イタリアの同胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリアの旗 イタリア政党
イタリアの同胞
Fratelli d'Italia - Alleanza Nazionale(FdI)
FDI CN.png
結党時のロゴマーク
(現在はMSI/ANのロゴが組み込まれている)
創設者 イグナジオ・ラ・ルッサ
代表 ジョルジャ・メローニ
成立年月日 2012年12月17日
本部所在地 ラツィオ州ローマ市
代議院議席数
33 / 630   (5%)
(2018年3月4日)
元老院議席数
17 / 315   (5%)
(2018年3月4日)
欧州議会
6 / 73   (8%)
(2019年5月26日)
党員・党友数
50,000名[1]
(2014年9月21日時点)
政治的思想・立場
機関紙 ラ・ガゼッタ・トリコローレ
La Gazzetta Tricolore
公式サイト www.fratelli-italia.it
シンボル 三色旗と同色の綱と結び目
国際組織 欧州保守改革同盟
(欧州政党)
欧州保守改革グループ
(欧州会派)
テンプレートを表示

イタリアの同胞Fratelli d'ItaliaFdI)は、イタリアの政党。創設者はイグナジオ・ラ・ルッサ、現代表はジョルジャ・メローニ自由主義国民保守主義をスローガンに掲げて結党されたが[2]ファシスト党の流れを汲む旧国民同盟派議員の政党として民族主義イタリア・ナショナリズム)的な政治行動も示している。一般的には右派[5][6][7][8]あるいは中道右派とされる場合が多いが、極右政党とする意見も少なくない[9][10][11][12]

結党時はイタリアの同胞・国民中道右翼FdI–CN)としていたが、2014年にイタリアの同胞・国民同盟FdI-AN)への改称を経て、2018年に現在の党名に簡略化された。

概要[編集]

2012年、旧・国民同盟党の党首代行であり、同盟が合流した自由の人民の第三次ベルルスコーニ政権の国防大臣イグナジオ・ラ・ルッサ英語版ジョルジャ・メローニ議員が自派閥と共に離脱して結党された。既にベルルスコーニ政権から離反して新党を立党したジャンフランコ・フィーニ下院議長(旧国民同盟書記長)のイタリアのための未来と自由に続き、旧国民同盟派議員の自由の人民からの離脱が相次ぐ形となった。ただし完全に自由の人民と決別したフィーニに対して、ルッサは新たに同党を中心にした選挙連合「中道右派連合」には参加する意思を表明している[13]

FdIの政治主張はその大部分が国民同盟(AN)及びその前身となったイタリア社会運動(MSI)のイデオロギーを継承している[14][15]。即ち保守主義と国粋主義(ナショナリズム)であり、またリスボン条約以降の欧州懐疑主義の主張も存在している[16]。経済面では経済的自由主義を採用している。欧州懐疑主義の観点から五つ星運動、北部同盟といった他の反EU政党と協力する場合もある。

2013年、共和国総選挙に出馬した国民中道右翼は下院で9議席を獲得、正式にイグナジオ・ラ・ルッサが初代代表となった。

2014年、ジョルジャ・メローニが第2代代表となり、党名も「イタリアの同胞・国民同盟」(Fratelli d'Italia - Alleanza Nazionale、FdI-AN)に改名した。

2018年、党名を「イタリアの同胞」(Fratelli d'ItaliaFdI)に改名、共和国総選挙で第5党に躍進して下院33議席・上院17議席を獲得した。翌年の欧州議会選挙で阻止条項を越えて6議席を獲得した。

党史[編集]

設立経緯[編集]

2012年11月、旧国民同盟(AN)出身のイグナジオ・ラ・ルッサ英語版マウリツィオ・ガスパッリ英語版は、自由の人民(PDL)の党首であるシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相の政治的スキャンダルに端を発した党内対立において、旧フォルツァ・イタリア(FI)出身のアンジェリーノ・アルファノ副首相の造反を支持する声明を発表した[17]。既にANの創設者でベルルスコーニの盟友であったジャンフランコ・フィーニ下院議長がイタリアのための未来と自由(FLI)を結党してPDLから離党しており、PDLの内部対立は決定的なものとなった。

2012年12月16日、AN出身のジョルジャ・メローニ議員、ファビオ・ランペッリイタリア語版、FI出身のグイード・クロセット英語版、PDL結党後に政界入りしたジュゼッペ・コッシガ英語版らPDL内の右派議員4名が党内グループを結成した[18]。彼らは中道主義政党を支持基盤とするマリオ・モンティ政権の財政改革を非難し、また事あるごとに中道政党との連帯を模索していたベルルスコーニらPDL指導部を批判した[19][20]

2012年12月17日、ルッサはPDLからの離党を宣言して新党「国民中道右翼(Centrodestra Nazionale)」を結党、他の反指導部勢力との連帯も構想していると発言した[21]。一方で離党については中道政党連合に加わって明確にPDLと対立したFLIに対して、PDLとの選挙連合は維持し、むしろPDLの支持者に選択肢を与えるという形でPDLに提案された[22]。同日にはメローニらのグループも新党「イタリアの同胞(Fratelli d'Italia)」を結党した[23]

2012年12月21日、似た立場にあったルッサ派の「国民中道右翼」とメローニ派の「イタリアの同胞」は合流に同意し、新党名は両組織の名前を合わせて「イタリアの同胞・国民中道右翼」(Fratelli d'Italia – Centrodestra Nazionale、FdI–CN)に決定された[24]。しかし長大である事からメディアにおいては単に「イタリアの同胞」と省略される場合も多い。新党結党後、ロンバルディア州を筆頭に地方議会のPDL所属議員がFdI–CNの会派を設立して移籍したが、地方組織の議員団内ではルッサ派が多数を占めている[25]。また上院(元老院)でもFdI–CNの議員団が結成され[26]欧州議会議員団も設立された。

2013年イタリア総選挙でFdI–CNはPDLを中心とした選挙連合で下院の全体票の2%を集め、9議席を獲得した[27]。選挙後、党内執行部は初代代表にルッサ、副代表にメローニ、幹事長にクロセットらをそれぞれ選出した[28]。モンティ改革を支持したFLIが全議席を喪失した事から、AN及びその前身であるイタリア社会運動(MSI)の後継政党としての立場が強まった。

国民同盟勢力の結集[編集]

総選挙後、躍進したインターネット政党である五つ星運動(M5S)に危機感を覚えたイタリア民主党(DC)とPDLの大連立が結成され、エンリコ・レッタ政権が成立した。しかし大連立は免責運動を進めるベルルスコーニとレッタ首相との対立から早くも揺らぎ、またPDL内でのアンジェリーノ・アルファノら反ベルルスコーニ派の動きを再燃させた。2013年4月29日、FdI–CNはレッタ政権に対する不信任案を提出した[29]

2013年9月、FdI–CNは「祖国についての講習会」(Officina per l'Italia, OpI)と名付けた政治集会を開き、より広い国粋主義運動の連帯を進めている[30]。OpIには各政党・団体から国粋運動に賛同する政治家達が集まり[31]、FLIら旧フィーニ派との交流も行われている[32][33]。2013年12月、旧ANの保有資産などを管理する国民同盟財団(National Alliance Foundation)により、2014年に行われる欧州議会選挙に関して旧AN党員の支援やANのロゴを用いた宣言が行われた[34]。この選挙ではFdI–CN、FLI、ラ・デストラ(La Destra)、社会運動・三色の炎(MS-FT)、我ら南部(IS)、新しき同盟(Nuova Alleanza)などMSI系、AN系の政党が一堂に会して選挙運動を行った[35]

2014年2月、FdI–CN執行部は退任したイグナジオ・ラ・ルッサ初代代表に代わり、ジョルジャ・メローニ副代表を第2代代表に選出した。同時に党名を「イタリアの同胞・国民同盟」(Fratelli d'Italia - Alleanza Nazionale、FdI-AN)に改名し、明確に国民同盟の後継政党である事を宣言した[36]。新たに制定されたロゴマークにはAN時代に使われていた「ANの文字が書かれた青い円とMSIのマーク」というデザインが追加されてる。同年3月、結党後最初の党大会で決定が再確認された[37]。党大会の2ヵ月後に実施された欧州議会議員選挙での議席獲得はならず、結党時から所属していた3名の欧州議員が落選した。しかし前年の総選挙を凌ぐ100万票以上を集めて得票率も3.7%に達しており、党組織の整備は進んでいる。同年5月5日、党青年団として国家青年英語版(Gioventù Nazionale)が設立された。

FdI–CNは主にMSIやAN時代からの支持基盤であるイタリア中央部英語版及び南イタリアでの支持を広げている。第8回欧州議会選での最多得票は首都ローマを含めたラツィオ州の5.6%であった[38]

「我らが土地」[編集]

2015年10月、国民同盟財団の政治集会でジャンフランコ・フィーニ元下院議長、イグナジオ・ラ・ルッサ英語版元国防相と並ぶMSI時代からの古参政治家である第63代ローマ市長ジャンニ・アレマンノ英語版(2014年にFdI-ANに合流)が、旧MSI/AN勢力の統合を目指して「右派連合構想」を掲げた。アレマンノは政界を一時退いていたフィーニと国粋団体「国家行動」(Azione Nazionale)を設立して、AN時代は得票率15%以上に達していた「失われた支持者の票」を回復する事を主張している。現時点では依然としてFdI-ANが「国民同盟(AN)」の名称とロゴマークを使用している[39][40]が、アレマンノは新たな団体がFdI-ANを含めた各団体を糾合する事を構想している。

2015年11月、政党連合「我らの土地英語版」(Terra Nostra)の設立が発表され、2016年1月までに立ち上げられる事が決定するなどMSI/AN系政党の合流に向けた動きが本格化した。従来の関係者以外にも、2013年の総選挙で躍進したインターネット政党・五つ星運動から選出されたワルテル・リツェット英語版下院議員の参加も報道された[41][42][43]。2016年3月、ワルテル・リツェット英語版下院議員は五つ星運動を離党して正式にFdI-ANへ入党したが、新団体の立ち上げは行われずFdI-ANが「イタリアの同胞・我らが土地」に改名するとの発表に留められた[44][45][46]。同年6月、フォルツァ・イタリアの下院議員がFdI-ANに移籍し、下院議席は11議席となったが、名称の変更も延期されている[47]

党勢拡大[編集]

2016年6月、ローマ市長選挙でFdI-ANを中心とした政党連合は中道右派政党であるフォルツァ・イタリアからの協力要請を拒否し、ジョルジャ・メローニ代表を市長候補に擁立した。出馬時に妊娠中であった事などが影響したものの、ヴィルジニア・ラッジ(五つ星運動)、ロベルト・ジャケッティ英語版(民主党)に次ぐ第3位候補として、予備選におけるメローニの得票率は20.6%に達している[48]

2017年6月、イタリア共和国地方統一選挙英語版ではピストイア市長選で自派のアレッサンドロ・トマージが当選した。2017年8月、フォルツァ・イタリアから上院議員が移籍し、上院議席が復活した。2017年11月、シチリア自治州知事選で元国民同盟の政治家であるネロ・ムスメーチ英語版を支援し、当選させた。同月に別の上院議員がフォルツァ・イタリアから移籍、FI離党議員の参加としては3人目となる。

2018年1月、同年の総選挙ではフォルツァ・イタリアの要請を受けて中道右派連合イタリア語版に参加を続ける意向を示した。選挙では新しい党名の採用を撤回し、むしろ結党時からの長大な党名を「イタリアの同胞」に簡略化した。一方で党のロゴマークではイタリア社会運動や国民同盟が使用していた「三色の炎(フィアンマ・トリコローリ)」を復活させた。同年3月、2018年イタリア総選挙において下院4.35%と上院4.26%の得票を獲得、下院議員33名・上院議員17名が当選して議席数は選挙前の3倍に躍進した。両院でそれぞれ約140万票以上を集めるなど約100万票を得た4年前の欧州議会選挙から更に党勢を伸ばし、FdIは5番目の規模を持つ政党となった。

総選挙後の組閣交渉では中道右派連合内で最大議席数となった同盟マッテオ・サルヴィーニ書記長を首相候補に擁立した。しかし中道右派連合・中道左派連合・五つ星運動に三分されてハング・パーラメント化した議会での交渉は纏まらず、再選挙の可能性が迫る中でポピュリズム欧州懐疑主義という共通点を持つ五つ星運動と同盟による2党連立政権が擁立された。FdIは再選挙に賛同せず、欧州懐疑主義に関しては自党の理念にも沿う事から連立政権への閣外協力を声明した。連立政権内では同じポピュリストでも左翼ポピュリズムの五つ星運動、右翼ポピュリズムの同盟の違いが程なく表面化し、移民問題や経済政策で激しい対立を見せた。サルヴィーニは右翼政党かつ反EU政党であるFdIと連携して五つ星運動を牽制し、組閣交渉で持ち上がっていた三党連立を再提案する動きを見せている。

2019年欧州議会議員選挙(イタリア)英語版では前回選挙から70万票以上が増加した172万票がFdIに投票された。阻止条項を越える得票率6.44%を獲得した事から、FdIから6名の欧州議会議員が当選した。欧州議会議員は結党時の参加者や他政党からの移籍などでこれまでも所属していたが、欧州議会選での擁立候補当選は初となる。欧州政党では欧州保守改革同盟に参加しているが、幾つかの勢力に分散している欧州懐疑主義の合同を主張する諸国民と自由のための欧州運動英語版への参加の可能性も否定していない。

議席[編集]

下院
年度 得票数 得票率 議席 増減 選挙代表
2013年 666,035 (#8) 1.95
9 / 630
+9
ジョルジャ・メローニ
2018年 1,426,564(#5) 4.35
33 / 630
+24
ジョルジャ・メローニ
上院
年度 得票数 得票率 議席 増減 選挙代表
2013年 590,083 (#7) 1.92
0 / 315
0
ジョルジャ・メローニ
2018年 1,286,122 (#5) 4.26
17 / 315
+17
ジョルジャ・メローニ
欧州議会
年度 得票数 得票率 議席 増減 選挙代表
2014年 1,004,037(#7) 3.7
0 / 73
0
ジョルジャ・メローニ
2019年 1,726,189(#5) 6.4
6 / 73
0
ジョルジャ・メローニ

引用[編集]

  1. ^ Giorgia Meloni, Atreju 2014, September 21, 2014
  2. ^ a b c Wolfram Nordsieck (2013年). “Parties and Elections in Europe – Italy”. 2014年1月24日閲覧。
  3. ^ Unioni Civili, Appello di Meloni a FI e Lega: Centrodestra sia unito contro le adozioni gay e l'utero in affitto
  4. ^ Marine Le Pen sceglie Giorgia Meloni come alleata: "Sostiene la battaglia contro l'euro"Libero April 8, 2014
  5. ^ Italy election: What was the result and what is the Five Star Movement? The Independent. Author - Samuel Osborne. Published 6 March 2018. Retrieved 17 June 2018.
  6. ^ An introduction to Italy's small political parties. The Local (Italy edition). Author - Catherine Edwards. Published 11 September 2017. Retrieved 17 June 2018.
  7. ^ Sicily’s Political Theater Has Colorful Cast and Big Implications. The New York Times. Author - Jason Horowitz. Published 2 November 2017. Retrieved 17 June 2018.
  8. ^ Italy's 5-Star, League talks progress, PM may be in sight. Reuters. Authors - Gavin Jones and Massimiliano Di Giorgio. Published 13 May 2018. Retrieved 17 June 2018.
  9. ^ James Politi & Davide Ghiglione, Meloni takes Italian far-right back to 1930s roots, Financial Times (10 February 2018).
  10. ^ Jacopo Barigazzo, Far-right leader rejects idea of Emma Bonino as Italy's PM, Politico (26 February 2018).
  11. ^ Eric Sylvers, Italy's Far Right Flexes Campaign Muscle, Wall Street Journal (15 November 2017).
  12. ^ James Politi, Spectre of immigration sparks rightward turn in Italy, Financial Times (15 November 2017).
  13. ^ http://archiviostorico.corriere.it/2012/dicembre/18/Pdl_destra_fermento_Russa_fonda_co_0_20121218_6d4f77be-48db-11e2-93a9-096d33c66311.shtml
  14. ^ Fratelli d’Italia: dova va la destra italiana”. i Mille. 2014年3月24日閲覧。
  15. ^ Fratelli d'Italia riaccende la "fiamma". Nel nuovo logo i simboli di Msi e An”. TGcom24. 2014年2月16日閲覧。
  16. ^ Fratelli d'Italia attacca: "Ci vuole il coraggio di dire addio all'euro"”. il Giornale. 2014年3月9日閲覧。
  17. ^ La Stampa - Primarie Pdl: La Russa-Gasparri ufficializzano sostegno Alfano
  18. ^ “Crosetto-Meloni, nasce la destra antiMonti”. Corriere della Sera. http://archiviostorico.corriere.it/2012/dicembre/17/Crosetto_Meloni_nasce_destra_antiMonti_co_0_20121217_e66e5888-4811-11e2-b9b5-3eea74e97452.shtml 2013年5月17日閲覧。 
  19. ^ “Pdl, il giorno dei montiani. "No a scissioni"”. Corriere della Sera. (2012年12月16日). http://archiviostorico.corriere.it/2012/dicembre/16/Pdl_giorno_dei_montiani_scissioni_co_0_20121216_cb940f86-4748-11e2-96a9-077294bad7d3.shtml 2013年5月17日閲覧。 
  20. ^ “Appello a Monti e guerra alla sinistra Il Pdl si ricompatta”. Corriere della Sera. (2012年12月17日). http://archiviostorico.corriere.it/2012/dicembre/17/Appello_Monti_guerra_alla_sinistra_co_0_20121217_f62eb7f4-4811-11e2-b9b5-3eea74e97452.shtml 2013年5月17日閲覧。 
  21. ^ “Pdl, la destra in fermento La Russa se ne va e fonda "Centrodestra nazionale"”. Corriere della Sera. (2012年12月18日). http://archiviostorico.corriere.it/2012/dicembre/18/Pdl_destra_fermento_Russa_fonda_co_0_20121218_6d4f77be-48db-11e2-93a9-096d33c66311.shtml 2013年6月16日閲覧。 
  22. ^ Pdl, la destra in fermento La Russa se ne va e fonda «Centrodestra nazionale»
  23. ^ Meloni e Crosetto dicono addio Ma il Cavaliere si riprende il Pdl
  24. ^ “Dal Centrodestra nazionale ai Fratelli d'Italia: Giorgia Meloni e Guido Crosetto vicini a Ignazio La Russa”. Huffington post. (2012年12月20日). http://www.huffingtonpost.it/2012/12/20/dal-centrodestra-nazionale-ai-fratelli-ditalia_n_2339666.html 2013年6月16日閲覧。 
  25. ^ Lombardia, nasce il gruppo Centrodestra Nazionale
  26. ^ senato.it - Composizione del Gruppo Fratelli d'Italia - Centrodestra Nazionale nella XVI Legislatura
  27. ^ Elezioni 2014
  28. ^ ::: Ministero dell'Interno ::: Archivio Storico delle Elezioni - Camera del 24 Febbraio 2013
  29. ^ Meloni: Le ragioni di Fratelli d'Italia per non votare la fiducia al governo Letta - Sito ufficiale di Fratelli d'Italia - Alleanza Nazionale
  30. ^ Da Atreju nasce l’Officina per l’Italia. Meloni: la sfida è lanciata, ma niente rendite di posizione | Secolo d'Italia
  31. ^ http://www.officinaperlitalia.com/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=13&Itemid=124
  32. ^ Ecco programma e fini (anti euro) del Partito della Nazione di Giorgia Meloni - Formiche
  33. ^ A Fiuggi La Casa Comune Della Destra Per Fare Il Partito Della Nazione | Prima L'Italia
  34. ^ FdI utilizzerà logo An ad europee - Top News - ANSA.it
  35. ^ Storace, Menia e Poli Bortone, il trio che si coalizza per contendere la destra al duo Meloni-La Russa - Formiche
  36. ^ Fratelli d'Italia, ritorno di fiamma: le primarie scelgono simbolo e presidente nazionale - IlGiornale.it
  37. ^ Fratelli d'Italia-Alleanza Nazionale | Primo congresso nazionale | Fiuggi
  38. ^ [Scrutini] Europee - Elezioni del 25 maggio 2014 - Ministero dell'Interno”. Elezioni.interno.it (2014年5月26日). 2015年5月19日閲覧。
  39. ^ QuestIT s.r.l.. “Archivio Corriere della Sera”. Archiviostorico.corriere.it. 2016年5月14日閲覧。
  40. ^ Michele Esposito, Ansa. “An, Giorgia Meloni si tiene il simbolo e sconfigge Gianni Alemanno e Gianfranco Fini”. Huffingtonpost.it. 2016年5月14日閲覧。
  41. ^ Fratelli d'Italia lancia "Terra nostra": a fine novembre la prima assemblea - Secolo d'Italia”. Secoloditalia.it (1976年2月23日). 2016年5月14日閲覧。
  42. ^ Nasce Terra nostra, parte il derby a destra tra Fini e Meloni” (イタリア語). IlGiornale.it. 2016年5月14日閲覧。
  43. ^ Fdi, "Terra nostra" per ampliare destra - Italia - La Gazzetta del Mezzogiorno”. Lagazzettadelmezzogiorno.it. 2016年5月14日閲覧。
  44. ^ Ex M5s Walter Rizzetto aderisce a Fratelli d'Italia: "Una scelta di cuore e non di calcoli" - Il Fatto Quotidiano”. Ilfattoquotidiano.it. 2016年5月14日閲覧。
  45. ^ Walter Rizzetto cambia ancora e sceglie FdiAn - Cronaca - Messaggero Veneto”. Messaggeroveneto.gelocal.it (2016年3月23日). 2016年5月14日閲覧。
  46. ^ Meloni: "Oggi Fratelli D'Italia si arricchisce con l'ingresso di Walter Rizzetto, ex M5s" - Corriere TV”. Video.corriere.it. 2016年5月14日閲覧。
  47. ^ http://www.camera.it/leg17/217?idlegislatura=17&idGruppo=1929&idGruppoMisto=&tipoVis=
  48. ^ http://www.repubblica.it/static/speciale/2016/elezioni/comunali/roma.html?refresh_cens