遼東還付条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奉天半島還付ニ関スル条約
Convention of retrocession of the Liatung Peninsula 8 November 1895.jpg
通称・略称 遼東半島還付条約
署名 1895年11月8日(北京
条約番号 明治28年12月3日条約
言語 日本語、中国語
条文リンク 奉天半島還付条約
(アジア歴史資料センター)
ウィキソース原文
テンプレートを表示

奉天半島還付条約(ほうてんはんとうかんぷじょうやく, 中国語: 交還奉天省南邊地方條約, 簡体字: 辽南条约)は、フランスドイツ帝国およびロシア帝国による三国干渉の結果、1895年11月8日日本の間で北京において締結された、日清戦争後の講和会議における条約である。日本側代表は林董、清側代表は李鴻章

主な内容[編集]

  1. 日本清国遼東半島を返還する。
  2. 清国は1895年11月16日に、返還の代償金として日本側に銀三千万を支払う。
  3. 代償金の受け渡しの日から3ヶ月以内に、日本軍が遼東半島から撤退する。

その後[編集]

1898年3月、ロシアは清と旅順港・大連湾租借に関する条約を結び、遼東半島に鉄道を繋げ、軍港を建設した[要出典]