日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約
通称・略称 日中平和友好条約
署名 1978年8月12日(北京
効力発生 1978年10月23日
条約番号 昭和53年条約第19号
言語 日本語/中国語
条文リンク 外務省
ウィキソース原文
テンプレートを表示

日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約(にほんこくとちゅうかじんみんきょうわこくとのあいだのへいわゆうこうじょうやく、中国語: 中华人民共和国和日本国和平友好条约)は、1978年8月12日北京日本国中華人民共和国との間で締結された条約である。一般に日中平和友好条約で知られる。

1972年日中共同声明を踏まえて、日本と中国の友好関係の発展のために締結された条約である。

調印[編集]

  • 日本国
外務大臣 園田直
  • 中華人民共和国
外交部長 黄華

要旨[編集]

内容は1972年9月に国交回復した時の日中共同声明の文面を基本的に踏襲したものとなっている。第1条で主権・領土の相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉が記述され、第2条で反覇権を謳い、第3条で両国の経済的、文化的関係の一層の発展を述べて、第4条でこの条約の第三国との関係について記されている。国交回復から6年が過ぎてから平和条約交渉が妥結したのは、「反覇権」条項と「第三国」条項で最も論議を呼んだからである。そして中国側は賠償金請求を放棄する代わりに、日本側からODA等の巨額な経済援助を引き出した。

交渉の経過[編集]

1972年9月の日中国交正常化の際に、発表された日中共同声明の第8項で「平和友好条約の締結を目的として交渉を行うことに合意」していたが、その後の動きは難航した。

1974年11月に当時の韓念竜外務次官が来日して、事務レベルの予備交渉が始まったが、その時に中国側の対ソ戦略としての「反覇権」条項が含まれていて、日本側は伏せていたが、翌1975年1月の第2回の事務レベルの予備交渉が開催されて、その直後に新聞報道で「反覇権」の文言が大きな争点になっていることが明らかにされた。[1][2]

当時、中ソ対立が激しい時代であり、中国は主たる敵を米ソにおいていたが、アメリカとは1972年のニクソン訪中で国交を回復してから米中関係は改善し、むしろ対ソ連を牽制するために「ソ連との対立の論理」が明白な「反覇権」を文言の中に入れるように強く主張した。しかし日本政府(この当時は三木武夫首相で外相は宮澤喜一)は北方領土問題を抱え、日ソ平和条約を視野に入れてソ連と交渉を進める立場から、この「反覇権」条項を日中平和条約に入れることには難色を示した。

1975年9月に国連総会に出席した宮澤外相は、喬冠華外相と会談して「宮澤四原則」を提示した。この四原則とは、アジア・太平洋のみならず世界のどこでも覇権には反対する、覇権反対は特定の第三国をに向けられたものではない、日中の共同行動を意味しない、などを骨格とするものであった[3]。これは、反覇権条項の反ソ性を中和するものであった。そして11月に日本側からの妥協案を中国側に提示した。この当時の中国は国内情勢に不安があった。米中関係と日中関係の改善に尽力した周恩来首相はすでに闘病中であり、毛沢東主席も老衰がすすみ、文革を推進した江青をはじめ四人組の力はまだ健在であって、中国外交は頑なに原則を固守するものであった。そして日本では1976年1月にソ連のグロムイコ外相が来日して外相会談で日中交渉への不満を表明して強く日本を牽制するのであった。これ以後ほぼ2年間は平和条約の交渉は膠着したままであった。

その間に中国では周恩来首相と毛沢東主席が1976年に相次いで死去し、文革で失脚して周首相の下で復活した鄧小平が周首相死去の際の天安門事件で再び失脚し、そして9月に四人組が逮捕されて文革の動きが沈静化してやがて華国鋒主席の時代に入った。日本ではロッキード事件で田中前首相が逮捕されて三木首相が総選挙に敗れて退陣し、1976年12月に福田赳夫内閣が誕生した。1977年7月に鄧小平が共産党副主席、副首相として再復活して、鄧小平主導で経済建設路線がスタートしてから、状況は劇的に変わっていった。日本側は1977年12月頃には平和条約の締結に前向きな中国の姿勢の変化を感じていた[4]

年が明けた1978年1月の姿勢方針演説で「交渉の機はようやく熟しつつある」と福田首相は述べている。そして3月に当時の矢野書記長らの公明党代表団が訪中して廖承志中日友好協会会長に福田首相の前向きな意向を伝えると、会長は四項目に対する見解を示し、「反覇権」が第三国に対するものではなく、日中の共同行動を意味するものでないとする従来からの日本側の立場への配慮を示した。それを受けて福田首相は本格的な検討に入った。そして自民党内の親台湾派への説得に乗り出し、5月26日の自民党総務会でで日中交渉再開の承諾を取り付けた[5]

そして7月21日から8月8日までの間、北京で事務レベルの交渉が行われたが、この交渉で反覇権は「第三国に対するものでない」とする日本側の立場とそれに強く反発する中国側とでまた難航して、園田直外相が8日に北京に到着した翌9日の外相会談で、その前に事務局の外務省高島審議官が示した高島私案をベースに最終的な詰めの作業を行って、8月12日の調印にこぎ付けた。懸案だった第三国条項について、「第三国との関係に関する各締約国の立場に影響を及ぼすものではない」と表現して、反覇権条項については「アジア・太平洋地域においても又は他のいずれの地域においても、覇権を求めるべきでなく・・・・いかなる国または国の集団による試みにも反対する」と明記された。

日本側は「第三国」条項で名を取り、「反覇権」条項で中国が実を取ったと言われている。日本の立場に配慮しつつも、日中共同声明の第7項を「反覇権」と「第三国」に分割したことで、反覇権の意義はより強調されたという解釈も成り立つものであった[6]

10月に衆参両院で共に圧倒的多数で批准されて、10月22日に鄧小平が来日した。

注釈[編集]

  1. ^ 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係 131P  
  2. ^ 第1回交渉が始まったこの時期は、日中国交回復を成し遂げた田中角栄首相が金脈問題で辞任した時期でもあった。
  3. ^ 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係 132P
  4. ^ 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係 132P
  5. ^ 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係 133P
  6. ^ 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係 134P


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「日中関係史」第3章 1970年代の日中関係  国分良成 添谷芳秀 高原明生 川島真 著 有斐閣 2013年12月発行

外部リンク[編集]