日中貿易協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本国と中華人民共和国との間の貿易に関する協定
通称・略称 日中貿易協定、中華人民共和国との貿易に関する協定
署名 1974年1月5日北京
効力発生 1974年6月22日
条約番号 昭和49年条約第4号
言語 日本語および中国語
主な内容 日本国と中華人民共和国の間で、関税、支払通貨、貿易活動等に関する優遇について定める
条文リンク 中華人民共和国との貿易に関する協定 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

日中貿易協定(にっちゅうぼうえききょうてい)は、貿易関係を発展させるために、日本国政府と中華人民共和国政府の間で結ばれた協定である。1974年1月5日北京に於いて、日本側が大平正芳外務大臣、中国側が姫鵬飛外交部長が代表して署名した。同年6月22日発効。 正式名称は、日本国と中華人民共和国との間の貿易に関する協定

外部リンク[編集]