アルベルト・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルベルト・フェルナンデス
Fernandez Programa Mundial Alimentos slider (cropped).jpg
アルベルト・フェルナンデス(2020年1月30日)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
Coat of arms of Argentina.svg 第58代大統領
就任
2019年12月10日
副大統領クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル
前任者マウリシオ・マクリ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
内閣官房長官
任期
2003年5月25日 – 2008年7月23日
大統領ネストル・キルチネル
クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル
前任者アルフレード・アタナソフ
後任者セルヒオ・マッサ
ブエノスアイレス市議会議員
任期
2000年8月7日 – 2003年5月25日
個人情報
生誕アルベルト・アンヘル・フェルナンデス
(1959-04-02) 1959年4月2日(61歳)
アルゼンチンブエノスアイレス
政党正義党(1983年 - )
協力政党勝利戦線(2003年 – 2008年)
刷新戦線(2013年 – 2015年)
フレンテ・デ・トドス(2019年 - )
配偶者
マルセラ・ルチェッティ
(m. 1993; div. 2005)
非婚配偶者ファビオラ・ヤニェス(2014年 – )[1]
子供エスタニスラオ(1994年生)
住居大統領公邸(キンタ・デ・オリボス)
出身校ブエノスアイレス大学
署名

アルベルト・アンヘル・フェルナンデススペイン語: Alberto Ángel Fernándezスペイン語発音: [alˈβeɾto ferˈnandes]1959年4月2日 - )は、アルゼンチンの政治家、法学者。現大統領[2]

2003年から2008年にかけて、ネストル・キルチネル政権およびその後継のクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル政権で内閣官房長官(内閣首席大臣)を務めた。その在任期間は、いまなお歴代長官中最長である。

経歴[編集]

ブエノスアイレス出身。生後両親が離婚し、母のセリアに引き取られた。実父のことをほとんど知らないため、母の再婚相手を本当の父のように慕っていた[3][4]

ブエノスアイレス大学法科大学院を24歳で卒業後、刑法学者となり、ブエノスアイレス市議会や国会下院に顧問として出入りした。また、経済省法務局副局長に抜擢され、関税及び貿易に関する一般協定 (GATT) のウルグアイ・ラウンドにアルゼンチン代表団の首席交渉官として参加した。1989年から1992年には、大統領カルロス・メネムの推薦でラテンアメリカ保険業協会総裁を務めたほか、保険法の専門家としてメルコスールラテンアメリカ統合連合 (ALADI) 、民間の保険会社などに顧問として参与した。1992年には「最も傑出したアルゼンチンの青年10人」に選出された。この間、元ブエノスアイレス州知事のエドゥアルド・ドゥアルデとは昵懇の間柄になっている。

2007年、大統領ネストル・キルチネルと外相ホルヘ・タヤーナと会談するフェルナンデス(右)

2000年6月7日、元経済相のドミンゴ・カバージョが党首を務める保守政党「共和国のための行動」所属のブエノスアイレス市議会議員に選出された。

内閣官房長官[編集]

2003年、ネストル・キルチネルが大統領に選出されると、首相職に相当する内閣官房長官に指名された。それにともない、ブエノスアイレス市議会議員は辞職した。2007年にクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル(ネストルの妻)が大統領となって以降も、官房長官に留任した[5][6]

2008年、キルチネル政権が輸出農産物に新たな税制を導入しようとし、農業団体と対立を深めると、政権の首席交渉官として奔走した。しかし、交渉は失敗に終わり、同年7月23日にフェルナンデスは内閣官房長官を辞任した。

与党派である正義党のブエノスアイレス市支部長に就任したが、2009年の国会議員選挙では目立った活動はなかった[7]。2011年の大統領選挙では、正義党の大統領候補に指名されるため活発に運動を展開したが[8]、最終的にクリスティーナ・キルチネルの再選を支持した[9]。2015年の大統領選挙では、正義党系の大統領候補、セルヒオ・マッサ陣営の選挙対策本部長を務めた[10]

大統領選[編集]

2019年5月18日、クリスティーナ・キルチネルは大統領候補にフェルナンデスを指名し、自身はフェルナンデス陣営の副大統領候補となると発表した。大統領候補となったフェルナンデスの初めての遊説には、ネストル・キルチネルの義理のきょうだいにあたるサンタ・クルス州知事アリシア・キルチネルが応援に加わった[11][12]

クリスティーナの発表から約1か月後、フェルナンデス陣営は中間層の支持獲得のため、セルヒオ・マッサと「フレンテ・デ・トドス」と呼ばれる選挙協約を取り交わした。これによって、マッサが大統領選挙から撤退し、フェルナンデスの支持を表明する代わりに、大統領当選後、マッサを内閣もしくは下院における枢要な役職に就けることを誓約した[13]。フェルナンデスはまた、経済活性化と労働市場改革の凍結を条件に、労働総同盟の支持も取り付けた[14]

8月11日の第一回投票で、フェルナンデスは得票率47.7%で全候補者中首位に立った。現職のマウリシオ・マクリの得票率は31.8%であった[15]

大統領選挙の翌日に会談するフェルナンデスとマクリ

本選挙は10月27日に実施されたが、得票率48.1%、マクリが40.4%で、第二回投票に進むことなくフェルナンデスが大統領に当選した[16]

大統領[編集]

同年12月10日、大統領に就任した。12月23日には「社会的連帯・生産力回復法案」と名付けられた法案が議会を通過した[17] 。過去20年間で最悪とされる不況のなか、フェルナンデス政権は公共料金の180日間凍結、国家公務員の退職金や子ども手当の増額、最貧困層に属する200万家庭への配給切符の支給などを打ち出した。また、民間部門を債権者とする1000億米ドルの国債や、マクリ前政権が国際通貨基金 (IMF) から調達した450億米ドルの返済期日の再交渉にも乗り出した[17]

また、連邦情報局 (AFI) の改革も発表した[18][19]。AFIをめぐっては、政治的な思惑から公職者が捜査対象にされているとの批判が出ていた[18]

脚注[編集]

  1. ^ Fabiola Yáñez, la novia de Alberto Fernández: 'Él no quería ser candidato'” (2019年8月26日). 2020年1月26日閲覧。
  2. ^ Dube, Ryan (2019年10月27日). “Argentina’s President Mauricio Macri Concedes Election to Peronist Rival Alberto Fernández”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/argentinas-alberto-fernandez-leads-results-of-presidential-vote-with-47-2-support-11572223112 2019年10月27日閲覧。 
  3. ^ La historia de Alberto Fernández: de Villa del Parque a la Rosada, con una guitarra y la política a cuestas”. www.ambito.com. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ 20minutos (2019年10月28日). “Perfil | Alberto Fernández, el elegido de Cristina que logró llegar a la Presidencia” (スペイン語). www.20minutos.es. 2019年12月11日閲覧。
  5. ^ Alberto Fernández habría vuelto con su esposa”. Agencia Nova. 2013年6月23日閲覧。
  6. ^ Alberto Fernández y Vilma Ibarra más juntos que nunca”. Perfil (2019年8月26日). 2020年1月26日閲覧。
  7. ^ Kirchner cargó contra Cobos y De Narváez en un acto porteño”. Clarín. 2020年1月26日閲覧。
  8. ^ Alberto Fernández reiteró que no descarta ser candidato a presidente en 2011”. La Nación (2010年3月24日). 2020年1月26日閲覧。
  9. ^ Alberto Fernández se declara oficialista y ya se anota como candidato para 2015”. La Nación (2011年8月30日). 2020年1月26日閲覧。
  10. ^ Alberto Fernández: "Es indudable el deterioro en el voto de Sergio Massa"”. Minuto Uno. 2020年1月26日閲覧。
  11. ^ Alberto Fernández presidente, Cristina Kirchner vice: el video en el que la senadora anuncia la fórmula”. La Nación (2019年5月18日). 2020年1月26日閲覧。
  12. ^ Alberto Fernández, en su primer acto de campaña: "Salgamos a convocar a todos"” (スペイン語). La Nacion (2019年5月20日). 2019年11月26日閲覧。
  13. ^ “Argentina's Massa in line for key Congress role on Fernandez presidential ticket”. Reuters. (2019年6月18日). https://www.reuters.com/article/us-argentina-politics-massa/argentinas-massa-in-line-for-key-congress-role-on-fernandez-presidential-ticket-idUSKCN1TJ2L4 2019年11月26日閲覧。 
  14. ^ Bullrich, Lucrecia (2019年7月17日). “Alberto Fernández recibió el respaldo de la CGT y dijo que no hará reformas” (スペイン語). La Naction. https://www.lanacion.com.ar/politica/alberto-fernandez-recibio-el-respaldo-de-la-cgt-y-dijo-que-no-hara-reformas-nid2268364 2019年11月26日閲覧。 
  15. ^ Mander, Benedict (2019年8月12日). “Alberto Fernández leads in Argentina’s nationwide primary”. Financial Times. https://www.ft.com/content/94d5c9d4-bca9-11e9-b350-db00d509634e 2019年11月26日閲覧。 
  16. ^ Goñi, Uki (2019年10月28日). “Argentina election: Macri out as Cristina Fernández de Kirchner returns to office as VP”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2019/oct/28/argentina-election-macri-out-as-cristina-fernandez-de-kirchner-returns-to-office-as-vp 2019年11月26日閲覧。 
  17. ^ a b Fernández's economic emergency law wins approval in Senate”. Buenos Aires Times (2019年12月23日). 2020年1月26日閲覧。
  18. ^ a b Fernández taps Caamaño to lead overhaul of AFI intelligence agency”. Buenos Aires Times (2019年12月20日). 2020年1月26日閲覧。
  19. ^ Argentina's spy agency regroups, wins back power under Macri”. Ruters (2016年7月20日). 2020年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
アルフレード・アタナソフ
内閣官房長官
2003年 – 2008年
次代:
セルヒオ・マッサ
先代:
マウリシオ・マクリ
アルゼンチンの大統領
2019年 –
現職