東アジア地域包括的経済連携

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東アジア地域包括的経済連携
RCEP.jpg
通称・略称 RCEP
テンプレートを表示

東アジア地域包括的経済連携(ひがしアジアちいきほうかつてきけいざいれんけい、英:Regional Comprehensive Economic Partnership, RCEP,アールセップ、域内包括的経済連携)は、東南アジア諸国連合加盟10ヶ国に、日本中国韓国インドオーストラリアニュージーランドの6ヶ国を含めた計16ヶ国でFTAを進める構想。

概要[編集]

従来、中国が2005年4月から提唱してきた「東アジア自由貿易圏(EAFTA;ASEAN+3)」と、日本が2007年6月から提唱してきた「東アジア包括的経済連携(CEPEA;ASEAN+6)」が併存しており、双方について、これまで、民間研究および政府間の検討作業が実施されてきた。

2011年8月の日中共同提案「EAFTAおよびCEPEA構築を加速させるためのイニシアチブ」を受け、同年11月に、ASEAN首脳は、両構想を踏まえ、ASEANとFTAを締結しているFTAパートナー諸国とのRCEPを設立するためのプロセスを開始することで一致した。

2012年4月に、ASEAN首脳は、2012年11月の交渉立上げを目指すことで一致し、2012年11月20日カンボジアプノンペンでのASEAN関連首脳会議で交渉立ち上げ式が開催され、交渉開始が宣言された[1]

2013年5月9日5月13日の日程でブルネイにおいてRCEP交渉の第1回会合が開催された[2]

2013年8月19日にブルネイにおいて初の閣僚会合を開き、貿易の自由化目標や自由化ルールを2014年夏頃までに決めることで一致した[3]

2013年9月24日9月27日の日程でオーストラリアブリスベンにおいてRCEP第2回会合が開催された[4]

2014年1月21日1月24日の日程でマレーシアにおいてRCEP第3回会合が開催された[5]

2014年3月31日4月4日の日程で中国南寧においてRCEP第4回会合が開催された[6]

2014年6月21日6月27日の日程でシンガポールにおいてRCEP5回会合が開催された[7]

2014年12月1日12月5日の日程でインドにおいてRCEP第6回会合が開催された[8]

2015年2月9日2月13日の日程でタイにおいてRCEP第7回会合が開催された[9]

2015年6月8日6月13日の日程で京都においてRCEP第8回会合が開催された[10]

2015年8月3日8月7日の日程でミャンマーにおいてRCEP第9回会合が開催された[11]

関連項目[編集]

脚注・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外務省>トップページ>報道・広報>報道発表>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の立上げについて
  2. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2013年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第1回会合が開催されました
  3. ^ 外務省>トップページ > 報道・広報 > 報道発表 > 第1回東アジア地域包括的経済連携(RCEP)閣僚会合の開催
  4. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2013年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第2回会合が開催されました
  5. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2013年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第3回会合が開催されました
  6. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2014年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第4回会合が開催されました
  7. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2014年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第5回会合が開催されました
  8. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2014年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第6回会合が開催されました
  9. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2015年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第7回会合が開催されます
  10. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2015年度一覧>東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第8回会合が開催されます
  11. ^ 経済産業省>お知らせ>ニュースリリース>2015年度一覧 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第9回会合が開催されます

外部リンク[編集]