スペクテイター (1828年創刊の雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スペクテイター
The Spectator logo.svg
Editor フレイザー・ネルソン
カテゴリ 政治 文化 保守主義
刊行頻度 週刊
有料購読者数 86,000
総発行部数
(2021年)
100,000
創刊号 1828
発行元 プレス・ホールディングス
イギリス
拠点 ロンドン
言語 英語
ウェブサイト www.spectator.co.uk
spectator.us
www.spectator.com.au
ISSN 0038-6952
OCLC番号 1766325
テンプレートを表示

スペクテイター』(英語: The Spectator)は政治・文化・時事問題を扱うイギリスの週刊誌[1]。創刊は1828年の7月で、世界で最古の週刊誌である[2][3]

概要[編集]

オーナーはフレデリック・バークレーであり、デイリー・テレグラフ同様プレス・ホールディングスを通じてスペクテイター誌を所有している。主なテーマは政治と文化であり、政治には保守的な姿勢を取る。時事問題に関するコラムや特集のほか、書籍・音楽・オペラ・映画・テレビの批評も扱う。

スペクテイターの編集長職は、イギリス保守党の要職への足掛かりとなることがしばしばある。かつて編集長を務めた人物にはボリス・ジョンソン(1999–2005、イギリス首相)をはじめとして、イアン・ギルモア英語版(1954–1959・国防大臣王璽尚書を歴任) イアン・マクラウド英語版 (1963–1965 財務大臣他、多くの大臣職を歴任)・ナイジェル・ローソン(1966–1970)らがいる。現在の編集長はフレイザー・ネルソンが務める。

『スペクテイター・オーストラリア』はイギリス本誌の内容に、オーストラリアの経済や事件に関する記事を12ページ分追加している。このオーストラリア版は、2008年から本誌と同時に発行されている。『スペクテイター・US』は2018年初頭、インターネット上に立ち上げられた。このアメリカ版は2019年10月から紙の月刊誌としても提供されている。[4][5]

2020年、スペクテイター誌は、歴史上最も長く存続した時事問題の雑誌となり[6]、また通算一万号を達成した初の雑誌にもなった[7]

出典[編集]