緑の党 (オーストリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 オーストリア政党
緑の党-緑のオルタナティヴ
Die Grünen - Die Grüne Alternative
Logo Die Gruenen 2.svg
党首 ウェルナー・コグラー
本部所在地  オーストリア ウィーン
国民議会議席数
26 / 183   (14%)
2019年9月29日
連邦議会議席数
4 / 61   (7%)
2020年1月1日
政治的思想・立場 緑の政治
親欧州主義英語版
中道左派
国際組織 グローバルグリーンズ
欧州緑の党
欧州緑グループ・欧州自由連盟
テンプレートを表示

緑の党-緑のオルタナティヴドイツ語: Die Grünen - Die Grüne Alternative)は、オーストリア環境保護政党グローバルグリーンズ加盟政党で、欧州緑の党のメンバーでもある。

1986年に オーストリア・オルタナティヴ・リスト(ALÖ) と、より保守寄りの オーストリア緑の連合 (VGÖ)が合流し 緑のオルタナティブ として結成。この年の国民議会下院)総選挙で初めて議席を獲得した。1993年に現在の党名になった。

2004年の時点で3000名の党員をかかえ、それ以外にも党の活動を支える多くのボランティアがいる。環境問題以外ではマイノリティ人権擁護、直接民主主義非暴力フェミニズム自己決定権などを掲げる。

2008年の下院総選挙では定数183のうち、20議席を獲得した。また各州議会による間接選挙で選出される連邦議会上院)には62議席中、3議席を有している。2009年欧州議会議員選挙では、オーストリアに割り当てられた17議席中、2議席を獲得した。ほかに各州議会や自治体選挙にも進出している。

2016年には無所属で出馬した前党首のアレクサンダー・ファン・デア・ベレン元国民議会議員が大統領に当選した[1]

しかし、2017年の下院総選挙では得票率4%を下回ったため全議席を失い[2]、更に翌2018年の上院選挙でも議席を失った。

2019年の下院総選挙では26議席を獲得して第4党に躍進し[3]、2020年1月1日、第1党の国民党と連立政権を組むことを発表。これが初の政権参加となる[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ オーストリア大統領選、極右候補が僅差で敗北”. AFP BB NEWS (2016年5月24日). 2020年1月5日閲覧。
  2. ^ 中道左派が第2党に オーストリア総選挙”. 日本経済新聞 (2017年10月20日). 2020年1月5日閲覧。
  3. ^ オーストリア総選挙 クルツ前首相の国民党が勝利”. THE SANKEI NEWS (2019年9月30日). 2020年1月4日閲覧。
  4. ^ オーストリア連立合意 緑の党、初の政権参加へ”. 日本経済新聞 (2020年1月2日). 2020年1月4日閲覧。
  5. ^ オーストリア新政権、40年の炭素排出「ゼロ化」へ 緑の党が初参加”. AFP BB NEWS (2020年1月4日). 2020年1月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]