元老院 (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元老院
Senato della Repubblica
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
ピエトロ・グラッソ英語版民主党)、
2013年より現職
構成
定数 315[1]
Senate of Italy 2014.svg
院内勢力
選挙
拘束名簿式比例代表制
前回選挙
2013年2月24・25日
議事堂
Palazzo Madama - Roma.jpg
イタリアの旗 イタリアローマ市
マダマ宮殿
北緯41度53分57.09秒
東経12度28分27.4秒
ウェブサイト
http://www.senato.it
脚注
  1. ^ 終身議員5名を除く。

元老院(げんろういん、: Senato della Repubblica)は、イタリア共和国議会上院)。

概要[ソースを編集]

サルデーニャ王国において1848年5月8日に設置され、リソルジメントの完了と共に現共和国の前身であるイタリア王国の議会となった。任期は5年。

終身議員[ソースを編集]

元老院議員は公選制であるが憲法第59条の規定により、大統領の任命により終身の上院議員が例外で認められている。

  • 大統領経験者(上限無し)
  • 社会、科学、芸術および文学の領域で最高の功績を上げた者から大統領が指名した者(上限5人)

なお、終身議員は政党に所属しない。

在職中の終身議員[1]

定数[ソースを編集]

315(国内選挙区309、国外在住者選挙区6)

これに終身議員が加わる。

選挙制度[ソースを編集]

プレミアム制[ソースを編集]

各州の最多得票政党(または候補者名簿連合)が各州定数の55%を獲得、残余議席を第2党以下で比例配分(モリーゼ州を除く)。

選挙区[ソースを編集]

定数
ピエモンテ州 22
ヴァッレ・ダオスタ州 1
ロンバルディーア州 47
トレンティーノ=アルト・アディジェ州 7
ヴェネト州 24
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州 7
リグーリア州 8
エミリア=ロマーニャ州 21
トスカーナ州 18
ウンブリア州 7
マルケ州 8
ラツィオ州 27
アブルッツォ州 7
モリーゼ州 2
カンパーニャ州 30
プーリア州 21
バジリカータ州 7
カラーブリア州 10
シチリア州 26
サルデーニャ州 9
国内選挙区定数 309
国外在住者選挙区 ヨーロッパ 2
南アメリカ 2
北・中アメリカ 1
アジア・アフリカ・太平洋・南極 1
国外在住者選挙区定数 6
総定数 315(終身議員除く)

会派・議席[ソースを編集]

2013年2月24日から25日の総選挙の結果をうけた、各会派の議席数は以下の通りである。

総計315

元老院選挙[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

  1. ^ Berlusconi allies hit out over president’s lifetime senator snub”. Financial Times (2013年8月30日). 2013年9月5日閲覧。