NewsWhip. 2014年10月23日閲覧。
  14. ^ The Biggest Facebook Publishers of March 2014”. NewsWhip. 2014年10月23日閲覧。
  15. ^ The Biggest Facebook Publishers of April 2014”. NewsWhip. 2014年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月23日閲覧。
  16. ^ About”. Google Inc (2014年10月24日). 2014年10月24日閲覧。
  17. ^ BuzzFeedVideo”. YouTube. 2015年5月6日閲覧。
  18. ^ About BuzzFeed Community”. BuzzFeed, Inc (2014年10月24日). 2014年10月24日閲覧。
  19. ^ Get your cat on: BuzzFeed creates new section where readers can publish”. Gigaom, Inc (2013年5月8日). 2014年10月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]