アルド・モーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルド・モーロ
Aldo Moro
Aldo Moro Anefo.jpg
生年月日 1916年9月23日
出生地 プッリャ州レッチェ県
マーリエ
没年月日 (1978-05-09) 1978年5月9日(61歳没)
死没地 ラツィオ州ローマ県
ローマ
所属政党 キリスト教民主主義

在任期間 1974年11月23日 - 1976年7月29日
大統領 ジョヴァンニ・レオーネ

イタリアの旗 第55代首相(閣僚評議会議長)
在任期間 1963年12月4日 - 1968年6月24日
大統領 アントニオ・セーニ
ジュゼッペ・サーラガト

在任期間 1955年7月6日 - 1957年5月15日

イタリアの旗 第8代キリスト教民主主義書記長
在任期間 1959年 - 1964年
テンプレートを表示

アルド・ロメオ・ルイージ・モーロAldo Romeo Luigi Moro1916年9月23日[1] - 1978年5月9日[1])は、イタリア政治家で、キリスト教民主党の主要なメンバーだった。1963年12月から1968年6月までと1974年11月から1976年7月までイタリアの首相を務めた[2]

また、1969年5月から1972年7月までと1973年7月から1974年11月まで外務大臣イタリア語版を務め、外務大臣に在職中、彼は親アラブ政策を実施した。さらに、彼は1950年代に法務大臣イタリア語版文部大臣英語版に任命された。1959年3月から1964年1月まで、モーロはキリスト教民主主義の書記長を務めた。1978年3月16日、彼は極左のテロリスト集団、赤い旅団に誘拐され、55日間の監禁の後に殺害された英語版[3][4]

彼はイタリアで戦後最も長く首相を務めた一人であり、6年以上国を率いていた。

日本の新聞や出版物では通常「モロ」と表記されるが、原語に近い発音は「モーロ」である。

プロフィール[編集]

政界[編集]

イタリアのレッチェ県マーリエ出身。キリスト教民主主義党員となり、第二次世界大戦後にイタリアが共和制国家になって初めて行われた1946年選挙国会議員に初当選した。

首相[編集]

その後1959年キリスト教民主主義書記長に就任したほか、数度に渡り閣僚を務めるなど要職を歴任した。さらに1963年から1968年と、1974年から1976年の2回にわたり首相を務めた。在職中は数度に渡りソビエト連邦などの共産圏への食肉などの輸出などにからめた汚職が噂された。

殺害[編集]

監禁時のモーロ

1978年3月16日に、ローマの自宅から車で下院に向かう途中、市内中心部のマリオ・ファーニ通りで2台の車で乗り付けた極左テロリスト集団の赤い旅団に誘拐された。この時、5人のボディガードがいたがすべて射殺されている。

ローマ教皇やイタリア政界上層部と、赤い旅団との間で解放に向けた交渉が行われたものの、モーロと当時対立関係にあったジュリオ・アンドレオッティ首相率いる当時の内閣が、赤い旅団からの逮捕者の釈放要求を拒否したためモーロは殺害され、5月9日にローマ市内に停めたルノー・4の荷台の中で死体となって発見された。モーロは10発の弾丸を撃ち込まれていた。当局によれば、殺害の実行犯はマリオ・モレッティイタリア語版だとされている。

なお、モーロが当時イタリア共産党の連立政権への復活を画策していたことから、モーロが解放されることにより、冷戦下のイタリアにおいて「ユーロコミュニズム」を標榜し、大きな支持を受けていた共産党勢力がさらに勢いをつける(当時イタリアにおいて共産党は2番目の支持率を誇っていた)ことを嫌ったCIAが、アンドレオッティに圧力をかけた疑いが取りざたされた。

モーロは、「赤い旅団」に監禁されていた時に書かされた手紙で「アンドレオッティは悪事を行うために生まれてきた男」と指摘した。

事件後[編集]

モーロ(右)とアンドレオッティ

カルロ・アルベルト・ダッラ・キエーザイタリア語版将軍率いる対テロリズム対策情報機関が辣腕をふるったこともあり、赤い旅団のメンバーはその後大半が逮捕されて裁判にかけられた。

モーロ殺害の実行犯とされるモレッティは終身刑の判決を受けたが、1998年には仮釈放された。

アンドレオッティの関与[編集]

なお、事件後にジュリオ・アンドレオッティによる暗殺事件への関与を暴こうとした雑誌編集者で、元フリーメイソンで破門後も秘密結社として活動を続けていたロッジP2のメンバーのカルミーネ・"ミーノ"・ペコレッリCarmine "Mino" Pecorelli)の殺害(1979年3月20日)を、アンドレオッティ自らが知り合いのマフィアに依頼したとして、2002年11月に一度は殺人罪で懲役24年の有罪判決を受けたものの、翌年の10月には逆転無罪の判決が出た。

関連作品[編集]

映画

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 20世紀西洋人名事典. “アルド モーロとは” (日本語). コトバンク. 2022年10月1日閲覧。
  2. ^ Mòro, Aldo nell'Enciclopedia Treccani” (イタリア語). www.treccani.it. イタリア百科事典. 2022年10月1日閲覧。
  3. ^ Il rapimento Moro”. Rai Scuola. 2020年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年10月1日閲覧。
  4. ^ Il rapimento di Aldo Moro” (イタリア語). www.collettiva.it (2022年3月16日). 2022年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

先代
マリアーノ・ルモール
イタリアの旗 首相(閣僚評議会議長)
第61代: 1974 - 1976
次代
ジュリオ・アンドレオッティ
先代
ジョヴァンニ・レオーネ
イタリアの旗 首相(閣僚評議会議長)
第55代: 1963 - 1968
次代
ジョヴァンニ・レオーネ
先代
アミントレ・ファンファーニ
イタリアの旗 キリスト教民主主義
書記長
第8代: 1959 - 1964
次代
マリアーノ・ルモール